タカ さん プロフィール

  •  
タカさん: タカのブログ(第4次産業革命)「経済」『世界情勢』
ハンドル名タカ さん
ブログタイトルタカのブログ(第4次産業革命)「経済」『世界情勢』
ブログURLhttp://kibounomine.seesaa.net/
サイト紹介文主に世界情勢、第4次産業革命 経済の事を考えて行くブログです。
自由文主に、政界情勢 環境 再生エネルギに事を考えていく、ブログです。皆さん、よろしくお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供47回 / 66日(平均5.0回/週) - 参加 2017/08/03 12:21

タカ さんのブログ記事

  • 損保 被災査定にドローン
  • 九州豪雨で実施 保険金早く被害時に小型無人機「ドローン」で被災状況を調べ、保険金を支払う取り組みが、損害保険業界で広がっている。被災後の迅速な保険金支払いを可能にするのが狙いで、損保王手の損保ジャパンが、日本興亜が、今年7月の九州豪雨で実施し総額1億円の保険料が、支払われた。現地到着後、査定終了まで2週間程度かかるケースが多かったが、2日間で査定を終えたと言う。自然災害時にドローによる査定で保険料の支 [続きを読む]
  • 首相指名候補(選挙後に)
  • 小池氏出馬、改めて否定希望の党の、小池代表(東京都知事)は5日、10日公示22日投開票の衆院選対応をめぐり、民進党の前原代表と東京都内のホテルで会談した。前原氏の出馬要請に対し、小池氏は固辞した。希望は今後衆院選後の首相指名選挙の候補について、挑戦を進める。会談では、前原氏が「衆院選は誰を首相に選ぶかの選挙だ希望の代表の小池さんが、衆院選に出てほしい」と要請したが、小池氏は「最初から私の衆院選出馬はな [続きを読む]
  • 首相「アベノミクス加速」北対応・少子化争点
  • 阿部首相(自民党総裁)は4日、読売新聞のインタビューに応じ10日公示・22日投開票の衆院選で掲げる経済政策について「アベノミクスをさらに加速させ、経済の好循環を力強く回していきたい。もっと賃金が上がっていく状況を作りたい」と述べた。首相は、「北朝鮮の脅威と少子化にどう立ち向かうかが最大の争点になる。日本の未来を決める選挙だ」と強調した。自民 公明両党の議席が過半数(233議席以上)に届かない場合退陣する考 [続きを読む]
  • 希望 1次公認192人(民進から合流110人)
  • 希望の党は3日、10日公示・22日投開票の衆院選挙に推薦する第一次公認候補予定者192人(小選挙区191人比例選への単独候補1人)を発表した。このうち、民進党からの合流110人が、公認された。義棒の党は過半数となる233人以上の立候補を目指しており、週内にも新たな公認候補を追加する方針だ。希望の党の一次公認は、同党の若狭勝前衆院議員と民進党の玄葉光一郎総合選対本部長代行が3日国会内で発表した。民進党関係者によると民 [続きを読む]
  • 南海トラフ「警戒情報」導入
  • 11月から予知前提を転換静岡県から、九州沖にかけ延びる南海トラフでの巨大地震に備え、政府は26日、その一部で起こる東海地震の「警戒宣言」を事実上棚上げし、11月から、新たに何回あトラフ全域を対象とした警戒情報の発信に切り替えると発表した。約40年間続いた、東海地震の予知を前提にした防災対応が大きく転換する。東海地震は1978年に想定された大規模地震対策特別設置法(大震法)に基づき、首相が警戒宣言を出し、事前に [続きを読む]
  • お知らせ。
