Tootsie Roll さん プロフィール

  •  
Tootsie Rollさん: 東大SPHを目指す貴方へ
ハンドル名Tootsie Roll さん
ブログタイトル東大SPHを目指す貴方へ
ブログURLhttps://ameblo.jp/tootsieroll-29/
サイト紹介文東京大学 公共健康医学専攻 (SPH: 公衆衛生大学院) について、入試対策について記録しました。
自由文ご質問もコメントやメッセージで受け付けます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 81日(平均2.2回/週) - 参加 2017/07/29 18:48

Tootsie Roll さんのブログ記事

  • MPHを取る意義
  • これから東大SPHを受ける皆さんも、SPH入学予定の皆さんも、在学生の皆さんも、卒業生の皆さんも「MPHを取る意義」について一度は考えたことはあるのではないでしょうか。アメリカのCDCや、WHOなどの国連機関ではMPHホルダーかそうでないかで就ける階級や給料に明らかな違いが生じます。私が2年前に東大SPHを志した理由がまさに「WHOに就職するためにMPHを取得したいから」でしたし(紆余曲折あって結局WHOには就職しませんでした [続きを読む]
  • 優雅に論文抄読に耽れる場所
  • 東大SPHでは課題として英語の原著論文を読ませる授業が数多くあります。特に授業が英語で行われる国際保健政策学などは1週間で200ページを平気で読ませてきたりします。英語に「それなりに」自信がある私でも、かなりしんどかったです。図書館やSPH自習室で読んでいても、なかなか集中力が続かないことが多く、集中力維持のために適度に場所を変え、リラックスしながら読む工夫をしていました。そして、東大のキャンパス内には打 [続きを読む]
  • 東大SPH受験生の併願校
  • 東大SPHを受験される方orされた方は一度は迷うor迷ったのではないでしょうか。他大学のSPHも受けようかと。実際、私自身も悩みました。そして、当初は京都大学SPHと長崎大学MPHプログラムを併願するつもりでいました。ところが、すでに社会人で仕事の合間を縫って勉強していたのもあって、東大対策でいっぱいいっぱいになってしまい、他大学の受験勉強で東大対策の時間が削られるのはイヤだ!と次第に思うようになり、最終的には [続きを読む]
  • SPHの授業の様子
  • ちょっとだけお見せします。東大SPH第10期生のある日の授業の様子です。肖像権の問題もあるので、後ろから撮った写真で勘弁してください・・・。まぁ、ごく普通の大学の講義室の風景ですよね。ちなみに、写っている授業は「精神保健学I」です。東大SPHでは座学以外にも、グループワーク、ディスカッション、プレゼンテーションが積極的に行われます。また、意識の高い学生が多く、授業中に質問したり、自分の意見を述べたりするの [続きを読む]
  • 東大SPH入試と他の入試との最大の違い
  • 東大SPH入試と他の大学院入試との違い。これは、東大SPHがなぜ狭き門なのか、とも言い換えることもできます。それはひとえに、純粋な学力試験だからです。大学とは、文理問わず幾つもの教室の集合体です。例えば、同じ「●●大学医学部・医学系研究科」でも、その傘下に「薬理学教室」やら「循環器内科学教室」やら「生物統計学教室」と言った教室が存在します。そして、各教室には教授が1人ずついて教室の人事を一手に担っていま [続きを読む]
  • SPH入学後に意識してほしいこと
  • 2018年度入試の最終合格発表から1週間が経ちましたが、東大SPH第12期生に合格された方々、改めまして合格おめでとうございます。社会人の方は仕事で、学部学生の方は卒業論文やら国家試験の勉強などで忙しくて、なかなか合格した喜びに浸る暇もないかもしれません。とりあえず入学まで約6か月半ありますので、それまでは今の仕事/勉強をこなししつつ「心の準備」をしていてください。その先には、楽しいSPH生活が待っていますよ! [続きを読む]
  • 二次試験最終発表
  • 本日の正午に発表がされました。これで東大SPHの第12期生が正式に決定しました。合格者の皆様、おめでとうございます!せっかく合格したのに、3月初旬の入学手続きまでまた更に半年もあって、じれったいかもしれませんが、とにかくおめでとうございます!これからの1年ないし2年が、充実した学生生活になりますよう、心より応援しています! [続きを読む]
  • このブログを作ろうと思った理由
