三上篤 さん プロフィール

  •  
三上篤さん: 思想世界
ハンドル名三上篤 さん
ブログタイトル思想世界
ブログURLhttps://mikamiatsushi.hatenablog.com
サイト紹介文思想、哲学、宗教について。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供396回 / 365日(平均7.6回/週) - 参加 2017/07/29 00:12

三上篤 さんのブログ記事

  • 男女の役割
  • 日本は男女平等ランキングで下位に位置づけているらしいが、専業主婦が会社員や公務員より不幸だと一体誰が決めることができるのだろうか? 現代において、欧米で起きていることは、男女平等という名の女性の男性化であるように思う。この影響を強く受けない日本は幸せな国であるように私は思う。女性は非正規雇用者が多い。最低賃金は上昇させる必要があるかもしれない。しかし、ただそれだけのことであろう。日本は、グローバル [続きを読む]
  • 責任はどこにあるか
  • このようなことを考えていた。責任は自分か社会かのどちらかにある。自分に責任がないのであれば、社会に責任がある。これは一見すると正しいように思われるが、次のような例外を含む。まず、責任がどこにあるかはっきりとはわからない場合である。例えば、複雑な人間関係などがそうである。誰かにどこかに責任があるのかもしれないが、はっきりとはそうであるとわからない。そのような場合である。次に、一人の人間が背負うには大 [続きを読む]
  • 道州制
  • ぼくは専門的なことはわからないけれども、一応、道州制には賛成である。もし、一票を投じる権利があるのであれば。道州制は東京都一極集中に対する制度であるように思う。近畿地方は、名称は関西州ではなくて、近畿州にした方が良いように思う。そちらの方が歴史があるように思われるからである。州都を置く場所は、大阪府か京都市が候補として挙げられると思うが、大阪府の方が良いように思う。ただし、政治的な中心と文化的な中 [続きを読む]
  • 道州制
  • ぼくは専門的なことはわからないけれども、一応、道州制には賛成である。もし、一票を投じる権利があるのであれば。道州制は東京都一極集中に対する制度であるように思う。近畿地方は、名称は関西州ではなくて、近畿州にした方が良いように思う。そちらの方が歴史があるように思われるからである。州都を置く場所は、大阪府か京都市が候補として挙げられると思うが、大阪府の方が良いように思う。ただし、政治的な中心と文化的な中 [続きを読む]
  • HTMLにあれば良いと思うもの
  • HTMLにあれば良いと思うもの。それは、著者情報、ウェブページへのコメント情報、フォロー情報、お気に入り情報である。著者情報があれば、検索する時に、その著者情報から検索することができる。ウェブページへのコメント情報があれば、あらゆるウェブページに標準でコメント機能を付けることができる。例えば、テーブルなどがそうであるように。そして、コメントの多いウェブページを見つけるだとか、コメントの内容を検索するだ [続きを読む]
  • HTMLにあれば良いと思うもの
  • HTMLにあれば良いと思うもの。それは、著者情報、ウェブページへのコメント情報、フォロー情報、お気に入り情報である。著者情報があれば、検索する時に、その著者情報から検索することができる。ウェブページへのコメント情報があれば、あらゆるウェブページに標準でコメント機能を付けることができる。例えば、テーブルなどがそうであるように。そして、コメントの多いウェブページを見つけるだとか、コメントの内容を検索するだ [続きを読む]
  • 「離す」と「話す」
  • 「離す」と「話す」は同じ音である。同じ音であるということは一般的に同じ意味があるのであろうか。私の考えでは、ある。「はなす」という語のうち、「す」は能動的な動作を表す語であるから、もっとも簡単であるように思う。「な」は、一般的には、鼻音であることから、二であることや、無(な)いことなどを表すように思う。「はなす」の「なす」は、「成す」であると仮定しておく。「は」は、一般的には、小さな風や空間を表し [続きを読む]
  • 「離す」と「話す」
  • 「離す」と「話す」は同じ音である。同じ音であるということは一般的に同じ意味があるのであろうか。私の考えでは、ある。「はなす」という語のうち、「す」は能動的な動作を表す語であるから、もっとも簡単であるように思う。「な」は、一般的には、鼻音であることから、二であることや、無(な)いことなどを表すように思う。「はなす」の「なす」は、「成す」であると仮定しておく。「は」は、一般的には、小さな風や空間を表し [続きを読む]
