zombiekong さん プロフィール

  •  
zombiekongさん: ぶんぶんキャッツ
ハンドル名zombiekong さん
ブログタイトルぶんぶんキャッツ
ブログURLhttps://boonbooncats.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文おバカなニャンコのユル変ワールド! たまに怪談話もアリ (5種7匹)
自由文スコティッシュフォールド・マンチカン・ベンガル・ボンベイ・トンキニーズ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供60回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2017/07/29 18:55

zombiekong さんのブログ記事

  • 女王様と従者たち
  •  おデン様はいつも のほほんとしていて、悩みがあるようには見えません。「何を言うか! わらわの苦労が分かっておらんの」「我が国はスットコランドと言うだけあって、我が家臣にもスットコドッコイしかおらぬのじゃぞ」「コバンはわらわが休んでいるあいだ しっかり警戒しておったのか?」「ははっ! 拙者に抜かりはありませぬ」「どのように抜かりなく警戒しておったのじゃ?」「結界を張り巡らせて誰も出入り出来ぬようにしたので [続きを読む]
  • キューティ・ボニー
  •  とっても小さなボンにゃんは、気が強くて怖いもの知らずな性格です。キュートな容姿に似合わず、しょっちゅう他の猫達を威嚇して歩きます。「何よアンタ!」「ぼ、僕もご飯が欲しいです~」「アタチが先に食べるのよっ!」「そこどいてよぉ!」「横を通れるのではでござらんか?」「アンタ生意気よ! そっちがよけるんでしょ!」「これはアタチがもらっとくわ」「ボスのオラのだべ?」「アタチが欲しいものはアタチのなのっ!」ドンごろー [続きを読む]
  • お菓子をくれたらお祓いします!
  • 「今夜はハロウィンでござる」「拙者も出かけるのでござる」「おぉ! そうであったな。今夜の主役は黒猫じゃ」「町へ出て魔を祓い、菓子をもらってくるが良い」「皆様は行かないのでござるか?」「大人じゃからな」「お菓子をもらえるのはコドモだけだぜぃ。オマエもう大きいだろ」「拙者はまだ子猫でござる」「そんなに でけーのにぃ?」「拙者は大きくても子猫なのでござる」「菓子をもらえるのが子供だけなら、なおさら絶対に子猫 [続きを読む]
  • 写真をくれなきゃイタズラします!
  • 「満月広場」にハロウィンの写真が集まり始めました。でもまだ街角のスナップが少ないです。みなさん! ハロウィンの飾り付けなどを撮っていませんか? 「写真をくれなきゃイタズラしまーす!」「?ってか僕?頭に何か刺さってませんか?」「気のせいじゃないかな。大丈夫大丈夫」「大丈夫じゃないような?」「ま、いーからいーから」「写真をくれなきゃイタズラするだぁ!」「って?オラこんな こえ〜顔にされたらイメージダウンずら [続きを読む]
  • 写真をくれなきゃイタズラするわ!
  •  前回ハロウィンの写真を募集したのにまだ誰も出してくれません~。 今年はみなさん協力して下さらないのでしょうか?「写真をくれなきゃイタズラするわよ!」 みんなの写真を並べて掲載する専用ブログ「満月広場」では、9月から画像取り込みにエラーが出て、So-netさんに問い合わせてもボケた回答しか返って来ないまま、放置されております。去年のような一晩での収集(緊急告知! 写真泥棒!!)では、まったくアップロードできない恐 [続きを読む]
  • 猫浦撮影スポット巡り
  •  猫浦の周辺は、映画やドラマのロケによく使われています。運河とモノレールと、高層ビルの並ぶ風景が良いのでしょうか。カメラと三脚を持って歩いている人もよく見かけます。ママも時々写真を撮りますが、何故か深夜ばかりです。地元なのですから良く晴れた日を選べるのに、暗い所で手持ちのスナップショットです。「その方が画面の荒れた感じがイイ」のだそうです。意味が分かりませんね。 東京タワーを正面に見られるミィ田 [続きを読む]
  • おもてにゃしは無理にゃの?
  •  ママが「ぽちの輔の雑記帳」で以前に開催された(開催されてませんよ)「第77回キジトラ名前当て選手権」(ママがテキトーに言ってます) で優勝して (答えたのはママだけなんですが?) ぽちの輔さんから、賞品のポーチをいただきました。ママは大喜びで、iPodminiを入れて使っています。 さらに日曜日には「小さなアトリエ・4」のsanaさんが、訪ねて来てくれました。 ドンごろーもちゃんと自分からご挨拶していますね。 ゴンゴ [続きを読む]
  • おもてにゃしは無理ッ!
  •  日曜日に「yk art diffusion」のKOMEさんと「1000万円以下のMyHouseのその後」のみちさんが、我が家に寄ってくれました。 猫達を撮ってくれたので、ママのいつもの"ゆるボケ写真"と比べてみて下さいね。美しい写真です。KOMEさん「デン」「ゴン」「ガン」「ダン」「デン」みちさん「ゴン」「ガン・ドン」「デン」「ダン」 せっかくの機会だったのに、撮影に協力しない子もいたようですね。「アタチは ととちゃま以 [続きを読む]
  • 壊獣ゴンジラ!
