睡紫庵 さん プロフィール

  •  
睡紫庵さん: 睡紫庵文庫
ハンドル名睡紫庵 さん
ブログタイトル睡紫庵文庫
ブログURLhttp://suishian.hatenadiary.jp/
サイト紹介文今迄読んできた本のあれこれ。絵本や少女マンガが多いです。 最近は登山に目覚めたので、山の話も。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供33回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2017/08/03 23:41

睡紫庵 さんのブログ記事

  • 「海がきこえる」氷室冴子
  • 日、友人のマーサと好きなジブリ作品は何か、という話題で盛り上がった。私のベスト3を発表しよう!ぱんぱかぱーん1 天空の城ラピュタ2 海がきこえる3 雲のように風のように私は熱心なジブリファンではなく、見ていない作品も多いため、あくまで私個人のランキングだということを付け足しておく。自分で言うのもなんだけど、渋いランキングだ…。2位と3位、映画じゃないし…。(というか、このブログを書く前に調べたら [続きを読む]
  • 尾瀬 アヤメ平〜天上の楽園〜
  • 夏が来れば思い出す〜♪夏が来たので、尾瀬に行って参りました!しかも、今回は尾瀬の中でも初アヤメ平。山の相棒ノムさんの職場のおじさんのオススメ。なんでも、昭和30年代後半の登山ブームの頃には、尾瀬といえばアヤメ平のことだったそうな。ただ、当時は木道も整備されておらず、マナーも確立していなかったため、ハイカーがどんどん湿原を踏み荒らし、激しく荒廃。現在は復元作業も進んでいるが、訪れる人はまばらになってい [続きを読む]
  • 日光白根山〜涼を求めて〜
  • 下界は40度に迫る暑さが連日続く中、日光白根山に行って来ました。暑さには比較的慣れているG県東部の人間でもこの暑さには参った!逃げるには山の上に行くしかない。多分、山の上では涼しい風が吹いている!日光白根山は関東以北最高峰!2578m!避暑登山♪今回の同行メンバーはいつもの職場の山好きたち。総勢6名。わーい、グループ登山楽しい〜。夏山は雷が怖いから、早い時間に下山した方がいい、という梅やん先生(元登山部 [続きを読む]
  • あこがれのチャツボミゴケ公園
  • 数年前から行ってみたいと思っていたチャツボミゴケ公園に行ってきました。チャツボミゴケとは酸性土壌に生える珍しい苔で、群生している場所は本州ではここだけ。わお!写真を見ると、絨毯のような苔の間をせせらぎが流れていて、深い森の中のよう。ステキだ!私は苔が好き!もう、行くしかないでしょう!!と数年前に思ったのだが、何しろ場所がかなり行きにくい場所。(旧六合村。現中之条町)そのうち行くぞ!と思っている間に [続きを読む]
  • 小浅間山でハイキング〜のんびり山ごはん〜
  • 最近、ちっとも運動をしていないので、とりあえず足慣らしに簡単な山に行こうか〜ということで、小浅間山に登ってきました。愛読書「入門山」(NEKO MOOK)に書かれていた「わずかな登りで雄大な景色に」という言葉につられて、これだ!と即決。掲載されていた写真の景色が素晴らしかったの!これは行くしかないよな〜。久しぶりにヤッホーだぜ!楽しみ〜!しかしながら、時は梅雨。天気予報は風雲急を告げる雨模様!ええ〜っ、 [続きを読む]
  • キュウリ収穫
  • 以前、とあるテレビ番組で「居酒屋で必ず頼むものは何か?」というたわいも無い話を出演者の皆さんがしていた。アジフライだとか、揚げ出し豆腐だとか、塩辛だとか盛り上がっていて、ふと、私は何だろうと考えて、ある品に思い当たった。…キュウリの漬け物。あれば、一本漬け!一通り料理を食べて、お酒も進んだ段階で、私は必ず「キュウリ!キュウリいっとこう!」と叫んでいる。職場の若造が「キュウリの漬け物嫌いっす」と言っ [続きを読む]
  • 「気になる部分」岸本佐和子
  • 先日文庫が発売された三浦しをんさんの「ビロウな話で恐縮です日記」を読んでいて、そうだ!このブログがきっかけで岸本佐和子さんの本を読んだのだった!ということを思い出した。そして、確かそのエッセイの中に、G県民にとって非常に興味深い話が書かれていたことも思い出した。こうなるといてもたってもいられない。すぐさま、本棚をあさり「気になる部分」の該当のエッセイを読み返す。こういう時の私の行動力は他の追随を許 [続きを読む]
  • 矢木沢ダム春の点検大放流
