あやっこ さん プロフィール

  •  
あやっこさん: 純日本人だが、トリリンガルを目指す
ハンドル名あやっこ さん
ブログタイトル純日本人だが、トリリンガルを目指す
ブログURLhttps://ameblo.jp/ccayacco/
サイト紹介文「生まれも育ちも日本な一個人が、バイリンガルになれるのか」実験ブログです。気付きを文章にしていきます
自由文(2017年9月からスペイン語をはじめたため、目標をトリリンガルに再設定しました)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供120回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2017/07/29 13:43

あやっこ さんのブログ記事

  • 最近の英語学習コンサル事情
  • みなさんが「なんだこれは!」となる前に、さきにいっておきますね、マトモな英語ブログはこちらです(笑)TOEIC900 点を取って、英語が話せるようになる最強の勉強法 (リンク)このAmebaブログは、「自由なわたしが、好きなことを、好きなように書く」ブログです。(笑)まとめもなければ、感じたこと、思うこと、社会に、世間に、人間関係に対して思うことを、解釈を載せているごちゃ混ぜブログです!(そうなんです!強調)ちゃ [続きを読む]
  • TOEIC900点を取って、英語が話せるようになる最強の勉強法
  • 英語特化のブログを新たに作成しました。 読むだけ、知るだけで、世界が変わる、そんな不思議な学校 TOEIC900 点を取って、英語が話せるようになる最強の勉強法 また更新中ですが、 3ヶ月でTOEIC910に達した方法(180点アップ)リスニング満点を取る方法リーディングの時間配分について英語のお仕事 などなど、英語に特化した記事を控えております。 こちら(Ameba)には本レビュー、仕事観など、好きなことを、引き続き書いてい [続きを読む]
  • 英語に特化したブログを準備中
  • タイトルの通りです(笑)TOEIC記事が、1年経っても、ありがたいことにランキング上位にあり、英語学習に関しては、現役として、カウンセラーとして、もっと伝えられることがある、コツがある、書いていないけど、頭のなかにあるものがいくつかあって、それを、しっかり形にしようと、プロに師事いただき、勉強中です。(多分今週中には開設までいけそう)このブログは、好きなことをひたすら書いていたので、英語からこちらにはい [続きを読む]
  • 仕事がさき、人間関係はあと。
  • (マリコ、うまくいくよ 益田ミリより引用)こうやって思っていた時期が、3年くらいあった、わからないことだらけで、周りと比べては落ち込んで、何かやらなきゃと空回り。恥をかいた分だけ、成長してきたし、失敗の分だけ武器が身につく。変わらない毎日に飽きたら、なにかひとつでも新しいことを。あしたは、韓国の友達(元同業他社)が、スウェーデン大使館の、クリスマスパーティにいくと。「先輩もくる!?」(何故かソン君はわた [続きを読む]
  • まったく不真面目な奴だ、と言われてみたい。
  • いきなりだけど、わたしはとことん真面目である、 前の会社の最終面接(4次)で、周りからなんて言われる?と聞かれ、「真面目って言われます」と、バカ真面目に答えて、 それ自分で言うの?と鼻で笑われた。たぶん図星だったら、 いやわたしはこんなにしっかり、とアピールするんだろうけど、わたしは逆に、なんだか嬉しかった。 ああ、わたしが、不真面目になりたいように、真面目を良しとする場所も、 もしかしたらあるのかもし [続きを読む]
  • 会社員とフリーランスはどちらが得か
  • 書きたい記事が2つある。半年で100人の人に会ってみた、と、語学で生きていくこと、今日は後者について。あと、「語学は簡単」っていう人と、「難しい」っていう人がいるけれど、この二極化現象が、なぜ起きるのか。フリーの道を考える時に、知っておきたいこと、読んでおきたい本がある。“また組織を離れたがる人が見過ごしがちなのが、組織にいるときに業務を通じて自然と入ってくる情報や、得られる人脈の価値だ。フリーラン [続きを読む]
  • 「疲れない脳」の作り方
  • 面白くて、実用的な本を見つけました。気になって頭からはなれないことや心配事。ご飯を食べていても布団に入っていても、どこか心にひっかかっている。身体を休めても脳は動いている、エネルギー消費量の高い脳をどう休ませるのか、効果的なマインドフルネス(瞑想)を科学的に説明。“「ー何も考えずにぼーっとすれば、脳は休まるんじゃないの?」と考えるひともいることでしょう。しかし残念ながら、どれだけ無為な時間を過ごし [続きを読む]
