父を応援する息子。 さん プロフィール

  •  
父を応援する息子。さん: 父ヒロシの
ハンドル名父を応援する息子。 さん
ブログタイトル父ヒロシの"膵臓がんを免疫力だけで治す"挑戦ブログ
ブログURLhttp://xn--v8jwa9boe9irdwnxw1433c.com
サイト紹介文69歳の父ヒロシが膵臓がんになりました。標準療法を全て断り、免疫力だけで治す挑戦中。
自由文息子の立場から綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2017/08/02 01:02

父を応援する息子。 さんのブログ記事

  • ガンの父が亡くなって思うこと。後悔。
  • 父を亡くしてから、約2週間。悲しみからも少し落ち着いてきました。父と二人で訪れたマリオットホテルに再訪して、父との思い出を想いながら書いています。父への後悔今思うのは、もっとやり方次第で父を長生きさせられたのではないかということ。適切な処置ができていたら、良いタイミングで効果的な治療法に出会わせることができたら父は今もまだ側にいてくれたのではということ。その時々で、父のためを思い、調べて治療法を探 [続きを読む]
  • すい臓がんの父が永眠しました。
  • 2017年7月、すい臓がん発覚して以来、わずか1年3ヵ月。闘病の末、父が永眠しました。70才と5ヵ月の、濃くも短い生涯でした。父が亡くなる前の2週間、僕も姉も実家に戻り家族4人で最後の時間を過ごしました。最期の瞬間は、病院にて家族みんなで父の手をとり、たくさんのありがとうを伝え、眠るように穏やかに亡くなりました。親の死に目にあえない人も多い中、父を家族で看取れたことは幸せだったと思います。葬儀には600人も [続きを読む]
  • 波動療法の終わり。余命3ヶ月か。
  • ガンは治る。そう言われた期限の3ヶ月は過ぎた。しかし、治るどころか悪化していた。この頃にはもう、波動療法には不信感が増していた。痛みがひどくなる。動けない。膵臓ガンの代表的な症状は背中の痛みだと思う。その痛みはドンドンひどくなった。仕事に行くどころではなく、家で横になって痛みに耐えることが増えてきた。体重は膵臓がん発覚前から20kg以上減った。見る影もないほど痩せて、弱々しかった。そこら中で会う人か [続きを読む]
  • 膵臓ガンの父、まだ生きてます。4ヶ月ぶりの更新。
  • 4ヶ月ぶりの更新。詳しい過程は端折るけど、父は生きてます。4ヶ月何があった?要約すると、波動療法に行ったらグルテンが原因と言われた。グルテン可能な限り全カット。今まで飲んだサプリが質が悪いと言われやめた。高額な治療費。1ヶ月で30万オーバー。ミネラルを含む栄養価のある自然食へと変更。糖質制限を全否定された。こんな感じ。糖質制限を全否定糖質制限なんて絶対やっちゃダメ。そう言われてしまった。今まで糖質 [続きを読む]
  • アマルガムが体を汚染する。ガン治療の前に除去を。
  • 波動療法に受けに行く前にお願いされたのは、歯のアマルガムの除去だった。アマルガムってなんだろう?アマルガムとは?アマルガムは、加工が容易で殺菌性に優れているため、虫歯の治療に多く使われてきた歯の詰め物の材料です。このアマルガムは水銀を50%含む金属から出来ていますアマルガムは口腔内で容易に気化・蒸発し、全身に運ばれます。特に腎臓、肝臓、脳などに蓄積されます。最近の歯科ではめったに使われなくなりました [続きを読む]
  • 膵臓ガンが進行してる?父の背中の痛みがひどい。
  • 膵臓ガンを患う父。病院での治療は全て断ったけれど、主治医は痛み止めを早々に父に渡していた。こんなものはいらない、そんな未来を思い描いていたけれど必要になってしまうかもしれない。膵臓ガンと背中の痛み。家族の反応。父に言わせれば、消化が悪くなってるから、背骨のあたりがズレてるから、そういった理由で背中が痛いんだろうと。 母は、いつも痛みがあるってわけではないから、一過性のもので大したことではないんじゃ [続きを読む]
  • 敗血症から快復。9日間で退院できました。
  • 9日間、想像以上に長い入院期間だった。もともとは急性前立腺炎で入院したものの蓋を開けてみれば敗血症の重症・・・。膵臓ガンで死ぬ以前に、敗血症で死んでいたかもしれなかった父。昨日、無事に退院できました。病院の中での父。入院したての頃は顔が明らかにヤバイ感じで、本当に辛かったんだなーって思わせる顔だった。目は空いてないし、顔も赤くなってるし、声もでない。明らかに生気が感じられなかった。 主治医が何度も [続きを読む]
  • どんなガンでも自分で治せる!