  • 2018年度の東大SPH入試が終わったところで、私がなぜこのブログを作成したのかを語ります(プロフィールページにも同じ文章を載せています)。東大SPH受験には、高校や大学(学部)の受験の時のような塾・予備校はおろか、模擬試験や参考書や問題集と言ったサポートが一切ありません。そのため、公式配布されている過去問を自力で黙々と調べていくしかなく、孤独と不安との戦いになります。私自身が2015年に東大SPHを受験した時には、 [続きを読む]
  • 今年(2018年度)のSPH入試問題の感想
  • さて、今年度の1次試験の問題を読ませていただきました。その感想を記します。ただし、これまでの歴代の過去問のうち、2017年度(2016年8月実施分)の問題のみ、まだ一度も内容を見たことがないため全て2016度(2015年8月実施分)以前のものとの比較ですので、その点だけご注意ください。また、私一人による主観で満ち溢れていますので、そちらについてもご留意をw①英語 (標準)大問4の1や2のように「適切な単語を述べよ」的な語彙力 [続きを読む]
  • 2次試験(面接)お疲れ様でした
  • 1年コース志望、2年コース志望の皆様、共に面接お疲れ様でした。面接そのものは10分程度なのに、待ち時間の方が圧倒的に長くてやきもきされた方も多かったのではないでしょうか(特に受験番号が後のほうの人)。ちなみに、ちょうど2年前に私が受験した時に面接で「なぜSPHを受けたのですか?」という質問に対し「国際保健に興味があって将来的にWHOで疫学の仕事がしたいからです」と答えたところ「ではなぜ隣の国際保健学教室を受験 [続きを読む]
  • 1次試験合格者の方々、おめでとうございます!
  • 本日19時に1次試験の合格発表がされた模様です。めでたく合格された方、おめでとうございます!まだ明日も面接が残されているので、これで終わったわけではないのですが、SPH入試の「最大の山」は完全に超えましたので、兜の尾を絞めつつ解放感に浸ってくださればと存じます。そして、午前面接の1年コース志望の方々は、寝坊しないようにだけお気を付けください。ちなみに、今年は104人が受験(出願)されたようで、例年と比べても [続きを読む]
  • 1次試験終了
  • 2018年度のSPH入試の1次試験が終了しましたね。本日受験された皆様、本当にお疲れさまでした。「手ごたえがなかった」と落胆されている方も多いと思いますが、まだ諦めないでください。自分も試験が終わった直後は泣きそうなぐらい「落ちるかも」と不安になっていました(おそらく受験生の過半数は同じような気持ちだったと思います)。いずれにしても試験の結果は明後日には分かりますので、今日と明日はこれまで勉強していた疲れ [続きを読む]
  • いよいよ明日
  • いよいよ明日が決戦ですね。このブログを読んでくださってる皆様にさくら咲くことをお祈りしています。先述の記事でも述べた通り今年から選択肢問題(公共健康医学基礎+統計学)と記述式問題(公共健康医学専門)の問題数が変わりますが、どうやら試験時間はそれぞれ1時間40分と1時間20分で不変のようですね。そして、2年コース志望でも必修となる小論文は制限時間1時間のようです(1年コース志望も1時間?)。選択肢問題については、自 [続きを読む]
  • 統計学練習問題
  • 仕事の合間に、統計学の練習問題(?)をオリジナルで作ってみました。本番まであと4日ですので、直前模試代わりに是非!(模試と言えるほどのものですらないですが・・・)気が向いたら、解答と解説も作ってここにアップ致します。統計学練習問題受験ブログリンクに登録しています。このサイトが少しでも皆様のお役にたてましたら、下記リンクをたくさん して頂ければ嬉しいです。「いいね」ボタンやコメントなども大歓迎です [続きを読む]
  • 入試で必要かもしれない行動学関連用語一覧
  • 私が東大SPHの受験勉強をしている時にまとめた行動学関連用語一覧のノートをPDF化してアップいたします。東大SPH入試行動学用語一覧大切なことなので繰り返しますが、これはあくまで私自身が受験生だった頃に「個人で」まとめたノートですので、参考程度にみておいてください。ノートの記載事項が「正しい回答」ではないかもしれないです。これによって生じたいかなる損害や不都合などについても、責任は負いかねます。アシカラズ [続きを読む]
  • 東大SPH入試の狙い(私見)
  • 入試まであと2週間になりました。今年受験される方は大詰めに入りつつあると思います。自分が受験生だった時は、色々な公式やら専門用語やらを一生懸命確認しながら「これってさ、冷静に考えると、SPHに入ってから習うべき内容なのでは?」なんて疑問を持ったものです。そして、実際にSPHに入学すると、入試問題の内容と一致した内容が講義で出る度に「あの時のあの問題はこの先生が作成したのかぁ!」なんて心の中でツッコミを入 [続きを読む]
