かやとんとん さん プロフィール

  •  
かやとんとんさん: 私の医療観
ハンドル名かやとんとん さん
ブログタイトル私の医療観
ブログURLhttps://ameblo.jp/ebb-airi/
サイト紹介文私の価値観・倫理観のブログなので、法律とかエビデンスは皆無ですので、悪しからず。
自由文薬剤師でうつ病の私が日常で疑問に思ったこと、私に当たり前なことが他では知らないこととか書けたらいいなと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 200日(平均1.9回/週) - 参加 2017/08/04 19:20

かやとんとん さんのブログ記事

  • ある種の依存症
  • 私はある種の依存症状態であって、その治療を8年くらい続けています。 依存症状態であっても、症状自体はコントロールしているので、発症はしていませんが、いつ発症してもおかしくはないと思っています。 逆に、治ったと思っている人がいるならば、それは症状が今現在無いだけで、再発する可能性を見失っているだけだと思っています。 依存症で一番研究が進んでいるのがアルコール依存症 それらの回復(症状の発症をなくす)た [続きを読む]
  • 平成30年調剤報酬関係
  • 平成30年調剤報酬と介護報酬の大まかな数字が出ましたね。 この数字を基準にお支払する代金が決まるのですがおおまかに分類して ①受け付けたらもらうお金②患者の薬のデータなどを管理するお金③お薬代 の3つに分けられます。 細かく言うと調剤基本料とか薬剤服用歴管理指導料とか薬価とか難しい言葉がつらつらといっぱい並んでますが、簡単に言えば上のようなものなんです。 で、今の時代、お薬代では利益がほとんどでないので [続きを読む]
  • インフルエンザ治療について
  • インフルエンザ治療について私は毎日患者と接するので、私個人として予防は必要だと思っています。なので、予防接種や薬の予防投与(自費)をしています。が、この前は予防投与をしよう思って飲み忘れていたところにタイミング悪く発症してしまいました。(感染と発症は違う)で、医療従事者以外の一般の人に予防接種やインフルエンザ治療は必要かどうかの個人的意見を予防接種も治療もどっちでもいいと思っています。予防接種でイ [続きを読む]
  • インフルエンザになりました。。。
  • 先々週、インフルエンザにかかってしまいました。 時系列を書くと月曜:普通に出勤火曜:休みの日 子供と近くの公園で30分くらい遊んで、後は引きこもり。    午後9時頃から発熱(37.5℃)←この時点より、家で隔離状態に突入。水曜:午前0時頃 熱が38.5℃まで上がり、発熱と頭痛、筋肉痛、関節痛などにうなされ眠れない状態に。    午前3時頃39℃まで上がる。 やはり寝れない。    午前6時頃39.5℃。出勤準 [続きを読む]
  • 薬剤師求人について
  • 私は1回だけ転職してます。ドラッグストア調剤併設店から調剤薬局へ事業規模も関東大手から6店舗しかない個人事業主の店舗へ私の場合、就活も転職も第一にお金です。次に休み。第三に色んな経験が積めるところ。お金が単純に高い所は仕事が大変だったり休みが少なかったりとするので、その辺りはバランスを取って決めましたので、単純に一番年収が高い所に就いた訳ではありません。学生の頃は研究職や病院も視野に入れていました [続きを読む]
  • 防風通聖散はやせ薬では無い
  • 防風通聖散は市販薬でも売っていて、ナイシトールとかコッコアポとか色んな名前で出て、脂肪燃焼アップとかいって、やせ薬みたいなことを思い浮かべる薬として販売されています。 実際の薬効、効能としては肥満症・むくみ・便秘となっているので、太っている人には一定の効果があると思われますが、私が実際に使ってみた経験を書くと以下のような感じになります。 まず、はじめに服用は添付文書通りで1日3回 空腹時に服用1か月 [続きを読む]
  • 病気は原因不明の方が多いかと。
