Lemongrass さん プロフィール

  •  
Lemongrassさん: Banga the Beautiful〜JOCV Blog
ハンドル名Lemongrass さん
ブログタイトルBanga the Beautiful〜JOCV Blog
ブログURLhttps://arbolazul2012.blogspot.jp/
サイト紹介文2015年7月から2017年6月までフィリピン田舎町での青年海外協力隊の記録♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供2回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2017/08/03 16:51

Lemongrass さんのブログ記事

  • 帰国して2ヶ月〜思うこと〜
  • 日本で一番暑い時期の7月に帰国し、東京での研修を終え地元に戻ってきた。帰国して1ヶ月くらいはフィリピンでの疲れが心身共にたまっていたのか、疲れを感じやすかった。久々の日本、久々の地元...なんとか2年間、全うして帰国した感じだったので、フィリピンの果物くらいしか恋しいと思うことがなかった。フィリピンの人々も食べ物も文化も、しばらくいいやというのが正直な感想...帰国時に空港まで迎えに来てくれた先輩と話した [続きを読む]
  • Good bye Banga〜カウントダウン
  • 6月28日に任地からマニラへ移動した。ここでは6月28日の1週間前の6月21日からの動きを備忘録として、下記に残そうと思う。◆6月21日(水)任地で最後のヨガ!ということで、ヨガをしにカリボに出かけた。この日は国際ヨガディーということで、ヨガ関係者がいろいろなイベントをしており、私の先生もホールを貸切って、フリーのオープンクラスを開催していた。体的には前日や前々日も料理をしていたので疲れていたけれど、ヨガをすれ [続きを読む]
  • 回想〜日本食を振舞う個別デシピ〜
  • 今日は7月25日。帰国して約3週間。日本の夏を久々に満喫している。3週間もたつと、心も体もだいぶ、疲れが取れてきて、フィリピン時代を冷静に振り返ることができるようになってきた。もちろん、フィリピン時代に経験したことに対する思いも、時間を経るごとに変わってきている。ここでは、今帰国したから言えることを少しだけ書き記しておこうと思う。タイトルにもあるように、任期終了間際に個別デシピを行ってきた理由とは?任 [続きを読む]
  • 活動もついに終わる
  • 6月28日に任地を出ることがJICAフィリピン事務所からの連絡で決まった。なんだかんだ、最後はドタバタしていた。そしていつの間にか、活動は終焉を迎えていた。ボランティアの活動は自分ではじめ、自分で終わらすものなのだなと感じた。日本の会社で働いていた時みたいに、有給消化して、徐々に仕事の引継をしていくのとはちょっと違う。最後は一人一人に手紙でも渡そうか?とかいろいろ考えていたけど、引っ越しもあり、マニラに上が [続きを読む]
  • 配属先での最終報告
  • 日本に緊急帰国してもどってきたのが5月13日。そこから約3週間。最終報告書の仕上げ、配属先に提出するデータや資料作成などにずっと追われていた。そして6月8日にJICA調整員が任地を訪問してくれた。目的はボランティアの最終報告を聞きにくること。私はこの日に照準を当ててきた。合間にミニデシピを数回行い、任地を引き上げる準備も進めてきた。ボスやCPも参加して、その他私の活動に関わっていた人達や関係者が参加した最終報 [続きを読む]
  • 同期隊員のデシピ参戦♪
  • 同じ州に2人の男性同期隊員がいる。彼らがそれぞれ、配属先で送別会をやるというので、手伝いも兼ねて、参加してきた。1人は州都カリボ町の隊員で、ちょうど自分の誕生日と送別会を同時に行っていた。町役場の近くのカンファレンスルームを貸切っての大規模なパーティ。島内のJOCVの後輩たち、日本からのお友達なども参加してのパーティ。各グループに分かれて(?)、日本食を作った。巻きずし、牛丼、餃子、焼きそば、餃子、お好み [続きを読む]
  • フィリピン人に人気のスマホ?!〜OPPO〜
  • 今やフィリピンでも日本と同じくWIFI環境が当たり前となりつつある。ノートPCを常に持ち歩くわけにもいかないので、閲覧や簡単な返信用に日本で使っていたスマホをこちらでもWIFI専用で使っていた。液晶が壊れたりしていたがそれでもなんとか使えていたが、先週ついに液晶が全部見えなくなった。やはり日本からもってきた電子機器はフィリピンの環境に弱い気がする。※ノートPCのキーボードも赴任して4ヶ月ほどで一部不能になり、 [続きを読む]
  • 任地の歯科医を初受診!