  • 悪魔は宝くじが当たるだとか言うであろうか
  • まず、悪魔について。私は、悪魔というものは、その外見、声は天使などの聖なるものと同じようなものであると思っている。その方が悪魔的だからだ。さて、問題の宝くじの件であるが、宝くじというものは、少数ではあるが当たる者がいる。一方で、外れる者は多く当選の期待値としては、購入学を下回る。そう考えると、悪魔は宝くじが当たるとも言いそうだし、外れるとも言いそうである。ということは、悪魔は宝くじが当たるとも外れ [続きを読む]
  • 悪魔は宝くじが当たるだとか言うであろうか
  • まず、悪魔について。私は、悪魔というものは、その外見、声は天使などの聖なるものと同じようなものであると思っている。その方が悪魔的だからだ。さて、問題の宝くじの件であるが、宝くじというものは、少数ではあるが当たる者がいる。一方で、外れる者は多く当選の期待値としては、購入学を下回る。そう考えると、悪魔は宝くじが当たるとも言いそうだし、外れるとも言いそうである。ということは、悪魔は宝くじが当たるとも外れ [続きを読む]
  • glass
  • 眼鏡とコップのグラスは、英語で同じ綴りだったような気がするが、どうだっただろうかということがふと気になって、調べてみたが同じだった。その他にもガラスという意味もあるらしい。語源はこれだろうか。今日はプールに行ってきたけれども、体調が悪くなって途中で帰ってきた。こういうことがよくある。最近毎日のようにプールに行っている。泳げる距離も少しずつ伸びてきた。最近、暑い。外を歩いていると倒れそうになる。特に [続きを読む]
  • glass
  • 眼鏡とコップのグラスは、英語で同じ綴りだったような気がするが、どうだっただろうかということがふと気になって、調べてみたが同じだった。その他にもガラスという意味もあるらしい。語源はこれだろうか。今日はプールに行ってきたけれども、体調が悪くなって途中で帰ってきた。こういうことがよくある。最近毎日のようにプールに行っている。泳げる距離も少しずつ伸びてきた。最近、暑い。外を歩いていると倒れそうになる。特に [続きを読む]
  • 悲しみの涙と喜びの涙の違い
  • 悲しみと喜びとでは大きく違う感情であるのに、何故涙を流すという同じ現象が生じるのであろうか。涙は笑顔より強いと過去に記したことがあるが、その感覚は今でも変わらない。その際に、涙とは困難の解消であるかもしれないと記した。それについても、今でも変わらない感覚を持っている。その時に、比較したのは、悲しみの涙と感動の涙とである。喜びの涙ではない。喜びの涙も困難の解消であろうか。そうかもしれない。そのような [続きを読む]
  • 悲しみの涙と喜びの涙の違い
  • 悲しみと喜びとでは大きく違う感情であるのに、何故涙を流すという同じ現象が生じるのであろうか。涙は笑顔より強いと過去に記したことがあるが、その感覚は今でも変わらない。その際に、涙とは困難の解消であるかもしれないと記した。それについても、今でも変わらない感覚を持っている。その時に、比較したのは、悲しみの涙と感動の涙とである。喜びの涙ではない。喜びの涙も困難の解消であろうか。そうかもしれない。そのような [続きを読む]
  • 酒、ビール
  • 酒、ビールをたまに飲むと美味しい。いや、それだけのことなんだけど。書くことがあまり無くて……しかし、酒をしょっちゅう飲む気にはなれない。意識が朦朧とするから。少し飲んだだけで十分である。宴会だとかを開催してみたいけれども、あまりそういう友人もいないし。いないことはないんだが。世の中には、哲学カフェなるものがあるそうだ。Wikipediaによると、もともとフランスで誕生したものであり、現在では日本にもいくつ [続きを読む]
  • 酒、ビール
  • 酒、ビールをたまに飲むと美味しい。いや、それだけのことなんだけど。書くことがあまり無くて……しかし、酒をしょっちゅう飲む気にはなれない。意識が朦朧とするから。少し飲んだだけで十分である。宴会だとかを開催してみたいけれども、あまりそういう友人もいないし。いないことはないんだが。世の中には、哲学カフェなるものがあるそうだ。Wikipediaによると、もともとフランスで誕生したものであり、現在では日本にもいくつ [続きを読む]
  • 車の自動運転技術の未来
