桜咲く堂 さん プロフィール

  •  
桜咲く堂さん: sakurasakudoブログ
ハンドル名桜咲く堂 さん
ブログタイトルsakurasakudoブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/sakurasakudo/
サイト紹介文教育に関して、メディアから考えたこと、感じたことを自由に綴ってます。
自由文中学受験の失敗体験を電子書籍(アマゾン・キンドル)にして販売しています。「そして、ぼくは公立中学に行った」ブログでは小中高大を振り返って、そして社会経験も踏まえて中学受験生の保護者、受験生から教える立場の先生まで伝えたいことを綴っていけたらと思います。

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供84回 / 75日(平均7.8回/週) - 参加 2017/08/06 17:33

桜咲く堂 さんのブログ記事

  • Scarce value
  • 私が外資系証券会社で様々な債券を日本の機関投資家に販売していた時によく使っていた言葉。「この債券はscarce value があるので、ぜひ買ってください」 Scarce value: なかなか見当たらない、希少価値のある。 多分、この方もそうなのだろう。こちらがリンク 自分の Scarce value は何なのか?いつも、いつまでも自問自答したい言葉。 by 桜咲く堂 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 人生のちょっとした岐路でしかない中学受験
  • リンクはこちら 長年、中学受験に携わっているだけに含蓄のある言葉です。 学校選びのポイント:通学時間について 芥川賞作家である羽田圭介氏が毎日2時間の通学時間は本を読んで過ごし、今の小説スタイルが確立された、と言っていたのを思い出した。 使い方次第。 理想の教室:広々とした教室の前方と後方は端から端まで巨大な黒板で覆い尽くされている。→会社にそんな会議室があってもいいな。ブレスト用。 親の見栄でなく、子 [続きを読む]
  • 本:今、話したい「学校」のこと(藤原和博著)
  • 心の琴線に触れた言葉: 君が話す英語は君が話す日本語を超えない。 いじめ  勢力争いイジメ   同調圧力虐め   警察に。 でも、その反抗期は精神的な自立への胎動。誰にも言えない秘密が増えてきたから、それはキミの宝物。大事なんですよ、この中途半端さが。 和田中では年に2回、生徒が先生の授業に対してきちんと評価をする機会を設けてました。ちなみに生徒一人当たりの費用は年間100万円。そのうちの7〜8割は先生の給 [続きを読む]
  • 教育費問題
  • リンクはこちら 私の場合、子ども2人、1000万ずつ別のがま口に用意しました。この金額だと私立の中高そして私大だとキビシイかと思います。二人とも公立中学から、私立の高校、私立の大学へ。中学受験させる代わりに、高校で留学の選択肢を与えました。 子どもをよく見ながら、わが子ですから、この子にはどんな環境がいいのかなんとなく分かるはずです。そして、自分の経験(社会人になってからの経験も含めて)から何が社会で必 [続きを読む]
  • 小中学校の友人なんて、クソみたいなもの
  • リンクはこちら 確かに、大学を卒業して、仲の良かった友人よりも、同業他社に行った同級生の方が話は盛り上る。 マネジメントのポジションにつく頃になると、業界に関係なく、悩みや苦労は同じなので、逆に他業界の話の方が新鮮な分、参考になったりする。 引用:親は自分の子どもに「あなたを不幸せにする連中は、人生に不要な連中なので、まったく大事にする必要はない。なにがあろうと、私はあなたのことを徹底的に守るし、全 [続きを読む]
  • 開成高校 クイズ研
  • リンクはこちら 彼らの苦手な問題が女子問題、つまりアイドルとかファッション系の問題というのがいいですね。 「この学校には極端な人が多いから。テレビ見ているよりも問題集やっている方が楽しい」 問題を解く。問題を作る。コインの裏表。クイズも一緒。 by 桜咲く堂 にほんブログ村 [続きを読む]
  • NHKスペシャル 藤井聡太棋士
  • 愛知県の国立大付属に通う中学生。放課後、毎日6時間将棋盤へ。 藤井家:「子どもには子どもの時間がある」 母親から「勉強しろ」とも、あまり細かいことは言われなかった。 4歳の時に祖父母から将棋の手ほどき。5歳の冬に近所の将棋クラブへ。目隠し詰将棋。頭の中だけでやる。 ノートをつける。 そのクラブでは、大会前に必ず「燃えよ、ドラゴン」を見せる。どんなにピンチになっても投げるな、と。 そこの将棋クラブの先生曰く [続きを読む]
