凪 さん プロフィール

  •  
凪さん: 海はひろいな
ハンドル名凪 さん
ブログタイトル海はひろいな
ブログURLhttps://umihahiroina.muragon.com/
サイト紹介文〜好きだから、好きなのに〜 婚外恋愛ブログです。許されないことなのは重々承知です。 不愉快だと思う方
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供239回 / 365日(平均4.6回/週) - 参加 2017/08/02 23:04

凪 さんのブログ記事

  • 好きな人がいます、2
  • 好きな人がいます 好きな人がいます 好きな人がいます そう言えたら、どんなに満たされていたかな。 とてもとても焦がれた。 溢れそうな想い。 心を占める、密やかな想い。 全てがまるで清らかで、罪の意識が消えてく錯覚。 ごめんなさい 一瞬だけ、儚い夢を見た。 好きな人がいます 赦されない。 けして口に出してはいけない。 あんな想いを、なかったことにしなくてはならない。 「他に好きな人、出来たの?」 訊 [続きを読む]
  • 好きな人がいます、1
  • この頃、夫の私への執着が酷い。 つい最近、リビングで寝落ちしたところを襲われたばかり、 だったから、だから少し油断。 だからしばらく安心かなって思っていた。 少し油断して・・・ ちょっと無警戒に寝転んでたら、 やっぱり寝ちゃうんだけど、 そこをまた、襲われるなんて、思ってなかった。 こないだシタばっかりじゃん・・・ この頃、様子がおかしい。 やだなあ。 その数日後、 いつも大抵夫の方が先に寝るんだ [続きを読む]
  • お知らせ
  • 一瞬だけ、コメント欄を閉めさせて頂きます。 なにかあったとか、どうとかなってるわけじゃなく、 これから公開させて頂く記事に対する、演出の一環です?? 私のための、ささやかなエンターテインメント。 [続きを読む]
  • 狂言説
  • 事の発端。 3月末の。 「明日飲みに行くね」 私のひとこと。 夫は頷いたか生返事かののち、 以降態度が豹変。 それが数日続く。 私のそのひとことが原因だったとあとから聞いたけれど、 何も知らないまま不機嫌な態度を浴びせられた、私も荒んでいく。 蓄積した理不尽な思い。 ひとことで言い表せないんだけど、 潮時を思った。 いよいよって。 『海』と夜デートするときには、 架空の飲み会を想定してる。 もちろ [続きを読む]
  • 夏の海のテーマ
  • 私は知らなかった。 だから常日頃、疑問に思っていた。 LINEの着せ替え。 なんでキャラものしかないんだろうなって、思ってた。 ほんとにみんな、キャラもので満足してるの〜? 仕方なく、大人可愛いめの、着せ替えを選んでたけど。 ただ、私が見付けられなかっただけだったらしい・・・ キャラものじゃないのも、あったのね!(笑) キャラものしかないのなんでだろ〜ってずっと思ってて。 そうして今更気付いて、 [続きを読む]
  • ごめんなさい・・・
  • 昨日の記事を公開したあと、 彼からLINEがきました。 いつもの『海』でした。 それまでの別人みたいな対応に耐えられず、 もうLINEなんてしてこなくていい、と 返しかけて、 呑み込んで、 返事をなげやりに放り投げた。 今度は別の不安に襲われた。 これ、一生既読にならないかもしれない、 と今思えば、有り得ないのですが。 そのときは、不安で押し潰されそうで。 そしてやっと来た夜中のLINE。 私も起 [続きを読む]
  • 1年後の原点
  • ちょうど、ブログを書き始めてから1年後。 また、同じ苦しさに苦しむなんて思わなかった。 やっぱりここで、どうしても躓いちゃうの。 今年もまた。 本当は今年は。 もうちょっと平気だと思ってた。 去年もその前も、 その苦しさに、 こんなに苦しいならお別れした方がいいのか、悩んだりした。 でも今は、 その選択肢はもうない。  今までとは違う、位置にいると思ったから、 受け入れ方が変わる。 だから、平気だ [続きを読む]
  • ブログ、1周年
  • 明日で、ブログを開設して1年になります。 ラブラブなブログに憧れながら、 反して泣きながら、始めた、1年前。 終わりにしようと思って始めた。 私の心の記録のつもりの。 背筋を正して、 真っ直ぐぶつかって、 砕けるならそれはそれでよかった。 ぐるぐるぐちゃぐちゃ紆余曲折したけれど、 いつも、全力でした。 結果として、1年経ちました。 ブログを始める前に、 でも私たちにそれほどブログに出来るほどの ネ [続きを読む]
  • 惨めな夜
  • 彼を待つ夜。 話したくて。 私、毎晩、お酒を飲む。 早起きには慣れてきた。 夜遅くまで起きるのは、 辛いまま。 眠いの辛い。 話せないの、すごい辛い。 気持ちと眠気がアルコールでぐるぐるまわって、 気付けば寝てたり。寝落ち。 そこを夫に襲われた。 でもね、前も何度かあったから。 全力で『そういう風に』ならないように、 避けてる、努力してる。 眠すぎて一瞬寝たいって思うときは、 子供のベッドに潜り込 [続きを読む]
