きらめき さん プロフィール

  •  
きらめきさん: ヒーリングサロン 惹連 (jakren)
ハンドル名きらめき さん
ブログタイトルヒーリングサロン 惹連 (jakren)
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/ushitora_yamamichi
サイト紹介文東北地方在住で、ヘミシンクなど活用して精神世界と東北の謎を探求していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供210回 / 365日(平均4.0回/週) - 参加 2017/08/04 14:49

きらめき さんのブログ記事

  • 9年周期説
  • 9年周期で人生にいろいろな出来事が起こるという説があります。自分場合は転職や引っ越しなど、振り返ってみて気が付くことがありました。数秘術的な意味合いですが、少し研究していきたいと思います。 [続きを読む]
  • 8月11日 日食瞑想
  • 拡散希望があったので、元記事「The Potal」より翻訳記事をこぴぺします。2018年7月28日再び行動の時です。世界の運命を我々の手中に収めるときです。地球解放の過程に時間がかかりすぎていることは誰しも認めるところです。この過程を集団的に加速化させるチャンスが到来しました。8月11日の日食を利用して、ポータルを設定して、それによって我々の意識を統合し、惑星地球をめぐるエネルギーフィールドを啓蒙します。本件を拡 [続きを読む]
  • 落とし物を透視で探せるか?
  • 昨日、落とし物をしてしまった時に透視で探せるか実験してみました。瞑想して探し物の場所のイメージが3、4つ浮んできたのですが特に強い印象もなく。とりあえず、落としたと思われる場所の付近を捜してみました。30分くらいで奇跡的に見つかったのですが、事前のイメージの一つにあったものの細かい場所を特定できるイメージではありませんでした。端から端まで全部探したら2時間以上はかかったでしょうか?見つけた瞬間はそ [続きを読む]
  • 結婚というドラマ
  • 結婚はゴールというドラマに違和感を感じていたものの、それ以外のスタイルが今だ見つけられないので古いドラマの再放送を見続けているわけです。とっくに飽きているのにね。(笑) でも、水戸黄門や寅さんを見て今日も何も変わらなかったと安心する人たちが多くいるから世の中の変化はゆっくりとしています。 [続きを読む]
  • 雨は浄化というけれど
  • 雨は浄化であり、禊とよくいわれるけれど、ここ最近の雨は浄化というには過酷すぎやしないか
    。それほど私たちの心はけがれていて、浄化が不十分なのだろうか。最も浄化が必要な権力者た
    ちは雨を避けて安全なところにいる。自然は容赦ない。ココナラ占いサービス リンク先 ↓https
    ://coconala.com/services/504113[[img(https://philosophy.blogmura.com/spiritualmessage/img/spiritualmessage88_31.gif)]][https://phi
    losophy.b [続きを読む]
  • セルフヒーリング
  • 自分自身でヒーリングできなければ、仕事としてスピリチュアルなことを行うのはどうかなと考えています。現実世界の日常をすごしていれば、辛いこと悲しいこと多々あるものです。ちょっとした気分の落ち込みなら音叉を使ったり、香を焚いたり。じっくり取り組むときはヘミシンクや瞑想します。一応は回復するのですが、次の日からの現実世界に向かっていかなければなりません。ほんの少しでも現実に変化が起き始めるとうれしいもの [続きを読む]
  • 東京湾にくじら
  • 東京湾にくじらが現れたそうで、確か何かの予言でイルカが都市近くにやってくるというのを読
    んだ覚えがあります。何の兆候かは忘れてしまいました。天変地異ではなく、良い兆候だったよ
    うな。ココナラ占いサービス リンク先 ↓https://coconala.com/services/504113[[img(https://philosophy.blogmura.c
    om/spiritualmessage/img/spiritualmessage88_31.gif)]][https://philosophy.blogmura.com/spiritualmessage/ranking.html に [続きを読む]
  • プチ断食とヨガ
