ぴかぽん さん プロフィール

  •  
ぴかぽんさん: ぴかぽんの気ままな日記
ハンドル名ぴかぽん さん
ブログタイトルぴかぽんの気ままな日記
ブログURLhttp://picapica78.blog.fc2.com/
サイト紹介文何でも挑戦することが好き。でも結果は付いてこない。 それでも続けるおバカちゃん です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供354回 / 365日(平均6.8回/週) - 参加 2017/07/30 11:43

ぴかぽん さんのブログ記事

  • シュウカイドウは雌雄異花同株
  • 森の側道に シュウカイドウ が咲きだしました。葉っぱ以外の部分はすべて赤く 花の中央に黄色く球状に集まった雄しべが・・・このシュウカイドウは 雌雄異花同株で とても珍しい。この花の葉っぱは 左右の大きさが違うハート形。そのようなところから 恋の悩み 片思い という悲しい花言葉を持っています。シュウカイドウの俳句   秋海棠 西瓜の色に 咲きにけり                     松尾芭蕉よろ [続きを読む]
  • ヤマボウシの実 食べてみたい!
  • 春に 4枚の白い花びらで正方形の形になって咲く ヤマボウシ。この ヤマボウシ の実が沢山下に落ちていた相模原公園。このオレンジ色の実は そのまま皮を剥いて生でも食べられるし ジャムにも出来るらしい。食べたことないですけど甘くて マンゴーやバナナ あけびの味に似ているそうですね・・・ただ ぶつぶつした見た目から食べられることをあまり知られていない。それに 口の中に入れるとじゃりじゃりするらしいので  [続きを読む]
  • 県立相模原公園・噴水広場
  • 広大な県立相模原公園には ヨーロッパ風の噴水広場があります。噴水は大きく分けて3ヵ所から噴出しています。一番奥の大噴水は時間によって 吹き出したり休んだりして調整されていて大噴出の時間には傍にいるだけで ミストが舞い上がり涼しい・・・展望ベンチに座り 噴水を見ていると時間を忘れます。ふと立ち上がるときには 心の中まで涼しく 清らかになり気分も晴ればれ!この暑さの中 生まれ変わった前向きな人間になっ [続きを読む]
  • 心の中でNO.1の素晴らしい県立相模原公園
  • 毎日こう暑いと外に出るのも億劫になりますね。でも それに甘えていては 体力が衰えてくるのが恐い・・・若い時にはそれほど心配していませんでしたけど この歳になると・・・朝の涼しいうちにと マイカー(自転車)を取り出し 県立相模原公園までサイクリング。フランス式の広ーい噴水広場で 噴水が吹き出すと水の音がとても涼しい。。。一年中 それぞれの季節の花が咲き乱れてとても美しく 芝生のスロープに座って おに [続きを読む]
  • 手足の器用さには負けました!
  • 今朝の空は清々しい!緑に生い茂ったこもれびの森 朝の澄んだ空気の中に柔らかい光が漏れてきました。ちょっと上を見上げると まん丸い円盤が浮いている・・・まるで宇宙空間にいるような錯覚です・・・昨夜から 一生懸命に作りやっと出来上がった瞬間だったに違いない。真ん中でゆったりと ハンモックに乗っているような様子に思わずにっこり・・・よくもまあー コンパスで描いたようなまん丸い巣を作ったもんだと感心しきり [続きを読む]
  • 帆をつけた初代帆船日本丸を見てみたい・・・
  • 横浜港に展示されている 初代帆船日本丸 です。鹿児島商船水産学校の練習船 霧島丸 の遭難を契機として1930年に建造され引退までの54年余りにわたって 実習訓練を行って来たそうです。地球45周分(地球1周=4万km)以上にあたる183万kmという途方もない距離を航海したと言われています。全ての帆をひろげる総帆展帆は 現役時代よりすこし少なくなり それでも全部で29枚。自動で帆をひろげたり たたんだりしているのではな [続きを読む]
  • 黄まくわをおやつに食べていた昔はよかった!
  • 残り少ない近くの畑に 黄まくわ が見事に並んでいました。まくわうり は縄文時代早期の遺跡から種が発見されているので かなり古いです。またこの 黄まくわ は奈良県が原産で 今から約80年ほど前に 作られたそうです。思えば わたしも子供の頃はおやつというものもなく 毎日まくわやトマトを畑からむしり取って食べていました。今から思うと かなり贅沢だったんですね!その後 マスクメロン が温室栽培に成功して 市 [続きを読む]
  • 世田谷城があったとされる九品仏浄真寺のサギソウ
  • 空を舞う白鷺に似た花を咲かせる サギソウ(鷺草)です。純白の小さな花を2個から3個つけ 30センチほどの高さでかわいい!ラン科の多年草で まっ白い可憐な姿の サギソウ には幾つかの説話が生まれ 今日にまで語り伝えられています。ちょっと長い サギソウ のお話です。世田谷城主頼康に嫁いだ常盤姫は 早くに子を身籠り頼康の寵愛を 多く受けるようになりました。当然 そうなると面白くないのが 他の12人の側室。口々 [続きを読む]
  • ノウゼンカズラの特技?