  • 皆さん、いつも、僕のブログに来ていただき、本当に、ありがとうございます^^ですが、来週の、月曜日まで、このブログはお休みさせてもらいます。何故かというと、ちょっとした、試験があるからです。試験が無事終わるのが、来週の月曜日からということになりますので、来週の月曜日から、また、更新させてもらいます。皆さんの、あたたかな、応援本当にありがとうございます。なお、「統合失調症 タカのブログ(病によりて道心は [続きを読む]
  • 米の出撃拠点 北が警戒(北朝鮮また、ミサイル発射)
  • グアム B1爆撃機「最も脅威」北朝鮮がミサイルを発射した15日(日本時間)米政府関係筋は、飛行距離増し約3700キロメートルに達したことを指摘し「グアム攻撃が可能だという意思を示そうとしている」という分析を本紙に語った。 金正恩・朝鮮労働党委員長は、中距離弾道ミサイル「火星12」を8月29日に発射した際「侵略の前哨墓地である不亜夢をけん制する前奏曲」と述べていた。淡路島ほどの大きさの島に金委員長が神経をとがら [続きを読む]
  • 年金598億円支給漏れ(上乗せ分10万6000人)
  • 厚生労働省は、13日65歳から受け取る基礎年金に一定額を上乗せする「振替加算」について1991年以降、元公務員の妻ら10万5963人分、計約598億円の支給漏れがあったと発表した。支払額としては過去最大規模で、厚労省は日本年金機構を通じ、11月中旬に全額支給する。年金機構と共済組合の連絡不足が主な原因で、厚労省はシステム改修などで再発防止を進める。元公務員の配偶者ら振替加算は、国民年金となった86年以降に国民年金に任 [続きを読む]
  • 北の核の今後の行方 どうして行くべきか?(二宮タカ感想)
  • 二宮タカ感想こういった、下に書いてあるような(北にガソリン備蓄令)記事が新聞に出てくるという事は、有事が、近づいているのか?何にしても、政府は、万全の体制を整えてもらいたい。今は、圧力という事は、よく解る。しかし、事有事になれば、必ず国民を守り切れるのか?それは、国民一人一人の意識も大切だろう。しかし、電磁パルス攻撃をされた後に、核を撃ち込まれれば、逃れるすべどころか迎撃するすべも、全くなくなる。 [続きを読む]
  • 北 事前にガソリン備蓄令
  • 北朝鮮が、8月からガソリンなどの石油精製品の輸出を増やすよう中国企業に働きかけていた事が、読売新聞が入手した、北朝鮮政府作成の内部資料などで分かった。中朝関係筋によると金正恩政府は、ガソリンの備蓄命令を出し、市場への流通を制限した。いずれも、国連安全保障理事会の制裁を見越した動きの可能性があり、11日の追加制裁決議により懸念が現実化した。内部資料は、北朝鮮で外国投資を管轄する、対外経済省が8月に作 [続きを読む]
  • 対北 原油輸出に上限
  • 安保理きょう採決 制裁案後退国連安全保障理事会で協議されてきた北朝鮮に対する追加制裁決議の修正案が11日、判明した。当初案に比べると北朝鮮への原油や石油精製品の輸出の全面禁止を取り下げ上限を設定する規制強化に留めたほか、金正恩朝鮮労働党委員長の資産凍結・渡航禁止処置も盛り込む事を見送った。米国の要請に基づき、決議案は11日午後(日本時間12日午前)会合で採決にかけられる。読売新聞が入手した修正案によると [続きを読む]
  • 北の挑発 日米韓警戒
  • 今日、建国記念日 米「準備」強調北朝鮮の9日の建国記念日を前に、日米韓は大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射などの新たな軍事挑発への警戒を強めている。トランプ米大統領は7日(日本時間8日)6回目の核実験を強行した北朝鮮に対し「軍事行動は間違えなく選択肢の一つだ」と述べてけん制した。緊張状態は少なくとも米国が国連安全保障理事会での追加制裁決議案の採択を目指す11日頃までは、続きそうだ。米ホワイトハウス高官 [続きを読む]
