相沢夏菜 さん プロフィール

  •  
相沢夏菜さん: 家相風水
ハンドル名相沢夏菜 さん
ブログタイトル家相風水
ブログURLhttp://xn--fcts79ah7hv78a.com/
サイト紹介文家相の良い家と悪い家、運気がアップする風水
自由文家相の良い家と悪い家、運気がアップする風水
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 65日(平均2.7回/週) - 参加 2017/08/05 11:55

相沢夏菜 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • キッチンの家相
  • キッチンの配置というのが現代では自由になりつつあります。というのも冷蔵庫の出現でものが腐るとかがしにくくなったのと寒さ対策で床暖房を入れる家庭も出てきたからです。というのも、キッチンに良く無い方位というのは夏場に温度が上昇する西と冬場に寒さが厳しくなる北といわれてきたからなのです。上の二つは家の性能や家電の性能でカバーできるようになってきたといえます。また、家の中心にキッチンがあるというのもよく無 [続きを読む]
  • 鬼門と裏鬼門の玄関を避ける理由
  • 家相で最も配慮しなければならないのが張り欠けと玄関の位置になります。最近の気象状況を言うとゲリラ豪雨という局地的な雨風が吹き込むためです。台風のシーズンや梅雨のシーズンでなくてもバケツをひっくり返したような雨が風にあおられて壁に吹き付けるという現象が起きています。今まで雨漏りしなかった家においても雨漏りする事例が増えたため家の形状はできるだけシンプルに雨漏りのリスクの少ない設計にする必要が出てきた [続きを読む]
  • お風呂は家相上配置が自由になった
  • お風呂が鬼門の北東の方位にあってはいけないというのは鬼門の方位に不浄なものを配置してはいけないという配慮からです。最近のお風呂は清潔に保ちやすく清掃しやすく進化しました。壁のパネルも従来のタイルや石貼りの目地がないようなバスパネルの掃除のしやすいデザインになりました。浴槽も汚れの付きにくいコーティングが施されています。そして近年進化したのが排水口です。最近の排水口は簡単に掃除できるような仕様になっ [続きを読む]
  • 子供部屋の方位
  • 子供が小学校の高学年になると自分の部屋が欲しくなります。親の都合で言えば勉強をする部屋です。子供の都合で言えば親の目の届かない自分だけのスペースが欲しい。インターネットも邪魔が入らずに楽しめるのです。子供が小学校低学年のうちは、リビングの一角に学習コーナーをつくって宿題を見るということもできますが、徐々に宿題も難易度が上がって親の手に負えなくなってきます。そこで、自分の部屋で集中して勉強ということ [続きを読む]
  • キッチンの方位
  • キッチンの方位は東向きが良いとされています。それは食べ物や貯蔵するものが腐りにくいためで、古い民家の見学などに行くと土間やかまどが東にあったものです。近年では冷蔵庫の登場で貯蔵するものは腐りにくく、清潔感のあるキッチンによって東以外の方位でも不潔になりにくい状態になってきています。昔は家の中心にあってはいけないとされたキッチンは今ではオープンなスタイルに変貌しています。むしろ間取り的には家の中心に [続きを読む]
  • 家相には理由がありました。
  • 設計に携わって30年以上経過しました。私自身、若い時は家相とか風水とかを信じていませんでした。私のクライアントの中には親の勧めで家相鑑定をして、数十万というコストをかけた方もいました。そのコストがあれば泡の出るお風呂になるのにと思ったものです。家相は満足度を高めるとか、メンタルのケアとか、商売をしている人の演技担ぎなのかなと思うこともありました。ところが、住宅を建てつづけると家相もあながち嘘でもな [続きを読む]
  • 張り 欠け 家相
  • 現代の家相でもっとも優先度の高いのが張り欠けです。張り欠けのある家に起こることは屋根の形状が複雑になってしまうことです。このことで起こるのが雨漏りのリスクが高まると言うことです。また、間取り上くぼみが発生してしまうため、雨風の吹き溜まりになり外壁が傷みやすい状態になります。家のメンテナンスで訪問するとL型の隅角に緑色のコケが付着している例が見られます。清掃やカビとり剤で対応すればよいとはいえ、通常 [続きを読む]
  • 部屋に置くと開運するアイテム
