タカ さん プロフィール

  •  
タカさん: 日本と世界の見方 考え方!
ハンドル名タカ さん
ブログタイトル日本と世界の見方 考え方!
ブログURLhttps://otokonomiti2016.amebaownd.com/
サイト紹介文日本と世界の見方と考え方を、書いて行きます。
自由文今、現在、ご苦労されている、自衛隊の皆さんの事、世界の事件、政治 の事を書きます。よろしくお願いします。<(_ _)>
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供47回 / 66日(平均5.0回/週) - 参加 2017/08/03 12:05

タカ さんのブログ記事

  • 希望 増税凍結・原発ゼロ
  • 公約発表 9条改正排除せず。希望の党(代表小池百合子東京都知事)は6日、衆院選公約を発表した。2019年10月に予定されてる消費税率10%への引き上げ凍結や2030年までの原発ゼロを掲げ、自民党との対立軸を明確にした。一方で、憲法9条改正を議論する姿勢を示し安全保障法制を容認するなど、自民党との連携の余地を残した。小池氏は、記者会見で「既得権益、しがらみ、不透明な権利を排除し、国民ファ [続きを読む]
  • 視座2017年衆院選(駒村康平)慶大教授
  • 将来世代の社会保障は今回の衆院選は、「将来世代のための社会保障」を決める極めて重要な選挙だと言える。政府の社会保障は、2012年に旧民主、自民、公明の3党で決めた社会保障・税一体改革に基づく。消費税を10%に引き上げ社会保障のために、膨らんだ国の借金を減らしつつ、医療や介護、年金、子育て、支援を充実させる取り組みだ。安倍首相が消費税10%への引き上げを前提に、子育て支援を充実させ [続きを読む]
  • 視座②2017年衆院選
  • 安保 政権の評価問う(細谷雄一氏)慶大教授今回の衆院選は、北朝鮮情勢が注目される中、安全保障問題が重要な争点となる、極めて珍しい選挙だ。集団的自衛権の限定行使など、を盛り込んだ、安保関連法の制定など安倍政権の過去5年間の安保政策の業績評価投票とすべきだ。北朝鮮が核実験や大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験を続ける一方で、米国は、圧力を強めている。北朝鮮は核兵器を持てば、 [続きを読む]
  • 2017年衆院選(社会保障財源論争を)
  • 小塩さん、お写真お借りします。小塩隆士氏意見。(一橋大経済研究所長)阿部内閣の経済を見ると、成長率は平均1.4%を上回るペースで走っており評価できる。しかし、経済政策アベノミクスが想定したのは、大規模な金融緩和などでインフレ目標2%を実現するシナリオだった。その通りの転換になっておらず、アベノミクスで景気回復がもたらされたとはすぐに判断できない。今回の選挙戦では、アベノミクス [続きを読む]
  • アベノミクス(将来不安)節約志向変わらず。
  • 衆議院選挙「アベノミクス改革の矢を放ち続け、ようやくここまで、来ることが出来た。これからも本当に成長していけるのか?漠然とした不安に答えを出す。」阿部首相は25日の衆院解散表明の記者会見でこう強調して見せた。すでに、「不安が若者らの意識を変えつつある」東京証券取引所が主催する投資セミナー。今度の首席者に占める10〜30歳代の割合は、2016年度から、ほぼ倍増した。その一人、都内の [続きを読む]
  • お知らせ!
