シン さん プロフィール

  •  
シンさん: 本流と渓流とオイラと・・・
ハンドル名シン さん
ブログタイトル本流と渓流とオイラと・・・
ブログURLhttp://bigfishgamehokkaido.blog.fc2.com/
サイト紹介文北海道での延べ竿を使ったミャク釣りをしています。大型のニジマスや渓魚に出会いたくて今日も竿を振ります
自由文延べ竿を使った本流大物釣りがメインですが、場所によっては6〜3メートルの渓流竿を使っての大物釣りもやります。
大型渓魚がいそうなところならどこへでも行くつもりです。
石狩川水系、忠別川水系、天塩川水系、音更川によく通ってますが、そのなかでも湧別川水系が最も通い慣れていて特別な思いがあります。

いつかは本流で80センチ級のニジマスに出会いたい!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供27回 / 106日(平均1.8回/週) - 参加 2017/08/02 07:11

シン さんのブログ記事

  • 11月14日 冷たい雨の湧別川と大型渓魚たち
  •       今日は渓流釣りをしようとここへ来た。短竿でアチコチ探って遊ぼうかと思っている。雨の予報だが、比較的気温もあがり穏やかなようだ。朝もやのなか、AM8:00からのんびりと準備を始める。早朝から竿を出しても魚が反応しきれない水温の季節に入ってきた。ここは日が昇りゆっくりと水が温められてから竿を出すこととしたい。手を水に入れると刺すような冷たさだ。10秒も水に入れてると体温が低下していく感覚さえ覚 [続きを読む]
  • 11月8〜9日 暴風雨のイトウ釣り
  •  先々から調べていたのだが、この日の天候は、気温8度前後、降水確率70%、風速8メートル。ここの雨風に打たれた者は共感してもられると思うが、行くことをためらうほどの最高で最低なコンディションだ・・・・・・・・・ハア。行ってみないとわからないものだと己にムチを入れ、AM8:00に到着。またここに来てしまった。忍耐という名の修行だ。すでにバサバサと雨が降っている。開始からの大粒の雨は、竿を出すまでにか [続きを読む]
  • 11月2日 秋晴れの湧別川
  • 今日は珍しく暖かな一日らしい。この時期に15℃近くなるなんて、今年はこれが最後だろうな。そう思い、湧別川まで来てみた。AM 8:00着雲ひとつない青空。とても気持ちがいい空気の中、竿を振れそうだ。はやる気持ちを抑えながら準備を終え、河原に立つ。ん??いつもよりかなり水が多いのか??たぶん20センチは増水しているだろう。これはチャンスとばかりに仕掛けを投入していくがうまいこと反応にありつけない・・・・・ [続きを読む]
  • 10月24日 晩秋と雪渓の天塩川
  • 道内は台風の影響で寒気が入り、昨日は一昼夜雪が降り続いた。昨日までは凍えそうなくらいの寒さだったが、台風が去ったおかげで今日は暖かな日差しがさしている。今日は天塩川へしばらくここへは来てなかったがどうだろうか?AM9:00到着急な暖気のせいだろうか、川の近くを走ると深く積もった雪にハンドルが取られてまっすぐ走れない。無理して車をポイントの近くに停めずに、多少歩いてでも車を安全なところに停めて歩いたほ [続きを読む]
  • 10月19日 修行・2〜霜の降りた朝
  •  前回は8.5メートルの延べ竿での流し方の練習をしてみたが、今日は5.4メートルの短竿を使っての流し方と、アタリを感じてからのやり取りを意識してみたい。少し遅いAM8:00すぎに到着。スッキリと晴れていて気持ちいい朝なのだが、川の水は差すような冷たさだ。それもそのはず、今朝の気温は氷点下まで下がり霜で一面真っ白に凍結していた。水たまりや草は凍ってパリパリに。今日も納得できるまで坦々と練習していきたいので、 [続きを読む]