  • 2017年6月に出版されたばかりの「どんなガンでも自分で治せる!」という書籍を読み進めている。ガンを自力で治そうとしている父と、僕ら家族にとって「どんなガンでも自分で治せる」という言葉はなんと心強い言葉だろうと思う。Amazonで何か良い本はないか、と調べていた時にタイトルに惹かれて思わず注文したものだ。現在、膵臓ガンを患う父が、現在急性前立腺炎および敗血症で入院をしている。面会時間の全てを病室で共に過 [続きを読む]
  • 敗血症の重症だった父。危うく死んでた・・・。
  • 急性前立腺炎で入院している、膵臓癌を持つ父。入院3日目に、主治医が病室を訪れてこう言った。「やっぱり菌が血液まで回ってましたね。」「敗血症です。重症でしたね。」「入院してもらって良かったです。」敗血症って何?重症だったの?からだのどこかに細菌による病気があって、ここから細菌が血液の流れの中に入って増殖し、その生産した毒素によって中毒症状をおこしたり、細菌が血液の循環によって全身に広がり、二次的にい [続きを読む]
  • 続、急性前立腺炎。免疫力を高めろ。
  • 熱は37.5度ほどまで下がってきていた。父の顔は老衰していたが、母に言わせれば顔色は良くなってきたらしい。僕は、40度の熱なんて子供時代にしかなったことがない。インドで止まらない咳に一週間苦しんでいた時だって、たった38.5度だったのだから、40度の体の辛さなんてもう想像できない。父が味わった辛さを想えば、熱が下がってくれて良かったと思う。解熱剤は使わない。あえて自分の力で。前立腺炎を治すために、 [続きを読む]
  • 急性前立腺炎で40度の発熱で入院。ガンと熱。
  • すい臓がんの父ヒロシが、今朝急に体調を崩した。前日夜から小便が出づらいといっていたようだが、今朝には体の震えが止まらなくなるほどの症状が出たらしい。病院に駆け込み、診断は急性前立腺炎。外来診察時には、熱が40度を超えていたようで脱水症状を起こしていたようだ。急性前立腺炎で緊急入院僕は名古屋で宿泊していて、連絡に気づくのが遅れた。母からのただ事ではないであろう量のLINEの数々に驚きおそるおそるLINEを開い [続きを読む]
  • 父ヒロシの膵臓ガン対策まとめ(2017年10月)
  • 西洋医学の標準治療は全て断った父ヒロシが、膵臓ガンを免疫力で治す、もしくはガンの進行を抑えてガンと共生して行くことを目標に行っている対策をまとめておきます。(随時更新予定)現在、膵臓ガンを治すために父が習慣にしていることヨガの呼吸法と瞑想でストレス軽減とNK細胞増加。(毎朝1時間)ヨガの呼吸法グループレッスンで体と心の浄化(月1回)有酸素運動1日20分で抗酸化酵素アップ(週3日以上)ビタミン・ミネラ [続きを読む]
  • ビタミン・ケトン療法がガンに効く!オススメのサプリ。
  • 父ヒロシの膵臓ガンの対策の中で、一番参考にさせてもらっているのがビタミン・ケトン療法だ。ビタミン・ケトン療法とは?まだ生まれてから1年程度しか経っていない新しい療法で、エビデンスは少ないものの高い治療成果を上げている。 例1:肺がんステージ4。腫瘍マーカー低下。例2:胃がんステージ4。CTにて30%の縮小。例3:肝細胞癌ステージ2。腫瘍マーカー低下。例4:大腸癌ステージ4。腫瘍マーカー低下。 ケトン体 [続きを読む]
  • ガンの父へ親孝行。スマホをプレゼント。
  • 膵臓ガンの父ヒロシが持つケータイはガラケー。同じ機種を5年以上も使っていて、塗装ははげてボロボロ。カメラもくすんでまともに写真も撮れない。そんな父にスマホをプレゼントした。膵臓ガンの父へ親孝行。スマホで広がる世界。スマホをプレゼントしようと思った理由は3つある。スマホで綺麗な写真を撮って欲しいから。LINEで家族と繋がって欲しいから。好きな曲をいつでも聞いて欲しいから。①綺麗な写真が取れるスマホ ヒロ [続きを読む]
  • ガンの父へ親孝行。スマホをプレゼント。
  • 膵臓ガンの父ヒロシが持つケータイはガラケー。同じ機種を5年以上も使っていて、塗装ははげてボロボロ。カメラもくすんでまともに写真も撮れない。そんな父にスマホをプレゼントした。膵臓ガンの父へ親孝行。スマホで広がる世界。スマホをプレゼントしようと思った理由は3つある。スマホで綺麗な写真を撮って欲しいから。LINEで家族と繋がって欲しいから。好きな曲をいつでも聞いて欲しいから。①綺麗な写真が取れるスマホ ヒロ [続きを読む]
  • ガン対策に進展!ケトン体がやっと上がってきた。