  • 開運に役に立つアイテムというのがあります。例えば玄関の観葉植物です。観葉植物は悪い気を吸い取ってくれる効果があります。すがすがしい空気が玄関に満ちることで良い気を招き入れることができます。逆にドライフラワーなどは良くないとされます。空気を清浄する機能もないというのと、枯れているもの、死んでいる生き物を飾るというので縁起が良いとは言えません。リビングにあるとよいものは空気清浄機です。これも、空気をき [続きを読む]
  • 窓のない部屋は鬱になる
  • 家相で個室の位置を気にする場合があります。子供部屋は東に窓の取れる位置に配置北東や南東などに子供部屋があれば東の光を受けられ朝に活動しやすい状態になります。窓のない部屋はNGです。鬱と窓のない部屋には関係性があり光を浴びることで体からセロトニンが生成され健康的な精神状態を作り出すことがわかっています。西の窓は西日が強すぎて部屋の温度が上昇しすぎます。勉強には向かない環境になるので西窓は大きく開けない [続きを読む]
  • 浴室があるとよくない方位
  • 浴室が向いていない方位というのは湿気がたまりやすい場所そして寒い場所です。湿気がたまりやすい場所はカビなどが生えやすくメンテナンスが大変です。まめに掃除しないと浴室が傷んでしまうのです。そして、冷える場所というのはヒートショックをおこして最悪の場合命の危険があるということです。ヒートショックとは温度差があることで急激な血圧の変化を体に起こしてしまうことです。家の真ん中の換気できない場所に浴槽のある [続きを読む]
  • 高齢者の部屋でよくない方位
  • お年寄りの部屋でよくない方位というのがあります。一つは寒すぎる、冷える部屋です。もう一つは暑すぎる部屋です。温度変化のありすぎる部屋が良くないのですが、寒るすぎる北の部屋に老人の部屋があると冷えてしまうので心臓に負担がかかってしまいます。また南西などの夏場に温度が上がりすぎる部屋は体力を奪って熱中症などで致命的になるため、命の危険さえある方位になります。北東のトイレが良くないといわれる理由も温度差 [続きを読む]
  • 家相学
  • 家相学を学ぶことは家を健やかに保つことになります。トイレの位置や玄関の位置、建物、間取りの配置計画などは、家を健全に保つのに重要な要素になります。配置によっては寒すぎて体調に異常が出たりまた暑すぎていられないほどの不快な場所になりかねません。家の形状や屋根の形状が複雑すぎるとメンテナンスで雨漏りなどのトラブルを抱えストレスを作ることにもなりかねません。張り欠けのない家を作ることもまた精神的な安定を [続きを読む]
  • 家相 階段の位置
  • 家の中での階段の位置について、家の中心より外側にあったほうが良いといわれます。その理由としては外壁側のほうが窓があり自然な光が入るためです。階段の下のほうまで明かりが届けば踏み外すことも少なくなるので危険が少なくなると言うものです。現代の家のプランではリビング階段など家族とのコミュニケーションを重視する間取りも増えて家の中心に階段を配置することも多くなりました。家の中心に階段があることで無駄のない [続きを読む]
  • 家相の良い間取り
  • 家相の良い間取りとは張り欠けのない間取りで長方形や正方形の間取りを言います。欠けがないのが良いのは屋根が複雑化しないので雨漏りのリスクを低減して構造的にも安定するからです。家の配置は道路に並行して配置します。玄関の方位は鬼門の北東や裏鬼門の南西を避けて配置、トイレも鬼門の北東や裏鬼門の南西を避けて間取りするのがベストここで問題になるのがお風呂や洗面、キッチンの配置です。お風呂や洗面、キッチンまで定 [続きを読む]
  • 風水 土地
  • 当たり前のようでいて知ってそうで知らない土地の風水良くない土地の条件というのがあります。○周りが高くて窪地になっている土地。これは周りからの湿気が集中して湿っぽい土地になっています。○崖のある土地、特に自分の土地のほうが低い場合は日陰になります。地盤が不安定な場合は土砂崩れが起きてしまいます。○北だれの土地北下がっていて南の方が高い場合逆だと日当たりが良いのですが、日当たりも悪くなり風雨の影響も受 [続きを読む]
  • 家相学
  • 家相とか風水というとまゆつばのように感じられる人も多いと思います。確かに霊感商法的に不安をあおる書物や占い師もいます。そのような悪徳商法もいる中であながち根拠がないことではないと私は考えて、家相学を学び実際の設計に生かしてきました。経験上家相でいう欠けは明らかに建物が傷みやすく雨漏りの原因を作った例もたくさん経験してきました。例えば中庭などでくぼみに雨風が吹き付けて内部への壁からの雨漏りも経験した [続きを読む]