  • 10月16日 札幌の南部さんと
  • 今日は札幌の釣り仲間の南部さんと釣りだ。湧別川水系には精通している南部さんだが下流はあまり竿を出したことがないということなので、オイラの案内でやってみることに。今年になってから南部さんとは何度かご一緒しているが、二人だけの釣行は初めて。南部さん、元々はフライフィッシャーだったのだがテンカラや延べ竿にも精通していて、今年は延べ竿でモンスター級のニジマスを釣りあげている凄腕の釣り師です。道内道外でたく [続きを読む]
  • 10月11日 北の聖地へ〜105センチの怪魚
  • 今年もまたここへ来た。 イトウが潜む北の聖地だ。シーズンになると道内各地からは当たり前、全国からイトウ釣りのために釣り人が集う超激戦区だ。そのために魚のプレッシャーも相当なものだ。ここへ来たからといってイトウに出逢える保証はまったくなく、毎回釣れなくて当たり前だと思いながらも淡い期待を膨らませてまたここへ来ている。この秋は行こうかどうしようか迷っていたのだが、延べ竿イトウ釣りの達人・ゲーハさんと先 [続きを読む]
  • 10月7〜8日 キャンプでちょろっと・紅葉期編
  •  紅葉の色づくシーズンにキャンプがしたくて屈斜路湖の和琴半島へ来てみた。以前から行きたかったキャンプ場だったのだが、急な用事や天候の不順でなかなかここへ来ることができなかったのだが、やっと念願の屈斜路湖のキャンプ場に来ることができた!もうキャンプシーズンも終盤に近いのだが、オイラがここに来た時にはすでにキャンパーでビッシリだった。それだけ人気のキャンプ場だということだろう。キャンプサイトが湖のすぐ [続きを読む]
  • 10月3日 修行開始
  •  AM7:00 〜湧別川今日は自分の納得のいかない流し方を再確認しながら釣行してみたい。まずは自分が考える流し方で。結果はついてくるものだろうから、うまく流せていれば喰ってくるだろう。そうじゃなければ渓魚がいても針掛かりしないだろう。今回はちょっと自分に厳しい視点で釣行してみようとここへ来た。今年になってからのオイラは大オモリ釣法というよりは、超大オモリでの釣り方好んでいた気がする。今日はあえて大オモリ [続きを読む]
  • 10月1日 石狩川でゲーハさんと
  •     AM4:30 石狩川のポイントへ 辺りはまだ真っ暗でクルマのライトなしでは草むらが茂る河川敷を走ることは難しいくらいだ。薄暗くなってきて歩くことが可能なくらいになって河原に降りていく。おっ、あの後ろ姿は・・・・・・・・コワモテながらもこのふざけた感じ・・・・・・・間違いなくゲーハさんだ(笑)北海道の本流大物釣り師としてはお馴染みの方で、延べ竿でのイトウ釣りを有名にした大物釣り師だ。ご存じない [続きを読む]
  • 9月29日 ダメダメな一日・・・・・。
  • 今朝は霜が降りたらしく、車のフロントガラスは真っ白に凍っていた。いつものナイロンウェーダーとは別に、ネオプレーンウェダーも用意していこうか。AM6:00 湧別川下流吐く息が真っ白なくらい冷え込んでいた。まだ9月だがネオプレーンウェーダーを用意してきて正解だった。久しぶりの湧別川なので楽しみで仕方なかった。その高揚感を抑えながら仕掛けの準備をはじめた。思ったよりも水量が少ないのか?!そう思いながらも仕 [続きを読む]
  • 9月25日 秋晴れのなかで