  • 先月痛めた足が治りました。 痛いなぁ。と思った日と次の日は湿布だけで良かったのに、日に日に痛みが強くなったので、ロキソニンを飲んだり、後にトラムセットを飲んだりしてその場をしのいでいたのですが、1週間も痛みがひどいので、整形外科に行ってきました。(周りに病院行けとすごく言われたので) で、診察(5分)→レントゲン(5分)→診察(5分)→理学療法士とのお話(45分)→リハビリ(電気を流すだけ)(10分 [続きを読む]
  • 軟膏の配合変化
  • 最近は保険も厳しく、添付文書以外の文献での配合不可のものでも、減点になってきました。 大昔は医師の指示があれば、レセプト(保険請求)が通り、少し前には医師側が減点(もらえるお金が減ると)されていましたが、最近は薬局側が減点になるようで、3年前くらい前から危ないと言われていたのですが、レセプトが通っている内は医師に混合してはいけない。と説明しても、今まで大丈夫だったんだから。と聞く耳を持ってもらえま [続きを読む]
  • トラムセット服用記
  • あけましておめでとうございます。 年始一発目は、先月痛めてた左足のこと。 現在体重が90kgと重い部類になり、中性脂肪もたかくなったので、筋トレを始めてみたのですが、足を痛めてしまいました。 中高と陸上部で筋トレの仕方はある程度知ってはいるものの、体への負担を考慮できない残念な頭のせいで、90kgという負荷に耐えられなかった様子です。 しかも痛めた場所が、左足の甲の左側辺り。 痛みの感じから、筋肉痛とか筋を痛 [続きを読む]
  • 今年1年の総括
  • 今年ももうすぐで終わりです。 基本的に月曜更新ですが、年末ということで総括を書いてみようかと。 先月の話ですが、ハコミセラピーをやってきて、1年の総括は?と終わりに話すことがあり、一昨年子供を授かり誕生日迎えるまではバタバタでかみしめる余裕もなかったのですが、コミュニケーションが少しずつ取れてくるとなんとも言えない感情になるものです。 で、今年1年を一文字で表すなら「嬉」です。 子供が半年〜1歳半の1 [続きを読む]
  • トクレス製造中止
  • トクレススパンスールカプセル30mgが製造中止に伴い販売も中止になりました。 うちの地域ではうちが一番の使用量らしく、MRが足を運んでくれたのですが、トクレスという薬自体を知らない薬剤師もいるのではないでしょうか? トクレス スパンスールカプセル30mg(徐放性 ペントキシベリンクエン酸塩 カプセル)効能・効果:下記疾患に伴う咳嗽感冒、喘息性気管支炎、気管支喘息、急性気管支炎、慢性気管支炎、肺結核、上気道炎( [続きを読む]
  • 自分が飲んでいる薬
  • 先週、ベルソムラ愛用者とさらっと話しましたが、実際には鬱・睡眠の薬は計3種服用しています。 もともと不眠&うつ病なので薬は手放せないのですが、この3種に行くまでには凄い種類の抗うつ薬や眠剤など試してきました。 その話は機会があるときにするとして、今メインで使っている薬についてお話を。 ①ベルソムラ20mg(眠剤)先週に出た前担当Mさんがベルソムラを各所にお勧めしていて、よく顔を見せてくれて&情報もちゃんと [続きを読む]
  • 薬局の利益率と改定
  • 病院は赤字で薬局は黒字なので、調剤報酬を下げようという動きが表れています。 病院の経営がどうなっているのかわかりませんが、日本の医療が経費に対して費用が安いのは医療界では常識です。なので、経営を頑張っていても赤字になってしまう仕組みの可能性もありますが、経営者が医師だった場合、経営という頭がなく、患者の為というだけで働いた結果赤字になっている場合もあります。 でも、薬局のほとんどは経営という概念を [続きを読む]
  • ベルソムラ
  • たまーには薬の話。。。 先日、MRさんからベルソムラの中間報告書をいただきました。前、担当のMさんは2ヵ月に1回くらい顔を出してくれていたのに、今の担当者は1年くらい顔を出さない不届き者のOさん。 こんななら協力しないぞ!と思いつつ話を聞く私。 1年くらい前にMさんが担当だったころはベルソムラの10mgなんてなくて、適宜増減も無くて、年齢でバシッと15mgと20mgを分けて使う感じだったの。で、10mgが出るときに [続きを読む]
  • お薬手帳は役不足?
