白川 実 さん プロフィール

  •  
白川 実さん: リフォームキッチン
ハンドル名白川 実 さん
ブログタイトルリフォームキッチン
ブログURLhttp://www.xn--jcki4dh1g1c5c1dtd.net/
サイト紹介文キッチンリフォームの実例、選ぶときの注意点、体験談や相場と予算の紹介
自由文キッチンリフォームの実例、選ぶときの注意点、体験談や相場と予算の紹介
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 278日(平均0.7回/週) - 参加 2017/07/31 15:05

白川 実 さんのブログ記事

  • キッチン収納を便利にする
  • キッチンの収納部分と言うのは毎日使うものだから便利であればあるほどそれに越したことはないですね。ちょっとした工夫がしてあれば毎日どれだけ楽だろうと思うことがあります。例えば、子供にちょっと軽い食事をパスタなどをちょっと出すときに収納場所がたまたま上の吊り棚だったらどうでしょう。いちいち扉を開いて中の抑制入りされていたとしてもBOXとかを一度下に下ろしたりしていませんか?吊り棚が目線に下がってくればそ [続きを読む]
  • 浴室のリフォームのチェックポイント
  • お風呂のリフォームで注目したいポイントがあります。一つは断熱性能です。お風呂が冷えやすいのではせっかくのバスタイムもくつろげませんし、費用的にもコスパが悪くなってしまいます。バスタブや風呂のふたバスルーム本体の断熱をチェックします。そして多くの人が気にするポイントといえば、清掃のしやすいお風呂であるかということです。壁面に継ぎ目が少ないか?バスタブやミラー棚などは清掃しやすい工夫がされているか?排 [続きを読む]
  • 北欧のインテリアに似合うキッチン
  • 北欧のインテリアに合うキッチンや洗面というのはなかなか探してもないのですが、とあるショールームに行ったら流れで同じビル他社でみつけちゃいました。ちょっとだけ寄ったウッドワンのショールームです。こんなところにあったとは扉が板張り風になっているキッチンで白の色というのがかわいいです。取っ手もアイアンで細かいところにも隙がないですね。そして天板がタイルというのが他ではあまり見られません。タイルメーカーの [続きを読む]
  • オーダーキッチンのショールームに行った話
  • オーダーキッチンのショールームへ行ってきたときの話。キッチンメーカーの中では最上位にランクされていて友人に、ここに一度は行ったほうがよいと勧められました。デザインと品質は最高級なのは見て分かります。雰囲気の良いショールームで、接客も丁寧です。フルオーダーなので、幅や奥行き高さなどの寸法天板や扉の素材、シンク、レンジフードなどすべて、自分用のオリジナルデザインに出来ます。他の家といっしょということが [続きを読む]
  • L型のキッチンのコーナーの収納
  • L型のキッチンってあこがれますよねそのコーナーの収納部分クリナップのキッチンはすごいことになってます。コーナーの扉を開けると内部の引き出しがずずっと前に出す隅まで収納にする意気込みが感じられます。クリナップの場合、内部までステンレスと言う耐久性や掃除のしやすさが人気ですが実は収納がかなり考え込まれているのです。すばらしい!耐久性の良いキッチンは誰もがあこがれますけどねちょっとコストが気になるところ [続きを読む]
  • クリナップのキッチンがすごいところ
  • クリナップはキッチンの老舗です。ステンレスのキッチンを基軸に、主婦目線で使いやすいキッチンを研究。丈夫で長持ちするキッチンを提供し続けています。クリナップのキッチンのすごいところは引き出しの中までステンレスで水に強いことボディの中身までステンレスでできているシリーズは健在です。お風呂や洗面やトイレは他社でもキッチンだけクリナップという施主も多くいます。現在のキッチンの多くは引き出しなどの素材は家具 [続きを読む]
  • 金属のブラシでこすっても傷がつかないキッチン
  • ホーローって最近はあんまり聞かないけどアルミや鉄などの金属にガラス釉薬を高温で焼き付けをしているものです。わかりにくいですか?金属製のたわしでこすっても傷がつかないガラスコーティングです。古くはツタンカーメンのあれにもホーローの原型の焼き付けがされてるからあんなに時間がたってもあの輝きということです。それをキッチンに使っている会社がありました。それもなんと 100年間もです。なんですか?すごく長く続 [続きを読む]
  • 見た目だけじゃなくて除菌水の出るキッチン