  • 入試で必要かもしれない医療倫理関連事件一覧
  • 私が東大SPHの受験勉強をしている時にまとめた医療倫理関連事件一覧のノートをPDF化してアップいたします。一応、全て自分で吟味して独自の言葉でまとめていますので、一般公開はセーフだと信じています・・・。年代順に並べてあるのと、インフォームドコンセントなどその後の医療倫理の歴史にどう影響を与えた事件なのかも記してあります。参考文献は「入門医療倫理 I 」赤林朗著 (勁草書房)および各種インターネットサイトで、 [続きを読む]
  • 未来の12期生の皆様へ
  • 今年の受験日まで、あと3週間となりました。これから12期生になろうとしている受験生の皆さんはとても緊張されていることと思います。2年前の今の時期、私自身も緊張しすぎて、常に参考書やノートを眺めていることで必死に気分を和らげていました。さて、受験生の皆さんが今抱いている緊張の内容は、ほぼ間違いなく、「自分の勉強法は正しいのだろうか」と「自分は合格圏内にいるのだろうか」の2点だと思います。私が正にそれでし [続きを読む]
  • 入試で必要かもしれない統計学公式
  • 思えば、今年の試験日(1次試験)まであと3週間とちょっとですね。自分が東大SPHの受験勉強をしていた時に独自でまとめた統計学の公式をPDF化したものを公開いたします。あくまで、「個人で」まとめたものなので、参考程度にしておいてくださいればと存じます。これによって生じたいかなる損害や不都合などについても、責任は負いかねます。アシカラズ・・・。東大SPH入試統計学公式集 [続きを読む]
  • 役立つリンク
  • これまでにアップされている、東大SPH受験についての情報を載せてくださっている、数少ないブログをここで紹介いたします。日本でMPH取得を目指すブログ2017年入学(11期生)の方のブログニューロリハ医のメモリーノート2013年入学(7期生)の方のブログ [続きを読む]
  • 東大SPH入試の推薦図書
  • 東大SPHの入試対策をする上でおススメの参考書は以下の通りです。私個人の体験とその感触によるものなので、ご参考程度に・・・。公衆衛生がみえる (Medic Media) [推薦度:★★★]私自身は同社の「サブノート」を使っていましたが、2015年に廃刊になってしまったのでこの本が内容的に最も近いと思います。直近の統計の数値や新しい法律がまとまって載っています。もちろん載ってない内容も多数出題されますので、適宜インターネ [続きを読む]
  • 入試の成績
  • 東大では入学試験の成績開示ができます。私は2016年3月に東大SPHに入学手続きをしたその日に開示の手続きをしました。その結果を公表いたします。2016年度(2015年8月実施)入学試験残念ながら合格最低点は不明です。何卒、ご了承ください・・・。 [続きを読む]
  • 入試勉強法
  • 東大SPHの試験についてです。1次試験(筆記)と2次試験(面接)で構成されますが、まず1次の点数のみでバッサリ落とします。職歴、出身学部、専門分野などは一切問わず、純粋な「1点刻み」での争いになります。一方、2次は「本当に人格的にヤバい人だけをふるい落とす」程度です。ですので、試験勉強はもっぱら1次試験対策になります。1次試験は以下の①〜④のセクションがあり、合否判定に使われるのは前者3つのみ(360点満点)です。 [続きを読む]
  • 2016年度の受験者数・合格者数
  • 2016年度入学試験(2015年8月実施)の受験者数・合格者数は以下の通りです。1年コース、2年コースそれぞれの内訳も自分で調べた範囲で全て載せています。また、前回の記事でも載せました通り、1年コースの出願時には「1年コースの合格点に満ちてなければ2年コースでもよい」かを選ぶことができます。1次試験(筆記試験)志願者数77人(1年:31人、2年:46人) ?1年は5人は試験場に現れず実質受験者数は26人 ?2年の未受験者数は数えて [続きを読む]
  • 試験スケジュール (2016年度)
  • 入学試験のスケジュールの前にまず、東大SPHは1年コース(約10名)と2年コース(約20名)に分かれています。1年コースは受験資格として「2年以上の実務経験」が必須で、さらに出願時に「1年コースの合格点に満ちてなければ2年コースでもよい」かを選ぶこともできます。1次試験(筆記)と2次試験(面接)からなります。以下が2016年度(2015年8月実施)の入学試験のスケジュールですが、2018年度(2017年8月実施)からは試験内容に幾つか変更点 [続きを読む]