  • ガンの進行を止めるには、常時1ミリモル以上のケトン体が必要とのこと。まずはガンの進行を止め、共生ができる可能性を高めようと、ケトン体をあげるガン対策にチャレンジをしてきた。けれど、前回はかったケトン体は食前なのに0.7。食後に至っては、ケトンサプリを摂取後なのに0.3だった。とてお話にならなかった。やっとケトン体が上がってきた!!膵臓癌の父ヒロシのケトン体は、過去最高が1.2ミリモルだった。今回、様 [続きを読む]
  • ガンの父へ親孝行。オススメな台湾旅行を予約しました。
  • 12月にグアム旅行を予定していたけれど、北朝鮮の関係で飛行機が飛ばなくなってしまった。 寒い冬に常夏で過ごしてもらおうと思ったのに・・・。変わりに連れていけるところはないだろうか。そうやって探していて、見つかったのが台湾。台湾はそこそこ暖かく、ご飯が美味しくていい。今回訪れる台湾の台北市は、宮古島とほぼ同じ緯度にあり、真冬の12月でも、平均気温18度程度でまだ暖かい。また、小籠包や火鍋、屋台巡りな [続きを読む]
  • ケトン体をあげるためのサプリ、KetoCaNaを購入。
  • ケトン体の数値をあげるために、サプリメントを購入した。KetoCaNaというサプリで、ケトン体に含まれるβヒドロキシ酪酸という成分を摂取できる。スポーツ選手の間で持久力をあげるために使用されているらしい。ケトン体サプリ、KetoCanaを購入KetoCaNaは、パウダー状のサプリ。購入したサイトはこちらで、305gで1万円。試しに2つ購入した。 ちなみにアメリカのAmazonだと55USDで手に入るが、日本への輸送してもらうとなると [続きを読む]
  • 有酸素運動で活性酸素除去と、血糖値の上昇を抑える。
  • 父の膵臓ガン対策。やれることをやる。有酸素運動を1日20分開始。有酸素運動で活性酸素対策。ガンの存在理由は、活性酸素が増えて、酸性に傾いてしまった体内のphを一定に維持するためだという話がある。 運動は乳酸を生み出し、活性酸素を生み出してしまう。 すると運動はよくないのではと思うが、運動を続けることで活性酸素を除去してくれる抗酸化酵素を増やすことができ、結果的に活性酸素を減らすことが出来るようだ。室内 [続きを読む]
  • ケトン体が上がらない。肉を解禁。MCTオイル。
  • 糖質を制限して、ガンに栄養を与えず、ケトン体の抗がん作用で進行を抑制する。 そのために、ケトン体の数値を上昇させたい。食後の状態でケトン体1ミリモルが最低ラインガンを抑制できるかどうかの別れ目の目安が、常時ケトン体1ミリモルをキープできるかどうからしい。 タイから帰国し、父のケトン体を測った。食前の状態で0.8ミリモルだった。 食後ならいくつになってしまうのだろう。これじゃあ、全然ケトン体が足りてい [続きを読む]
  • 希望。血液検査に落胆するのはまだ早い?
  • 先日の血液検査は、残念ながらCA19-9は3倍の1083だった。結果を見てひどく落胆したのだが、それで効果がなかったと判断するのは時期尚早だったようだ。糖質制限を開始してから半年後にピークを迎えた症例情報収集をしていると、糖質制限を初めてから半年後に初めて腫瘍マーカーの上昇率が下がった例があった。その後にピークの数値を迎えた後は、腫瘍マーカーの数値はどんどん下がっていった。 そして、ガンが自然に消滅したり死ん [続きを読む]
  • 糖質制限で痩せすぎて悩む父。太るには?
  • ガンの対策を優先するのは当然のことだとは思う。抗がん剤だって副作用で、脱毛を経験したり、見た目の変化はつきまとう。父も、ケトン体をあげるために糖質制限をしているが、想像以上に痩せすぎてしまって悩んでいる。体大丈夫?もっと食べなきゃダメだよ。父は自分が膵臓ガンであることを誰にも言っていない。それは母も同じだ。周りの友人や、親族にも一切伝えていない。 余計な心配はかけたくない。そういう配慮だ。 知ってい [続きを読む]
  • 怖い。膵臓ガンの父の余命を想う。
  • 怖い。怖い。怖い。 父のCA19-9は3ヶ月ごとに3倍になっている。 9月12日計測時点で1080。http://xn--v8jwa9boe9irdwnxw1433c.com/down/ このままなら12月で3300か。来年3月には1万・・・。 以前、膵臓ガンで亡くなった方の、CA19-9の推移を調べた。http://xn--v8jwa9boe9irdwnxw1433c.com/ca19-9-2/CA19-9が10000超えたら、3ヶ月後にはもう亡くなられている方が何名かいた。 じゃあ?父はもう来年6月には [続きを読む]