  •  仕事が早く終わったので、短時間勝負だが思い切って湧別川上流域まで車を走らせた。夕方間際だが、この景色癒される〜〜〜〜〜〜〜〜!いつ以来だろう?たぶん9月に入ってからは初めての湧別川だと思う。しばらくニジマスの顔をみてないような感覚になっているが、今日はちらっとだけでも・・・・・ほんの少しだけでも大きなニジマスのお顔が見たい(笑)というか・・・・・・・いつもより格段に増水してますが・・・・・・ウェー [続きを読む]
  • 9月21日 余市川遠征
  • AM6:30 オイラは小樽の待ち合わせ場所に着いた。以前から計画を進めていた余市川への遠征のためだ。余市川・・・・・・・・・知る人ぞ知る、超大物が潜む有望河川だという。実績の裏付けがあってこその今回の遠征なのだ。札幌のサウス2ウェスト8の三浦さんや友人の南部さんと今回の日程を練りに練ってようやく実現した今回の釣行。しかし、一昨日までの台風18号の影響が心配で気になって仕方なかったオイラだったのだが・・・ [続きを読む]
  • エサの選択
  • 道北では朝晩の気温がぐっと下がり、紅葉も綺麗に色づいてきました。いよいよ渓魚の荒食いが始まると言われる季節に入っていくようです。北海道の釣りはここからがおもしろくなります。さて、みなさんは渓流釣りや本流釣りではどのようなエサを使っているでしょうか?渓魚といってもいろいろあると思いますので、ニジマスやアメマスに絞った話をしていきたいです。一般的にはミミズが万能なのでしょうか?市販されているミミズでも [続きを読む]
  • 9月12日 冷たい雨
  •  AM4:00に目覚まし時計をセットしておいたのだが、外の雨音と寒さにテンションダウン・・・・。今日は全道的に一日雨だということだ。こんな日は無理して竿を出すことはないと思い二度寝した。すっかり寝過ごしてしまい遅くに起きてきたのだが、雨が止んだようだ。特に用事もなく雨が止んだのにじっとして家にいるのはどうも性分に合わない。あまり気乗りしないのだが、わりと近場の石狩川あたりへと車を走らせてみた。AM10 [続きを読む]
  • 9月6日 残暑と初秋の音更川
  •   前日仕事が終わってから車を走らせ、音更川からほど近い道の駅で車中泊した。十勝では夜だというのに暖かく、Tシャツのまま過ごせるくらいだ。道北の夜だと肌寒くこうはいかない。車内でひとり宴会をしながら明日の入川ポイントを考えていた。この妄想しているときがすごくワクワクする。AM6:00 音更川。今日の予想最高気温は25℃まで上がるらしいが、魚たちの活性も上がってほしいものだ。前回釣行したときはウグイの猛 [続きを読む]
  • 8月31日 雨上がりの朝練〜石狩川
  •   AM9:00までには帰宅しなくてはならないので、わりと近場で釣りをするために少しだけ早起きしてみた。 今日は石狩川とその支流でやってみたい。夜中まで雨が降っていたせいか、今朝はかなり気温が下がったようで吐く息が真っ白だ。暖かいものを一枚着ていないと風邪をひきそうなくらいだ。ここでは3.6メートルの短竿で探ってみたいが、それにしても浅くなってしまったポイントだ・・・・。小さな流れ込みの直下でグングンと [続きを読む]
  • 8月28日 ルアー使いと雨のおしゃべり釣行
  •   何度かブログでやり取りのある「雑記2」の海さんと釣りにいくことになった。前日の夕方に突然決まった話だが、なんとかうまく打合せできた。海さんも何度か湧別川は通っていたようで、久しぶりに湧別川でロッドを振ってみたいということで湧別川下流へ。クルマを出してくれた海さん。仕事でほとんど寝てないらしく、それが逆にハイテンションを生んでるようで車中ではにぎやかに釣り話ができた。AM5:00〜湧別川下流まだ薄暗 [続きを読む]
  • 8月24日 「そのニジマス何センチありますか・・・・?」