  • 任期も残りわずかになって、ついに恐るべきことが起きてしまった。ほんの2週間前は緊急一時帰国で日本に滞在していたけど、正直歯医者に行く余裕なんてなかったし、そのときは、私の歯は大丈夫だった。去年の一時帰国の際、通っていた歯医者で検診をして、ちょっと虫歯になっていたところを詰めなおしてもらったり、クリーニングをしてもらったりしたきり。二本松の訓練では歯を健康に保つ大切さを教えられ、歯磨きにいそしんでき [続きを読む]
  • 魚を使った料理♪〜南蛮漬け〜
  • フィリピン人の先生のお宅で作らせてもらう料理は、自分でいろいろ考えて試してみる。先生も自分も好きな料理に“南蛮漬け”がある。南蛮漬けとは、揚げた魚と炒めた野菜を甘酢のソースに漬けこむ料理。日本だと揚げ物で手間がかかるので、作ったことがなかったけど、日持ちするさっぱりした魚と野菜の料理ということで、フィリピンに来てから6回くらいは作った。フィリピン人の先生も魚、それも小さい魚が好きということで私と好 [続きを読む]
  • 緊急一時帰国
  • 4月に入り、日本から家族の容態が思わしくないとの連絡があった。その後、危篤連絡が入り、4月後半、緊急一時帰国をした。葬儀、片づけなどで日本に2週間ほど滞在した。世間はGWだったが、私は毎日残った家族と掃除と後片付け。一時帰国前は、一時は家族から任期を早めて帰国してほしいとの連絡もあり、悶々とした日々…活動もあるし、成果物を配属先に残して帰国したいという思いもあって、日々しんどかった。任期を短縮して、帰 [続きを読む]
  • 自分の誕生日は自分でもてなすフィリピン♪
  • 4月は私の誕生日。フィリピンでは誕生日の人がもてなすという文化。それを聞いていた私は、あまり派手にしたくないなぁと思って、こっそりやってみた。派手にしたくない理由は、いろいろあるけれど、まあここでは省略 (笑)いつもお世話になっている先生とその家族を中心に本当に仲良くさせてもらっているフィリピン人に限定してみた。でも、結局、配属先や近所の人にも日頃の感謝をしたいなと思っていたので、少し多めに作って振 [続きを読む]
  • おじちゃんたちの誕生日パーティ♪〜バンガ編
  • 任期も残すところ2か月余り…となった4月初め…今年に入り腰痛の治療に専念し、自宅で作業することも多かった。3月からフィリピンは本格的に夏となり、バケーションモード。海外にいるフィリピン人もこの時期、帰国したりする。私のアパートのオーナーさんもその一人。1月半ばに帰国し、6月までここに滞在するそう。オーナーさんに誘われて、マラリソン島へ旅行へ行った後から、オーナーさんの従妹である、バーのおばちゃんによく [続きを読む]
  • 世界の笑顔プログラムを活用して〜
  • JICAに頼ってばかりはいけないと思いつつ、任地の暮らしぶりは日本と大きな差がある。障害児や障害者の人たちは、日本では当たり前である車いす、松葉づえなどの補助具がなくて、日常生活に困っていたり、障害児向けのセラピールームでは、遊具やセラピーに使う用具の劣化や不足で、セラピーに来た障害児が来ても遊んでいるだけの時もあったりと…仲良くなった町運営の小児リハビリセンターのフィリピン人理学療法士(女性)の話を [続きを読む]
  • アンティケ州マラリソン島へ♪
  • 近所のフィリピン人の友人に誘われ、アンティケ州のマラリソン島へ行ってきた。3月4月はフィリピンにとっては夏。多くのフィリピン人が旅行に出かける。近所のフィリピン人のおじさんもアメリカに在住していて、この時期だけはフィリピンに帰ってくる。おじさんとその従妹であるおばさんに誘われ、1泊2日のマラリソンへの旅に参加させてもらった。マラリソン島途中立ち寄ったブルアンガという町マラリソン島早朝から子どもたちに出 [続きを読む]
  • 30年前の隊員と会う
  • 2月後半、用事があってマニラに上がった。その際に、フィリピン隊員のOVの方々とお会いする機会があった。どちらも50代の紳士お二人。そのうち一人は、フィリピン人女性と結婚されていたため、年に数回フィリピンを訪れているそう。もう一人の方も、休みが取れたらフィリピンに3日間や4日間で来ることが多いとおっしゃっていた。50代のおじさま方から出るのはフィリピンパブの話から、30年前の隊員時代の話などなど、本当にバラエ [続きを読む]
  • フィリピン人と餃子&マーボーナス♪
  • ここのところ、料理ネタばかりで申し訳ない気もするけど...またひとつ料理について書かせていただきます!!今回は餃子とマーボーナス。この二つを作るきっかけになったのは...①同期隊員の語学の先生でもある、学校勤務のフィリピン人女性とクッキングセッションの約束をしたこと。②以前日本で中国人の友人らが作った手作り餃子がおいしくて、ここフィリピンでも作ってみたいと思っていたこと。③偶然にも、豆板醤があったので、 [続きを読む]
  • 日本の家庭料理〜ハンバーグ♪