  • 私の春のお楽しみ。矢木沢ダムの春の点検放流に行ってきました。G県北部は関東の水瓶。利根川水系のダムだらけ。中でも最も奥にある矢木沢ダムは規模も大きく、美しいアーチ型で観光地としても有名。そして、その非常用洪水吐ゲートによる放水は「スキージャンプ式」と呼ばれ、水路をだーっと流れた水が、下流で滝のように噴出する豪快なもの!私はゆるーいダムファンなので、ここ数年毎年見に行っている。4月を過ぎたころになると [続きを読む]
  • 筑波山に登る〜早起きは三文の得〜
  • ゴールデンウィークに筑波山に登ってきました。冬の間は平地から指をくわえて山を眺めていただけだったので、久しぶりの登山。天気も良さそうだし、楽しみ。わくわく〜しかし、筑波山と言えば大人気の山。そして、ゴールデンウィークはおそらく日本で一番混み合う一週間。昨年、紅葉シーズンの那須岳の激混み大渋滞でオソロシイ目にあったので、必要以上に(?)恐れをなし、とにかく渋滞を避けるために朝5時発。備えよ常に!(登山す [続きを読む]
  • 「アカギ〜闇に降り立った天才〜」福本伸行
  • 今、私の左腕には採血の注射痕がある。「…どうしたんだ、その左腕」「ふっ、ちょっと昨夜、鷲頭麻雀に興じたのさ」って答えたいよ〜!!誰も聞いてくれないし、聞かれたとしても、答えの意味分かってもらえないと思うけど!そして、本当は献血に行ってきただけなんだけど!鷲頭麻雀とは、福本伸行の麻雀マンガ「アカギ〜闇に降り立った天才〜」の作中で行われる麻雀である。主人公アカギと鷲頭巌の間で行われる。通常の麻雀とは [続きを読む]
  • 花の春
  • 気づいたら春になっていた。ついこの前まで永遠に寒い日が続くかと思っていたのに…。季節は巡るなあ。回りを見渡せば花盛り。春だよ〜。毎年この時期はせわしなく、いつの間にか春が過ぎ去っていく、という感じだったので、今年はとりあえず春の花の写真を集めることにした。これだけでも、けっこう春気分満喫。サクラソウポピーオダマキダイコンバナオオイヌノフグリ牡丹シロバナタンポポ春の花の王様。桜の見頃が今年は短か [続きを読む]
  • 寒中梅
  • 東風吹かば 匂いおこせよ梅の花 主無きとて 春な忘れそもう桜も散り始めたこの頃、完全に時期を外してしまったが、春分の日の3月21日に梅を観に行ってきました。ご記憶がおありでしょうか?この日がどんな日だったか。…関東地方、大雪!梅は多分最高の見頃だったと思うのですが、とにかく大雪でした…。日本人は桜が好きすぎて、「花=桜」となって久しいですが、奈良時代は「花=梅」だったそうです。中国文化の影響があ [続きを読む]
  • 「玄椿」河惣益巳/「林檎でダイエット」佐々木倫子
  • 暖かい日がだんだんと増えて、春の近さを感じるこの頃、私は椿に夢中である。今、黒侘助が咲いてるの〜ラブ‼?赤と山吹色と緑の配色がパーフェクト‼?そもそも私が椿に興味を持ったのはかなり昔。佐々木倫子「林檎でダイエット」に収録されている「椿館」というお話で主人公の一人雁子ちゃんが椿に夢中になっていたからだ。(1988年初版。古い!)雁子ちゃんが狙っていた椿は幻の黄色い椿「金花茶」。お値段38,000円!高っ! [続きを読む]
  • 雪の高尾山へ〜そこはアミューズメントパーク〜
  • 冬だけど山に行きたい!という気持ちが抑えられず、高尾山に行くことにしました。高尾山なら、冬でも大丈夫だろうという安易な選択。今回の同行者は職場の女子会メンバー4人。このメンバーの中で高尾山に登ったことがあるのは私だけ…。大丈夫かしら…?高尾山だから大丈夫か。前箸(仮)を8時に出発し、関越・圏央道で高尾山を目指します。車が高尾山に近づくにつれて、回りの景色に何やら白いものが…。…雪。先日の雪が八王子で [続きを読む]
  • 楽しいイチゴ狩り
  • 先日、イチゴ狩りに行って参りました。行ったのは、地元の方から「ここはいいよ!」とおすすめされたG県笑和村(仮)のとある農家さん。ずっと行きたいと思い続けていて(なにしろ話を聞いたのは数年前)、やっと念願叶いました!実は笑和村(仮)方面に、冬行くのは初めて。秋まではかなりの頻度で行っているのですが、(山登ったり、りんご買ったり…)私の車、ノーマルタイヤだから、そこが心配で行けなかったのです…。今回は同僚 [続きを読む]
  • 犬の本いろいろ
  • 今年は戌年!慶賀新春!もう一月も末で、完全にタイミングを逃した感があるが、犬が出てくる本ってどんなのがあるかな〜とふと思い立った訳であります。…とは言っても、私は完全な猫派で、猫の本ならいろいろ浮かんでくるが、犬だとイマイチ…。(いや、犬も好きですが)でも、犬は人類のトモダチ。古くは日本武尊が道に迷ったときに、道案内をしたなんて話もあり(by日本書紀)、ずっと良き関係を築いてきた。花咲かじいさんにお [続きを読む]