  •   今日も湧別川の再確認と開拓へ。まずは朝一であのポイントで竿を出してみたい。「8月8日 高活性のニジマスたち〜湧別川」で3号のフロロラインを引きちぎっていった渓魚の正体を確かめるために。ブログにコメントをくれた海さんの「大型ニジマスは1級ポイントで定着する」という考えのように、またあのポイントであの渓魚に針を掛けられるかもしれない。そのポイントまで川通しに歩いていくとかなりの時間がかかってしまう [続きを読む]
  • 8月16日  渓の巨大なヌシたち〜湧別川
  •      AM7:00〜湧別川ポイントへ到着。今日も湧別川の再確認と開拓のために、前回まで釣り歩いたところからさらに上流部を歩いてみたい。8月16日というお日柄、お盆休みのフィッシャーが多いかなと思って来てみたが、この界隈での釣り人はオイラだけのようだ。装備の準備をしていると、ん??餌箱がない………まさか………。先日のキャンプのときに車から釣り道具を降ろしたときに、餌箱もそのまま降ろしたままにして今日は [続きを読む]
  • 8月8日 高活性のニジマスたち〜湧別川
  • AM9時 湧別川上流域へ到着遅い到着になったが、今日こそは上流域を開拓したい。正確には開拓というより再確認のために。去年の夏にも時間と日にちをかけて歩いているのだが、昨年の大水と川の造成工事で消滅したポイント、新たに出来たポイントを念入りに確認したいのだ。今日は釣りチャリを使って効率的に釣行したい。今日の遠軽方面の最高気温は21℃の予想。この時期にしては涼しいくらいだ。空は薄曇り。まずは近道として薄暗 [続きを読む]
  • 8月3日 湧別川の大場所巡り
  • 数日前にお会いしたレインボーさんが天塩川本流から大型ニジマスを釣り上げた話を聞いて、オイラも大本流でニジマスを釣り上げてみたくなってしまった。釣り上げてみたいからといって簡単に釣れるような大型ニジマスではないことはわかっている。だが釣ろうと意識しなければ釣れるものも釣れないとも思っている。AM5:30  湧別川のポイントに到着。春までは土砂で浅くなってしまっていたポイントなのだが、ユキシロ増水で底が [続きを読む]
  • 7月30日 イトウとライギョとレインボーと
  •   AM5:00 道北某所で待ち合わせだ視界が利かない濃霧のなか運転してきて、緊張と眠気でもう眠くてしかたない・・・・・・。予定より早いAM4:30前に待ち合わせ場所に到着したが、すぐに待ち人が合流した。釣り好きさんとニーチャン(釣り好きさんの兄貴でもオイラの兄貴でもない)の二人だ。まだまだ釣れるというイトウ釣りの穴場ポイントに案内してくれるということだ。この二人、イトウ釣りの名手で年間に100本近いイト [続きを読む]
  • 7月27日 近場の支流で
  • 昨日から連休なのだが、昨日の釣行は20キロ近く釣り歩いて疲労を感じるので、今日は午前中だけ近場で釣りして午後からは家でゆっくりする予定。AM8:00 石狩川の支流に到着。コーチャンさんのブログでいうATM川になるのだろうか?(笑)あれれ?ちょっと浅いかな?! この時期は減水が当たり前だからこんなものかな。流芯に仕掛けを入れてゆっくり流すとコツコツとエサをついばむ感覚が。しかし簡単には喰わないようだ。何度か流 [続きを読む]
  • 7月26日 ヒグマのお庭へ涼を求めて
  •   今日はちょっと足を伸ばして道東の渓流へ。AM6:00にポイントへ続く林道を歩いていくと、ええ、十分気をつけます。十二分に気をつけます。暗くボサが多い林道を歩いて釣り場に向かうとなるとちょっとだけビビります・・・・・・。ここからは完全に野生動物のお庭だ。できるだけ身を守ること優先で釣行しよう。朝からイイ渓相を見ることができて嬉しい。さっそく8.5メートルの本流竿を投げ入れる。アタリはあるものの、おチビ [続きを読む]