  • のろのろ台風がなかなか通り過ぎないので いつまでも梅雨のような天気です。雨も風もそれほどでもなく いつものように朝散歩をして森に近づくと10mほどもある高さからぶら下がる赤色の花が・・・これ ノウゼンカズラ という花です。気根を出して樹木や壁などに這い上る特技を持っています。とても寿命の長い木で 豊臣秀吉が朝鮮半島から持ち帰ったといわれるものが金沢市にまだ健在らしい。樹齢400年以上・・・ともいわれ [続きを読む]
  • 人の気持ちを聞いた ムクゲの花
  • 3年前に近所の家から貰った ムクゲ の枝を植木鉢に差しておいたら翌年に根っこが出て来ました。その ムクゲ を大事に育て昨年は華やかに咲き乱れていましたが、今年はなかなか咲かず おまけに木が大きくなりすぎて枝の先をポンポン切っちゃいました。それに気づいた妻から そんなに切ったら今年はもう咲かない だめだわ! と怒られた・・・ところがね このムクゲ そのやり取りを静かに聞いていたらしい。。。私の味方を [続きを読む]
  • ヒルガオとアサガオの違い
  • 久しぶりの冷たい雨に濡れ 畑の生け垣にからんで咲くピンクの花 誰もが知っていますヒルガオですね。連日の猛暑の中で 花は生気を失い 張のない姿が多く見られましたけど 今朝はめっちゃ元気!花の中心部から放射状に伸びている曜(ヨウ)という筋がはっきり5本みられます。アサガオにはこの曜がないので 見分けるのが簡単です。ヒルガオは多年草なので ほとんど種はなく根っこで増えていくのに対し アサガオは黒い種で増 [続きを読む]
  • 寒さに強い シモツケの花
  • また シモツケ が咲きだしました。この花は 5月 6月 7月 が開花時期らしいけど 寒い秋にも開花しています。また今年は異常気象で 毎日38℃前後の暑さで人間に襲いかかってきていますがそんな暑さにも負けずに 開花しだした シモツケ。 いったいどうなってるの?このシモツケの花は ピンクの色合いが清楚で とても美しい!ひとつひとつの花がちいさくて とても可愛い・・・そのうえに 目でやっと確認できるような [続きを読む]
  • 山中湖畔の富士とサルビヤ
  • 世界遺産の富士山は 世界一美しいというだけあって貫禄十分です!富士山の美的感覚を なお増幅しているのが 富士五湖。中でも山中湖は 富士山に一番近く 水面に映る姿はこの上なく素晴らしい!真っ赤なサルビヤが咲き乱れ 落ち着いた富士の姿を引き立てる・・・ときおり夏の暑い風に吹かれてなびくサルビヤを 涼しそうな顔して じっと見つめているように見える富士の山。静と動の コラボレーション です・・・よろしかっ [続きを読む]
  • 門脇灯台
  • 城ケ崎に立つ灯台 門脇灯台 は地上24.9mの灯台で 他の灯台と比べても低い。海面からそそりたつ岩壁が高いため 灯台が低くても十分に機能を果たせるようです。門脇吊橋の定員はなんと100人なので安心して通れます。事故が無いように さまざまな対策をしています。吊り橋は不安定な動きをするので 渡るには勇気がいりますけど門脇吊橋のように安定した構造は珍しいですね・・・よろしかったらポチ!おねがいいたしますにほんブ [続きを読む]
  • 熱海サンビーチに行く
  • 熱海の温泉街の真ん前に波静かな海水浴場 熱海サンビーチ が大盛況!先日めちゃめちゃ暑い日に行きましたが イモ洗いのような混雑はなく とても快適なようでした。波を防御する防波堤があるので 大きな波が無くて子供たちは安心ですね。泳ぐことに専念できる若者たちは 大はしゃぎですけど泳がない保護者は 暑くて我慢できません・・・この日は例によって37,8度の暑い日 熱中症にならないうちにホテルに退散しました・ [続きを読む]
  • 城ヶ島の吊り橋 門脇吊橋を渡る・・・
  • 城ヶ崎は いろいろな名所を持っていますが 門脇灯台もその一つ。灯台の展望台まで 酷暑の中てくてくと階段を上がり やっとたどり着く。この展望台からの眺めは気分爽快です!ただこの場所の窓の開放は禁止で 網入りガラスの中からは綺麗な写真を撮る事が出来ずザンネン・・・灯台から降り 少し歩いたところの岩壁の間に門脇吊橋があります。この門脇吊橋は 長さ48m 高さ23mで 真下には紺碧の海水が渦を巻く・・・まともに [続きを読む]
  • 城ケ崎 巨大な岩の魔術師
