こころ。 さん プロフィール

  •  
こころ。さん: 晴れ、ときどき雨・・・こころ日和。
ハンドル名こころ。 さん
ブログタイトル晴れ、ときどき雨・・・こころ日和。
ブログURLhttp://kokoro0260218tvxq.blog.fc2.com/
サイト紹介文晴れの日も雨の日も大好きな2人といっしょ。 -Y×C 妄想小説連載中-
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供964回 / 365日(平均18.5回/週) - 参加 2017/07/31 21:56

こころ。 さんのブログ記事

  • こころ日和。休暇願。
  • 読者の皆さま、こんにちは。晴れ、ときどき雨・・・こころ日和。 管理人の こころ。です。いつもお部屋に遊びに来て下さって、ありがとうございます。昨夜 『振り向いて、抱きしめて。〜止まない微熱〜』そして、今朝、『寂しい夜には傍にいて。』 が、無事に完結いたしました。最後までおつきあいくださった読者さまに、心より感謝いたします。ありがとうございました。さて、以前からお伝えしていました通り、『晴れ、ときど [続きを読む]
  • 寂しい夜には傍にいて。 8 〜LAST STORY  僕が傍にいるよ〜 
  • ※ 無断転載禁止 ! ※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください私の心の中のお話です。ご了承ください。〜 LAST STORY  僕が傍にいるよ 〜・・・・・「今日は、とても温かいですね、ユンホさん」窓から暖かい陽射しが射しこむ。穏やかな表情を浮べながら眠るユンホさんの傍で、本を読むのが僕の日課だ。--- ユンホは、あの事故以来、ずっと、、、眠ったままなんです ---あの日、雨に濡れな [続きを読む]
  • 振り向いて、抱きしめて。〜止まない微熱〜 17 - another last story -
  • ※ 無断転載禁止 ! ※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください私の心の中のお話です。ご了承ください。- another last story -瞼に感じる朝の気配・・・カーテンの隙間から差し込む朝の陽の光・・・小鳥のさえずる音・・・朝の冷たい空気が、まだ眠りの中に身を置きたいと思う僕の神経を刺激する。・・・・・「んんんんん、、、」ゆっくりと目を開けると、いつもの見慣れた天井が視界に入る。 [続きを読む]
  • 寂しい夜には傍にいて。 7
  • ※ 無断転載禁止 ! ※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください私の心の中のお話です。ご了承ください。--- あの日は、、、そう、今日みたいに雨がしとしと降ってました。---店のオーナーと言うその人は、僕に軽く頭を下げて、前の席に腰を下ろした。そして、窓の外に視線を移し、言葉を選ぶようにゆっくりと話し始めた。--- 店の前で、小さな傘を差した女の子が迷子になってたんです。泣きなが [続きを読む]
  • 振り向いて、抱きしめて。〜止まない微熱〜 16 - last story -
  • ※ 無断転載禁止 ! ※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください私の心の中のお話です。ご了承ください。- last story -幾度抱き合い、唇を重ね、身体の奥深く、貴方を迎え入れただろう・・・気が遠くなるほどの快感を与えられ、2人して上り詰めた僕たち。高揚している心とは裏腹に、身体は疲れ果て、意識を手放し、深い眠りに落ちる。あの時と同じ・・・僕は夢を見ていた。---チャンミン、 [続きを読む]
  • 寂しい夜には傍にいて。 6
  • ※ 無断転載禁止 ! ※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください私の心の中のお話です。ご了承ください。その夜、夢を見た。僕の額の傷を、悲しそうな顔をして指で撫でている彼・・・「チャンミンさん」今にも泣きそうな声。・・・・・「ユンホさん、どうしたんですか?」夢の中の僕が、そう言うと、「今日は、お別れを言いに来ました。」・・・・・「お別れ?」「もう、チャンミンさんに会うこと [続きを読む]
  • 寂しい夜には傍にいて。 5
  • ※ 無断転載禁止 ! ※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください私の心の中のお話です。ご了承ください。彼が僕の前に現れなくなってから、数か月が過ぎた。僕は相変わらず、彼女と曖昧な関係を続けている。けれど本当は、以前のように彼女の事を大切に思えなくなっている自分に気が付いていた。--- ねぇ、チャンミン、、、ねぇったら!!---・・・・・「あ、ごめん、、、何?」はぁ・・・っと、彼 [続きを読む]
  • 振り向いて、抱きしめて。〜止まない微熱〜 14
