358 さん プロフィール

  •  
358さん: 巨木巡礼、そして願いを一つ・・・
ハンドル名358 さん
ブログタイトル巨木巡礼、そして願いを一つ・・・
ブログURLhttp://miyagikyojyukyoboku.blog.fc2.com/
サイト紹介文楽しさよりも、静かに暮らしたい、 たったそれだけの事よ・・・
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供8回 / 25日(平均2.2回/週) - 参加 2017/08/02 17:17

358 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 奥さんが作る料理というものはそれ程の価値があるものなのだよ・・・
  • 私は本来出不精である・・・アウトドア派より完全インドア派なのだけれども、ある程度外に出ないと生きては行けぬ・・・外に出たついでにささやかに生きる為だけの食材を調達し、何年も自炊している割にはレパートリーが無くて、只々生き繋ぐだけの食事しかしていない様に思えるのだよ・・・思うのだけれども、男っていうは料理が出来ない方が良いのかもしれない・・・その方が夫婦生活もそう・・・料理って言うのは些細な事で喧嘩 [続きを読む]
  • もし庭があったなら百日紅を植えよう・・・
  • また雨かい?いつまでもいつまでも空を覆う雲が恨めしい・・・鍾景閣という名の旧伊達邸が有るのだけれども、中を見学するのはタダなのだよ。昼時だったから、中ではタケノコ料理を食す人たちがチラホラといらっしゃいました。皆どうして気品のある方々に思えるのは、和の威力かい?昭和天皇もいらっしゃった場でもあるのも頷ける。もし庭があったなら百日紅を植えよう・・・そう思える程に雨の中でのサルスベリの花が綺麗でした。 [続きを読む]
  • 夏桜 文珠菩薩堂の彼岸サクラ
  • そう・・・・夏の桜ほど忘れられている存在も珍しい。すっかり曇り空が当たり前になってしまって、嫌いな雨も受け入れざる負えない状況の日々・・・お盆休みなんぞ無い職場なので、せっせとせっせと働いて地味に休みを待っていたのだよ。静かな神社である、菩薩堂だから厳密には違いがあるのだろうがまあ良い、私は見た目よりザックリでね!すれ違ったのは、柴犬っぽい猫のような犬を散歩させているご婦人が一人!夏の桜を一人眺め [続きを読む]
  • 名も無き銀杏
  • 巨木だったり巨樹だったり、その呼び名と言うのは明確な区別は無いらしいのだけれども・・・私の中での銀杏の老木はいつもゴツゴツとしていて、全体像を掴みづらくてイメージ的に巨樹に分類されるんだ・・・丘陵の新興住宅街を抜けて、その道の角々に立つ警備員が物々しい・・・理由は分からなかったのだけれども、後に聞けば少しばかり神社が有名になり参拝客が増えたらしい・・・路駐だったり、何らかのトラブルが多発したのだろ [続きを読む]
  • 遠くに見るポプラの木と木造の校舎
  • 曇り空が続いていて、いい加減夏空が見たくて・・・白と青のハッキリとしたコントラストのよ、そんな夏空が見たかったのだけれども・・・・ダメだったよ!天気予報を見たら明日も明後日も、いやそれどころか10日先まで何処までも続く雨雲が宮城を覆うんだ・・・太陽のあの無限極まりない光でも無ければ、出不精の私を外に連れ出す事は中々出来ぬ・・・折角の休みなのに何処にも出かけず、風もなく乾くことも出来ずにいる洗濯物を見 [続きを読む]
  • 大年寺山の姥杉
  • くねくねと蛇行する道を登っていくんだ・・・途中、斜面に白いビニール袋が有ったと思ったら、ヤギだったんだよ・・・・良く見ると黒いヤギもいたさ、無心に草を食べていて、この暑いのに元気な事で・・・大学のキャンパス道を抜けて右に曲がると見えてくるんだ、大年寺の姥杉がよ!木なんぞに興味が無ければ気づく事も無いだろうに、道端に生えながら目立つことなくひっそりとね・・・この巨木は有るのだよ。樹高は28メートル、幹 [続きを読む]
  • 熊野那智神社の古代杉「山一」
  • 梅雨はまだまだ明けないのかい?昨日の夜だった、腹が冷えた時のようなそんな痛みだったんだ・・・時期に治るだろうとさすっていたのだが、一向に痛みが治まらず、四、五時間腹痛に襲われ狭い部屋の中で一人で耐えていたんだ・・・理由を探したが分からなかった、食あたりぐらいならいいのによ・・・薬なんてありゃしない、神にでも祈ろうか・・・私は孤独死予備軍である・・・世間になじめなかった男というのは、老いる速さが早い [続きを読む]
  • 鷲倉神社の姥杉
  • 少し曇っているでしょうか・・・それでも夏は確実に感じていて、地に響く蝉の声は騒がしくて、それなのに凛としているのは気のせいなのかい?200段近くある参道は結構急で高所恐怖症には少しだけ難義だったんだ・・・・朱色の手すりと、苔と石段といい雰囲気だったよ・・・これですか〜、これか〜誰もいない鷲倉神社の姥杉を間近で見ていて、見上げて感じていたのだよ・・・私と違う、地にしっかり根を張って堂々としている巨木・ [続きを読む]
  • 過去の記事 …