chantra さん プロフィール

  •  
chantraさん: チャントラ/夫婦の営みで涅槃を目指すブログ
ハンドル名chantra さん
ブログタイトルチャントラ/夫婦の営みで涅槃を目指すブログ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/chantra/
サイト紹介文心身の健康や不老長寿、最終的には涅槃への到達を目指す夫婦の営みを紹介します。性的な表現を含みます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供242回 / 50日(平均33.9回/週) - 参加 2017/08/01 15:36

chantra さんのブログ記事

  • 243 気のせい
  • 夫婦の営みで涅槃を目指すブログにようこそ。チャントラをしていると次のようなことがアップします。男性・サイズ・勃起力・持続力・性欲・心身の健康・おそらくは寿命・智慧・運気女性・締まり・感度・イく回数・性欲・心身の健康・おそらくは寿命・智慧・運気前半は使用頻度に伴う生体器官の性能アップで説明がつきそうですが、後半はどういう理屈によるのでしょうか。後半も似たような説明で理屈が通るように思われます。前半が [続きを読む]
  • 242 超克
  • いつかは死ぬ。みな死ぬ。妻も死ぬ。とりわけ私が死ぬ。あなたも死ぬ。だから私はチャントラを営むのです。子供を作るためでも一時的な快楽を得るためでもなく。死ぬ存在であることの限界を突き破るためにチャントラを営むのです。クリエイティブなエリートであると誰もが認める仕事を20年間以上続けて、妻とふたりで残りの人生をなんとか生きてゆけるだけの蓄えを築きました。蓄えを切り崩しながら私は、生きている私がやがては死 [続きを読む]
  • 241 シャクティ覚醒へ向けて
  • 夫婦の営みで涅槃を目指すブログにようこそ。チャントラをしていると、男女ともに性器が変容します。でかすぎるち○ぽと、せますぎるま○こになります。結合が難しくなりますが、ひとたび結合したあとの快感は絶大なものとなります。また、結合しなくてはいられなくなります。ち○ぽは勃ちっぱなしになりますし、ま○こはちょっとした刺激ですぐにぐしょ濡れになるからです。挿入時間は長くなります。2時間程度はいれっぱなしにな [続きを読む]
  • 240 陰陽の統合
  • 万物は、陰と陽の組み合わせから出来ています。陰陽は、対立と統一の属性を内在しています。陰と陽のバランスが失われると異常が生じます。男女も陰陽です。男性が陽で女性が陰です。両者のバランスが必要です。男性は女性から陰の気を、女性は男性から陽の気を吸収して体内のバランスをとるべきなのです。というようなことを中国の房中術は教えていますが、この教えはタントラともチャントラとも同じです。タントラやチャントラが [続きを読む]
  • 239 ドッキング
  • こんにちは、夫婦の営みで涅槃を目指すブログにようこそ。チャントラを始める前、普通にセックスをしていた頃は、簡単に挿入ができていました。私のち○ぽが小さかったからでもありますし、妻のま○こが今ほどにはきつくなかったからでもあります。すぐに濡れる妻でしたから、容易にスポスポと入りました。スポスポは妻に失礼でしょうか。締まりが悪かったわけではありません。普通の膣圧だったということです。その証拠に、私は5 [続きを読む]
  • 238 淫魔
  • 仙道を志す者、淫魔を避けよ。中国の言葉です。男女の営みで不老長寿を目指す人は、淫魔にやられないように、というアドバイスですね。さて、淫魔とはなんでしょうか。調べてみましたがよくわかりません。サキュバスというのがそれに近いのかなとも思いましたが、どうも違うようです。思うに淫魔とは、行き過ぎた淫欲を象徴的にあらわした言葉なのではないでしょうか。昔の中国で、仙人になる道といえば房中術です。男女が性交して [続きを読む]
  • 237 自慰の賜物
  • 『秘事作法』という本は、岡山藩の池田氏の奥御殿に仕えた女性たちに、性愛技法を教えた指南書なのだそうです。奥御殿に仕える女性たちは殿様のお手つきになるわけですね。で、一度お手つきになった女性は、いずれ尼さんになるのだとか。『秘事作法』を書いた女性も、殿様のお手つきになったあと尼さんになったようです。尼寺にて、奥御殿の性愛事情を振り返って記したのだろうと言われています。その内容がすごくて。とにかくオナ [続きを読む]
  • 236 女性の作法