  • 共同経済活動(5項目)
  • 日露首脳あす合意へ阿部首相が7日にロシア極東ウラジオストックで行なうプーチン大統領との首脳会談で北方領土問題を含む平和条約締結に向けて実施する北方4島での共同経済活動について観光や風力発電、海産物養殖など5項目を対象事業とすることで合意する見通しとなった。事業の具体化に向けた局長級作業部会設置でも、一致し今秋には改めて、4島での現地調査の実施について確認する見込みだ。北方4島 観光や風力発電日露関係筋 [続きを読む]
  • 北 制裁逃れ 外貨稼ぎ
  • 石炭輸出 東南アジアに変更アフリカに武器を提供国連安全保障理事会で、対北朝鮮制裁決議の履行状況を監視する北朝鮮制裁委員会の専門家パネルがまとめた、中間報告の全容が4日明らかになった。国連加盟193カ国のうち、去年制裁決議に関して履行状況を報告した国は78カ国にとどまり、国連の制裁活動に協力的でない国が、北朝鮮制裁の「穴」となっている実態が浮き彫りになった。専門家パネルは加盟国に対し、厳格な制裁の履行を求 [続きを読む]
  • 北朝鮮 核実験(6回目最大規模か)
  • 「ICBM用の水爆」主張北朝鮮は、三日午後3時(日本時間午後3時半)朝鮮中央テレビで「大陸間弾道ミサイル(ICBM)の装着用の水爆実験で完全に成功した」とする隔壁研究所の声明を伝えた。北朝鮮の核実験は6回目去年9月9日以来。米トランプ政権発足後初めてで、金正恩朝鮮労働党委員長が2012年4月に正式に最高指導者になってからは4回目。トランプ政権発足後初トランプ大統領は、3日「北朝鮮の言動は、米国にとってとっ [続きを読む]
  • 地銀5割超 本業赤字(金融庁調査)
  • 17年3月期 マイナス金利影響地方銀行の2017年3月期決算で全106行のうち5割を超える地銀で、貸し出しと投資信託販売などで得られる本業収益が赤字になったことが金融庁の調査で分かった。赤字の割合が4割だった15年の3月期から拡大した。日本銀行が16年2月に導入した、マイナス金利政策で貸出金利が低下し、人口減に至って、貸出先が減少している事が響いた。金融庁が各地銀の決算を分析したもので月内にも、公表する「金融リポー [続きを読む]
  • シリア北部 ラッカ解放(2か月以内か)
  • シリア民主軍 旧市街地の9割制圧イスラム過激派組織「イスラム国」が「首都」と位置付けるシリア北部のラッカ奪還作戦で、米軍の支援を受けるクルド人主体の民兵組織「シリア民主軍」が旧市街の9割を制圧した。在英民間団体の「シリア人権監視団」が1日、明らかにした。どう民主軍はラッカ全体の6割以上を「イスラム国」から奪還しており、2カ月以内に全域を制圧できるとの見方も出ている。ロイター通信などによると、どう民主軍 [続きを読む]
  • 米 雇用15.6万人増(日経新聞抜粋)
  • 市場予想は下回る 失業率上昇4.4% 8月米労働省が、1日に発表した雇用統計(速報値 季節調整済み)は、景気動向を敏感に映す非農業部門の雇用者数が前月比15万6千人増えた。増加幅は市場予想(18万人程度)を下回ったが、失業率はなお4.4%と低水準で、雇用情勢は底堅い。米連邦準備理事会は(FRB)月内の次回会合で量的緩和で膨らんだ保有資産の縮小開始を協議する見込みだ。雇用者の増加幅は7月(18万9千人)からやや、鈍化し失 [続きを読む]
  • (日経新聞抜粋)北朝鮮にプーチン氏の影