  • 日本のヨガの父と呼ばれる沖正弘氏の弟子が書いたガイドブックを読んでいます。「空腹を楽しむのです」というお言葉は目から鱗でした。著者の船越氏は現代医療には辛口な方ですが、自分はこういう天の邪鬼な人って大好物です。休日にプチ断食やってみましたが、嗅覚と味覚が鋭くなったり面白い発見。空腹感をやり過ごせるかがポイントですが、慣れれば精神も安定してくる効果あり。美容体操のヨガが流行りですが、小食がヨガの基本 [続きを読む]
  • プチ断食
  • 一食だけ抜く、プチ断食を休日にしてみました。断食の最初の難関は、空腹感と向き合うこと。今までは小腹が空いたらおやつをつまんだりしてましたが、それを我慢して空腹感に耐えます。平日、仕事しているときはなかなか難しいので、お勧めは休日。空腹感を乗り越えるために散歩程度の軽い運動をしてもいですし、何か気晴らしになることをすれば乗り越えやすくなります。半日でも食を断つことで、味覚や嗅覚が前より少し敏感になっ [続きを読む]
  • 抑えていた感情に向き合う。
  • 潜在意識の奥に眠っていた感情がここのところ表面に浮上してきていました。いつの間にかしまい込んでいた、恐れ、不安、憤りなどの感情が表面に現れてきました。社会生活を続ける上で抑え込んできた感情。6月に入ってきてから、その感情たちと向き合わねばならなくなりました。ワークとしては、その感情に向き合い見つめ、最終的には手放すのですが、手放すまでには、その感情を再び味わうという面倒なプロセスするはめになりまし [続きを読む]
  • 新月ですね
  • ここのところ、体調が思わしくなく記事を休んでおりました。エネルギーがバンバン入ってくるのですが、体が付いていけない感じですね。ヒーリングしてもらうより、休んで寝ていた方が効果的です。昨日は12時間くらい寝ていたでしようか。休める方は休んだ方がいいです。穏やかにお過ごしください。ココナラ占いサービス リンク先 ↓https://coconala.com/services/504113[[img(https://philosophy.blogmura.com/spiritualmessa [続きを読む]
  • 自分の使命について
  • メフィジック通信さんのアンケートにコメントしたついでに、自分のことを少し紹介してみたいと思います。1.あなたは子どもの頃に、どんなミッションを感じていましたか?そう思うきっかけや、理由はありましたか?「 はっきりしたミッションは感じたことはありませんでした。「何で生まれてきたのだろう、何でここにいる?」という違和感は感じていました。」2.それはあなたの子ども時代、またはそれ以降の経験に、どんな影響 [続きを読む]
  • 田舎生活 人間関係
  • 移住や引っ越しした先で気になるのは、やはり人間関係でしょう。転勤族の場合,社宅や借り上げ住宅に住むことになりますが、市街地の中でもあり、半分会社みたいな所もあり地元ローカル住民とそれほど接触しなくても暮らせる環境でもあります。山奥の山村、海辺の部落は昔からの共同体みたいなのものが機能しているので、その地域の習わしや習慣にがっちり溶け込まないと生きていけない側面もあります。都会生活が長いと、この濃い [続きを読む]
  • 栗城さんという若い登山家の夢
  • 夢を持つことはいいのですが「夢は語るが、いつまで経っても実現しない大人」をさんざん見てきたので、僕は夢を語る人間にはある程度の距離感を保つことにしています。僕は現実と理想のバランスを考えて、今辿り着ける着地点みたいなところを考えている人なので、夢ばっかり追っかけてる人が職場にいると「ちょっとやりにくいなぁ感」でいっぱいになります。「最高の品質と低価格を高次元でバランスさせ、最速の納期で提供します」 [続きを読む]
  • 変化待ったなしか
  • 日大アメフト事件やら首相の森友やら、不愉快なことが後を絶たないですが、今まで隠し続けてきたことが明るみになってきただけで、私たちの心の奥底にある、不信感、妬み、羨望、悪意といったネガティブな要素の反映としてみることができます。今まで社会のやり方はもうお終いだというサインでもあるわけですが、個人個人に変革の選択を迫られている意味もあると思います。古いやり方を続けたいのであれば、新しい地球のステージか [続きを読む]
  • 東京から移住された方
  • ここ最近、私の周りで東京からこの田舎町へ移住された方が二人もいらっしゃいました。特にこれといった仕事もない田舎町ですが、東京よりはマシだそうです。私も10年くらい前までは住んでおりましたが、更に悪化したのでしょうか?いったい何が起きているのか分かりませんが。ココナラ占いサービス リンク先 ↓https://coconala.com/services/504113[[img(https://philosophy.blogmura.com/spiritualmessage/img/spiritualmess [続きを読む]
  • アメフト事件にみる理想の破綻