  • 嘘つき
  • 2、3年ほど前から使ってる、 私のタブレット端末。 もうほとんど使ってないんだけど、 アプリの引っ越しがめんどくさくて、 そこに入っているアプリを使う為に、今でも現役(笑) でももう古いから、 使ってなくても午後にはもう バッテリーたくさんなくなっちゃう。 くせに。 何故かこの頃ずっと、 いつ見ても 何故か 『100%』 のフル充電、アピールしてる。 ちょこっと放置しても、不意打ちしても、 『10 [続きを読む]
  • おにぎり
  • 「おにぎり1000個作りたい!」 なんて突然うちのこ。 一瞬、ん!?って思ったあと、 怒涛につっこむ私。 いやまてと。 そもそもあなたお米研げないじゃん。 うちのジャーで何回炊くん? いやいやいやいや いろいろツッコミどころが多くて あれやこれや 言っていたら、 「待ってよまあ聞いてよ〜」と 「1000個作ってさ、配ったら喜ばれないかな〜?」って。 名案でしょってにこにこ。 先の集中豪雨で被災され [続きを読む]
  • ピピピ
  • 昨日、とっても怖い話を書いたので、  ずっと見ない振りしてたハナシ。  やっぱりあれは、事実なんだなあって。  再実感。  2回苦しむシステム?  でも、書いた意味も意義もあった!  でも、心は疲弊。 今日は、だからゆるゆる〜〜〜 実は明日は、急遽何も予定がない私。 だから、安心して夜更かしできる♪ 『海』と話せたらいいなあ。 話したいなあ。 だから、話せるよって送ったんだけどね。 まだ未読・・・ [続きを読む]
  • 怖い夜
  • これはあの日の夜のこと。 「お前男いるんだろ」 なんて、突然言われて。 心臓が凍るかと思った。 驚愕と動揺と狼狽えそうな私を制する、 表情を変えるな、慌てるな、 どこにそんな『私』がいたのか、 指令が届く。 そもそも私に男なんていないんだから、取り合わなくていい。 下らない。 取るに足らない。 と、演技の指針。 本当の私は茫然としながら。 必死の。 上手く、やり過ごせた? 自然に振舞っているつもり [続きを読む]
  • 夏の思い出
  • もしかしたら逢えるかも知れなかった日。 が、 やっぱりダメになってしまったと思った日。 が、 その後やっぱり、逢えることになった。 具体的に言うと、最初は私次第だった。 私のPTAの作業を、もし1日で終わらせられたら、 空く日だったの。 私の思惑をまるで知っているかのように、 作業は順調に進んで。 2日分ぐらい、前倒して、作業完了。 やったー?って思って彼に報告したら、 ごめんその日は・・・って、 [続きを読む]
  • ギリギリテスト
  • 記事化するまで、だいぶ間が開いてしまった。 あれはもう先々週の、フラットなテンションから始まった、 ランチデートの後日談。 あの日。 本当は行きたくなかったなんて思ってしまった、けど どうにか自分で気持ち持ち直して向かったランチタイム。 まるで様子見のごとく、始まったランチタイム。 だけど。 逢えて嬉しかった、やっぱり。 だから、結局帰る頃にはとても物足りなくなってしまった。 その日、1時間弱くら [続きを読む]
  • 真夏の世の夢
  • 来ない週末の連絡に、 やっぱりどうしようもなく、 寂しくなってしまった夏休み最初の週末。 こんなんじゃ、先が思いやられると思った。 まだまだ長い夏の。 彼を待つ真夜中の。 諦めて寝る寸前。 少し迷った。 寂しいなんて、恨みがましく言ってしまおうか。 それとも、期待してない全然平気なフリ、しようか。 そもそも待ってないですよーってアピールか。 どうしようか、考えあぐねていたら、 彼からLINE。 「 [続きを読む]
  • 熱い夏
  • うちのこ、この夏、割と大きい大会に参加した。 参加、なのは正規選手じゃないから。 ないけど。 炎天下の下、一丸になって応援してきました。 この夏、これを機に、引退する3年生が多いと思う。 トーナメント戦の切なさ。 頂点以外は全部敗けるシステム。 傍らに、敗けたと思われるチームが通り過ぎゆく。 涙をいっぱい溢れさせて。 肩を抱き、抱き合い。 盛夏の中の、終えた夏の中で、泣いていた。 そんなシーンにす [続きを読む]
  • 終わりの行方
  • 少しだけ勘違い。 私が日頃、彼に支えられ救われてること。 それではなんの解決にもならないと、 警鐘を鳴らしてくれたのだと思ったのだけど。 私少しだけ、困ってしまって。 彼の居ない世界。 いつか来るはずの。 私たち、いろんな状況の人がいる。 もう私たちの世界でいうような、婚約を心でしてるような方々もいる。 それは来世だったり、 永遠であったり、 未来の、いつかのポイントを超えたら、だったり、 条件が [続きを読む]
  • 反応は要らないです??