  •  ゴンゴンが冷蔵庫の上にいたら、警戒警報発令です。頭めがけて飛んで来ます。包丁や食器を持っていたら大変です。ママは何個もコップを割りました。キャットタワーのハイタイプとか、高い所のキャットウォークなんて、とんでもありません。ゴンが飛びかかってくる怖さを想像して下さい。 ゴンがお風呂場にいる時も要注意です。 窓にボディソープを置いてあるのは飾りではありません。以前右上に付いている戸締りのセンサーを、 [続きを読む]
  • 忍びのもにょ
  •  忍者猫ダンゴ君。毎日お勤めを頑張っています。 女王おデン様に今日のおもちゃを選んで差し上げます。 玄関周りの防犯チェックと聞き込みをします。 縄張りの見回りが済んだら、ボス猫ドンごろーに報告です。 お仕事の合間には"クナイ"代わりの爪楊枝を、何度もキッチンから盗んでは逃げ?「えい!」「やっ!」と訓練に励みます。 お風呂場でも引き続き訓練中。 お茶の間でもやっていますが? あちこちに置き忘れられた楊枝 [続きを読む]
  • 猫屋敷の怪・再び
  •  前回の「猫屋敷の怪」ではゴンゴンの背中にガンちゃんの生首が生えていましたが?。 今度はガンちゃんの首にゴンゴンの胴体がつながっています。 前回背後霊に取り憑かれたダンゴ君は?。 一体化していました。 秋なので畳には猫耳茸が生え?。 ベッドには猫足茸が伸びています。 猫は薄目を開けて眠っている場合がありますが、ガンちゃんの開いた片目は不気味ですね。 ダンゴ君は忍者ですから、寝ていても警戒を怠らない [続きを読む]
  • 夏のおみょいで・お友達編
  •  ぶんぶんキャッツのお友達の皆さんから「夏のおみょいで」のお写真をいただきました。スットコランドのビーチには、冬に仲良くなったお友達が、みんな来ていたんです。(雪山宴会) ゴンゴンとボンにゃんは、ぽちの輔家(ぽちの輔の雑記帳)の皆さんにも、スイカ割りでメイワクをかけていたようです。(暑中お見舞い 2018) ドンごろーが、おデン様のお供でシュノーケリングをした場所は、実はプールでした。ライフガードの梅吉さん( [続きを読む]
  • 子猫大猫大きな子猫?
  •  日本猫の体格は、生後一年ほどで大体決まります。でも洋猫の中には、3歳くらいまでじわじわ大きくなる種類があるのです。まだ成長中(?)のコバンは、大きくなるにつれ、みんなに恐れられるようになってきました。「アタチのそばに来ないでよー」「こいつアタチの3倍あるのよっ」「遊ぼうでござる~」「やだねっ! オマエでかすぎっ!」「拙者はまだ子猫でござるよ」「どこが子猫なんだよっ」「わらわは知らんぞ。女王のわらわより大 [続きを読む]
  • ねこぐるみん・夏物セール!
  •  いらっしゃいませ! 「猫ぐるみのぶんぶん屋」でございます。いつもご贔屓にしていただきまして、誠にありがとうございます。  さて今回は 大変お得な「夏物一掃セール」のご案内です。お役立ち商品ばかりが揃いましたので、この機会にぜひご検討下さい。 まずはドアを開け放つ季節の必需品「道路封鎖用コーンD型」をご覧下さい。 今回は2個セットなので両方向の封鎖ができます。 これがあれば御宅の猫ちゃ [続きを読む]
  • 夏のおみょいで
  • 「ただいまー!」「ただいま帰りました」「帰ったのでござる」お帰り。全員そろってるかな?「アタチはここよっ」「オレここにいるよ~」それで 海は楽しかった?「オラ泳げるようになっただよ」「おデンのお供でシュノーケリング行っただよー」「私達は素潜りをしたんですよ」「オレは魚も捕まえたんだぜぃ」「僕はタコに捕まりました」「夜は肝試し大会をやっただよ~」怖い話を聞いてからお寺まで行って、置いてある花火を取って来る [続きを読む]
  • ぶんぶん七変化
  • 「暑さも一段落しだなぁ」「一段落しだなっ」「こったら涼しぐなったのに猫達まぁだ海さ行っでるの?」「そろそろ けえって来るべさ」「おめ 何だか翼に火ぃついてっど!?」「いぐらこの夏が暑かったて言っでも 翼に火ぃつくわけねべさ~」「おめは波かぶってんでねの!?」「いぐらここが海近いって言っでも 波かぶるわけねぇべ~」「実はおら最近ものがぼやけて見えでさぁ」「おらもだっ」「老眼かねっ」「ガーゴイルて老眼になるの [続きを読む]
