山口協会 さん プロフィール

  •  
山口協会さん: 山口県社会保険指導協会
ハンドル名山口協会 さん
ブログタイトル山口県社会保険指導協会
ブログURLhttp://yaplog.jp/yamaguchikyouk/
サイト紹介文仕事に関係する労務、労働保険、社会保険についての知識を掲載してまいります.
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 78日(平均1.2回/週) - 参加 2017/08/03 17:57

山口協会 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 不当労働行為について
  • こんにちは、山口県社会保険指導協会です。今回は、不当労働行為についてご説明致します。不当労働行為救済制度は、憲法28条で保障された団結権等の実効性を確保するために、労働組合法に定められている制度です。労働組合法第7条では、使用者の労働組合や労働者に対する次のような行為を「不当労働行為」として禁止しています。(1)  組合員であることを理由とする解雇その他の不利益取扱いの禁止(第1号)  イ  労働者が [続きを読む]
  • 育児休業給付金の支給期間延長について
  • こんにちは、山口県社会保険指導協会です。今回は、育児休業給付金の支給期間延長についてご説明致します。平成29年10月より育児休業給付金の支給期間が2歳まで延長されます。保育所等における保育の実施が行われないなどの理由により、子が1歳6か月に達する日後の期間についても育児休業を取得する場合、その子が2歳に達する日前までの期間、育児休業給付金の支給対象となります。育児休業給付金は、原則1歳に達する日前まで [続きを読む]
  • 無期転換ルールの特例について
  • こんにちは、山口県社会保険指導協会です。今回は、第3回目として無期転換ルールの特例についてご説明致します。今般、専門知識等を有する有期雇用労働者等の能力の維持向上及び活用を通じその能力の有効な発揮と、活力ある社会の実現を目指す観点から「専門的知識等を有する有期雇用労働者等に関する特別措置法」(平成26年法律第137号。以下「有期雇用特別措置法」といいます。)が平成26年11月28日に公布されました。この有期雇 [続きを読む]
  • 無期転換ルールの対象者について
  • こんにちは、山口県社会保険指導協会です。今回は、第2回目として無期転換ルールの対象者についてご説明致します。無期転換ルールの対象者となるのは、期間の定めのある労働契約を交わしている労働者、つまり有期契約労働者です。会社によっては、パート、アルバイト、契約社員、準社員、パートナー社員など様々な名称を用いていたりしますが、会社が決めた名称は関係ありません。あくまで、労働契約の期間に定めがあるかどうか、 [続きを読む]
  • 無期転換ルールの概要について
  • こんにちは、山口県社会保険指導協会です。今回は、全3回にわたって無期転換ルールについてご説明致します。第1回目として無期転換ルールの概要についてご説明致します。無期転換ルールとは、平成24年に改正された労働契約法により有期労働契約が5年を超えて反復更新された場合は、有期契約労働者の申込みにより期間の定めのない労働契約(無期労働契約)に転換される。というものです。この改正部分の施行が平成25年4月1日そして [続きを読む]
  • 老齢年金の受給資格期間短縮について
  • こんにちは、山口県社会保険指導協会です。今回は、老齢年金の受給資格期間短縮についてご説明致します。これまでは、老齢年金を受け取るためには、保険料納付済期間と国民年金の保険料免除期間などを合算した資格期間が原則として25年以上必要でした。平成29年8月1日からは、資格期間が10年以上あれば老齢年金を受け取ることができるようになりました。「資格期間」とは?◎国民年金の保険料を納めた期間や免除された期間◎サラリ [続きを読む]
  • 最低賃金法について
  • こんにちは、山口県社会保険指導協会です。今回は、最低賃金法についてご説明致します。最低賃金制度とは、最低賃金法に基づき国が賃金の最低額を定め、使用者は、その最低賃金額以上の賃金を労働者に支払わなければならないとする制度です。① 最低賃金額より低い賃金で契約した場合はどうなるの?仮に最低賃金額より低い賃金を労働者、使用者双方の合意の上で定めてもそれは法律によって無効とされ最低賃金額と同様の定めをした [続きを読む]
  • 社会保険制度について
  • こんにちは、山口県社会保険指導協会です。今回は、社会保険制度についてご説明致します。社会保険は、傷病、出産、老齢、障害、死亡等、労働災害および職業病などの社会的事故に対処する為、あらかじめ拠出した資金を財源として現金又は現物の保険給付を行う制度です。また、その対象とする保険事故の種類によって、医療保険、年金保険、雇用保険、災害補償保険に分類されます。これらの社会保険は、一般の被用者を対象とする被用 [続きを読む]
  • 特定社会保険労務士について
  • こんにちは、山口県社会保険指導協会です。今回は、特定社会保険労務士についてご説明致します。特定社会保険労務士とは、厚生労働大臣が行う紛争解決代理業務試験に合格し、かつ、紛争解決代理業務の付記を受けた社会保険労務士を特定社会保険労務士といいます。紛争解決代理業務には、①紛争解決手続業務について相談に応じる事②紛争解決手続の開始から終了に至るまでの間に和解の交渉を行う事③紛争解決手続により成立した和解 [続きを読む]
  • 社会保険労務士法人について
  • こんにちは、山口県社会保険指導協会です。今回は、社会保険労務士法人についてご説明致します。社会保険労務士法人とは、社会保険労務士が行う業務を組織的に行うことを目的として、共同して設立した法人をいいます。社会保険労務士法人は、定款を定めて登記しなければならない事とされ、その登記をすることによって成立します。社会保険労務士法人の事務所には、その事務所の所在地の属する各都道府県の社会保険労務士会の会員で [続きを読む]
  • 社会保険労務士制度について
  • こんにちは、山口県社会保険指導協会です。今回は、社会保険労務士制度についてご説明致します。社会保険労務士とは、厚生労働大臣が行う社会保険労務士試験に合格した者等が、全国社会保険労務士会連合会に備える名簿に登録することにより、各都道府県に設立されている社会保険労務士会の会員となり、その資格を得た者をいいます。その社会保険労務士の業務は、労働社会保険諸法令に基づく申請書等の作成業務、提出代行業務、事務 [続きを読む]
  • 労働保険事務組合について
  • こんにちは、山口県社会保険指導協会です。今回は労働保険事務組合についてご説明致します。労働保険事務組合とは、中小事業主の団体又は連合団体であって、主として団体の構成員の委託を受けて労働保険料の納付その他の労働保険に関する事項(印紙保険料に関する事項等を除く)を処理するため、厚生労働大臣の認可(認可の権限は都道府県労働局長に委任している)を受けたものです。 この認可を受ける事ができる団体は、法人であ [続きを読む]
  • 過去の記事 …