爺KEN さん プロフィール

  •  
爺KENさん: 爺KENの「競馬」が私の生きる道 Blog ver
ハンドル名爺KEN さん
ブログタイトル爺KENの「競馬」が私の生きる道 Blog ver
ブログURLhttp://keibawataiki.blog.fc2.com/
サイト紹介文このブログはJRAの重賞競走限定を不定期ですが実際に予想と、最新ニュースもあります。お楽しみに!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供688回 / 202日(平均23.8回/週) - 参加 2017/08/03 09:37

爺KEN さんのブログ記事

  • ストレイトガールの初子誕生 超良血13冠ベビー
  •  G1・3勝馬ストレイトガール(牝9)の初子が、英ナショナルスタッドで11日に生まれていたことが分かった。父フランケルの牡馬で、毛色は鹿毛(かげ)。父はG1・10勝、母は16年ヴィクトリアMで7歳牝馬として史上初のG1制覇という超良血馬。2歳でデビューなら2020年が初陣となる。 広崎利洋オーナーは「昨年、ナショナルスタッドで久しぶりにストレイトガールに会いました。彼女のまなざしから伝わるメッセー [続きを読む]
  • ブレイブV滝本オーナー「神懸かり的」/川崎記念
  • <川崎記念>◇31日=川崎◇統一G1◇ダート2100メートル◇4歳上◇出走10頭 川崎記念を勝ったケイティブレイブ(牡5、目野)の滝本和義オーナーは同厩舎で若駒Sを逃げ切ったケイティクレバーも所有している。 「2頭とも目野先生と相性が良かったんですね。馬を預けたら、もうあとは厩舎に任せるだけ。クレバーはクラシックにいけそうだし…、たくさんの馬を持っているわけじゃないですから。30、40年馬主をやっ [続きを読む]
  • 【きさらぎ賞】堅実派の音無調教師がダノンマジェスティで勝負に出る!
  • 【きさらぎ賞(日曜=2月4日、京都芝外1800メートル)POG日本一 吉田竜作のPOGマル秘週報】記者がこの世界に入った二十数年前、当たり前のようにクラシック戦線の中心にいた山内調教師を取材した際、思いがけない言葉を耳にした。「ウチは意識的に新馬戦に力を入れてきた。調べてみてごらん。おそらく成績はいいはずだから」 山内厩舎が2歳戦で好成績を挙げていたのは、もちろん知っていた。驚かされたのは、指揮官 [続きを読む]
  • 01/30のツイートまとめ
  • KenPacman 次の @YouTube 再生リストに動画を追加しました: https://t.co/4jzsJZ8piT 熱盛!(あつもり)爺KENのG1予想 #1 01-30 19:55 次の @YouTube 再生リストに動画を追加しました: https://t.co/L6CZqadVlc 爺KENの熱盛!(あつもり)G1予想 01-30 19:49 次の @YouTube 再生リストに動画を追加しました: https://t.co/PZfZPccfMN 01-30 19:48 次の @YouTube 再生リストに動画を追加しました: https://t.co/rxYZPoX57p 爺K [続きを読む]
  • 【東京新聞杯】ストーミーシー「東京への舞台替わりは歓迎」
  • 【東京新聞杯(日曜=2月4日、東京芝1600メートル)注目馬30日朝の表情:美浦】ストーミーシーは南A(ダート)での脚慣らしから、坂路1本のキャンター調整で最終追い切りに備えた。陣営は状態アップを伝えた。 斎藤誠調教師「重いウッドでの追い切りの動きは目立ちませんが、短期放牧明けだった前走時よりも、毛ヅヤは良くなってきましたよ。(その京都金杯は勝ち馬に内へ押し込まれるシーンがありながら、0秒2差5着 [続きを読む]
  • 【川崎記念】調教捜査官・井内利彰が有力馬4頭を斬る!
  •  川崎ダート2100mで行われた16年JBCクラシック以来、勝ち星から遠ざかっているアウォーディー(栗東・松永幹夫厩舎)。そんなこともあり、同じ舞台のここへ向けて照準を絞ってきた。冬場は調子を上げるタイプらしく、その動きはなかなか機敏だが、気になるのは最終追い切り。JBCクラシックを勝ったときはCWでラスト1Fが12秒前半だったのに対し、今回は13秒要した。全体時計が速いぶん、終いが止まったという見方もできるが、客観的 [続きを読む]