  • 伊豆半島の南端に近い城ケ崎に行ってきました。このの海岸は大部分が 荒々しい断崖で下を覗き見るのも恐い・・・近くの大室山ができた 約4000年前の噴火で溶岩が流れ 海岸線を2km近く埋め立てられたと言われます。切り立った岩は 巨大動物の足のようにも見えます・・・緑がかった青の透き通った海水を 波の勢いとともに跳ね返し一瞬にして真っ白い幕を作っては消し その繰り返し・・・いつまで眺めていても飽きません・・・ [続きを読む]
  • 江の島展望台より 超スピード水上バイク
  • 江の島展望台より はるか下のブルーの海面をわがもの顔に走る 水上バイク かなりのスピードです。水しぶきを飛ばしながら走るバイクはまるで猛獣のような走り!うしろに乗っている女性は 超スピードにも動じず 笑顔も見られました・・・紺碧の無限に大きいキャンパスに 白い奇跡で描く造形画は とても素晴らしい!これ以上の素晴らしい絵画は他に見当たらない。 無事故を祈りながら・・・ がんばれーよろしかったらポチ! [続きを読む]
  • 夏のお薦めスポット 江の島展望台
  • 真夏の海はとても美しく とくに海のブルーが目にしみる・・・江の島の頂上に立つ 展望台は最高の避暑天国。展望台まで登るのは 暑くて大変な苦労をしますけど登ってしまえば 涼しい海風が汗を瞬時にとばしてくれます。下をみると水上バイクが ものすごい勢いで走り 眺めるだけで涼しくなる。ペアーで走る姿は とてもほほえましい・・・そして 憎たらしい・・・コラ!スンマセン…展望台に上るには暑いのを我慢して 階段をよっこ [続きを読む]
  • 花火の撮影は難しい・・・
  • 今年の天候は大荒れで 各地の花火大会も中止のところが多いです。毎年の楽しみのイベントが無くなるのは寂しい限り・・・花火は一瞬の表現で 見る人もかたずをのんで見守っています。暗い夜空に パッと咲く美しい花火 これ以上贅沢な夏の風物詩は他にありませんね!今日明日の週末にも 花火大会が中止になったところもあちこち見られます。なにしろ変な動きの台風が来ていますからね・・・花火の撮影は大変難しいですね・・・ [続きを読む]
  • 優しい やさしい リス君
  • 今年の異常な気候は 各地で被害を発生させています。なかでも風被害ではなく 雨被害が多くそのために土石流も発生して大変です・・・動物の世界でも 雨風は防ぎようもなく我慢がまんの毎日のようです。動物の中でも リス は嵐がくるのを予知する能力があって 嵐の風上側に巣穴の入り口がある場合は前もってふさぎ新たに風下側に入り口を作るといわれています。 おりこうさんですね・・・リスには多くの種類があって どの種 [続きを読む]
  • イルカの不思議
  • 夏の風物詩 イルカショーはどこの水族館でも人気がありますね。イルカショーを見物していると イルカって何と頭がいいんだろうって思います。また 好奇心が旺盛で人なつっこくて大きい体なのにとても可愛く感じます。大海でも船が近づくと 船と並んで泳いだりして 船人を喜ばせることも多い。イルカ って凄い特技を持っているのに驚きました!半球睡眠(右の脳と左の脳を交互に眠らせる事)の能力を持つことが分かってきたそ [続きを読む]
  • キクイモ(菊芋)の花言葉 陰徳 陰徳ってなんだ?
  • 残り少ない畑の片隅に キクイモ(菊芋) が美しく咲いています。食糧不足の戦時中には ショウガのような根っこを持つこの キクイモの根(芋)からアルコールや果糖を製造したといわれます。ところが戦後は食べ物が豊かになり 野生化するままに放置されていました。今はあちこちで見られるようになった 菊のような美しい花です。キクイモ はイヌリンとかいう多糖類をもっていて 最近は健康食品として脚光を浴びています。糖 [続きを読む]
  • ニホントカゲの裏ワザ
  • 今朝の散歩中に体長5cmほどのかわいいトカゲが現われました。下半身がブルーの蛍光色で朝陽をうけて まるで宝石のように輝いていました!動きが早く 写真を撮るにも一苦労・・・ 何度も失敗しながら やっと撮れた一枚です。帰って調べましたら このトカゲは ニホントカゲ の子供。 体長20cm前後にもなるらしい。ほとんどのトカゲは毒をもたず よほどの大型種でもない限り人間に害を及ぼすことはないようですね。そ [続きを読む]