  • 350年程前に女性の手により書かれた『秘事作法』という書物があるそうで。そこにはこうあるのだとか。男性とやれない状況にある全ての女性は、健康維持のために、張形(ディルド)を用いて淫液が溢れてくるまで自分を慰めなくてはいけない。真の淫液が噴出するまでは何度でも行為しなくてはいけない。そうしないと心身が病む。さらには淫液は女性の貴重なる精なので無駄にせず、噴出した液体は飲んで体内に戻すこと。以上要約。そ [続きを読む]
  • 235 非情な玩具
  • 張形は非情尼寺でも用い江戸時代に詠まれたものだとか。張形とは、今でいうところのディルドでありますね。江戸時代にも、水牛の角や木で作られたものが売られていたようです。後家さんや、大名の奥方や、奥方に仕える下女や、そして仏に仕える尼さんまでもが使用していたようで。尼さんは修行中の身ですから、男性の情に心を乱されるわけにはいきません。なので、情のないディルドで自慰をして淫欲を紛らわしていたのだとか。なか [続きを読む]
  • 234 ナマコのようなサソリ
  • 強いペニスの話です。一番強いのはナマコタイプなのだそうです。硬くて持久力があるのはナマコタイプで決まり。ナマコタイプとは、日頃は小さなペニスを言うようです。縮こまってタマの間に隠れてしまうような親指サイズのペニスです。そのまま親指大だったら単なる短小ペニスですが、ナマコタイプのすごいところはその膨張率です。ひとたび勃起したら並みのサイズを遥かに凌駕するのがナマコタイプ。このタイプのペニスは鉄のよう [続きを読む]
  • 233 かわいそうなカワウソくん
  • アヘン戦争。世界史で習いましたね。あのアヘンについて書きます。アヘンを吸引すると、最初は別人のように元気になるのだそうです。エネルギーが漲り、精力も盛んになるのだとか。チャントラの効果に似ていますね。でも吸い続けているうちに中毒になり、さらに大量のアヘンを求めるようになり、手に入らないと禁断症状が出て、ついには廃人になってしまうのだそうで。この話を知り、チャントリストとして少し怖くなりました。妻は [続きを読む]
  • 232 チュン!
  • ご存知でしたか? 雀は淫らな鳥なのだそうです。オスは陽の気に溢れ、メスは陰の気に溢れているのだそうで。日本全国どこに行っても雀を目にします。たくさん繁殖しているのでしょう。雀の焼き鳥を食べたことがあります。あまり美味いとは思わず、その後ついぞ口にしませんでしたが、実は雀には強壮効果があるのだとか。焼き鳥を食べに行ったら雀を試してみるのもいいかもしれませんね。読んでくださってありがとうございました。 [続きを読む]
  • 231 出入りを禁じず
  • “男女の大欲、王者は出入りを禁じず”中国に伝わる言葉のようです。房事(セックス)の最中を覗かれても、大人物は一向に恥じることがないという意味かと思われます。屹立したち○ぽも濡れそぼったま○こも両者をハメているところも、いちいち隠さずに堂々とひとに見せよ、ということですね。この世の根本は太極であり、太極は二つに別れて陰と陽になった。これが中国の伝統的な考え方です。陰と陽が交わるは必定にして自然。であ [続きを読む]
  • 230 出川さん
  • 妻は男性嫌いです。でもそんな妻が最近「いいね」と言った男性がいます。出川哲朗さんです。一昔前にはan・anのアンケートで“抱かれたくない男”ナンバーワンに5年だったか連続で選ばれていた芸人さんですが今は人気絶頂なようで。「どこがいいの?」と尋ねると「腰つきがいやらしいから」と妻。出川さんのエロさが妻は気に入っているようです。フェミニンな感じもしますしね。威張ってもいないし私から見ても魅力的な方です。胆 [続きを読む]
  • 229 気の交換
  • おはようございます、夫婦の営みで涅槃を目指すブログです。昨夜はあまり眠れませんでした。一晩中勃起したり萎えたりを繰り返していたからです。30分勃起して10分萎える。これを10回は繰り返したと思います。勃起している間はジンジンとした軽い痛みを伴う刺激的快感が続きます。チャントラをすれば精を気に換えて発散することができるのですが。このままでは医者にかからなくてはならないかもしれません。精神科か泌尿器科です。 [続きを読む]
  • 228 節射のススメ
  • 古い精液を出さないと新しい精液が作られないので睾丸が退化するだなんて恐ろしいことを書いているお医者さんがいらっしゃいましたがそんなことはないと思います。私の体験を書かせていただきます。私は3年間セックスレスでした。そして3年間オナニーもしませんでした。夢精は何度かしましたがごくわずかです。確かにち○ぽくんは元気がありませんでした。き○たまも縮こまっていたように思います。これを称して退化というなら退化 [続きを読む]
  • 227 白牛を引き戻す