  • 私の周りで気が付いたこと。高い理想を持っている方の事業や好意が、周りの理解をえられず破綻する様をよく見るようになりました。某アメフト部の監督などいい例です。彼なりに勝負師として高い理想を持っているのでしょうが、部員の学生の共感を本当に得ていたのでしようか?監督の正体はただのエゴイスト?周りの理解を得るとか、自然に共感してもらうのはなかなか難しいことです。権力によって共感を得ようとする行為はもう時代 [続きを読む]
  • 内面の課題
  • 忙しさを理由に、いままで後回しにしてきた内面の課題に向き合わねばならないような時期にきているのかもしれません。具体的に、それがはっきりみえているわけではないのですが、その正体をしっかりと確認して、向き合うことから。自分の手に負えるかどうかは分かりません。(笑)ココナラ占いサービス リンク先 ↓https://coconala.com/services/504113[[img(https://philosophy.blogmura.com/spiritualmessage/img/spiritualme [続きを読む]
  • 牡牛座天王星期 新月など
  • 牡牛座天王星期 新月星占いサイトなどで話題になってますね。働き方、お金に対する価値観などが変化するなどの暗示がありますが、私たちの日常に実際に変化が起こるまでには間があります。日付が変わったからといって急に変化するわけではなく、今までの日常の流れから、ご自身が決断、選択したことから流れが変わっていくものだと思います。基本は自分自身に向き合う傾向がさらに強くなっていくと感じています。自分の為の時間を [続きを読む]
  • 職場の人間関係に悩む
  • 職場の人間関係が辛い時、どうしたらいいでしょうか。辞めるのは簡単ですが、次の職場でもまた似たような難しい人間関係になってしまったら?収入は一時的に減りますし、生活はどうしようかと考えてしまいますよね。デメリットよりメリットの方が多いと思えば、転職してもいいと思います。答えは自分で見つけるしかないのですが。我慢して心が病んでしまうくらいなら、僕は転職を選択したことがあります。まぁ、失敗もありましたが [続きを読む]
  • 連休おわりましたね。
  • 連休中にコブラ情報の更新はありましたが、私たちの日常の変化はまだゆっくりとしたものです。今までの枠組みは崩壊に向かいつつあるのはうすうす気づいているものの、次のステップへの方向性が見つからず仕舞。ここだと思って渡った船はドロ船だったと気づき、次の渡り先を迷っている状態というのでしょうか。心の声を聴けと言われていますが、ぼんやりとした心の声、頼りない直観、白紙の地図を手にしていったいどうすれば?とも [続きを読む]
  • 活性化の動き
  • コブラ情報に動きがありましたね。個人差はあれますが、更なる活性化の動きがありそうです。精神的に不安定になりやすいですが、コブラによると、「静かにして、衝動的に行動しないでください。」とのことです。連休明けの職場でトラブル山盛りの予感ですが、どうにか自分の保身を最優先で、やりくりしましょう。とばっちりを受けても、相手はどうしてそういう行動をするのか自分でも分からない場合が多いです。一方的で損な気分で [続きを読む]
  • 幼年期の終わり
  • 私の職場では季節外れの風邪が流行っています。インフルエンザと診断された方もいますが、風邪症状ということで留まっている方も。上司はこれは五月病か?と不思議がっておりますが、個人的には3月の春分辺りから耳鳴りとめまいがずっと続いており、これは只の風邪ではないなと感じています。陰謀論やら、オカルトに片足突っ込んでいる私としては、これは人類規模の変容がいよいよ始まったのでは? という予感がするのです。()SF [続きを読む]
  • 音魂・魂振りで自分と繋がるワークショップ
  • 「音魂・魂振りで自分と繋がるワークショップ」というのに参加してきました。羽黒山の山伏・「大聖坊」十三代目という方のお話と、クリスタルボウルの演奏が主な内容。先達の話で「瀬津織姫」の話が聞けるかと期待していたが「そんなのはネットで調べてくれ」と一喝。「男は頭でっかちでいかん!」と仰られるが、要約すると「考えるな、感じろ」ということなのでしょう。かのブルー・スリー氏の有名なお言葉でもあるので武道をかじ [続きを読む]
  • 季節外れのインフルエンザ
  • 春先は体調を崩しやすいですが、スピリチュアルな変異にともない、体の免疫が落ちてインフルエンザのような症状になることがあります。私の周りでも、実際インフルエンザと診断された方がいます。私も今月は精神的に不安定な時期もあり、対策としてはひたすら寝ました。耳鳴り、気分が落ち込む、頭痛、集中できない、3月末からのエネルギーシフトは今までになく強力なもので、体がなかなかついていきません。苦しんでいる方へのア [続きを読む]