  • #11日から13日は3夜連続でホラーをお届けしました。ただしこの3話目「夢」は地元で現在も進行中の話で、快く思わない方もいらっしゃいますので、左欄「メールフォームへ」からアドレスを記入送信いただいた方のみに、メールで配信しました。 [続きを読む]
  • その男
  •  Dさんは一度倒れて死にかけた。その時のことは覚えていない。怖かったのは退院してからだった。 マンションに戻ってドアを開け、中に入って閉じようとしたら、何かに引っかかった。確かに手応えはあったのに、何も見当たらないので、そのまま閉めた。部屋は妙に息苦しい。シャワーを浴びると、半透明の扉の向こうを、影がよぎったような気がした。夜も寝苦しくてたまらない。全ては自分の体調が戻っていないせいだと思った。  [続きを読む]
  • 話し声
  •  Cさんの通勤途中の交差点の手前に、古くて何に使われていたのか不明な建物がある。スマホで調べ物をしようとして、たまたまその前で立ち止まった時に、声がするのに気付いた。すぐ後ろで二人の男が喋っていると思っていて、いつまでも追い越して行かないので振り向くと、辺りには誰も見えなかった。しばらくたったある日、先の信号が赤になってしまったので歩みを緩めたら、また同じ所で一瞬声が聞こえた。少し戻って耳をすます [続きを読む]
  • 隙間
  •  マンションの駐車場の一番奥まった場所が、Sさんのバイク置き場だった。仕事のシフトが深夜になり、まだ暗い早朝に帰宅してバイクを止めていると、奇妙な光景に気がついた。 マンションと隣のビルとの間は、人が横向きにならないと入れないくらい狭い。その僅かな隙間の奥に女が立っていた。横顔だし暗くて表情はよく分からない。何をしているのか気になったが、疲れていたしそのまま部屋に戻った。だが次の日の帰りに、また同 [続きを読む]
  • 黒い犬
  •  父を早くに亡くし、ずっと一人暮らしだった母親が倒れた年、離れた街にいたBさんは、介護のために妻子を連れて、実家に住み始めた。当時小学校に上がったばかりだった娘は、せっかくできた友達と離れるのを嫌がり、なだめるのに犬を飼おうと約束をした。Bさん自身、子供の頃から犬が欲しかったので、引越しが済むとすぐに、親戚の家で生まれた子犬をもらいに行った。その黒い犬は、もう親と同じくらいの大きさだったが、臆病な性 [続きを読む]
  • 暑中お見舞い 2018
  • ぶんぶんキャッツから暑中お見舞い申し上げみゃす。#2017版はこちら「暑中お見舞い申し上げみゃす」#元の写真はこちら「快気祝いで脱力全開!!」「毎日暑くてたまんねぇだなぁ。今が暑さのピークなんだべ」「オラ達はビーチに来てるだよ」「ビーチって見たことあるけ? 全部お砂だよぉ」「どこでもウンコ出来るずら」違いますっ! 「砂かけたり掘ったりし放題なんだよ~」それはまあいいけどね。「こらゴンゴン! あんた違う場所教えて [続きを読む]
  • ボン踊り!
  • 「盆踊りの季節なので "招き猫音頭" のおさらいをしたいと思います」「まず "招き猫だよ寄っといで" のところ、ドンごろーさん踊ってみてください」「どん どん どんがらラッタ どどんがドン! ドン!」「違うでしょー?」「じゃあダンゴ君。お手本を見せてください」「ダン ダン だだだダン! だだだ だだだ ダンだ ダン!」「なんですかそれは!」「誰かまともに踊れる猫はいないんですかぁ?」「ボンダンスなら私に任せてください」「 [続きを読む]
  • スタートリック・フォースに覚醒編
  •  シワワン星猫のガンちゃん(グフフ)は、地球の環境に適応するために、毎日ママの手から愛情フォースを吸って、エネルギーを補給しています。「なぁアン・ワン」「わしも一度で良いから地球人を吸ってみたいんだがのぅ」「わっ親父!?」「また突然出て来て何さ」「試してみたきゃ奥さんに頼めばいいっちゃ」「オイラ達見分けがつかないんだからさー」「そうかのぅ」「グフフ殿下の義母上様。お願いしてもよろしいかにー?」「おぉぉ! [続きを読む]
  • 満潮
  •  東京は史上最も早い梅雨明けで猛暑の1日でした。夏らしく海の怪談で涼んで下さい。 天井の岩の割れ目から海面に射し込む光が美しく、以前は遊覧船が入っていた洞窟で、ある日事故が起きた。自分の釣り船で向かった3人連れが、全員死亡して見つかった。干潮時に入ったが、ぐずぐずしている間に潮が満ちて出られなくなり、窒息したのだという。 この洞窟は確かに満潮になると船は通れない。波が激しいので泳いで出るのも難しい。 [続きを読む]