  • ※ 無断転載禁止 ! ※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください私の心の中のお話です。ご了承ください。・・・・・「ユンホさん、これは、、、現実ですよね? 夢じゃ・・・」ソファに座ったまま、ユンホさんに肩を抱かれて僕は朦朧としていた。長い間、僕の心は現実と夢の間を行き来していた。だからだろうか・・・今、自分の置かれているこの状況が、現実なのか、夢なのか・・・「夢じゃない。 [続きを読む]
  • 寂しい夜には傍にいて。 4
  • ※ 無断転載禁止 ! ※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください私の心の中のお話です。ご了承ください。? チョン・ユンホ ?そう名乗る彼は、公園で会って以来、度々現れるようになった。けれど、それはいつもフッと風のように現れては、気付かぬうちに消えて・・・まるで、天使か、妖精か、、、まさか、、、、な。僕は自分の事は何一つ話さない彼に、少し興味を持つようになっていた。だっ [続きを読む]
  • 振り向いて、抱きしめて。〜止まない微熱〜 13
  • ※ 無断転載禁止 ! ※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください私の心の中のお話です。ご了承ください。・・・・・「ど、どうして、、、」「チャンミン、、、」思わず駆け出す。階段を上ろうとして、ユンホさんに止められた。「だめだよ、チャンミン、危ないよ!」静かなその場所に響くユンホさんの声。思わず足を止めた。ゆっくりと、ユンホさんが近づいてきて・・・「ほら・・・」ユンホさんの [続きを読む]
  • 寂しい夜には傍にいて。 3
  • ※ 無断転載禁止 ! ※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください私の心の中のお話です。ご了承ください。あの日以来、彼には遭遇していない。どうしてあんなことになったのか、1か月経った今でも思い出せない。分っていることは、あの日・・・--- ゴメン、チャンミン、私、好きな人が出来たの---そう、あの日・・・1年付き合った彼女にフラれたってこと。大学の講義で、たまたま席が隣になって、 [続きを読む]
  • 振り向いて、抱きしめて。〜止まない微熱〜 12
  • ※ 無断転載禁止 ! ※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください私の心の中のお話です。ご了承ください。週末・・・いつものように暖かな温もりの中で目を覚ます。--- 僕を待っててくれたんだろ? ---あの時、僕は誰を心に想い、誰を求めていたのだろう。小さな寝息を立てて、僕を包む目の前の人・・・それとも・・・もう二度と、触れることも出来ない夢の中の人・・・そっと、ユンホさんの頬に触 [続きを読む]
  • 寂しい夜には傍にいて。 2
  • ※ 無断転載禁止 ! ※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください私の心の中のお話です。ご了承ください。隣りで安眠している男が気になって、眠れない、、、と思ってたけど、その男から聞こえる規則的な寝息が子守唄のように眠気を誘って・・・僕はいつの間にか夢に引き込まれていた。さえずる小鳥の声・・・カーテンの隙間から差し込む太陽の光と、マンション前の道路を通り過ぎる車の音。うっ [続きを読む]
  • 振り向いて、抱きしめて。〜止まない微熱〜 11
  • ※ 無断転載禁止 ! ※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください私の心の中のお話です。ご了承ください。--- 今日は、、、一人で大丈夫です---時計の針が、日付を超えようとしている。部屋は静まり返り、その静けさが鋭い刃物のように僕の心に突き刺さる。その痛みに耐えるように玄関にしゃがみ込み、膝を抱える。真っ暗な部屋・・・カーテンの向こうからぼんやりと見える月明りだけ・・・寂しく [続きを読む]
  • 寂しい夜には傍にいて。 1
  • ※ 無断転載禁止 ! ※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください私の心の中のお話です。ご了承ください。・・・・・「んっ、、、、んんんん・・・お、重い・・・」ふかふかのベッド。いつもと変わらない、枕の香り。なのに、、、身体の上になにか、、、重い・・・まだ眠りたい欲求が、瞼をなかなか上げようとしないけれど、とにかく、僕の身体の上の石のように重い何かをどうにかしないと・・・ [続きを読む]
  • 振り向いて、抱きしめて。〜止まない微熱〜 10
  • ※ 無断転載禁止 ! ※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください私の心の中のお話です。ご了承ください。「チャンミン、おはよう」・・・・・「おはようございます。」週末・・・朝から抜けるような青空が広がる。リビングの窓を開けて、澄んだ空気を胸いっぱいに吸い込んだ。・・・・・「風が冷たくなってきましたね」季節の移り変わり・・・夢の中のユンホさんと出会った季節が、この現実世界 [続きを読む]
