kajikeinu さん プロフィール

  •  
kajikeinuさん: かじけ犬の遠吠え
ハンドル名kajikeinu さん
ブログタイトルかじけ犬の遠吠え
ブログURLhttps://plaza.rakuten.co.jp/kajikeinu/
サイト紹介文こよなく自然を愛し、写真や俳句で楽しんでいます。
自由文今までのgooブログを廃ししてしまったので、その後の後継です。
さらにパワーアップしてユウレイワンコと一緒に二人三脚(ユウレイの足はないけど)とにかく頑張ってます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供84回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2017/07/31 17:58

kajikeinu さんのブログ記事

  • 足元に・・・
  • 足元に広がる夜景冬銀河 私の住む大間々は東武鉄道で東京と直結してます。浅草からロマンス号で約二時間くらいです。 終点は大間々の赤城駅、かつてはここから赤城の利平茶屋までバスが出てました。そし... [続きを読む]
  • 冬北斗・・・
  • 冬北斗俳句仲間の一周忌 こちらはいつも行く沼の上流部でかなり広い沼です、こちらも川を堰き止めて作った溜池で灌漑用水に利用しています。 広いと遠くの方は見えないのと川の上流部には行けないので鳥達... [続きを読む]
  • 雲消えて・・・
  • 雲消えて冬の月見と露天風呂 「チアミ本当に有難う・・・これはほんの気持ちだ・・・」「なにいってんの、これは家の取分でしょう、なにが気持ちだ。フン、でも有難う気持ちは受け取っておくわ・・・。そ... [続きを読む]
  • 飛立った・・・
  • 飛立った吾子の姿や初時雨 カイツブリの子供は無事巣立った様で沼には親のカイツブリしかいなかった。何処に行ったのかこれから冬を迎えるに準備はしているのか・・・ 無事カップルになったかどうか・・・... [続きを読む]
  • 新沼の・・・
  • 新沼の手の鳴る方へ尾長鴨 尾長鴨は決して珍しい種ではありません、それでもここ清水新沼に来るようになったのはほんの数年事です。来てからはその人懐っこさからかすっかり人気を独占し、餌を催促するよう... [続きを読む]
  • 草の花・・・
  •  草の花暫し惑わす犬の鼻 断わっておきますけど吾輩の鼻自慢ではないが・・・自慢の鼻で・・花なんかに惑わされるものではありませんヨ。 たまには付き合ってやってもいいので一緒に来てやった。吾輩はバラ... [続きを読む]
  • 山からの・・・
  • 山からの風は色なき薔薇一輪 中之条ガーデンズに行ってきました。ここはかつては「薬王園」であった場所でJA沢田の運営で薬草やハーブが多く植えられていました。そこが「花の駅 美野原」と変わり、さら... [続きを読む]
  • 老木に・・・
  • 老木によらば大樹と蔦紅葉「チアミ姐さん大変大変・・・。」「あら、サッチャンどうしたの。」「鮭の獲り方をめぐってタケイの連中が暴れているの・・・タケルさんは。」「え・・・またどうして、トンボ... [続きを読む]
  • 秋惜しむ・・・
  • 秋惜しむ峠の茶屋にまだら蝶 本当なんです。今年最初に見たのはフジバカマが咲かない内の9月の27日。この時は台風の風に飛ばされてきたのかも知れませんが、アザミの蜜を吸っていました。 他の場所でも... [続きを読む]
  • 古の・・・
  • 古の商家の庭の石榴の実 建築士会本年度の全国大会は埼玉県で有りました。主会場は大宮ですが、時間の都合を付けて越谷に来てみました。 越谷は旧日光街道の面影が残っている所は少ないとありましたが、この... [続きを読む]
  • 長の旅・・・
  • 長の旅同行二人薬掘る 薬掘るは秋の季語です、千振(せんぶり)が咲き始めました。小さい花ですがきれいでしょう、胃腸の薬ですが専門知識の無い方は扱わない方が無難ですよ。 山の峠道を探すと割と見つけ... [続きを読む]
  • 山雀や・・・
  • 山雀や山の便りは薄紅葉「チアミちゃん タケルさん 大変大変、ミーちゃんを呼んできて」「あら、トヨカさん、いったいどうしたの・・・もしかしてムラオサがまた怪我したの・・・」「そうなのチアミちゃ... [続きを読む]
  • 或る朝に・・・
  • 或る朝にぽつんと一羽鴨来る 来たんですよ、でも一羽だけ・・・あとはどうしたのでしょうね。 キンクロハジロのこれは♂ですよね、昨年は♀が数羽もっと遅かったのですが。ここで冬を越してくれました。初夏... [続きを読む]
  • 両神の・・・
  • 両神のダリア見物旅の蝶 埼玉県の奥秩父の両神山麓に関東地方最大のダリア園があります。園では1万?の敷地に350種5,000株のダリアが植えられています。 ここに台風の影響かどうかは分りませんが、... [続きを読む]
  • 向日葵や・・・
  • 向日葵やなぎ倒されても空を見ろ みどり市の大間々と笠懸の間に向日葵の畠がある。向日葵は晩夏の季語ですが、ここの向日葵は秋になってから咲く。 本来、今ごろは見頃になっているはずですが先日の台風で... [続きを読む]
  • 秋惜しむ・・・
  • 秋惜しむ遅れて産まれた雛一羽 「こんにちは、トヨカさん具合はどう。ハイこれヤマメ、タケルさんからそれにトチ・・・あく抜きしておいたから」 「チアミねえさん 有難う、いつも悪いわね、ミズもオグマ... [続きを読む]
  • 秋麗や・・・
  • 秋麗や久方ぶりの旅の蝶 今年も鹿田山にアサギマダラが来てくれました。好物のフジバカマはまだ咲いていませんが、秋のアザミも気に入った様で。 雨が降って台風が来そうですが少しは滞在してくれるでしょ... [続きを読む]
  • 遠筑波・・・
  • 遠筑波別れの宴ににごり酒 谷中村は合併で誕生しましたが、もともとは室町の頃から人が住み始め、江戸の頃は8つの村に分かれていました。三年に一度は洪水に見舞われましたが、土壌も肥沃で魚介類も豊富、自... [続きを読む]
  • 溜池や・・・
  • 溜池やここは浄土か彼岸花 今年は少し早いのか彼岸花が咲き始めました。人間には分らないだろうが吾輩達にはちゃんと分る。品のある匂いが鼻先にふっと・・・いいもんである。 天国には蓮の花が... [続きを読む]
  • 雨上り・・・
  • 雨上り鳰の親子の爽やかに 台風が心配だったのでちょっと見に行った。そしたらなんとチビちゃんが・・・一羽だけ確認で出来ました・・・あとはまだ卵か・・今回は卵の数が確認できなかったので幾つあったか... [続きを読む]
  • 身に染むや・・・
  • 身に染むや古道に苔の石畳 何も手を付けたのが中途半端に終わって・・・これといった成果が上がっていません、消化不良でスッキリしないまま秋風です。 ここは沢入のあかがね街道、この石畳は沢入の銅蔵跡... [続きを読む]