  • お薬手帳は病院や薬局で医師や薬剤師が何を飲んでいるのか。何で副作用が起きたことがあるのかをみるのに大切な手帳です。 でも、他に病名や検査値などが書いてあったらさらに便利だとおもいませんか?(医師・薬剤師視点で) 実際、書いてあったら便利で患者との会話もスムーズにいくことも多いと思います。が、現実は検査値は載せることは出来ても、病名を記載するのは難しいと思います。なぜなら、薬の保険適応は治療のみで予 [続きを読む]
  • 医療費と医薬分業
  • 医薬分業とは砕けた言い方をすれば、病院は病気を見て必要な処方(オーダー)を出す。薬局は処方に基づいて薬を出す。と、病気を見るのと、薬を出すのを分けたってだけのこと。今では当たり前ですが、十年、二十年前には病院や診療所で薬を出すのが当たり前で、調剤薬局というものの認知もほとんどなかったと思います。 世界規模で考えれば、医薬分業の考えは戦前からあったと言われています。医師が見てそのまま薬と言って毒を盛 [続きを読む]
  • 自薬局の在宅の利益対コスト対時間を考えてみた
  • 時間対費用を考えると在宅は1人辺り1時間くらいになる。これは移動時間や書類作りも含んだ時間なので、黒字にしようと思ったら患者宅には15分くらいが限度になる。これは施設や一気に回るようなことが出来れば多少変わるが、私のところは独居で粉砕や一包化と面倒があり、片方は片道5分の距離。もう片道は片道20分の距離。採算という意味ではやりたくなり2人である。2人とも独居ということでお話相手がいないせいか、結 [続きを読む]
  • うちのジェネリック事情
  • ただ今、うちは後発医薬品体制加算1(18点)を算定してます。これは、ジェネリック医薬品(GE)がある医薬品について65%以上GEにいたら、全患者から18点分お金をもらっていいよ。と言うもの。薬局の経営的にも大事な加算で、もっとも加算2の22点がもらえればなおいいんだけど、近くのDrがなかなか代えさせてくれないの。その理由として、一般名で書かれている薬は患者がいいって言えばGEにしてもいいけど、商品名で書い [続きを読む]
  • 職業(薬剤師?会社員?)
  • ぶっちゃけ、どっちも正しいのよね。雇われ薬剤師って会社員ですもの。職種と言われれば薬剤師だけどね。 ちょっとしたところで、他人と仕事の話になり、薬剤師というと良い仕事ですね。と言われる。 まぁ、正社員になりやすいという意味では良いのかもしれないが、ほとんど薬剤師は昇給もたかが知れているし、生涯年収も良いとまでは言えないのではと日頃思っている。 現在は国民皆保険である程度、自由競争外にいて、国にもある [続きを読む]
  • インフルエンザ予防接種
  • インフルエンザの予防接種は来年の流行を予想して、今年作り打つのが基本です。 なので、今年の予防接種は昨年の状況をみて、昨年に今年の型          を予想して作っています。 100%当てることは不可能なので、絶対予防出来る予防接種ではないのです。 それでも予防接種を打つ意味は、現在は4種の型が混ざっているので、似ている型であれば、重症化のリスクが減ると思われているからです。 しかし、本当に重症化のリ [続きを読む]
  • 自賠責保険
  • 自賠責保険っていうのは事故を起こした時に、補償される保険のこと。一般的には自動車保険があって、他にも色々あるんだけれども、今回は自動車保険の話。 事故は健康保険を使うことが出来ないから基本10割負担。湿布をもらうだけでも、何千円もかかるし、病院の方だって凄い額になる。 だからこそ、大抵の人は自動車保険に入っているはずなのですが、たまーに入っていない方がいる。そうなると、すっごいお金がかかるけれど、 [続きを読む]
  • デッドストック(DS)
  • デッドストック、またの名を不動在庫という。 お薬は在庫しているだけで資産とみなされるので、基本的に在庫は最小量にしておかないといけないし、期限が切れれば、その分廃棄にしなければならない。 廃棄=お金を捨てる。 ということなので、廃棄ロスをどれだけ少なくするかも、薬局経営として大事なことである。 DS=廃棄の可能性大 ということなので、DSになったら他の薬局に使ってもらうべく努力をしなくてはいけない。 その [続きを読む]
  • 原薬供給不可になって
  • 一部、薬局関係では既に知り渡っていることですが、ある原薬メーカーが届出と違うところから仕入れをしていたとのことで、製造停止命令が出て、再稼働の目途がまだ立っていない状態。 製造停止当初は書類をしかるべきところに出して、供給不可になる前に製造に入れるはずでしたが、出荷規制が入っているだけでなく、製造見込みがたっていないという異常事態になっています。 大人の薬であれば、似たような代わりの薬に代えること [続きを読む]
  • 抗生物質って必要なの?
  • 漢方なんて古い薬を使う医者はヤブ医者だ(主に中国人)風邪に抗生物質を出す医者はヤブ医者だとか言う人がたまにいたりします。 まぁ、言いたいことは分からなくもないですが、一般の患者のニーズというものがあり、それに応じないと次回も来てくれない=お金を稼ぐことが出来ないので、患者の要望にある程度応える必要が今の医者にはあるのですよ。 漢方安全説は幻想だということは以前、かる〜く言いましたが、中国では漢方= [続きを読む]