家庭連合(再復帰族) さん プロフィール

  •  
家庭連合(再復帰族)さん: 家庭連合(再復帰族)
ハンドル名家庭連合(再復帰族) さん
ブログタイトル家庭連合(再復帰族)
ブログURLhttps://jphs19610128.muragon.com/
サイト紹介文統一教会を脱会して30数年、神様は私を背負って導いて来られた。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 23日(平均3.0回/週) - 参加 2017/08/07 13:54

家庭連合(再復帰族) さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 乗っ取られたブログ村(家庭連合)
  • ブログ村の家庭連合のサイトを見ながら、少し違和感を覚えます。  何故、家庭連合のカテゴリーを使って批判しなければいけないのですかね。ここは家庭連合を批判するサイトですか?(家庭連合・批判)というカテゴリーがあるのだからそっちを使えばいいのに・・・。  これが将来の家庭連合の姿を象徴しているんですかね、これを船に例えたら、もう完全な乗っ取りですよ。口裏を揃えて行っているんでしょうか、それ以外に理由が [続きを読む]
  • 分派が生まれた動機に問題はないか
  •  人類の復帰摂理を見て行く中で重要なのは、動機ではないでしょうか。神様は常に私達が実践する上で、その動機を見ておられると思います。  今の2世さんの言っていることは、ノアが裸で寝ていたことを恥ずかしく思い、何度も衣を着せようとしているようです。  見た目(洪水の前まで)は正しかったでしょうが、ノア(お母さま)を信じることが出来なかったのではないですか?  イサク献祭で例えるなら、自分はみ言葉を伝え [続きを読む]
  • 交流そして・・・
  • 交流も決まり、翌週に教会には10組ぐらいのカップルが参加し、交流に向けての説明がありました。その後会場で少し交流をし、やっと相対者と話が出来るようになりました。とはいってもなかなかうまく話せません。最初は電話で話していたんですが、さすがに相対者の方も忙しそうで、メール主体の交際になりました。私は早く関係がスムーズに進むように考えるのですが、相対者は慎重で、サタンに主管されないように、気を使っている [続きを読む]
  • よく聞こえてくる疑問に対しての疑問
  •  ある人のブログに載せてあった記事を拝借しています。本当はそのブログに意見を書き込みたかったのですが。書き込む欄を見つけることが出来ませんでした。たぶん私の記事への解答ではと思ったので少しだけ疑問を書かせて下さい。 以下に私が気になった記事を載せています。私は信仰歴も浅いので、自分の言っていることが絶対だとは思っていません。 「国進を(理事長の)位置につけたのは、お父様ではありません。お母様にお願 [続きを読む]
  • 神様と共に、プロポーズ・フォー・ブレッシング
  •     神様と共に歩んだ40日  再復帰から4か月が過ぎた頃、教育部長から「今度5月にブレッシングがありますが、参加されますか」という話があった。2年後ぐらいまでには祝福を受けられたら良いと思っていた私。いきなりの話で心の準備をしていなかった事もあり、一旦保留し、後日連絡することにして教会を後にしました。  まだ4か月そこそこで信仰生活をこなせるのかという不安が、なかなか決意できない理由でした。 [続きを読む]
  • 家庭連合の分裂
  •  再復帰して9か月 正直復帰して一番驚いたのは、分派の問題でした。これを載せていいのか、書いては消しを繰り返しましたが思い切って載せることにしました。  一人暮らしで、教会に週1行けるかどうかの生活だった事から、ブログで家庭連合のみ言葉を探そうと思い、ブログ村を見ると、ありました家庭連合の集まりが。そこでいろんな方のブログにお邪魔させていただくと、ほとんどが分派と言われる所のブログでした。ここまで [続きを読む]
  • 20数年のブランク
  •  時代が過ぎるのは早いもので、統一教会も家庭連合へと名称がかわり、講義を聞いていると、摂理的な背景もほとんど変わってしまっています。昔は個人の蕩減復帰の時代が長く、祝福を受けるのも大変でしたが、御父母様の勝利圏により、祝福を受け易くなり、個人から家庭の時代に代わっているように感じます。  9月の祝福式まで1か月を切ってきて、今は信仰的にも大切な時だと感じています。さすがにブランクのある私、心情的に [続きを読む]
  • み言葉の救いと裁き
  • 私の日記として残しています。もうすぐ祝福式なので、全て吐き出して再出発をしていこうと思います。  教会から離れて、み言葉というのは本当に怖いものだと感じた。教会を離れると全てが裁きに変わったような気がする。自分の性格もあると思うが、最初の壁は友人がなかなか出来ないことだった。元々アルコールがダメな自分にとって、夜の世界はあまり知らない世界だし、非原理の世界ではこういう付き合いが出来なければ、単なる [続きを読む]
  • 私を背負って導いてくれた神様(2)
  •  一度離れると復帰するのは難しいと感じた。1987年に再復帰するが7daysまで進んで21週をすすめられたが、家の仕事もあり教会から離れることになった。21週を超えられなければもうチャンスは無いだろうとあきらめた時だった。 あきらめてから何年たっただろう、神様はあきらめてはいなかった。そのチャンスはいきなり現れた。  2016年8月のことだったが、霊の親のところに別の用事で電話すると、清酒式がある [続きを読む]
  • 私を背負って導いてくれた神様
  • 私が中学校の時だった。中学校時代は卓球部に所属していて、いつも後輩Yと練習に励んでいた。ある大会で、5人で後輩Y君のベンチコーチに誰が入るかをじゃんけんで決めることになった。  じゃんけんの弱い私は初めて神様に「どうしても後輩Y君のベンチコーチに入りたいです」と神様にお願いした。するとじゃんけんに勝ってベンチコーチに入ることが出来た。それから4,5回神様にお願いをすることがあり、その全ての願いがか [続きを読む]
  • 過去の記事 …