  • 淋しい熱帯魚。 - the later story - 〜舞い降りた天使〜 最終話
  • ※ 無断転載禁止 ! ※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください私の心の中のお話です。ご了承ください。「おいで・・・」チャンミンの背中に掌を当て、促すようにリビングを出た俺は、寝室の扉の前に立ち、チャンミンと向き合った。「チャンミン」少し不安げな表情を浮かべたチャンミンが、俺をじっと見つめる。・・・・・「はい・・・」外の空気がとても冷えているのは、チャンミンの頬に触れ [続きを読む]
  • 振り向いて、抱きしめて。〜止まない微熱〜 9
  • ※ 無断転載禁止 ! ※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください私の心の中のお話です。ご了承ください。重なる彼の唇が、震えているのが分かる。彼の動揺が唇を通して僕に伝わってくる。ゆっくりと彼から離れ、心を探るように瞳を合わせた。色のない表情ただ、一点を見つめる瞳熱のない口づけ・・・・・・・・「ユンホさん」彼の名を呼ぶ。瞳が揺れはじめて、そして、俯く彼・・・「チャンミン [続きを読む]
  • 淋しい熱帯魚。 - the later story - 〜舞い降りた天使〜 2
  • ※ 無断転載禁止 ! ※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください私の心の中のお話です。ご了承ください。--- ユンホさん、本来なら、こちらから伺わなければいけないのに---「いえ、先生にお話が、、、それに、少しミレに会いたいと思って」--- そうですか。ミレは今、お昼寝しているんですよ。その間、お茶でも如何ですか? ---チャンミンには内緒で、俺は車を走らせ、チャンミンの育った故郷で [続きを読む]
  • お誕生日おめでとう。
  • 読者の皆さま、こんばんは。真夜中です(笑)さて、日付は11月7日を迎えています。今日は、私の親友で、腐友で、そしてお話の大先輩でもあるくる*くるり の kieちゃんのお誕生日です。きえちゃん、お誕生日おめでとう♪年々、1日1日過ぎていくのがとても速く感じます。そういうお年頃なんでしょうか?(笑)もう、出逢って何年になるかな、、、とにかく、私達は長い付き合いです。2人で一緒にビギに入会し、ライブ参戦し、お話し [続きを読む]
  • 振り向いて、抱きしめて。〜止まない微熱〜 8
  • ※ 無断転載禁止 ! ※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください本日更新のお話は、?微熱〜永遠に冷めない熱病〜?の続編となります。?微熱〜永遠に冷めない熱病〜?をまだ読まれていない読者さまは、こちらを先に読まれることをお勧めいたします??微熱〜永遠に冷めない熱病〜?はこちらから →  微熱〜永遠に冷めない熱病〜私の心の中のお話です。ご了承ください。「おはよう、チャンミ [続きを読む]
  • ひぐらしの鳴く、あの夏。54
  • ※ 無断転載禁止 ! ※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください私の心の中のお話です。ご了承ください。病院でソンさんと会ってから1か月が過ぎた。僕はまだ、ソンさんにも、そしてヒョンにも、返事を出来ないでいた。ソンさんは、思っていたよりも入院が長引き、ヒョンには新しいお世話係さんが出来たようだけど、どうもその人が気に入らないらしいヒョンは、、、「マンションには入れてない。 [続きを読む]
  • 淋しい熱帯魚。 - the later story - 〜舞い降りた天使〜 1
  • ※ 無断転載禁止 ! ※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください私の心の中のお話です。ご了承ください。仕事を終え、ようやくマンションに戻る。どんなに疲れていても、愛しい人の顔を見れば、いつも俺は、最高の安らぎを得ることが出来る。いつものように、遅い食事を済ませ、ソファに座るチャンミンに甘えるように、その膝の上に自分の頭を投げ出す。「ふぅ、、、、、」その日の疲れを吐き出 [続きを読む]
  • 振り向いて、抱きしめて。〜止まない微熱〜 7
  • ※ 無断転載禁止 ! ※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください本日更新のお話は、?微熱〜永遠に冷めない熱病〜?の続編となります。?微熱〜永遠に冷めない熱病〜?をまだ読まれていない読者さまは、こちらを先に読まれることをお勧めいたします??微熱〜永遠に冷めない熱病〜?はこちらから →  微熱〜永遠に冷めない熱病〜私の心の中のお話です。ご了承ください。・・・・・「お帰りな [続きを読む]