kiki さん プロフィール

  •  
kikiさん: Tulp en Orchidee・蘭とチューリップ
ハンドル名kiki さん
ブログタイトルTulp en Orchidee・蘭とチューリップ
ブログURLhttps://ameblo.jp/kikisjournal/
サイト紹介文現在オランダ・デンハーグ在住。おもてなし和食や、お出かけ情報など、海外駐在生活のTIPSを。
自由文オランダ生活も2年目になりました。ヨーロッパで手に入る材料で、いろいろ工夫して毎日おうちごはんを作っています。仕事柄、来客が多いので、簡単かつ日本らしいおもてなしメニューが得意。プチプラや、蚤の市で見つけたアンティークをミックスした、エキゾチックな和風テーブルコーディネートを考えるのも大好きです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供47回 / 78日(平均4.2回/週) - 参加 2017/08/07 14:00

kiki さんのブログ記事

  • 同時に調理!マフィン型で一度にたくさんのおかずを作る
  • 海外のおうちは、大きなオーブンが備え付けになっていることが多いですよね。6個取れるマフィン型を使って、オーブン焼きの同時調理で一度にたくさんのおかずを作れる方法をご紹介します!お弁当にもとっても便利です。まずはオーブンを200℃に余熱します。その間に下ごしらえ開始!プチトマトにはバルサミコとお醤油、オリーブオイルをからめて。いかの輪切りには、バター醤油とオイスターソースを少し、ゆでて残っていたじゃがい [続きを読む]
  • ブログのお友達がおすすめの、セロリソルトを買ってみた
  • いつも更新を楽しみにしている、同じくデンハーグ在住のmaronさんが、ブログでおすすめされていたセロリソルト。早速買ってきました!ひき肉のお料理に早速ふりふり。ミートソースに溶き卵を流して、チーズをたっぷりのせて焼いたキャセロール。おいしくできました!maronさんの記事はこちらです。maronさんのお料理とテーブルは、なんだかいつも勝手におフランス〜!と思っています。シックで、とても素敵。オランダ語では、selde [続きを読む]
  • 大好き!オランダのチャリティリサイクルショップ、kringloop
  • 蚤の市や骨董市のシーズンもそろそろ終わり。冬場はせっせと、kringloopwinkelと呼ばれる、オランダ版スリフトショップに通います。日本のリサイクルショップと違うのは、売っている品物が全て無料で寄付されたもので、収益はチャリティプロジェクトに活用されること。スタッフさん(ボランティア多し)も気さくで明るくて、商品も蚤の市よりずっとお手頃!なのもうれしいところ。昨日の戦利品はこのドイツのお皿。お値札がついて [続きを読む]
  • レトロなかわいさ!ノリタケのケーキプレート
  • 日本の思い出に、ノリタケのケーキプレートを買ってもらいました。21〜22cmくらいの直径のお皿って、実はとても便利なんですよね。朝食にも、ワンプレートのランチにも、ちょうどよい大きさです。ケークサレとデリサラダを盛り付けた、こんなランチにも、ほらかわいい。ノリタケのデザインはレトロでかわいくて大好きなので、ヨーロッパブランドのものも合わせて使いたいと思って持ってきました。ターコイズと薔薇の組み合わせも大 [続きを読む]
  • 赤と白のかわいい村、城下町ハールザイレンスでランチ。
  • デ・ハール城に向かう前に、城下の村、ハールザイレンスに立ち寄りました。お城と同じ、赤と白のカラーリングのかわいい小さな村です。いつも思うけれど、オランダは小さな村をめぐるのがほんと楽しい!デハール城の様子はこちら。中世の世界!童話のようなお城、デ・ハール城を散策ハールザイレンスには、老舗のカフェが2件ほどあって、ランチ休憩にもぴったり。やはりかわいい建物です。小さな広場が、村の中心です。カフェのイン [続きを読む]
  • 中世の世界!童話のようなお城、デ・ハール城を散策
  • ユトレヒト郊外のお城、デ・ハール城に日帰りドライブに行ってきました〜。中世ネオゴシック様式の、なんともファンタジックな外観。まるでおとぎ話のお城みたいです。秋の景色がうつくしく、薔薇も少し残っていました。お庭を散策して、いよいよお城内部へ。豪華な装飾品の数々。ベッド脇に使いかけの香水壜が置いてあったり、と、まるで領主が住んでるかのようなデイスプレイがかわいい。上階へは、別途料金のガイドツアーで行く [続きを読む]
  • レトロシックでお料理がおいしい、De Salon
  • ノールトアインデ宮殿の少し先、おしゃれなアートギャラリーの立ち並ぶ一角にあるこのカフェは、レトロで重厚なインテリアと、モダンなアートが融合した素敵な空間です。この雰囲気が大好き!お店の中には、あちこちにきらきらの鏡が使われていて、素敵です。そして目を引くのは、大きなシャンデリア!そして、お食事がおいしいのもうれしいところ。朝は8時30分から営業しているので、朝ごはんにもぴったり。ぱりばりさくさく、中 [続きを読む]
  • ビーチでのんびりシャンパン&ロブスター!