  • 長引く米ロ対立、余派深刻北朝鮮は7月、米本土の射程に収める大陸間弾道ミサイル(ICBM)を試射し、米内陸部に届く性能を示した。このICBMに使われた、エンジンがウクライナの工場で生産された旧ソ連製だったとの疑惑が浮上。ウクライナと、ロシアは関与を否定。それぞれが、流出されたと非難するが、背後にロシア プーチン大統領の影が見え隠れする。疑惑の火付け役となったのは英シンクタンク国際戦略研究所のミサイル専門家マ [続きを読む]
  • 北 ミサイル通過「暴挙」
  • 首相「圧力強化求める」北朝鮮は、29日早朝弾道ミサイル一発を発射し、ミサイルは北海道上空を通過して、太平洋に落下した。日本国内への落下の恐れはないとして自衛隊には迎撃処置を取らなかった。防衛相は、中距離弾道ミサイル「火星12」と見ている。安倍首相は同日トランプ大統領との電話会談で北朝鮮への圧力強化を確認した。トランプ氏は非難声明を発表。国連安全保障理事会は日米韓3か国の要請を受け29日午後、(日本時間30 [続きを読む]
  • 北朝鮮 ミサイル日本通過【襟裳岬】東1180?落下
  • 北朝鮮は、29日午前5時58分頃、同国西岸の首都 平壌(ピョンヤン)スンアンから北東方向に弾道ミサイルを一発発射した。ミサイルは同6時5分〜7分頃、北海道の渡島半島や襟裳岬の上空を通過し、襟裳岬の東約1180キロメートルの太平洋上に落下した。北朝鮮のミサイルが、日本上空を通過するのは、「人工衛星」と称する弾道ミサイルが、沖縄上空を通過した2016年2月以来で、5回目。弾道ミサイルの発射は8月26以来で、今年に入り13回 [続きを読む]
  • 北朝鮮。中距離弾道弾 日本上空通過(北海道)
  • 北朝鮮が、この度 今度は日本上空を何の警告も無しに、飛び越える中距離弾道弾を発射しました。北海道の、通過地方は、一時騒然となったそうです。詳しい、記事は午後にまた、出そうと思いますが、北朝鮮の金正恩委員長は、本当は、強かな計算をする人間なのかも分かりません。米国のトランプ氏も、お手上げなのでしょう。この度の、北の行動に対して、何も発表をしていません。北朝鮮は、もはや、日本に発射可能な核弾頭弾道ミサ [続きを読む]
  • 北包囲網強化目指す。
  • 北朝鮮による26日のミサイル発射を受け、日本政府は米韓両国と連携しながら情報収集と分析にあたった。今回のミサイル発射自体は、日本の安全保障に影響を与えるものでは、なかったが、日本政府は北朝鮮の挑発行為が当面続く可能性があると見ており、警戒監視体制を維持する。国際社会に対しても北朝鮮への圧力強化を重ねて訴える方針だ。菅官房長官は26日午前、8時10分頃、首相官邸に入り関係省庁の担当者から報告を受けた。この [続きを読む]
  • ES細胞国内初の治験へ
  • 国立成育研究センター 肝疾患乳児に移植国立成育医療研究センター(東京都世田谷区)の研究チームから今年度、ES細胞(胚性幹細胞)から作った、幹細胞を肝臓の病気の赤ちゃんに移植する医師主導の治験(臨床試験)を国に申請する方針であることが、分かった。万能細胞の一つであるES細胞を使った、国内初の臨床応用となり、2020年頃に再生医療用の幹細胞を製品化することを目指す。ES細胞は、不妊治療で使われなかった、受精卵の [続きを読む]
  • 北朝鮮またもや、ミサイル発射か?
  • 北朝鮮は、26日朝、短距離ミサイルを発射した。韓国軍合同参謀本部によると、北朝鮮軍が同日午前6時49分頃、南東部の江原道旗対領一帯から北東方向の日本海に向けて、飛翔体数発を発射し、約250キロメートル飛行した。米軍や日本政府が分析を急いでいる。米太平洋軍は25日、北朝鮮が日本時間6時49分から7時19分の間に連続してミサイル3発発射したことを察知したと発表した。一発目と3発目は飛行中に失敗、2発目も発射直後に爆発し [続きを読む]