  • 未来患い
  • なぜ受験勉強するのか、いい大学に入るため。なぜいい大学に入るか、大企業に就職するため。なぜいい大学に入るか、大企業に就職するため。なぜ大企業に入るか、老後に十分な退職金と年金をもらうため。老後、もっと言えば、最後に死ぬ時から逆算して現在を生きるなんて、ぼくはぜったいにやりたくない。ぼくに言わせれば、そんなのは、死に縛られた生きかたです。(「バカと付き合うな」堀江貴文、西田亮廣 より引用)自分を追い [続きを読む]
  • 逃げるが勝ち
  • どうでもいい、ぼやきです。29年近く生きていて、最近になって、ようやくわかったことがあります。辛いことって我慢しなくていいしんどいなら辞めていい、心無い言葉には、立ち向かわなくていい。周りに甘えていい、頼っていい。嫌なことは嫌って言ったほうがいい。合わないならやらなくていい。力技って走ってこれたけど、その結果、色々なこともできたけど、こんなに生き急がなくてよかった、もっと、心と身体を、大切にすれば [続きを読む]
  • 止まらないグローバリゼーション
  • “日本人が日本人というだけで得する時代はもう来ない。今世界で最も余りまくっているのはチャイナマネーだ。インターネットで世界が完全に繋がったいま、日本人はこのチャイナマネーのパワーを取り入れる必要がある。だが、近頃は「国が買われる」「中国人に侵略される」といった内向きの言動が多く、まったくおかしな話しだ。日本人が日本人だけで得する時代は、もう完全に終わっている。だからこそ、特に若い人には安易な感情 [続きを読む]
  • 96パーセントの心配、不安は取り越し苦労 
  • おやすみ期間を取ってみました。昼間にいっている会社は、オフィスも快適だし、仕事内容も、趣味の域なので、続けながら(これも休養になる)嫌なことはやめて、好きなことを、している。時間を使ってトゥシューズを新調、違う型を、使っていたんだけど、立つたびに親指に激痛が、回るなんてとんでもない、立つのさえやっと、って感じだったので、今回はシルビアで、違う型を。合っていなかったんだな、すごく馴染んで履きやすい [続きを読む]
  • しなくていい我慢
  • ”妹は常に「いま」に焦点をあてていました。今日、子供たちに会えたこと、今日、ジュースが飲めたこと。今日、窓から見る空がきれいなことを心から楽しんでいました。がまんもストレスの原因ですが、わたしたちは明後日も来年も10年後も生きていると思っているから、がまんして「いま」を犠牲にしてしまいます。Chapter4で「がまんというのは、『明日がある』と思うからできる」と書きましたが、絶対に明日が来る保証は、わたし [続きを読む]
  • 方向転換と、「本当に」やりたいこと。
  • (Sersioのお気に入り、たしか名前は、神々の王) 前の会社を辞めてから、半年と少し。某通信会社でぬくぬくお仕事しながら、プライベート全てをかけて、 色々、色々やってみたけど、結論、方向を、転換しました あっていなかったよう、そこにいくたびに、謎の、不安と恐怖に襲われて、 座っていられず、消えたいなー、と、これが一生続くのなら、わたし、もう消えた方がいいんじゃ、 と、心療内科の先生が、それをきいて、 「 [続きを読む]
  • 移民を受け入れていくこと、変わっていく日本
  • 起きたら、9:45だった。出社時間は10:00、余裕で間に合わない。もう一回寝た。そのせいか、今日は、仕事の効率がめっちゃ、いい(気がする)散歩の許可と、そのままでいいので、自由〜に好きにやってもらって大丈夫です、という言葉を鵜呑みにして、ありがたいことに、その言葉通りに、させていただいている。(この心身の状態で、これだけ、お給料をもらいながら、好きなことだけして、自由にって、足を向けて寝られません..)仲 [続きを読む]
  • ロマノフ王朝と怪僧ラスプーチン
  • 「私は、正月までに死ぬに違いないと感じている。もしわしを殺すものがただの人殺しか、わしと同じ百姓なら、汝、全ロシヤの皇帝よ、何一つ汝の恐れねばならぬことはない。汝は帝位に残り、汝の子らは永くロシヤを治めるであろう」「しかし、もしもわしを殺害するものが貴族であるなら、彼らの手は永遠にわしの血に塗れ、彼らは祖国を追われることになろう。彼らは兄弟どうし殺し合い、ロシヤにはもはや、貴族も皇帝も、また皇帝 [続きを読む]
  • 「幸せ」と翻訳をしていて思うこと。