  • おはようございます。皆さん。いつも、Owndのサイトの「日本と世界の見方 考え方!」に、来てくださり、大変ありがとうございます。さてはて、今度の日曜日までの、後4日間。このサイトの、更新をお休みさせてもらいます。試験の勉強がありますので、それまでは、作業所も休もうと、思っています。試験が、無事終わりましたら、また、更新を再開させてもらいますので、その時は、また、いらしてくだ [続きを読む]
  • 北ミサイル3700キロ飛行
  • 再び日本通貨「グアム射程」示す。北朝鮮は15日早朝、弾道ミサイル1発を発射した。8月29日に発射された中距離弾道ミサイル「火星12」と同型とみられ、北海道上空を通過し、太平洋に落下した。飛行距離は3700?で、米領グアムを射程に収めた。圧力を強める米国をけん制する狙いがあるとみられる。国連安全保障理事会は日米韓3か国の要請を受け、米ニューヨークで、15日午後(日本時間16日早朝)緊急会 [続きを読む]
  • 北の輸出 9割制裁対象
  • 安保理決議9回目国連安全保障理事会は11日、北朝鮮の6回目の核実験を受け北朝鮮への石油輸出に上限を設けることなどを盛り込んだ追加制裁決議を全会一致で採択した。米国は、制裁に慎重な中国ロシアと一定の妥協をしながらも、安保理が一致して、早期にメッセージを出すことを優先した。これまでの、制裁と合わせて北朝鮮の輸出総額の9割削減を見込む制裁強化の効果を上げるには、加盟国の厳格な [続きを読む]
  • 北朝鮮の苦しんでいる人達のために②
  • 北朝鮮の飢えている人たちの為に 北朝鮮政府は恥を知るべきである。今、北朝鮮で苦しんでいる人のために出来ること。それは、只訴えていくことしかない!北朝鮮では、沢山苦しんでいる人がいる。話によると、平壌(ピョンヤン)で、暮している人は比較的、良い暮らしをしている人だ。その、人たちを批判する気はさらさらない。でも、これは、テレビで聞いたことだが、兵隊でさへ飢えに苦しんでいると [続きを読む]
  • 日本の抑止力期待(米、同盟の分担増へ)
  • 武器売却拡大米政府が、北朝鮮に対する抑止力を強めるためとして日本と韓国にこれまで以上に多くの高性能な、武器を売却しようとしている。米国は従来、日韓の軍備拡張は地域の緊張を高めるとの立場ををとってきた。今回の動きは、同盟をめぐる米国の立場の修正に繋がる可能性がある。■新方針「長年にわたる平和主義国家・日本に攻撃兵器を提供する可能性もある」米保守系紙ワシントンタイムズは、6 [続きを読む]
  • 尖閣警備 海保訓練を強化
  • 19年度 古島に射撃場整備解除保安庁は、尖閣諸島周辺警備の拠点・宮古島(沖縄県)に常駐する海上保安官の訓練体制を強化する方針を固めた。2019年度中に、離島では初の射撃訓練場を整備し、領海侵入した制圧訓練も行う予定。尖閣諸島国有化から11日で5年を迎えるが、領海侵入は後を絶たず、同庁は「宮古島の保安官の能力向上は最重要課題の一つだ」としている。海上保安庁によると、尖閣周辺での中 [続きを読む]
  • 北朝鮮ICBM発射可能性(韓国分析)
  • 韓国国防省幹部は4日、「北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)を北太平洋に向けて発射するなど、追加挑発の可能性があるように見える」と国会に報告した。北朝鮮による3日の核実験以降も「弾道ミサイルの発射に関連する準備活動が持続的に確認されている」という。情報機関・国家情報院も4日北朝鮮が新型のICBMや、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の意図的に高高度で発射する「ロフテッド起動」ではな [続きを読む]
  • 北「水爆」実験 6回目70キロトン最大規模
  • ICBM用「完全成功」(産経新聞より)北朝鮮北東部で日本時間3日午後0時29分頃 マグニチュード(M)6.1の地震波を日本気象庁などが観測した。北朝鮮国営メディアは、同日、大陸間弾道ミサイル(ICBM)搭載用の水爆実験に「完全に成功」したと発表した。日本政府も北東部(プゲリ)豊渓里での核実験と断定した。阿部首相「容認できない」核実験は去年9月9日の建国記念日以来6回目。トランプ米政権発 [続きを読む]
  • 米国で日本核武装論(我々は、どうすべきか?)
  • 今日の産経新聞を読んで、その中で、上がっていた、日本の核武装論!日本は、これを絶対に容認してはならない。日本は、唯一原子爆弾での被爆国である。もし、日本が核武装を政府も国民も認めれば、今まで、やってきた核廃絶の運動の効果が何もかも、台無しになってしまう。日本でも、数少なくなった、被爆を語ってきた方の努力も全部、無駄になってしまう。一部の世論では、日本も核を持つべきだと言 [続きを読む]
  • 米で日韓核武装議論(産経新聞より)9月3日付
  • 「北の非核化難しい」「核保ドミノの恐れ」北朝鮮が核戦力体制を着々と確立しているのを受け、日本や韓国が対抗して、独自の核武装に踏み切る事に関する、議論が米国の元政府高官や専門家の間で静かな広がりを見せている。北朝鮮に核を放棄させるのは今や、不可能であるとする「実利的立場」(スーザン・ライス元米国連大使)に基づく北朝鮮の核保有容認の主張が一部で台頭していることもこうした議論 [続きを読む]
  • 北ミサイル レーザー迎撃(読売新聞より)
  • 発射直後に照射し無力化 政府検討北朝鮮による核ミサイル開発の進展を受け、政府が弾道ミサイル迎撃のための新システム開発を検討していることが分かった。高出力レーザーを発射直後に弾道ミサイルに照射し無力化・破壊する。北朝鮮が現在の装備では迎撃が難しい「ロフテッド軌道」での発射を繰り返しているため、新技術で対応する方針だ。開発を目指すのは、弾道ミサイルが発射された直後の「ブース [続きを読む]
  • 北の苦しい人たちの為に(今、自分に出来ることは何か?)