  • 決断力
  • 先日サッカーで日本とニュージーランドがやっていた。 ワールドカップの予選とは違い、intensity(激しさ)が無かったとは言え、久しぶりに見た日本代表はボールタッチの柔らかさや技術が以前とは雲泥の差で向上したように見えた。 途中出場した小林選手というMF。周りが見えているという点で抜群の球出し、動きをしていた。 アナウンサー曰く「(小林選手に)自分の強みは何ですか、と尋ねると彼曰く、決断力です」 決断力。 こ [続きを読む]
  • 学生時代の留学について
  • 今月から日経の最終面、「私の履歴書」で斉藤惇さん(野村証券から日本取引所グループCEO)の回が始まりました。ここ数日は野村時代の語学研修(日本)、アメリカ転勤後の語学研修に関して触れられてます。現地の野村の人間が斉藤さんの英語力を聞いてこれではマズイと取引先の独身寮に入れて、日本人もいない環境で英語力を鍛えた、と。 私自身、高校時代にハワイに短期留学をしてそれがきっかけとなり、大学時代に1年留学しょ [続きを読む]
  • 医学部合格者数が日本一 東海中高、実は個性揃い
  • 東海中、高等学校の林道隆校長に聞く。記事はこちら 記事に出ていた、私の友人でもあるメルカリ山田シンタロウさんのコメント@FBも。「名古屋の母校なんですが、名前をあげてもらっていた。ちなみに私も高校2年時はB群だったんですが、3年時に奇跡のA群入りしました。でも試験でどんだけがんばっても100位以内には入れなかったなー。世の中にはとてつもなく頭がいいひとたちがたくさんいるので、頭で勝負しないと決めることができ [続きを読む]
  • あと半年で実社会 心構えは
  • 10月4日の日経。大学面。「あと半年で実社会 心構えは」 Showroomの前田社長落語家立川志の春氏へのインタビュー記事。 →(持論)おカネをもらえてあなたを一人前にしてくれる場所。 会社は人間関係におカネを払っているという名言もあります。 そういう心構えで会社に入りましょう。 直属の部署以外でメンターを持ちましょう。それは大学の先輩でも何でもいいので、何かあれば、その方に相談できる関係づくりを。 石の上にも3年 [続きを読む]
  • アドラー心理学
  • アルフレッド・アドラー。1870〜1937.オーストリア出身。ユング、フロイトと並ぶ心理学の巨人。 嫌われる勇気。アドラーブームの火付け。 ポイント。何かの行動は原因でなく目的である。 例えば、不良になったのは【原因】親のせいとか貧乏のせいでなく、【目的】強く見せたい→「優越追求or 誇示」:優越コンプレックス負けたくない→「劣等回避 or 隠ぺい」:劣等コンプレックス 上司が声を荒げて部下を叱責する。とい [続きを読む]
  • 就活の7つの神器
  • 2日付けの日経夕刊。くらし面。「就活のリアル」コーナー。はなまるキャリア総合研究所代表の上野晶美氏によれば1年生から就活の準備として「学業(ゼミ)、部活(サークル)、アルバイト、留学、趣味、ボランティア、インターンシップ」これが7つの必修科目らしい。エントリーシートに埋めるべき内容であり、面接におけるアピールポイントでもあるとのこと。 私自身、照らし合わせても、7つのうち5つについてはそれなりに書け [続きを読む]
  • 清宮家の教育方針
  • 清宮家の教育方針 ラグビーをよく見ます。父、清宮克幸氏はラグビーのトップリーグであるヤマハ監督。元々早稲田のラグビー部そしてサントリーのナンバー8として泥臭く体を張るプレイヤーとして記憶に残っています。そのお子さんが早実で甲子園球児。早実初等部から。 子どもは否が応でも親を見て育つわけです。 親の歩いた道を、スポーツは違えど子供が自ら進みたいというのは親冥利に尽きるかと思います。 親は父親でもあり、母 [続きを読む]
  • 暁星中学受験 元サッカー日本代表前田遼一選手
  • 元サッカー日本代表の前田選手の中学受験 ぜひ、サッカー好きな受験生に、親御さんと共に見てもらいたい。動画もあり。 以前、Jリーグのチェアマンの村井氏がJリーグに入って長く続けれる選手と辞めざる得ない選手の差はサッカーが上手いとか下手じゃない。もっと相手への観察力であるとかトータルの人間力が勝っているプレーヤーが長く続いている。 そして、その人間力を磨くためにJリーグでは、選手に藤原和博さんの「よのな [続きを読む]
  • 考える力って?!
