naoki さん プロフィール

  •  
naokiさん: 中部地方精子提供ボランティア-個人精子バンクnaoki
ハンドル名naoki さん
ブログタイトル中部地方精子提供ボランティア-個人精子バンクnaoki
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/kondonaoki2017
サイト紹介文愛知県をメインに精子提供を行っています。一人ひとりの依頼者に寄り添えるような提供活動をしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供37回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2017/07/29 12:15

naoki さんのブログ記事

  • 面会と今後の受け入れについて #94
  • 先日、面会が無事終わり正式な依頼がありました。現在、2名様に提供中(予定)、1名様が一時保留中です。あと1名状況に応じて受け入れ可能かどうかといったところです。今後は相談のうえ受け入れを検討します。ご了承ください。面会は終始和やかな雰囲気でした。旦那さまは爽やかでイケメンさん、奥さまはとてもキレイで素敵な女性でした。お二人とも誠実で今後の提供に安心できそうです。お二人の幸せな未来のお手伝いできれば幸い [続きを読む]
  • 今後の受け入れと提供者の裏話 #93
  • 新たな依頼や事情により一時提供保留される方など、対応が困難な状況になる可能性があり今後受け入れを検討する時期が来ています。面会の制限はありませんが、提供の制限をするかもしれません。そのときは早い段階で判断し案内させて頂きます。基本的にはご連絡を頂いた順になりますのでご了承ください。提供者のほんのちょっと裏側を話します。私だけ?かも分かりませんが提供者は複雑な気持ちになることがあります。時にはあれを [続きを読む]
  • メディアの影響 #92
  • 月に数回のブログ更新になっていますが活動は変わらず継続中です。先日メディアで精子についての番組が放送された影響なのかブログへのアクセスが今までと違う動きをしています。精子提供のことが少しでも社会に周知されることは依頼する方々にとってプラスになるはずです。ここ最近新しい精子提供者が増えているように感じます。依頼者にとって選択肢が増えることはとても良いことです。私にとっては依頼が減ることになるかもしれ [続きを読む]
  • 依頼をするか長期間悩まれている方へ #91
  • 精子ドナーに依頼をするか長期間迷われている方は多いです。面談時に依頼者さまに聞くと何年も悩んで依頼に至っていると聞きます。それが普通だと思います。個人の精子提供者に依頼しお子さんを授かることは容易に決断できないですし、即決なんてありえません。歳を重ねれば重ねるほど人生経験が豊富になり、より悩まれると思います。そうこうしているうちに時間が経ち焦りが出てきてしまいます。悩まれるのは当然のことです。ただ [続きを読む]
  • 冤罪事件…。 #90
  • 新規問い合わせや新たな9月以降の依頼に向けて対応したりと、ほどよく活動を続けています。先日、面白い出来事がありました。活動とは関係ない話です。ある女性社員が男性社員にイタズラを仕掛けました。私はと言うと、その頃締め切り間近の仕事に集中し何とか間に合わせようと必死になっており、それどころではありません。そして事件は起こったのです。イタズラに気付いたその男性社員は激怒し興奮状態で私に向け、こんなことす [続きを読む]
  • 1ヶ月ぶりの更新です #89
  • ここ最近ブログの更新していませんでしたが、お盆休みに入りようやく気持ちに余裕ができたので更新します。夏期は仕事上繁忙期のため今後暫く更新頻度は少なくなると思います。繁忙期であっても、もちろん依頼があれば責任を持って対応しますのでいつでもご連絡ください。提供活動していると経験してみないと分からないことや壁にあたることもあります。できれば提供活動で関わった依頼者全ての方へ幸せになってもらいたい思いはあ [続きを読む]
  • 精子提供者ボランティア活動を始めて1年 #88
  • 精子提供ボランティア活動を初めて今日で1年になりました。これだけ続けることができたのはお会いした依頼者様の誠実な気持ちが私を動かしてくれたのだと思っています。依頼してくださる依頼者一人ひとり向き合って活動することで気が付いたら一年が経ちました。よく質問される一つで、『いつまで活動を続ける予定ですか?』『提供活動での出産人数は何人を予定していますか?』などの活動終了の予定を聞かれるのですが、具体的に [続きを読む]
  • 近親婚のリスクを軽減するために #87