  • 家相 欠け 張り
  • 家の形が長方形や正方形ではなく一部が欠けた形の間取りを欠けと言います。大体1/3程度欠けた状態をさしますが良くない家相と言われています。構造的に不安定になると言うのと欠けている部分に雨風が吹き付けて吹きだまる為建材が痛みやすいと言うデメリットがあるのです。又、間取りに欠けがあることで屋根の形状が複雑になってしまい、谷などができるので雨漏りのリスクを高めてしまうことになるのです。鬼門、北東方位や南西の [続きを読む]
  • 鬼門のトイレの解決方法
  • 鬼門の方位にトイレがあるとよくないといわれる理由は北東の方位が冬場に冷え込むため心臓まひなどの恐れがあるからです。ということは解決方法は冬場の冷たい風の直撃を避ける方法が一つ北東方位への植樹や、暴風のできるフェンスで解消できます。寒くならないための方法としては断熱材、断熱性能の良いサッシ、床材なのがあります。クッションフロアは掃除のしやすさだけでなく柔らかく暖かい床であることもメリットのある素材で [続きを読む]
  • 風通しを良くする家相術
  • 風水や家相というと、何の理由もなく呪われたり、体調がよくない状態になるイメージをする方もいます。そんなことはなくて、冷えやすいトイレがヒートショックを起こして倒れやすいとか物が腐りやすい配置だと体調を崩すなど根拠があっていっていることなのです。体を健全に保つというい意味では空気の流れを良くして、なおかつその空気が汚れないとうことですから掃除することは汚れた空気を吸わないことになり体の調子もよく保た [続きを読む]
  • 仏間の位置
  • 仏間の方位は一般的に南を向いて作るとか東を向けて作るのが良いといわれています。北を背にして配置するか西を背にする間取りになります。また、仏間の上は上を踏まないようにしたいので二階を作らない場所に配置するか上の階をクロゼットや押入れにして踏まない間取り計画にするのが良いでしょう。どうしても踏まない間取りができないときは天井を二重にして作ることで踏まない構造にできます。また仏間の隣にトイレ、背面にトイ [続きを読む]
  • 家相 間取り
  • 家相をチェックするのに使うのが間取りです。間取り、住宅の設計図をみて家の中心から方位を把握それから玄関の位置やトイレの位置を調べます。順序としては家の形状をチェック家が不自然な形であれば屋根も不自然になるので自然災害の影響を受けやすい家になります。家の形がいびつな状態で玄関の位置やトイレを気にしても大きな災害は避けられないので家の張りや欠けなどを間取りでチェックします。欠けは四角から1/3ほどえぐれ [続きを読む]
  • 良くない土地とは
  • 今回解説する良くない土地とは住宅に適さない土地のことです。この場合オフィスや飲食店に適していても住宅に向かない土地のことであまりにも人通りが多く夜もうるさい場所は住宅に向きません。また、工場が近くにあって空気の悪い場所や匂いの流れてくる土地も適してはいないでしょう。ビルが建てることのできる土地は南に高い建物が建つと日当たりが悪くなるので住宅専用の住宅地が理想的と言えます。高圧電線の下や高速道路のそ [続きを読む]
  • 家相 寝室
  • 寝室に適した配置というのがあります。一つめは快適に眠れる部屋であるということ寝る時間に快適な温度と風通しが得られることです。対角線上に窓があれば自然に風通しが得られます、マンションであれば窓があれば問題ないです。エアコンをつけると空調的にはどの場所にあっても良いのですが西の窓は夕方まで部屋を暑くしすぎるので蓄熱されて寝る時間に暑くて不快ということもあります。南窓や東窓がベストです。じめじめ湿気がた [続きを読む]
  • 家相 トイレの位置
  • 家相でよくないトイレの位置に北東の鬼門というのがあります。寒さや強風の影響を受けるので他の部屋より冷えやすくトイレでの体の負担が大きくなるというものです。北西に出っ張っているトイレはさらに冷えるので良くない家相だといわれます。裏鬼門の南西も夏場西日でトイレの温度が上昇するのでにおうトイレの原因になってしまいますし、暑くて長くいられないトイレになります。他には玄関ドアからトイレのドアが見える間取りは [続きを読む]
  • 過去の記事 …