  • 「考える力がない子を変える3つの問いかけ」 まずはこちらを して読んでください。 考えるとは、定義が難しいです。また、こんな風にも置き換えられるのかもしれません。「基礎力はあるんだけど、応用問題が解けない」、つまり考える力がない、と。 私は結局は基礎問題も量であり応用問題も量だと考えています。 答えを学んで、理解していろんな手法を頭にインプットしてそれを問題に合わせて脳という引き出しから正しい手 [続きを読む]
  • 名門校・武蔵、東大合格は二の次の「すごい教育」
  • オドロオドロシイタイトルで恐縮ですがリンク先 をどうぞ。 私の周りに武蔵→東大.....→会社経営 A君麻布→東大.....→会社経営 B君 A君に、もう一度中高をやれるとしたらまた武蔵行く?(ちょっと考えて)「他(の学校)はわからないけど、たぶん行く、と思う」B君に同じ質問(また麻布行く?)「共学がいい」と一言。面白いですね。 私は武蔵のHPを拝見してすごく感銘を受けました。特に校長対談。 基礎をしっかりすれ [続きを読む]
  • 私大授業料 平均86.8万円 4年連続増
  • 調査は全国の578校対象。入学金25.6万円。1.9%減。施設整備費18.4万円。0.9%減。入学初年度は143.8万円。0.2%増。学部別授業料。歯学部316万、医学部273万、薬学部143万。安い学部、神・仏教学部71万、社会福祉学部73万、法商経済学部74万。→施設整備費の詳細とか、実は聞いてみたい。医学部と宗教が最も高いと安い。人の最期に関わる分野で好対照なのは面白い。 by 桜咲く堂 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 「地域学校協働活動推進員」を育成
  • 14日の日経@社会面。地域と学校の連携。そのつなぎ役、「地域学校協働活動推進員」を育成。地域に詳しい自治会の関係者や教職員OBなどが候補。→総論、賛成。地域次第。地域にボランティアでそのような事に参加できる余裕のある住民がいるのか、どうか。今の高齢者はそれなりの年金を得られているがこれからはその額も減少、あるいはもっと長く働く状況に。今後、地域でそのような役割を担ってきた高齢者に頼れなくなってくる [続きを読む]
  • 「商業高校 実践力磨く」
  • 22日の日経夕刊のくらし面。「商業高校 実践力磨く」商業高校がビジネスの体験授業に力を入れている。仕入れ、集客、販売を経験したり、地元店舗で実習したりと会計・簿記といった事務能力以外の学びも。商業系の市立7校の「大阪市ビジネス教育推進会」が2014年から商品の仕入れから販売まで生徒に体験させる。今年度はフェアトレードをテーマに、市内の5つのイベントで販売を予定。ターゲットを絞った上で 「仕入れ」「 [続きを読む]
  • 海城の学校改革
  • 海城高校の校長とのインタビュー記事。東大スパルタ高を一新、という表題。校長は元三菱商事の商社マン。 グローバル人材の育成もいいのですが、学生時代は、純粋に学問(研究も含め)の素晴らしさ、楽しさを学び、味わってもらい。 by 桜咲く堂 にほんブログ村 [続きを読む]
  • オリコン:中学受験塾 首都圏ランキング
  • オリコン;中学受験塾 首都圏ランキング 第三者調べですのでそれなりに信ぴょう性があると思います。 熾烈な上位争いはまさに中学入試を物語っているように思います。 この少ない得点差で10以上の塾が並んでいることはより良いサービスの提供のために切磋琢磨している結果です。事実、塾のサービスは進化していると思います。また評価項目以外への新規サービスへの進出も求められているのかもしれません。 「あ、あの塾に通って [続きを読む]