  • AI技術の進歩によって、人間が運転するより安全な車の自動運転技術が実現されると考えられている。直観的に考えて、このことは正しいように思われる。機械は人間と違ってルールを破ることはないし、歩行者の認識も素早く正確だからである。全ての車が自動運転の車に切り替われば、信号機は必要なくなるかもしれない。様々な道路標識も必要なくなるかもしれない。車同士の通信によって、同時に発進、停車すれば、渋滞することもない [続きを読む]
  • 車の自動運転技術の未来
  • AI技術の進歩によって、人間が運転するより安全な車の自動運転技術が実現されると考えられている。直観的に考えて、このことは正しいように思われる。機械は人間と違ってルールを破ることはないし、歩行者の認識も素早く正確だからである。全ての車が自動運転の車に切り替われば、信号機は必要なくなるかもしれない。様々な道路標識も必要なくなるかもしれない。車同士の通信によって、同時に発進、停車すれば、渋滞することもない [続きを読む]
  • 上ぐ
  • 「上がる」と「上げる」の二つの動詞に共通する単語は、「上ぐ」である。これは、動詞であり、古典にしか存在しない単語であるらしい。このように、古典にしか存在しない、単純な単語はいくつもあるようである。現代の言語にとっても、このような単語を知ることは価値があるように思われる。「あぐ」とは何であるか。「あく」と関係あるのであろうか。関係のないということはないだろう。近しい単語なのであるから。まず、「あく」 [続きを読む]
  • 上ぐ
  • 「上がる」と「上げる」の二つの動詞に共通する単語は、「上ぐ」である。これは、動詞であり、古典にしか存在しない単語であるらしい。このように、古典にしか存在しない、単純な単語はいくつもあるようである。現代の言語にとっても、このような単語を知ることは価値があるように思われる。「あぐ」とは何であるか。「あく」と関係あるのであろうか。関係のないということはないだろう。近しい単語なのであるから。まず、「あく」 [続きを読む]
  • プラトン「国家」 1
  • プラトン「国家」の第一巻の一から五まで読んだ。ソクラテスはケパロスに対して、老いというものをどのように考えるかということを問う。ケパロスは、老人は若い頃の快楽や愛欲が無くなったと嘆く者もいるが、老年はそういったことの原因ではないと答える。そうではない者、ソポクレスなどに会ったこともあると言う。そして、彼がある人にある質問をされたところに居合わせたことがあると言う。「「どうですか、ソポクレス」とその [続きを読む]
  • プラトン「国家」 1
  • プラトン「国家」の第一巻の一から五まで読んだ。ソクラテスはケパロスに対して、老いというものをどのように考えるかということを問う。ケパロスは、老人は若い頃の快楽や愛欲が無くなったと嘆く者もいるが、老年はそういったことの原因ではないと答える。そうではない者、ソポクレスなどに会ったこともあると言う。そして、彼がある人にある質問をされたところに居合わせたことがあると言う。「「どうですか、ソポクレス」とその [続きを読む]
  • 輪廻転生と因果応報
  • ぼくが仏教の思想の中で、あまり好きではないものは、輪廻転生と因果応報である。輪廻転生については、誰が見たのかと思う。仏陀もそれに対して特に肯定的な考えは持っていなかったらしいし。ぼくは来世は存在すると思っているが、それは我々の想像を超えるようなものであると考えている。時間が二次元になるだとか、それくらいの意外性とは言えない意外性があっても良いのではないか。輪廻転生は、無いといいなと思っている。輪廻 [続きを読む]
  • 輪廻転生と因果応報
  • ぼくが仏教の思想の中で、あまり好きではないものは、輪廻転生と因果応報である。輪廻転生については、誰が見たのかと思う。仏陀もそれに対して特に肯定的な考えは持っていなかったらしいし。ぼくは来世は存在すると思っているが、それは我々の想像を超えるようなものであると考えている。時間が二次元になるだとか、それくらいの意外性とは言えない意外性があっても良いのではないか。輪廻転生は、無いといいなと思っている。輪廻 [続きを読む]
  • サイコパスについて
  • Wikipediaのサイコパスに関する記述より。主人公的性格はサイコパスかもしれない。「哲学・心理学協会(SPP)の前会長を務めていたイェール大学・心理学部教授Paul Bloom(英語版)氏は『羊たちの沈黙』で、アンソニー・ホプキンスの怪演でもお馴染みのハンニバル・レクター博士よりもスパイアクション映画の金字塔となっている『007』シリーズの主人公、ジェームズ・ボンドの方こそ実社会におけるサイコパスの代表格であると主張 [続きを読む]