JavaRU@管理人 さん プロフィール

  •  
JavaRU@管理人さん: JavaRU
ハンドル名JavaRU@管理人 さん
ブログタイトルJavaRU
ブログURLhttp://it-level-up.club
サイト紹介文Javaの基礎文法と練習問題を掲載
自由文初心者用のJavaの基礎文法や練習問題をたくさん用意するブログの予定です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供52回 / 115日(平均3.2回/週) - 参加 2017/07/31 11:45

JavaRU@管理人 さんのブログ記事

  • Javaとオブジェクト指向 継承(4−9)
  • オブジェクト指向を学習する上でかかせない継承についての解説です。実は、継承の記述自体や考え方は難しくありません。しかし、仕事などで継承を考える場合は設計などが絡むため、本当に継承が必要かどうか?親子関係は正しいかどうか?などを突き詰めていくと奥が深いものとなっています。このサイトでは継承のサンプルや練習問題などは記述や利用方法を重点的に書いてありますので、設計も考慮したサンプルおよび練習問題とはな [続きを読む]
  • オーバーロードおよびコンストラクタ 練習問題
  • カプセル化、オーバーロード、コンストラクタ 練習問題今回の練習問題は第4章のカプセル化(4−5)からコンストラクタ(4−8)までの内容となっています。カプセル化、null、オーバーロード、コンストラクタについての練習問題になっています。examフォルダ内にファイルは保存してください。(階層→c:workexam)【Java】カプセル化 練習問題以下の指示に従ってプログラミングを行ってください。examフォルダ内に「Test04.jav [続きを読む]
  • Javaとオブジェクト指向 コンストラクタ(4−8)
  • Javaではクラスという型からインスタンスという実体を作成して、フィールドやメソッドを利用します。そのインスタンスを生成する際に利用されるコンストラクタについて解説します。コンストラクタとはコンストラクタはインスタンスを生成する際に処理を行うメソッドのようなものです。しかし、メソッドとは明確に区別されます。コンストラクタは通常、インスタンス生成時に状態(フィールド)の初期化を行うことを目的とします。( [続きを読む]
  • Javaとオブジェクト指向 オーバーロード(4−7)
  • メソッドは同じメソッド名で複数定義することができ、オーバーロード(多重定義)と呼ばれます。同じメソッド名でメソッドを作ることで、メソッドを利用する側の利便性を向上させることができます。オーバーロードのルール変数は基本的に同じ名前で宣言することができません。※※同じ名前でもフィールドとローカル変数に分かれていれば可能しかし、メソッドは引数の形を変えることによって同じメソッド名で定義することができ、オ [続きを読む]
  • ビット(bit)とバイト(byte)と変数
  • コンピュータの容量の単位であるbyte(バイト)は有名です。しかし、コンピュータの最小の容量はbit(ビット)という単位となります。今回は、bitとbyteの関連性やプログラミングとの兼ね合いを解説します。この記事は2進数なども出てきます。進数については記事参照のこと。ビット(bit)とバイト(byte)1バイトは1文字分の容量となります。但し、1バイトになるのは半角のみ(シングルバイト文字)です。全角文字は2バイト以 [続きを読む]
  • 各種演算やキャスト 繰り返し練習問題
  • 各種演算やキャスト 練習問題今回の練習問題は、演算を複数組み合わせた少し難しい問題です。通常、この問題のようなプログラムを記述すると可読性が下がります。ですが、試験などで出題されることもありますのでチャレンジしてみたい人は解いてみてください。確認が必要であれば、コンパイルおよび実行を行ってください。今回は各練習問題の後に、どのような結果になるかも掲載しています。【Java】算術演算 練習問題以下のプロ [続きを読む]
  • Javaとオブジェクト指向 カプセル化(4−5)
  • Javaでプログラミングを記述する際に「カプセル化」を行うことが基本となります。この記事ではカプセル化の概要や特徴を説明します。このサイト内でのカプセル化は「データ隠ぺい」に重きを置いた説明(狭義のカプセル化)となっているので、広義のカプセル化はwikiのカプセル化をご覧ください。カプセル化とはまずカプセル化は特殊な構文ではなく、プログラムを記述する際の考え方およびルールみたいなものです。カプセル化は簡潔 [続きを読む]
  • クラスの基礎 練習問題
  • クラスの基礎 練習問題今回の練習問題は第4章の初め(4−1)からメソッド(4−4)までの内容となっています。オブジェクト指向およびクラスの基礎的な問題になっています。workフォルダ内にexamフォルダを作成し、examフォルダ内にファイルは保存してください。(階層→c:workexam)【Java】クラスの基礎 練習問題以下のプログラム内にはコメントで指示がありますので、コメントの下にプログラミングを行ってください。examフ [続きを読む]
  • Javaとオブジェクト指向 メソッド【後半】(4−4)
  • 今回はクラスの部品の一つである「メソッド」の説明の後半パートです。前半ではメソッドの概要と戻り値について説明しており、今回は引数について説明します。引数メソッドを定義もしくは呼び出しする際には「メソッド名」「戻り値の型(もしくはvoid)」「引数」等を記述する必要があります。(シグネチャ)引数はメソッドの呼び出し側から定義側に値(データ)を渡すことができます。引数には仮引数(parameter)と実引数(argme [続きを読む]
  • Javaとオブジェクト指向 メソッド【前半】(4−4)