  • スケベニンゲンのビーチには、夏になると、砂浜に海の家のようなカフェやレストランが出現します。これがとっても楽しい!オランダのカフェやレストランは、たいていランチメニューなどの他に、ボレル(borrel)と呼ばれるちょっとしたおつまみメニューがあります。日が長いので、夕食の前に屋外で軽くアペロするのが楽しみ!この日は、母娘で海辺に繰り出したので、ちょっと豪華にロブスターとカラマリフライを食べました。思った [続きを読む]
  • ベルギーでいちばん好きなショコラティエ
  • 12年くらい前にオランダに住んでいた頃は、文句なしにピエールマルコリーニさんのものが私のベストチョコ!でしたが。近年なんだかゴージャス感が全面に押し出されてるので…新規開拓とばかりに、新進気鋭と噂のお店をあれこれ試していたら…出会っちゃった!ベルギーはゲントのショコラティエ、ヨーストアレイスです。プラリーヌは、奇をてらい過ぎず、それでいて斬新な香りの取り合わせが素晴らしい!例えば、パッションフルーツ [続きを読む]
  • 【お気に入りstreet案内】Prinsestraat
  • Hofkwartierと呼ばれるこの地区に住んでいます。この辺りは、石畳の瀟洒な小路が続いて、お散歩にも楽しいところ。今日はMarché Royalという、フランス風の露天が出るイベントをやっていました。いちばんに食べたのは、熱々の焼きたてストロープワッフル!(全然フランス風ではない)焼きたてのストロープワッフルのおいしさは、本当に特別なので、母にも熱烈おすすめしてみました。けっこうな賑わい。でも肝心のフランス風のお店 [続きを読む]
  • チャイナタウンで、大満足の飲茶の食べ放題
  • なかなかオランダでは、外食をすることが少ない我が家です。というのも、お値段とお料理のクオリティにがっかりすることが多く(えー、このお値段でこれ?という感じです笑。インテリアが素敵で落ち着くお店は多いのですが)、オランダではたいてい自炊、その代わり旅行に行った時にの食事をめいいっぱい楽しむ派にすっかりなりました。でも今回はママの来蘭と夫のお祝いごとを記念して、中華街へと繰り出しました。夫が職場のイベ [続きを読む]
  • 母娘で、デルフト散歩とおいしいもの
  • 日本から、母が遊びに来てくれているので、楽しい母娘プチ旅行。今日はお隣町の、デルフトへ。デルフト、と言えばフェルメールの街。でも実は、かの『デルフトの眺望』も、ハーグのマウリッツハイス美術館の所蔵で、フェルメールの絵はデルフトにはありません。今回初めて、母とフェルメールセンターに行きました!ここにはフェルメールの絵の原本はないのですが、世界各地に点在する、彼の作品全てのレプリカが一堂に展示されてい [続きを読む]
  • 街で一番のお気に入り、本屋さんカフェ
  • 私は、学生の頃から書店や図書館がなによりも好きで、そんな雰囲気の中でおいしいコーヒーを楽しめるこのカフェは、街でいちばんのお気に入りです。お店に一歩入ると…本棚の重厚な茶色と、とりどりにぎっしりと並ぶ本の数々がただもう圧巻。オランダ語が読めたらなあ!ロンドンやオランダで過ごした学生時代を懐かしく思い出したり…とにかくこの雰囲気が好きなのです。店内のあちこちには、古くて素敵なソファや机、ステンドグラ [続きを読む]
  • 超プチプラなチャージャープレートで華やかテーブル
  • おもてなしはもちろん、普段の食卓でもチャージャープレート(アンダープレート)を使うと、ぐっとテーブルが華やかに。ナハトマンのガラスのチャージャープレートを持っているのですが、重くてなかなか登場しない…笑。なので、軽くて扱いやすいプラスチック製のものを探していたのですが。先日なんと!オランダの100円ショップ的暮らしの強い味方、Actionで、めっちゃプチプラで発見〜!なんと、1ユーロでした!お色は、ゴールド [続きを読む]
  • オランダらしい小さな漁村へ。マルケンとフォーレンダム