  • “最後にアラン先生は、こう断言しています。間違った選択も悪い運命も存在しない!誰もが自分にはたくさんの道があると思っています。あのときの選択はあれでよかったのか!?あのとか、もっといい行動があったんじゃないかな!?しかし、人はいつか気付きます。「枝分かれした小さな道なんて存在せず、実は全ては大きな一本道にすぎない」ちいさなひとつひとつで、人生すべてか決まることはありません。どんな失敗をしてもどん [続きを読む]
  • 「いつかは専業主婦」というファンタジー
  • “多くの女性に接していると「まだ結婚で食べられる」「養ってくれる人と結婚できる」と信じている人はかなりの数です。大学生にライフプランを描いてもらうと、「結婚して食べさせてもらっている間に子育て」という箇所が必ず出てくる。起業に成功する、社会貢献をする、という夢も「養ってくれる夫」がいてのプランです。起業研修で講演をすると、トップ営業の20代女性が、「子どもが出来たらやめようと思っていたけれど、講演 [続きを読む]
  • バレエと、生き方
  • 最近無理をしていて、わかっていたけど、まあなんとか乗り切れるかなと、 お医者さんの声も無視して、走り続けた結果、ついに、 無理はよくないですね。 好きなことをしたり、ゆっくりしたりして、一週間、しっかり休んでください、って何をしていいかわからず、 そもそも具合が悪くて動けず、寝ているばっかりも、 時間の無駄な気がして、そしてそれを聞いた主治医が、 「それがそもそも違う」と「何かしていないと気が紛れな [続きを読む]
  • この本が、世界に存在することに
  • “あいかわらず、いろんなことがある。かなしいこともうれしいことも。もうだめだ、と思うようなつらいことも。そんなとき、きまって私はおばあちゃんの言葉を思い出す。できごとより考えの方がこわい。それで、できるだけ考えないようにする。目先のことをひとつずつ片付けていくようにする。そうすると、いつのまにかできごとは終わり、去って、記憶の底に沈殿している。”(この本が、世界に存在することに 短編「さがしもの」 [続きを読む]
  • 風の歌を聴け
  • “僕はノートのまん中に1本の線を引き、左側にその間に得たものを書き出し、右側に失ったものを書いた。失ったもの、踏みにじったもの、とっくに見捨ててしまったもの、犠牲にしたもの、裏切ったもの….. 僕はそれらを最後まで書き通すことはできなかった。僕たちが認識しようと努めるものと、実際に認識するものの間には深い溝が横たわっている。どんな長いものさしをもってしてもその深さを測り切ることはできない。僕がここに [続きを読む]
  • どこまでいっても、人間関係
  • “ある時はあるように生活し、ない時はないように生活する・・。それが私が到達した生き方の理想である。私はまたこうも思う。泳げなくても、飛び込めば泳げるようになるものだ・・。損をするまいとして八方に知恵を廻らせ、汲々と生きることは私の性には合わないのである。私は私の性分に従って生きてきた。その性分が私の価値観を作った。私が無考えに行動して、失敗したり損を重ねて苦労を招いていることを心配するひとたちに [続きを読む]
  • 「ポプラの秋」を読んで
  • 久しぶりに、公式ジャンル本レビューのランキングに。素敵な本が、心を捉える本が、世の中に広まるのが嬉しくて、活字は、本は、心の癒しだと実感する毎日です。 今日は、心が疲れた時に、読みたくなる一冊を。 父親を亡くした母と娘が辿り着いたアパート。 誰もが何かを抱えていて、でも、それでも、前を向いて生きていこうと、大家のお婆ちゃんと、住民が織りなす、優しくあたたかい物語。 母親が、亡くなった父親宛てに書い [続きを読む]
  • ベラスケスの十字の謎
  • インドのあるデータが変動して、何かなーと原因を探ると、2018年夏に盛り上がった、火星大接近の余波だった。世界は今日も繋がっているなあ、と。最近の一番の癒しは、ひたすら米国のグループ会社との、契約書翻訳に、没頭すること。何も考えず、ひたすら、ひたすら、定義と、意図と、無機質な文章を、機械のように、それはひたすら、元訳も、前提もないので、ひたすら読んで、情報を集めて、パズルみたいに組み立てる英文の解読 [続きを読む]
  • バレンシアの映画館で、上映を。
  • 今日は、最近までバレンシアの映画館で、上映されていた、心があったかくなる、短く、素敵な映画をご紹介。「The Right Combination」英語も、聞き取りやすいので、字幕なしでも、わかりやすい。まるで絵本みたい、淡々と進んでいく会話、まるで、自分もそこにいるかのように、とてもとても自然で、優しい。複雑に考えがちな、人間関係を、事象を、全てが、紐解けて、ああ、人生って、生きるって、シンプルだなって、思わせてくれ [続きを読む]