  • ここ最近料理ネタが多い。確かに活動は料理がメインになってきている。ストレス解消が料理というのもあるし、一度、日本食を作った後、次々にいろいろな料理が作りたくなってきた...そう、いわゆる南国での日本食作りにハマったのである。発展途上国での生活は日本にいたころや子供のころを思い出し、懐かしむちょっとした“回帰”みたいなものだった。そして、次に作りたくなったのは、子供のころ、母親のお手伝いで作ったハンバ [続きを読む]
  • フィリピン人と寿司セッション♪
  • フィリピン人の先生の息子さん夫婦が海外から一時帰国することになった。息子さんのお嫁さんと先生はとっても仲良しで、毎日、Skypeで連絡をしている。食事中も来客中も、家事をしている間も。もちろん私が遊びに行った日も、今日は、Junkoが来ているよ〜と。フィリピン人の多くは、海外や他の土地から家族や親戚が地元に帰ってくると、バリックバヤーン(訳すなら、“故郷(地元)に戻る”、“welcome home”)といって、パーティ [続きを読む]
  • たまには活動のことも
  • 最近活動についてはあまりブログで触れることが少なくなった。まあ、活動も終盤。あとは自分自身が腰痛を発症したことによる、精神的なダメージが大きく、ふさぎ込んでいたのも事実。配属先に行くこと自体も、もうすでに前からストレスなので、自宅で作業することが多くなった。もちろん、全く配属先に行っていないわけではない。用があったり、打ち合わせが必要なときには赴いている。12月後半に2度目の腰痛を発症した後、ドクタ [続きを読む]
  • フィリピン人の家で“ぜんざい”を作る♪
  • 仲良くさせていただいているフィリピン人の先生のお孫さんの誕生日ということで。お好み焼きに加え、デザートである “ぜんざい” を作ってみた。たまたまあった缶詰のあんこ。そして首都の日本食スーパーで買った生切り餅。お正月はやっぱり餅が恋しくなるな〜と思い続けてきて、何か作りたいし食べたいな〜と思ってきて、ついにチャンスが巡ってきた!あんこと水を鍋に入れて、煮立たせる。よくかき混ぜながら汁状にする。餅は [続きを読む]
  • フィリピンのお家でお好み焼き!
  • いつも仲良くさせてもらっているフィリピン人の先生の家で、今度はお好み焼きを作ってみました。もうとっくにレッスンは終わっていて、最近はもっぱら、おしゃべりしに遊びに行ったり、日本食を作らせてもらったりしている。配属先の同僚らよりも、仲良くさせてもらっている。配属先の同僚らってやっぱり利害関係がある気がするけど、先生とその家族は、素の私と向き合ってくれる。おまけに英語力もはるかにあるので、フィリピンで [続きを読む]
  • フィリピンで作る豚汁とカレー♪
  • 日本からもってきた最低限の調味料さえあれば、ここフィリピンでも懐かしい日本食を作ることができる。フィリピンのご飯は最初はおいしいと思っていても、やっぱり甘すぎたり、塩辛かったり、水気がなかったりと、だんだん口に合わなくなってくる。あと、どうしても野菜が少ない。フィリピンに来てから2度にわたる腰痛発症で体力と気力の低下を実感した私は、腰がだいぶ良くなってから、日本食を作って食べれば元気になれるのでは [続きを読む]
  • ボランティアの立場とは?〜悩んだ結果〜
  • 本当にボランティアの立場って難しい。海外でボランティアが初めてだからというのもある。配属されたところでは従業員ではないし、JICAボランティアだからと言って、JICAに雇用されている職員でもない。JICAボランティアはJICAと契約を結んでいる個人事業主というわけだ。配属先でのいろいろなトラブルを踏まえて、ひとつ学んだことがある。それは、私は従業員ではない。最初からそういう立場で来ているけど、活動に集中してしまう [続きを読む]
  • マニラでの年越し
  • 2016年から2017年にかけて、マニラに滞在していた。去年は、ルソン島北部のサガダでの山の民との年越しをしていた。今年はひょんなことからマニラで年を越すことになった。理由は養生。年末年始は本当は他国の同期隊員と旅行に行く予定だった。でも腰痛再発をクリスマス前にやってしまったのだ。痛くて寝たきりの状態…大事を取って年末年始の予定をすべてキャンセル…もう泣くしかなかった。そして、腰痛の検査をマニラの病院で行 [続きを読む]
  • 後任要請〜この配属先に必要なのか?!
  • フィリピン人というのは実はあまり計画性がない国民のような気がしてならない。思い付きでいろいろ言ってきたリするのは、アメリカ人みたいだなと思うけど、それよりももっとひどいかな。ボランティアの期待値と配属先の上司やCPの考えていることってなかなか、合わない。私の英語力が低いのか、配属先の英語の理解力が低いのか。それとも私が現地語を話さないといけないのか???悩んだりした。現地語は聞けても発音が難しいので [続きを読む]