  • キッチンのショールームに行くと華やかな見た目や収納スペースの充実などに目が奪われがちです。収納などは吊り棚が電動で降りてきたりすると便利そうだなぁと思うものです。でも、それは目新しくはないかなと思うのです。最近でこれは良いかも!と感心した機能があります。TOTOのショールームで見た、除菌水という機能です。トイレの除菌のために除菌水が流れるのは知っていましたがキッチンにもついていたとは知らなかった。これ [続きを読む]
  • ゴミと汚れが流れやすいキッチンシンク
  • キッチンをリフォームするときに気になるのがキッチンの見た目よりも性能。LIXILのキッチンはカウンターがセラミックで熱につよくしみこまないので汚れにも強いのが特徴シンクも立体的な構造のWサポートシンクで同時にいくつもの作業をこなせてしまう優れものです。水栓はハンズフリー水栓で手を触れることなく水が出るので料理もスピーディーで水栓の取っ手も汚しません。これは便利肉を切った汚れた手で水栓に触れるのを躊躇し [続きを読む]
  • キッチンの足元に収納をつける
  • キッチンの収納力には限界があります。だからこそ、床すれすれまで収納にしたい。そんな主婦の要望に応えてできたのは足元の引き出しこれって昭和の時代はなかった収納ですw今では足元までびっしり収納のキッチンもめずらしくはないのですがふつうは足元は台輪をつけてキッチン家具を支えるところ収納はなくて巾木だったんですね。それが今では缶詰とかもびっしり入るくらいの収納量それから最近使うようになったのがシンクの前と [続きを読む]
  • キッチン 収納
  • キッチンのショールームに行ったら見た目だけでなく見てほしいところがあります。それが、シンクなどの下の引き出しや収納部分写真はTOTOのショールームのキッチンのの引き出しです。引き出しを開けるとな なんと 二重構造になっていて収納力が倍これは使いやすそうですね。大きな引き出しはデザイン性は良いけど大きな鍋はそんなにはたくさんないしそれに使っちゃうとスペースがもったいない空けたり閉めたりしたときにスムーズ [続きを読む]
  • TOTOのキッチンカウンターが美しすぎる件
  • この美しいキッチンの天板はクリスタルカウンターです。オーダーキッチンではなくTOTOのクラッソのキッチンカウンターです。フルフラットキッチンでまるで石を使ったような風合い。でも石のような面倒な手入れは要りません。TOTOといえばトイレが有名な商品でしたがユニットバスや洗面台、そしてキッチンも手がけています。すでにトイレのTOTOではないイメージでテレビCMなどでもおなじみのメーカーになっています。ちょっと昔の方 [続きを読む]
  • パナソニックのキッチンのコンロ
  • パナソニックのキッチンをショールームに見に行くと明らかに違うところが一つ3つ口コンロが横並びにつかえるところです。普通のキッチン、従来のキッチンメーカーでは三口コンロというと手前に二列奥に1つが一般的です。それを3つ横並びに配置したことで奥のコンロが飛躍的に使いやすくなったのです。最初にこのコンロを見たときは目からうろこでした。なぜ今までだれもこれをしなかったのだろう??おそらくコンロが1口から2口コ [続きを読む]
  • キッチンにゴミ置き場をつくる
  • キッチンを新しくするときにショールームへ行くと思います。すばらしいキッチンばかりで目移りしてしまうと思うのですがそのときに確認してほしいことがあるんですね。それがゴミを置くスペースなんです。気配りのあるキッチンショールームでは様々なディスプレーとそしてしっかりゴミ置き場もバックカウンターに作ってくれています。これですね。これでも小さいと思う場合は他にも場所がないか相談してみましょう。すっきりとゴミ [続きを読む]
  • アイランドキッチンで料理
  • キッチンに毎日立つといくら大好きな料理とはいえ面倒に思う日も出てきてしまいます。栄養バランスに気を使った献立を考えることから始まり、具材の調達に美味しいと思える味付けなど、疲れた日には手抜きをしたいと感じるのは無理もありません。せめてキッチンがもっと使いやすくて綺麗なデザインだったらなとかんがえてしまうものです。そこでモチベーションアップするのには綺麗なキッチンで料理すること気に入ったキッチンで作 [続きを読む]
  • レンジフードが高額になっている
  • キッチン選びで気をつけなければいけないのがレンジフード最新のレンジフードは掃除が要らないタイプが出てきています。ところがこのレンジフード油断するとかなり高額ピンきりといいますが、その差が激しいのです。掃除が楽になるのは良いですがキッチン本体ぐらい高額な商品もあるのでよい風にしてください、とおまかせして見積もりするととんでもない金額になってしまいます。予算が限られている場合はグレードをしっかりと指定 [続きを読む]
  • キッチンの面材選び