  • 夫婦の営みで涅槃を目指すブログを読んでくださってありがとうございます。今回は“白牛を引き戻す”方法について書きます。妻のま○こは締まりがよいです。とんでもなく狭いです。処女のま○こかアナルに挿れたときのようなきつさです。当然射精しそうになります。真言を唱えたりBGMに耳を澄ませたり色んなやり方で射精をコントロールするわけですが。それでもイきそうになることがままあります。というか半分くらいイってしまっ [続きを読む]
  • 226 ぬか六さん
  • ぬか六という言葉をご存知でしょうか。精力絶倫の男性を指す風俗業界での隠語のようです。抜かずの6発を意味するのだそうです。つまり挿入したらそのまま出さずに6回射精をするほどの性豪のことのようなのですが。すごいですね。私なら死んでます。ただチャントラ的にいうならば「なんて浪費だろう」ということになります。チャントラの場合はイかずにイかせるがポイントになります。挿入したらそのままイかずに女性だけを5回でも1 [続きを読む]
  • 225 接して洩らさず
  • 中国の医学書『十問』には、射精をしない性交について、以下のような内容の記述があるそうです。“いきそうになっても、ぐっと抑えて精気を養うと必ず効果がある。一回こらえられると、耳と目にいい。二回だと、声に張りが出る。三回だと、肌に艶が出る。四回だと、背筋がしゃんとして肩が軽くなる。五回だと、尻と股の肉が締まる。六回だと、全身の経絡の働きが活発になる。七回だと、病気にかからなくなる。八回だと、長生きでき [続きを読む]
  • 224 ちんまんイズム
  • セックスだとかチャントラだとか、そんなこた、どーでもいい!ってなことを宣う方もいらっしゃるでしょうが、私に言わせりゃ、そんなあなたがどーでもいい、って感じですけど、何か?ハメた、ハメられた以上に大事なことが、悟りというインライトメントの重要さに照らして、この世にいくつあるだろうかと、私はそのあたり、声を大にして問いたい、問いただしたい、小一時間問い詰めたい気持ちでいっぱいです。金儲けなんて、金が十 [続きを読む]
  • 223 出さないこと
  • オナると、ハゲる、バカになる、などと言われているようです。ハゲるはともかく、バカになるは医学的に根拠がなさそうですが。ところで、オナるとは何を意味するのでしょうか。自慰とはつまり自らの単独行為による射精のことを指すのではないでしょうか、男性の場合。女性の自慰は無害だと聞きます。一方で男性の自慰が有害なのはなぜなのでしょうか。問題は射精にあるのではないでしょうか。射精することで体内のタンパク質や亜鉛 [続きを読む]
  • 222 サイズアップ
  • チャントラをするようになってから、目立って性器が、特に亀頭が大きくなりました。なぜなのだろうかと思っていたら、インターネットでこんな情報を見つけました。ペニスをサイズアップするトレーニング。根元から先まで、乳を絞るみたいにして圧迫するのだそうです。すると血流が促進されて、ペニスが、特に亀頭がサイズアップするのだとか。チャントラは、ペニスを長時間膣内に滞在させます。膣は蠕動運動を繰り返し、ペニスを奥 [続きを読む]
  • 221 活性テストステロン
  • 活性テストステロン。いきなりですが、今回はこの物質について書きます。オナ禁って、ご存知でしょうか。私はよく知らなかったのですが、オナニーをしないで我慢することを指すようです。だいたい7日間くらい射精をしないで禁欲することを勧めているみたいですね。するとどうなるかというと、活性テストステロンというのが増えるのだそうです。増えると次のような効果があるのだとか。・女性にモテるようになる。活性テストステロ [続きを読む]
  • 220 青い春
  • 妻の出血が多くなってきたので、チャントラは本格的な生理休暇に入りました。これでしばらく、当分の間は挿入できません。だなんて書いただけで、ち○ぽがツキンと痛みます。ち○ぽくんも悲しんでいるのです。チャントラの本家であるタントラの教えによれば、タントラをしているとやがては性欲がなくなると書いてあったのですが、どうしたことでしょう、私の場合、性欲はドラゴンのように上昇してゆくばかりです。攻撃性がないので [続きを読む]
  • 219 ピンクのシャツの上で
  • 生理中の妻に挿入してしまいました。排卵日とはまた別に生理中も女性はやりたくなるようで。ひどく淫らな妻でした。私のピンクのTシャツを敷きました。正常位で、あまり動かない営みなので、バスタオルじゃなくても十分でした。終わってから見てみるとウサギの模様ができていました。生理中の相手を選んで挿入すべし、と説いている密教もあるくらいですから、チャントラとしても、生理中の女性を絶対的に忌避するわけではありませ [続きを読む]