  • 今回はクラスの部品の一つである「メソッド」の説明です。前半ではメソッドの概要と戻り値について、後半では引数について説明します。メソッドとはメソッドはクラスの部品の一つで操作を担当するものです。変数がデータを保存する箱であるならば、メソッドは処理を入れる箱と考えることができます。処理を箱(メソッド)内に保存しておき、必要に応じて保存した処理を利用することができます。メソッド内には演算や制御構文等の様 [続きを読む]
  • Javaとオブジェクト指向 フィールド(4−3)
  • 今回はクラスの部品の一つである「フィールド」の説明です。フィールドとはフィールドは簡単に言えば変数です。「メンバ変数」とも呼ばれます。フィールドはクラス内の状態を担当する部品で、クラス(またはインスタンス)の状態を保存する役割を担います。ただし、第3章までで作成した変数はフィールドとは区別されます。第3章までの変数はメソッド内で宣言されており、フィールドはメソッド外で宣言された変数です。フィールド [続きを読む]
  • Javaとオブジェクト指向 クラス(4−2)
  • この記事では、クラスの説明を主に行っており、フィールドやメソッドについての詳細はそれぞれの記事で説明を行います。クラスとはJavaではプログラムを書く際にクラスという単位で作成する必要があります。クラスはclassの右側にクラス名を記述し{}(ブロック)で囲んで作成します。具体的には以下のように作成します。class クラス名{ メソッドやフィールド}また、クラスの中にはフィールドやメソッドといった部品を作成します [続きを読む]
  • Java第1−3章 総合練習問題【後半】
  • この総合演習問題では第1章から第3章までの総まとめの復習問題となります。問題はどんどん難しくなっていきます。前半は基本文法に即した比較的優しい問題です。後半では文法を組み合わせた少し難しい問題となっています。※記事内には用語の説明が掲載されているリンクが貼ってあります。コマンドライン引数コマンドライン引数、条件分岐、ループ文に関する練習問題です。【Java】コマンドライン引数 練習問題以下の指示と実行 [続きを読む]
  • Java第1−3章 総合練習問題【前半】
  • この総合演習問題では第1章から第3章までの総まとめの復習問題となります。問題はどんどん難しくなっていきます。前半は比較的優しい問題です。後半はプログラムの入門者には難易度の高い問題となっています。変数と型と演算変数と型と演算に関する練習問題です。【Java】変数と型と演算 練習問題以下の指示と実行結果に従ってプログラムを行ってください。workフォルダ内に「Exam17.java」で保存してください。保存後、コンパ [続きを読む]
  • Javaの基礎文法 文字列から数値への変換(3−13)
  • コマンドライン引数などのいくつかの機能には、扱うデータが文字列(String)のみの場合があります。文字列では計算を行えない為、文字列から数値に変換する必要があります。文字列から数値への変換前述したように、文字列では計算処理に利用できません。他の言語では自動的に数値に変換するものもありますが、Javaは型に厳格な言語の為、「変換」作業を行うことによって文字列から数値へ変更する必要があります。文字列から数値に [続きを読む]
  • 10進数とn進数の相互変換
  • 32や256という数字を扱う際には一般的に10進数を利用します。しかし、プログラムなどのIT技術を学習すると2進数や16進数などで数字を扱うこともあります。今回は進数についての説明と考え方の紹介です。長文です。進数とは進数とは「進む数」と書きます。進数の種類は、2進数、8進数、10進数、16進数が代表的です。進数の前の数字は桁が進む数を表しています。2進数は2で桁が上がり、16進数だと16で桁が上がります。桁上がりと進数 [続きを読む]
  • Javaの基礎文法 コマンドライン引数(3−12)
  • コマンドプロンプトを利用したプログラムを作成する際に、ユーザーが入力したデータを利用したい場合があります。ユーザーの入力したデータを扱うにはいくつかの方法がありますが、今回はコマンドライン引数を利用します。コマンドライン引数とは通常、Javaを実行する際には以下の記述で実行します。Javaの実行java クラス名記述例java Sampleコマンドライン引数は、クラス名の後に半角スペースを入力後、プログラムに渡したいデー [続きを読む]
  • 配列とループ文の練習問題
  • ループ文と配列の練習問題今回の練習問題は制御文のネストから配列(3−11まで)の内容となっています。【Java】配列 練習問題以下のプログラム内にはコメントで指示がありますので、コメントの下にプログラミングを行ってください。workフォルダ内に「Exam14.java」で保存してください。保存後、コンパイルおよび実行を行ってください。class Exam14{ public static void main(String[] args){ /* 以下の [続きを読む]
  • Javaの基礎文法 配列【後半】(3−11)
  • 配列の後半では、配列の初期値、配列のサイズ確認、多次元配列についての紹介です。配列の概要、記述方法等は前半パートで紹介しています。配列の初期値配列はnewで実体確保を行った段階でデータ型に応じた初期値が設定されます。例えば、以下のようなプログラムを記述した場合は全て0で初期化されてるため、0が表示されます。int[] numbers = new int[5];for(int i = 0; i 以下は配列内に格納される初期値となります。データ型初 [続きを読む]
  • Javaの基礎文法 配列【前半】(3−11)
  • 配列の前半では、配列の概要、記述方法等を紹介します。配列の後半では、配列の初期値、多次元配列についての紹介です。配列とは今まではデータを保存する際には、変数を利用してきました。しかし、プログラムでは同じようなデータをたくさん保存する場合もあります。その際に、一つ一つ変数を作成すると、同じような変数名をたくさん作ることになり、効率が悪くなります。そこで、複数のデータを一つの入れ物に保存する方法が配列 [続きを読む]