江島恵 さん プロフィール

  •  
江島恵さん: ただよう墨絵師
ハンドル名江島恵 さん
ブログタイトルただよう墨絵師
ブログURLhttp://sumieshi.blog.fc2.com/
サイト紹介文墨絵画家の制作の記録と編み物とミニマルな暮らし
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供543回 / 365日(平均10.4回/週) - 参加 2017/08/02 15:47

江島恵 さんのブログ記事

  • 墨絵日記カレンダーとともに新居で新しい年を迎える
  • 新居に移って一週間が経ちました。ダンボールは全部開封してたたんで束ねたけど中身はまだ床に置きっぱなし、これから片付けます。前のところよりやや収納が少なくて収まりきらないので少しずつ捨てていこうと思ってます。さて、世間はすっかり年末モード。人も車もやたら多い。イルミネーション観覧バスなんかも走ってますね。年賀状のデザインもまだできてないけど、刻々と新しい年は近づいています。ということで、新しい年には [続きを読む]
  • しましまセーターをテキトーに編むよ(19)右袖を編む
  • 右袖を編む。もちろん左右どっちからでもいいんだけど右の袖ぐりに輪針がぶら下がってるのが邪魔なので。袖ぐりの中心から編みたいから半分は引き続き休めておく。こういう数目しかないときは縄編み針(この名前も今調べて知った)に通しておくと後でそのまま編めて便利。袖ぐりの目を拾う。輪針より短いところを編むときはこんな感じ。いつものように10段ごとに減らし目をする。つづく [続きを読む]
  • しましまセーターをテキトーに編むよ(16)強行突破のその後で
  • 襟は二目ゴム編みにするので目数が4の倍数であって欲しいのだがテキトーに拾うので数は合わないこともある。今回は、合わなかった…2目多いというか少ないというか。ということで、連続2目一度という荒技で強行突破する。そのあとは何事もなかったように、二目ゴム編みを編む。そろそろ一周しようというところで、あら!裏目が4つ…ということは、目数はぴったりだったんだ。惜しすぎる!!幸い残り十数目と、さほど多くないのでこ [続きを読む]
  • ミニマリスト墨絵師の引越し準備
  • 引越しまでまだ10日ほどあるけど、早々に荷造りを始めた。一番大きなものは作業机。幅50cmのベッドは布団を乗せなければ、ただの木の台という簡易なもの。布団袋にはタオルなどを一緒に入れても半分くらい。小型の冷蔵庫、洗濯機、ガスストーブ。PC、プリンター、スチールの書類棚、桐の衣装箱。仮張り板とパネル類、長い定規や巻いた紙など。あとは段ボールに詰められるけど日常使っているものが多いから、なかなか閉じられない。 [続きを読む]
  • しましまセーターをテキトーに編むよ(15)襟ぐりの目を拾う
  • 表の右肩が編めたので肩を接ぎ合わせるんだけど針の向きが逆なので通し直すはぎ合わせて身頃完成襟ぐりの目を拾っていく。というところで、休めていた目のほつれ止めがこれまた逆向き。逆から拾えばいいんだろうけど、いつもこの向きで編むから…やっぱり糸を通しておくのが一番いいな。仕方がないので針に移す。目を休めていたところは普通に編んであとは2段拾って1段飛ばすくらいの感じで。これで多分いいんじゃないかなーつづく [続きを読む]
  • しましまセーターをテキトーに編むよ(12)後ろ身頃の襟ぐり
  • 6号の輪針がなぜかもう一本ある(多分間違えて買った)ことを思い出して、ここから使う。後ろ身頃を編む。前身頃についてる方の針はプラプラして邪魔なので刺しておく。肩に近づいてきたので肩幅の印を付けておく。ここは一応目数を割り出して左右同じにする。肩までの長さを決めてはいるものの、測り方はテキトー。目は時々数えても段数を数えることは、ほとんどない。後ろの襟ぐりは1センチ下げた。右肩を編んだら、襟ぐりの目は [続きを読む]
  • しましまセーターをテキトーに編むよ(10)びっくりのぴったり
  • だんだん袖ぐりに近づいてきたので、ここで初めて目を数える。数えるのは苦手だけど脇線の位置を決めたいので止むを得ず…まず裾の二目ゴム編みで数える。表表裏裏を一組として、二組ずつ数えると簡単。その目数の半分が脇のところまでだからとりあえず半分くらいまで編んで、仮の印をつけておく。そして、編み始めから印までを数えてみる。合わなければ編み足すか、戻るかして印をつけ直すんだけど…おおー!ぴったり真ん中!念の [続きを読む]