  • 日本から母が遊びに来てくれました。早速オランダ国内を週末ドライブ。オランダは、やっぱり小さい田舎の村がかわいい。デンハーグからも1時間ほどで行ける、カラフルな街並みの漁村、マルケンとフォーレンダムへ。めっきり秋も深くなってきたこのごろ。フォーレンダムに着いた時は、町は深い霧の中でした。まずは、カフェで温かい飲み物を飲んで、海辺を散策。港沿いに、お店がたくさん。オランダらしいお土産物屋さんや、チーズ [続きを読む]
  • 蜜蝋の布フードラップを手作りしてみた
  • ずっと、使うのを減らしたいなあ、と思っているプラスチック製品。特にサランラップはね、一回で使い捨てなので。なので食べものの保存には、なるべく蓋付きのガラスのコンテナを使ったり、紙袋を使うようにしているのだけど、今回思い立って、蜜蝋を染み込ませた布製のフードラップを自作してみました。ご存知のように、オランダは環境意識の高い国。それでも、サランラップやビニール袋は普通に売られていて、手軽に買えます。以 [続きを読む]
  • 野菜の型抜きで、季節感をあしらう。
  • オランダでスーパーマーケットでお買い物をしていると、年中だいたい同じ顔ぶれの野菜と対面することに。いつでもあるのは、真冬でも赤い(オランダは屋内で育てる水耕栽培が盛んなのだ)トマトや、色とりどりのパプリカ、形の揃った大きなきゅうり、各種レタス、マッシュルーム、オランダ料理の定番チコリやじゃがいも、人参や玉ねぎなどの根菜類。春の白アスパラガスなど、多少の変化はあるものの、だいたいいつも、同じメンバー [続きを読む]
  • ほんのり秋風味に、raapjesで蕪蒸し
  • なんだかぐっと空の色も秋めいてきて、マルクトにもかぼちゃやさつまいもなど、秋のお野菜がわんさか。このところ、気温も低め、雨がちのお天気のオランダ。なんだか急に温かいものが食べたくて、ことこととかたまり肉を煮たり、ほかほかと湯気を上げて、蒸し物をしたり。マルクトでも、こんな秋の蕪(raap/raapjes)たちを見かけるようになりました。ほんのり赤い見た目ですが、皮をむくと身は真っ白です。たまにすじすじなものに [続きを読む]
  • 【お気に入りstreet案内】Noordeinde
  • デン・ハーグの街は、なかなかお散歩に気持ちのよい場所です。いちばん最初にご紹介したいのは、ここ、ノールトアインデ(Noordeinde)通り。アートギャラリーや趣味にあふれたカフェやショップの立ち並ぶ、うつくしい通りです。花と自転車にあふれているのは、オランダの街はどこも同じ。店先に小さな花壇を整えているお店がたくさん。ワインや食材を扱うグローサリーもたくさんあります。ここはイタリア食材のお店。オランダらし [続きを読む]
  • 週末のお楽しみは、焼きたてのクロワッサン
  • 週末の朝は、お散歩がてら近所のパン屋さんに出かけて(といっても徒歩2分)、朝食にさくさくのクロワッサンやぱりぱりのバゲットを食べるのが楽しみ。ここがいちばん気に入りのパン屋さんです。フランスのオーガニックの小麦粉を使って、フランスのレシピで焼かれるパンは、どれもいい香り。朝の8時開店ですが、数時間で売り切れることも。電話で取り置きのお願いもできます。うつくしいケーキやペイストリーもおいしくて、私も [続きを読む]
  • 砂丘(duin)をお散歩
  • ハーグの海辺には、砂浜のビーチと、その背後にDuin(砂丘/Dunes)が続いています。ブラバント出身の友人が、ハーグに来ていちばんうれしいのは、海岸の景色を楽しめること、そう言ってお気に入りの場所に連れていってくれました。今はあちこちにはまなすが咲いていて、なんだか故郷の北海道を思い出す。はまなすの赤い実もたくさん実っていて、ジャムにしようかな。ジョギングやサイクリングを楽しむ人もたくさんいますが、私達は [続きを読む]
  • 残り野菜で、自家製スープストック作り
  • 水曜日のビオマルクト(オーガニックマーケット)に行く前日は、野菜かごの整理をします。大事にとっておいたヘタや芯も、むいた皮も、骨付き肉から外した骨な手羽先と一緒に、ことこと煮込んで、だしを取ります。腸の健康に良いと流行りののボーンブロス、お野菜のファイトケミカルたっぷりのベジブロス、の両方をいっぺんに。だいたい半日くらい煮込みます。空き瓶に詰めて、冷蔵保存。八角などのスパイスを足して、フォーにした [続きを読む]