  • (ほぼ、私信です。伝えたいことを伝えるのに、このカタチを取るのが最善だと思った。伝えたいことを伝えたいだけだから。コメ残したら返事させてしまうのが、心苦しく思って、なので一方的に送らせてください。) *:・゜。*:・゜*:・゜。*:・゜。  あのね。 もう壊れてるの。 修復とかの次元、とっくに過ぎていて。 このまま我慢するか いつまで我慢するか の 2択。 旦那さん大好きな〇〇ちゃんに 聞いて欲し [続きを読む]
  • 虹の日
  • 昨日は、『海の日』でもあり、 『虹の日』でもあったのだそう。 7.16 な・な・い・ろ 素敵?? そんな昨日の、私の情けないぼやきに、 温かいコメントを ほんとうにありがとうございました。 ダメダメ過ぎちゃった。 でもここにしか縋れる場所がなくって。 苦し紛れ。 どうにかしないとどうにかなりそうで。 おかげで。 叫んだり(ヒステリック) 壊したり(デストロイヤー) にならずに済んで良かった。 しば [続きを読む]
  • くじけそうになる。 というか既に、そんな域は超えているはず。 子供のためという言葉の呪縛の下。 自分をいかに騙すかの人生でも、別によくって。 誤魔化して誤魔化して誤魔化して。 あの日から頑張ってきたから、 たまには溜息ついても許されるかな・・・ あれは確か3月の終わりあたり。 あれからたった3ヶ月半かあ。 朝。 『海』と嬉しいやり取り出来て。 幸せな1日だと思った。 いつもなら眠いままこなすあれこ [続きを読む]
  • 海の日
  • 私はブログを書いてることを彼に話したことないし、 たぶん、きっと話さないと思うので、 『海の日』は彼に私に無関係。 しいていうなら、 『ただの』3連休の最終日・・・(-_-) 自分でも呆れるくらい、 浮き沈みの激しいこの頃、 先日のランチデートの後日の、 記事を1つ書いている途中。 軽く揺れたこの件のあと、3連休へ突入だった。 だから、 言わないつもりだったこと言ったと思う、 「土曜の午後、逢いに [続きを読む]
  • もぐもぐ
  • ランチデートの前夜。 というかもうその未明。 この日も寝落ちた私。 目覚めた後、気持ちはやっぱり重いんだけど。 寝覚めが何故かすっきり。 これがいけなかった。 つい、ネットにアクセス。 そこでよせばいいのに余計な情報を知ってしまう。 彼の。 何をやっているのやら?? こんなアクション一つから、 余計な連想が連想を生む。 みるみるテンションダダ下がり。 真夏の空に湧き上がる入道雲みたい。 もくもくも [続きを読む]
  • 織姫以上
  • 七夕に願おうと思って、願い損ねてしまった私。 なのに。 嘘みたい。 夢じゃないよね。 願いが叶うなんて・・・!! 2か月間という天の川を越えて、 織姫以上の人に会えちゃった。 おかえりなさい!! 嬉しい。 戻って来てくれて、ありがとう!! ありがとうありがとうありがとう?? 七夕の記事を書いているときに、 私に最後にくれたメッセージ、読み返していたの。 あのとき、どんな気持ちでいたんだろうって。 [続きを読む]