JRL さん プロフィール

  •  
JRLさん: JRLテックログ
ハンドル名JRL さん
ブログタイトルJRLテックログ
ブログURLhttp://jrl.hateblo.jp/
サイト紹介文技術コンサルティング、人材育成、戦略策定、セミナー等の様々なコンテンツに関する情報を提供するブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供90回 / 85日(平均7.4回/週) - 参加 2017/07/29 13:51

JRL さんのブログ記事

  • スタートと同様にクローズが重要
  •  何事も始める時には色々と考えてしまい、なかなか行動に移せないという経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか。どうしても、上手く行かなかったらどうしようとか色々考えてしまうのが主な原因でしょう。やる前に色々悩んだところでどうしようもないことも分かっていても、それでも考えてしまうのが人間です。もちろん、出来る限り失敗を避けて、成功確率を上げるために考えられることはできる限り考えて、想定しておくとい [続きを読む]
  • 我が子に学ぶポジティブ思考
  •  私には今大学生の子供が二人いるのですが、上の子供のポジティブさというか、達観したところは、我が子でありながら尊敬に値すると感じています。 何か意に沿わない、期待とは異なる結果になった時、もちろん、嫌な気持ちや、「なぜ上手く行かなかったんだろう」という気持ちはある程度持っていると思います。しかし、それよりも強いのは、でも、これは出来たよね、とか、〇〇までは悪い結果ではないよね、というように、期待 [続きを読む]
  • 異物分析の方法
  •  異物分析では、形態や色などの情報も重要ですが、やはり組成に関する情報が最も重要なものの一つになります。組成を得る事ができる分析法には様々なものがありますが、異物分析においてはある程度小さな領域に絞った分析ができるということが条件の一つになります。代表的なものとしては、以下のようなものがあげられます。手法特徴課題顕微赤外分光法・化学構造に関する情報を得られる ・非破壊である・マイクロサンプリ [続きを読む]
  • 結論が出ない会議
  •  世の中には様々な会議がありますが、会議とは「会して議する」という字の如く、何らかの結論を導くためのものです。しかし、世の中には色々な会議があります。 例えば、こんな面白い、というか、笑えない会議に出くわしました。 参加者はそうそうたるメンバーで、社長を筆頭に、役員、関係部署の部長等が参加しています。これだけ聞くと、何でも決まりそうな印象を受けます。しかし、実際には全く違いました。 これだけ [続きを読む]
  • 採用面接の質問の意味(採用者向け)
  •  このブログを読んでいただいている方の中には採用に関わっている方もおられると思います。書類審査、面接と実際に関わるとき、どこを見られているでしょうか、また、何を聞かれているでしょうか。私自身もサラリーマン時代には、部長という立場で採用に関わっておりました。また、コンサルタントとしてもクライアント企業の採用コンサルティング、指導や、実際に採用面接に立ち会うこともあります。そこで、今回は、面接の質問に [続きを読む]
  • 何も教育されずに現場に放り込まれる可哀想な若手
  •  おかげさまで様々な場所で招待講演やセミナー、講演会をさせて頂き、そこでお声かけを頂いて、たくさんの方とお出会いをさせて頂いております。それぞれのパターンで参加者の数も数十人から200人以上まで幅広く、顔ぶれ、階層も異なっており毎回楽しみにしております。話す内容も様々で、会の主旨や他の講演者の方とのバランスを考えて様々なものを用意します。 学会の招待講演などの場合には参加費が必要となり、専門的な [続きを読む]
  • なぜブレストが上手くいかないか
  •  皆さん、「ブレスト」という言葉はほとんどの方が耳にされたことがあると思います。また、人事研修で実際に体験された方も多いのではないでしょうか。もちろん、実務で使ったことがある、使っているという方もおられるでしょう。しかし、現場の声を拾ってみると、結局ブレストをやっても成果に結びつかない、または、ブレスト自体が上手く行かないというということを度々耳にします。そこで、今回はブレストについて書いてみたい [続きを読む]
  • 部長でした、副部長でした、で、部員は何人?
  •  採用のお手伝いをすることも多いのですが、その中では採用面接に同席するということも数多くあります。同席して、採用担当者の方と同様に質問もすれば、採用するかどうかの判断についても意見を述べさせていただきます。実務的な採用のお手伝いということはもちろん、こんな質問をすればこんなことが分かります、判断できますと言ったご指導も兼ねています。そんな中で、特に新卒採用で面白い学生さんに何度も出会っているのです [続きを読む]
  • 外部専門家(コンサルタント)の活用