  • 浅間山を眺める
  • 最近の日々の楽しみと言えば、平地から山を眺めることである。もう、それしかない…。内陸部であるG県平野部では、冬場は晴天の日が多く、空気が乾燥しているので、遠くまですっきりと見晴らせるのだ。毎日乾燥注意報。冬場に見る山と言えば浅間山。夏場はほとんど見えないので、浅間がくっくり見えると、冬だな!と思う。多分10月終わりの初冠雪のころ。G県、意外と都会です。この日はたまたま同じ場所から夕焼けも撮れました。 [続きを読む]
  • 「酔って記憶をなくします」石原たきび編
  • 万歩計を買いました。2代目。初代万歩計は一昨年からずっと肌身離さず持っていて(ちょっと誇張表現)今日は何歩歩いたかな〜?と計測結果を楽しみにしていたのだ。歩数はエクセルで管理して、平均歩数も出していた。(エクセル自作)それなのに、年末、忘年会で泥酔した私は、その初代万歩計を無くしてしまったのだ…!!その日はセーターのポケットに入れていたことは覚えてるの!でも、翌朝以降、どこを探しても無いの!どこに [続きを読む]
  • あけましておめでとございます
  • あけましておめでとうございます。無事に年が越せて、新しい一年の始まりに自分の手綱を締め直しています。今年の目標は減量です!毎年恒例の元旦コンサート(オーケストラの)に行き、女性奏者の皆様のドレス姿を拝見して、あれ、私着れないな…と心の底から思ったもので…。そこが一番心に残ったのか、私!?いや、ワタクシの大好きなキャンディード序曲を聞けて、そっちも心に残っていますが!!バーンスタイン好き!今年もつら [続きを読む]
  • 「遭難」松本清張(「黒い画集」収録)
  • 普段の私は運動をほとんどしない。一日の移動は、家と職場の間を車でラリーするだけ。(車社会、G県!)特に冬になってからは、寒さに耐えるべくじっと…極力動かないように努めている…。駄目だ〜!!このままではいかん!と猛烈に反省すると、私は突如として、昼休みとかに、職場で階段を登るなどの、端から見ると妙な行動を取り始める…。だって、このまま冬が過ぎちゃったら、夏に山に行く時大変だもん!体重も右肩上がりだし [続きを読む]
  • 荒船山を歩く〜アイちゃん凍える〜
  • 11月下旬。急に冷たくなった空気を頬に感じながら、空を見上げた。そこには抜けるような青空。葉を落とした枝に霜が白く光っている。透明で青い空気が空へ続いていて、どこかで凜と音がしそうな気がする。はっと一つ白い息を吐き出し、足を一歩踏み出すと、霜柱がざくっと大きな音を立てた。霜はよくわからないですね…。という感じで、荒船山に登ってきました。雪で登れなくなっちゃう前に、もう一つ山に登っておきたい!とい [続きを読む]
  • りんご園とヒマヤラ資料館
  • 11月中旬、沼太(仮)にりんごを買いに行ってきました。お目当ては「ぐんま名月」!(品種名なので、G県の本名(?)そのまま書くぜ!)数年前から毎年買いに行っています。とにかく、おいしい、ぐんま名月。甘さが抜群!食べた瞬間に「このりんご、すごくおいしいじゃないか…!!」と感動すること請け合い。うーまーいー!!(味皇さまの勢いで!)G県に生まれてきてよかった!(こちらはアンドレ風に)ぐんま名月は、最近ではG [続きを読む]
  • 稲含山へ登る〜絶景、絶景、絶景〜
  • 秋も深まる11月半ば。G県西部にある稲含山に職場の仲間7人で登ってきました。登山口から1時間くらいで登れて、景色が最高!ということでチョイス。天気は晴れ!私以外の皆さんは晴男、晴女のようです。わーい、ありがとう!ちなみに、私は全くこの山のことを知らなかったのですが、なんと甘楽町最高峰(1,370m)だそうです!範囲、狭いな…。前日、メンバーである松太郎部長から「稲含山というのは、谷川岳レベルでしょうか?」と [続きを読む]
  • 「一発屋漂流記」山田ルイ53世
  • つい先日、ノベッロフェスタなるワインのイベントに行ってきました。ノベッロとはイタリア語で「新しい」という意味だそうで、要するにボジョレーヌーボーのイタリア版。もっと、ざっくり言うと、その年の新酒ワインを飲みまくるイベントとのこと。うはは〜こいつは良いね!ワイン飲みまくりも楽しみだったが、実はもっと楽しみにしていたのは、このイベントのゲスト。髭男爵!!ルネッサーーンス!!なぜそんなに楽しみにしてい [続きを読む]