  • 私からの精子提供で生まれた子供同士や親同士の接触を避けるため遠方から敢えて私に依頼をされたり、今後の提供人数の予定を気にされる方は多いです。私も子供同士の近親婚のリスクは考えており、タイミングをみて現在の居住エリアと今後の永住予定エリアを聞くようにしています。リスク軽減のために依頼者が同じエリアに集中しないようにするためです。またエリアが重なったとしても人口密度や環境をみてその都度状況に合わせて対 [続きを読む]
  • 正常妊娠の報告をいただきました #86
  • 先月提供を行った依頼者様から正常妊娠の嬉しい報告いただきました。提供活動をしているなかでこの瞬間は自分のことのように本当に嬉しいですし感動です。依頼者の背景を知っているからこそお役に立てて本当に良かったなと思います。ストレスが掛からないようにお身体大事にしてください。依頼者さまのような可愛いお子さんが授かり無事に出産できることをお祈りしています。今回も1周期で妊娠に至ることができました。1周期での [続きを読む]
  • シリンジ法の精子の受け渡しについて #85
  • シリンジ法の精子の受け渡し場所は、依頼者様になるべく負担が掛からない場所を2〜3候補を出し、そこから選んでもらっています。主に駅近くで高速道路や国道など依頼者様の交通の便を考慮して、中規模〜大型ショッピングセンターなどにしています。ショッピングセーターはお待たせしても時間を潰しやすいことや、落ち着いて採取ができるメリットがあります。受け渡しは1分掛からない程度です。『挨拶→精子お渡し→交通費受け取り [続きを読む]
  • 1名様受け入れ検討します #84
  • 以前相談中の依頼者がいるとブログで記載しましたが、その方から面談の直前キャンセルがあり総合的判断をして今後の面談及び提供をお断りしましたので、あと1名様、提供時期や環境によって受けれ入れを致します。現在の提供者様は提供時期が近いこともあり新規の方の時期が近すぎなければ受け入れ可能です。提供中の方を優先に行いますが、少人数に提供を行うスタンスなので前向きに受け入れしていきたいと思っています。直前キャ [続きを読む]
  • 精液の採取量について #83
  • 『連日の提供の場合精液の採取量は大丈夫ですか?』との質問を受けました。量に関して記載したいと思います。前回、シリンジ法で提供を行うため15ml容器で精液を2/5摂取し提供を行いました。量には問題ないと感じていましたが、実際に精液が容器に何ml入っているのか気になり測定を行いましたので、結果を報告します。計測のため15ml容器に2/5水を入れて、ml単位で計測できるスケールで測ると4mlの結果(禁欲期間は約45時間)。翌 [続きを読む]
  • 人工授精・体外受精の提供方法について #82
  • 人工授精・体外受精の依頼が数件ありましたので、提供方法と受け渡しについて案内します。人工授精・体外受精は夫婦でなければ対応してくれる病院はほとんどないと言われています。シングルマザーや同性カップルだと基本的に断られると思います。旦那様がFTMで結婚されているれば戸籍上男性なので対応可能となります。ただ、第3者の精子提供による受け入れをしてくれる病院は多くはないので、予め病院に対応可能かどうか問い合わ [続きを読む]
  • 副業の成果が出始めました #81
  • ゴールデンウィーク中はとある大会に出場して優勝したり副業に力を入れてみたりで、まずまず充実した休日を過ごせました。以前、副業を始めたことを記事にしましたが、提供活動をしながらコツコツ進めています。副業にまであまり手が回らないのが現状ですが、僅かながら成果が出始めたので今後が楽しみです。妊娠中や育児中のちょっとした合間にパソコン一台あればできることです。依頼者へスキル提供のため始めたことでもあるので [続きを読む]
  • パートナーがいる依頼者様へのお願い #80
  • パートナーさんがいる依頼者様に問い合わせ前のお願いがあります。この願いは私への依頼じゃなくても検討してみたほうが良いかもしれません。すべての提供方法について可能性を話し合ってみてください。シリンジ法、タイミング法、人工授精、体外受精それぞれの提供方法の可能性の可否をお二人で必ず確認して欲しいのです。提供方法によって肉体面・精神面・金銭面の負担の問題が出てきます。また、負担が掛かることでパートナーに [続きを読む]
  • 依頼の受け入れ制限のご案内 #79
  • 先日面会された依頼者様から正式に依頼がありましたので、受け入れの制限をしていきます。現在新規の問い合わせがあり今後の相談をしていますが、現在の依頼者の提供に影響がなければ受け入れを検討しています。できれば問い合わせいただいた全ての方に対応したい気持ちはあるのですが、誰にも頼らずに自己責任・自己判断で活動していると葛藤があります。自分が設定した受け入れ制限のルールは提供中の依頼者のためでもあり、自信 [続きを読む]