  • キッチンのグレード、金額にかかわるのが面材扉の色や光沢、仕上げ素材、塗装などのグレードです。ピアノの塗装のような鏡面で光沢のある塗装は一般的には高級なグレードになっています。シート張りの仕上げで汚れ落ちが良く安価な仕様もあるのでデザインが気に入ればそちらもお買い得ステンレスヘアラインの仕上げは素材的には高価で以外に手垢などの手入れが大変というのもあります。ホーローは汚れにも傷にも強く根強いファン層 [続きを読む]
  • キッチンの水栓の選び方
  • キッチンの水栓にもいろいろなタイプがあります。手動のものから手を触れずに自動で入り切りできる水栓浄水器つきの水栓もあれば浄水器は別の水栓にする場合などがあります。デザインはまっすぐなものもあればスワン型と呼ばれる丸く美しい曲線を描いたタイプスワン型はフルフラットキッチンなどダイニングから水栓が見える場合見た目に美しいのでよく採用されます。最近の人気は手を触れずに水やお湯を入り切りできるタイプセンサ [続きを読む]
  • キッチンカウンターの素材
  • キッチンカウンターの素材で定番なのがステンレスです。水に強く汚れをふき取るとすぐ取れるのでキッチンの素材としては最適です。熱にも強いため、多少荒い使い方をしても壊れたりしないと言うイメージがあります。ステンレスの天板が冷たい印象があるので石材や人造大理石のキッチンカウンターが人気が出ました。石材は高価なため、扱いのしやすい人造大理石が主流人造大理石は好みの色を選べるのとある程度の熱や汚れに強いので [続きを読む]
  • キッチンリフォーム 食洗機
  • キッチンリフォームをするときに検討したいのが食洗機。手で洗うよりも綺麗に洗い上がるので今使っていなければ入れておきたい機能です。サイズが標準と深型等選べるので、収納スペースとの兼ね合いで大きいほうを選ぶか決めます。国産や海外のメーカーなどの選択肢も出てきますが、口コミや友達の評判も参考にして決めるほうがベストです。国産のメーカーのほうが買いやすい価格帯で信用できるメーカーの場合もあるのでコスト的に [続きを読む]
  • キッチンリフォーム マンション
  • マンションの場合キッチンリフォームの配置やタイプにもスペースの都合で制限があります。その場合素材やデザインで自分の好みに近づけていく特にキッチンの色や面材にはこだわっていきたいところ天板も天然の石や、人造大理石、ステンレスなど様々な素材から選べる楽しさがあります。そして、コンロもIHかガスコンロか?食器洗浄機の種類や水栓をフルオートにしたり水切り棚を電動で降りてくるようにしたり考えることは山のように [続きを読む]
  • 家電が使えなくなるキッチンリフォーム
  • キッチンを新しくするの当たって気を付けたいのはキッチンのデザインや使い勝手以外にもあります。ゴミをどこに置くのか、その置き場所の検討や冷蔵庫をはじめ、炊飯器や、電子レンジ、トースターなどの家電製品の配置計画も気になります。家電類はコンセントが必要になりますのでコンセントの配置を決めておかないと足りないということになりかねません。冷蔵庫の位置はどこにするか?電子レンジ、炊飯器の位置はどこにするかを決 [続きを読む]
  • キッチン 収納
  • キッチンリフォームの時にはキッチンの素材や形状コンロやレンジフード、食洗器などの設備床や壁紙やタイル、キッチンパネルの素材、照明などのインテリア様々なこだわりの部分が出てきます。デザイン性やインテリア性や設備も大事ですが収納力や収納の使い勝手が良いほうがベストです。例えばゴミ箱、ごみを置くスペースをどこにするのか広さはどのぐらい必要かも検討したいです。収納はバックカウンターとキッチン以外にもパント [続きを読む]
  • キッチンのパーツを決める
  • キッチンリフォームの時にはキッチンの素材やパーツを決めていくことになります。キッチンの作業スペースになる天板はステンレスや人造大理石やタイルなど様々な素材から選ぶことができます。耐久性の良く掃除のしやすいステンrスの天板は根強い人気です。天然石や人造大理石は質感も高級感があってデザイン性がアップするので好まれます。コンロはIHにするのかガスにするのかを選びます。魚焼きのグリルは両面焼きか片面焼きを選 [続きを読む]
  • キッチンの形を決める
  • キッチンのリフォームをするときにはまずはオープンなキッチンなのかクローズドキッチンで閉じたキッチンにするかを決めます。最近の主流は対面式でオープンなキッチンが多いのですが、キッチンは隠したいという場合、クローズドキッチンを選びます。そしてキッチンの形状を決めます。I型の対面式が一般的で2550mmや2700mmの長さのものなどがあります。L型のキッチンやコの字型のキッチンも人気ですがシステムキッチンでは商品 [続きを読む]