  •  日本においても、製造委託や分析評価などのいわゆる「外注」と言われるものは、コストダウンをその利用背景の筆頭として様々な業界で活用されおり、分析会社のような外注受託を専門に受ける企業も数多くあります。しかし、コンサルティングについては、まだまだコンサルタントを積極的に活用するという文化は根付いていません。 この理由は色々あるかと思われますが、少なくとも現場サイドにおいてはもっと積極的に活用したい [続きを読む]
  • 私全然わからないんです、が口癖の人
  •  皆さんの周りにもみないでしょうか、何か仕事を頼んだり、言ったりするとすぐに  「私、良くわからないんで」  「私、頭悪いんで」  「私、素人なんです」といったことを言う人が。 言ってる方は、こう言っておけば良い言い訳になるし、角が立たない、と思っているのでしょうか。しかし、実際には全く逆で、相手の気持ちを逆なでしており、全く言い訳にすらなっていません。 「良く知らない」というのなら、なぜ知ろ [続きを読む]
  • 通勤圏を希望と言いつつ
  •  あるクライアントのコンサルティングの中で中途採用のお手伝いをすることになりました。採用活動の背景は、現在の課長層に物足りなさがあり、即戦力としてはもちろん、課長層に刺激を与える、新たな血を入れて現場を活性化するというような目的でした。したがって、ほしい人材は管理職、または、その候補ということになります。 上記のような背景を持っての募集ですので、応募される方は基本的に中堅、または、現在管理職の方 [続きを読む]
  • もうワンショット実験していいですか?
  •  サラリーマン時代の部下の一人にいつまでたっても実験が続く人がいました。口癖は「もうワンショット実験していいですか」でした。要するに、実験はしたけど上手く行かず、実験条件を少し変えてもう少し検討したいということです。これだけ聞くと、一見すると頑張り屋さんのように思えるのですが、実体はそうではありませんでした。 確かに彼は実験に対する体力も持久力もあって、へこたれない精神力も持っていましたので、そ [続きを読む]
  • 自分を卑下しない
  •  コンサルティング先、顧問先に訪問して、若手や中堅、管理職の方とディスカッション等をしながらご指導させて頂くのですが、それらの方には様々な経歴の方がおられます。新卒採用された方もいれば、今のご時世ですから転職組の方もそれなりにおられます。また、会社内の人事異動で今の担当になって間もない方もいれば、ずっと同じ担当で専門性を高めておられる方など色々です。 そんな皆さんとディスカッションをしていると、 [続きを読む]
  • 何がモチベーションを産み、育てるか
  •  コンサルティングで様々な企業に伺っていると、最近の若手や中堅、時には管理職の方に至るまで、モチベーションが低いという相談を受けます。このようにおっしゃる方の多くは、まだ高度成長期の光が日本に当たっていて、イケイケドンドンで半導体、電機、自動車産業などが成長して、日本経済そのものに元気があった時代を経験されている方、または、そういった方の影響を強く受けておられる方です。 確かに、当時は全てに活力 [続きを読む]
  • 耳に心地よい言葉に逃げない、騙されない
  •  世の中には色々な言葉(単語、キーワード)があります。その中には、専門用語、略語など一度聞いただけでは意味の分からないものもあります。例えば、ベンチャーの世界ではやたらとカタカナ語やアルファベットの頭文字を取った略語が使われます。一例をあげると、「MVP」という言葉があります。これを聞いてほとんどの方は、 Most Valuable Player(最高殊勲選手)を思い浮かべると思います。しかし、ベンチャーの世界でこの単語 [続きを読む]
  • 今日の格言(目標とゴール)
  • 「目標(志)の高さがゴールレベルを決める」 低い目標からは低い結果しか得られません。ストレッチゴール、高みを目指してこそ、より高いレベルの結果が得られるとともに、成長にも繋がります。 技術コンサルティング、人材育成はジャパン・リサーチ・ラボにご相談ください。analysis.ikaduchi.com [続きを読む]
  • 分析と開発の関係
  •  このブログを読んでくださっている方の多くは技術系の方だと思います。研究開発に携わる方、分析に関わる方、製造現場におられる方など様々でしょう。今回は、そんな中で、分析と開発の関係について考えてみたいと思います。 日本には分析を生業としている、いわゆる分析受託会社がたくさん存在しています。そして、その中でもグループ会社、親会社からの分析依頼だけを受けるところもあれば、基本的にどこからの依頼でも受託 [続きを読む]
  • 部下、社員の悪口を言う上司、経営者
  •  様々な企業に顧問やコンサルタントとして訪問して、ご指導をさせて頂いておりますが、ほとんど場合、応対されるのは管理職以上の方、場合によっては役員の方や経営者の方というのも珍しくありません。その中では色々な話をさせて頂くのですが、ほぼ必ず部下や従業員の方に関することが話題に上がります。そこで、少なからず出会うのが、悪口や陰口のような発言です。 普通の人であれば、何かしらの欠点はあるのが通常ですので [続きを読む]