  • 面会の感想と今後の予定 #78
  • ご夫婦との面会が無事に終わりました。礼儀正しい若くて可愛いらしい奥様と、優しさが伝わってくる旦那様で、お二人の関係性と仲の良さを見ると安心できました。旦那様は奥様の気持ちを大切にし、また奥様は精子ドナーからでも妊活を了承してくれた旦那様の気持ちを大切にして未来に向けて相談してください。精子提供は人生を大きく左右することです。よく納得した上でご依頼ください。私の第一印象は会った瞬間に『良い人そう』と [続きを読む]
  • パートナーの協力は必要不可欠です #77
  • パートナーがいる依頼者様への対応は、特にパートナーさんのお気持ちを大切にしています。依頼者がメインではなくお二人揃ってこそだと想っています。パートナーさんに直接想いを聞くことはあまりしていませんが、お気持ちは感じ取っています。活動をはじめた当初は面会時にパートナーさんの同席に対して躊躇する気持ちがありましが、今は逆にお二人揃わないと不安になります。面会でお会いすればお二人の信頼関係はパートナーさん [続きを読む]
  • 感動の妊娠報告 #76
  • 依頼者様から医療機関での検査結果で正常妊娠が確認されたとのご報告がありました。ボランティア活動をスタートして初めて提供をした依頼者様でしたので期待と不安がありましたが、お役に立てることができ本当に良かったです。ご連絡を頂いたときは自分のことのように非常に嬉しく、そして感動しました。安定期に入るまでは不安があると思いますが無理せずお身体を大事にしてください。今回、提供1周期で妊娠に至ることができ依頼 [続きを読む]
  • 精子提供を始められる方へ #75
  • 当ブログでは現在精子提供(精子ドナー)の募集はしていません。ドナーとして精子提供ボランティア活動をしたいと問い合わせがありますが、今現在、他の提供者と提供活動をする予定はありません。問い合わせが来ればアドバイスはしていますが、そのアドバイスを踏まえて実際に提供活動を始められてる提供者はいません。それは提供活動は容易にはできないからです。もし提供活動をするなら自分自身で考えを予めある程度まとめ、慎重か [続きを読む]
  • 1名様受け入れ可能です #74
  • 先日新規の依頼者との面談の日程が決まり、正式に依頼があれば制限をする予定でしたが、面談をキャンセルされたため余裕があれば1名受け入れさせてもらいます。メールでの相談の結果面会を希望され日程まで決まっておりましたが、他の提供者と面談をし提供が正式に決まったとのことでキャンセルされました。複数の提供者を比較したうえで自分に合う提供者に依頼されることは依頼者にとって当然のことだと思います。それが依頼者に [続きを読む]
  • 遠方での提供の考え方と費用について #73
  • 遠方での提供は今まで考えていませんでしたが、先日他県での提供を行ったことや今後提供の可能性があるため遠方での提供費用について案内します。※面談は愛知県内でお願いします。まず私の本音と考え方についてお伝えします。無償でのボランティア活動だからこそ遠方での提供を何度も行うのは簡単なことではありません。もちろん依頼者の子供を授かりたい切なる願いを叶えるためにボランティア活動をしているのが大前提ですが、無 [続きを読む]
  • 新規問い合わせについて #72
  • 昨日新規のお問い合わせがあり、受け入れの上限に達する可能性があるためこれから問い合わせされる方はお待ち頂くことになるかもしれません。現在、提供人数は2名で余裕があればあと1名受け入れする方針です。2名に提供が決まっており、もう1名はまだ正式には決まっていませんが面談後、双方の合意があれば上限に達します。今後は相談しながら受け入れさせてもらうことになります。問い合わせの停止はしないのでご相談があればご [続きを読む]
  • 依頼の受け入れを制限します #71
  • 昨日ブログで受け入れ人数について記載しましたが、依頼者が上限の2名になりましたので受け入れを制限をします。今後は依頼者の環境や条件によって余裕があればもう1名受け入れさせてもらいます。検討している方が見えましたらまずはご相談ください。お問い合わせ方法はこちら愛知県(名古屋市)精子提供ボランティア近藤直樹ブログを最初から見るならこちら [続きを読む]
  • 受け入れの人数のご案内 #70
  • 昨日無事に面会が終わりました。よく検討して判断してもらうため返事は翌日以降にお願いし現在待機中です。面会した依頼者様からブログ上のイメージではやや厳しい人だと想像していたとのことでしたが、メール対応は誠実な感じで第一印象は優しそうな感じとのことです。依頼者との具体的なやり取りは記載できませんが、私も過去にいろいろ辛い目に遭いましてブログではやや『厳しい人』になっています。そんな私に問い合わせしてく [続きを読む]