  • 何もできないと思っていても、出来ることはある!世界では、色んなことが、日々様々起こっている。それには、非道な事も、沢山あるだろう。北朝鮮情勢にしても、そうだ。金正恩氏は、軍事に目を奪われているがその間、食べるものも、食べられずに、人肉をも食べている、悲惨な方々がいる。でも、他の共産国も(中国 ロシア)「まぁ、ロシアは、共産国ではないが、それに近いと思う」北朝鮮の今の、体 [続きを読む]
  • 中国軍 軍中枢4人排除(産経新聞より)
  • (前)海軍司令官ら拘束・更送中国人民解放軍の首脳が「規律違反」の疑いで相次ぎ拘束されたことが、1日分かった。共産党筋によると、軍の統師機関である中央軍事委員会では前海軍司令官の呉勝利氏(72)ら3氏が拘束され他に1氏が、更送された。同委メンバー11人の内4人が排除されたことになる。極めて異例な事態であり習近平国家主席(共産党総書記)の進める強引な権力掌握をめぐり、党内闘争が激化 [続きを読む]
  • 対北 戦略修正へ
  • 米国、独自制裁強める。トランプ米政権は、北朝鮮は29日(日本時間)に弾道ミサイルを発射し、再び挑発に出たことを受け、戦略の修正を迫られている北朝鮮が「一定の自制をしている」(テラーソン国務長官)との判断から、トランプ政権内に出ていた、米朝対話への期待感も一気にしぼんだ。北朝鮮は、今月8日、米領グアムを包囲射撃する作戦案を公表。トランプ大統領は、同日、北朝鮮は「世界が見たこ [続きを読む]
  • 北 過度な挑発抑制(短距離ミサイル)
  • 対米けん制 国威発揚狙い!北朝鮮の金正恩政権が短距離弾道ミサイルを発射した。トランプ米政権と過度な対立を避けるため、米領グアムへの包囲射撃には踏み切らなかったものの21日から始まった、米韓合同演習「乙支(ウルチ)フリーダム・ガーディアン(UFG)」を強くけん制した形だ。先軍節「我が革命武力は、射撃準備を完了し敵を撃滅する時刻だけを待っている」26日朝鮮労働党機関紙「労働新聞」 [続きを読む]
  • 北朝鮮 またもやミサイル発射
  • 北朝鮮は、26日朝、短距離ミサイルを発射した。韓国軍合同参謀本部によると、北朝鮮軍が同日午前6時49分頃、南東部の江原道旗対領一帯から北東方向の日本海に向けて、飛翔体数発を発射し、約250キロメートル飛行した。米軍や日本政府が分析を急いでいる。米太平洋軍は25日、北朝鮮が日本時間6時49分から7時19分の間に連続してミサイル3発発射したことを察知したと発表した。一発目と3発目は飛行中に失 [続きを読む]
  • 世界の状況を見ていく。
  • 今現在、世界経済は順調に回復傾向にあるが、依然として不透明感が色濃く出ている。中東では、モスルがイラク軍により奪還され、幾分か、平和が戻ってきたが、シリアでは民間人に化学兵器を時の政権が使うという、前代未聞の、悲惨な事件もあり、非道な人間の無慈悲さが浮き彫りになった。北朝鮮近海(日本近海)でも、米朝開戦が、今にも起きそうな、時もあったが、以前、世界は不透明な中を進んでい [続きを読む]
  • 中国軍機紀伊半島に!(爆撃機など6機)
  • 防衛省によると、6機のH6は24日午前に東シナ海から沖縄本島と宮古島の間の公海上を通過した後、太平洋を北東に進んで紀伊半島まで飛行し同じルートで戻った。日本周辺での飛行は数時間で領空侵犯は、無かったが航空自衛隊が緊急発進(スクランブル)した。H6は核弾頭を装着した、ミサイルを搭載できる戦略爆撃機。中国が南シナ海でも、同海を(自分たちの海だ)という、主張を強めてそれを行動で、示 [続きを読む]
  • 北極調査船
  • 文部科学省がこのほど、北極調査をこのほど、2020年までに開始すると、いう発表をしました。北極調査は海洋調査船「みらい」という名の調査船があったが、砕氷能力がほとんどなく、北極のおく深くや、冬場などは、調査できなかった。調査も、氷の少ない8月から10月にかけてがメインに行われていた。今回、新しく建造される北極調査船(海洋研究開発船)は340億円かけて、建造され2020年代の前半に運航 [続きを読む]