北村友記子 さん プロフィール

  •  
北村友記子さん: 気づいたら、幸運体質になっていた。
ハンドル名北村友記子 さん
ブログタイトル気づいたら、幸運体質になっていた。
ブログURLhttp://youkinakamisama.blog.fc2.com/
サイト紹介文幸運体質の作り方、神社仏閣のお話を中心に、日々の気づきを綴ります。
自由文「幸せはいつも自分の心が決める」をモットーに暮らしています。
とにかく文章を読んだり書いたりするのが好きです。
FC2は初めてで、まだまだ不慣れな面もありますが、少しずつ慣れていきたいと思います。
よろしくお願いいたします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供38回 / 58日(平均4.6回/週) - 参加 2017/08/07 23:05

北村友記子 さんのブログ記事

  • 浪漫ドクターキム・サブ
  • ネットで評判が良かったハン・ソッキュのキムサブを見たのですが…途中でリタイアしました。荒唐無稽な設定はともかく。あまりに感情移入できないキャラばかり。飲酒運転で大事故を起こした御曹司が、事の重大さもわからず、平気で朝飯を平らげ母親が「金さえ払えばいいんでしょ」と開き直るとか手術を後回しにされ、父親が亡くなったのを恨んだ娘が病院内に医師のポスター(「人殺し」と書いたもの)を壁一面に貼り続けるとか、警 [続きを読む]
  • 西新井大師に参拝
  • 10月1日に、久しぶりに西新井大師に参詣しました。「写経会」の張り紙をみて、開始10分前に飛び込んで、…参加したのですがどうやら事前申し込みが必要だったようです。大変マヌケな話なんですが、お坊さんが参加者の皆さんに説明しているところへ、そそそ、と入ってそのまま合流したんですね。塗香で手を浄め、経文を唱え、写経をし、終わったらお坊さんに手渡し、そこで朱印を押してもらって納めていただきます。参加費1000円は [続きを読む]
  • 私の中に天邪鬼がいるのだろうか
  • 不思議なのだが、「幸運体質」ブログを書き始めた途端試練が続いている。一時は退職しようかと思うほど厳しい環境に置かれたがようやく雷雲から陽光が差してきた感じだ。以前からうすうす気づいていたが、どうも私は天邪鬼体質のようだ。紙に願いを書くと何故か叶わずネガティブなことを考えると、好転しはじめる。こういう体質の人は、周囲のおすすめ開運法を実践するより自分にあったやり方を駆使する方が良いと思う。というわけ [続きを読む]
  • 夜廻り猫
  • Webサイトでも読めますが、紙の書籍を買いました!夜廻り猫の遠藤平蔵は、涙の匂いを嗅ぎつけると、その対象に寄り添います。そして、そのたびに彼の背中に傷が増えていくのですがひたすら涙の匂いを漂わせる相手に、心を近づけていくのです。あなたは成功します生きてるうちはたのしくだみんな生きてたなって笑いましょう 来年はおまいさんなら できる昨日、付箋をつけた台詞を書いてみました。愛猫を亡くした妻に、夫が気遣い [続きを読む]
  • おみくじが凶だった
  • 最近、いろいろ人間関係等で疲れているので、大好きな高幡不動尊に参拝しました。幸い、本堂内に誰もいなかったので、心ゆくまでお不動様とお話ししてきました!写真は撮りませんでしたが、またまた龍の横顔のような雲も見られました。そして、おみくじを引いたところ…なんと、初「凶」です!普段は、「凶」のないおみくじを引くのですが今回は、「凶」ありのほうを引いてみました。やることなすこと、すべて「わるし」としか書い [続きを読む]
  • 転機のお知らせ
  • 今日も龍の雲を見て、やはり転機が来ているんだな、と思いました。(写真は撮りませんでした)やりたいことに挑戦できる気力と健康な身体をくださって、神様、本当にありがとうございます。機会を存分に生かします。目にうつるモノはメッセージ♪ [続きを読む]
  • 女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと
  • 西原理恵子さんの『女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと』を読了。自分を後回しにすると、誰かを憎んでしまうそんなつらい、苦しい人生はない何があっても最後は笑えると思っていれば大丈夫今の場所が最低だと思うなら、そこを抜け出す戦略を立てる幸せは、自分で取りに行ってください頭の中で、マーカーを引きながら読みました。自分を幸せにするのは自分♪ [続きを読む]
  • 自分を好きになるコツ
  • 私は、お不動様が大好きです。特に、高幡不動尊には強く守られている気がします。一番すごかった奇跡電車内でまばたきした瞬間、コンタクトレンズが眼から落ちたけっこう混雑していた車内だから、もう見つからないだろうと諦めた数日後に高幡不動尊に参拝しようと出かけたら、電車内で発見あり得ない!信じられない!と思いたくなる話ですが間違いなくお不動様に愛されている、と確信した瞬間でもありました。参詣するようになって [続きを読む]
  • 「ありがとう」より愛ある「ばか」
  • 「ありがとう」を何万回か唱えると奇跡が起こるといいますが…何でも試してみないとわからないので毎朝500回唱えることを続けましたが、逆効果でした。原因は、感情を伴っていないからだと思います。感情を伴う「ありがとう」10回のほうが無感情な「ありがとう」1000回より効果がある、というのが私の場合の結論です。例えば、女性が恋人に甘えながら言う「んもう、バ・カ」と選挙カーに乗った候補者やウグイス嬢の「ありがとうご [続きを読む]
  • 手放すとより良いものが入ってくる
  • 先週、晴雨兼用折り畳み日傘を紛失しました。ただ、その傘は少し調子が悪かったんですね。パチンと開かないとか、差しても柄の部分が緩んで縮んでくるとか、傘がしぼんでくるとか。うん、買い替え時だ!なくしたものには執着しない性格です。ネットで検索したら、いい塩梅に1000円引きの商品が見つかりました。不思議なもので、失うタイミングでもっと良いものが手に入るのです。今日はひとり、メンタル病休を訴えてきたスタッフが [続きを読む]
  • パワハラから天命を考える
  • この1か月、上司からややパワハラとも思える扱いを受けています。昨年度は、別の上司のセクハラ行動がありようやく片を付けたと思ったら、一難去ってまた一難。で、思ったのです。神様が「お前はこんな場所に長くいるべきではない、そうメッセージを何度も送っているのに、なぜ具体的な行動を取らない?」と叱咤してきているのではないか、と。上司が悪い、運が悪い、なぜ私ばかり…と被害者意識を持ったら、そこで運気ダウン。自 [続きを読む]
  • 楽観的であれば、幸せな出来事が起こるか?
  • 「いい気分でいる」ことを、できるだけ心がけています。でも、いい気分でいれば、幸せなことしか起きない、ということはありません。例えば、野口英世さんは、赤子のときに囲炉裏に落ちて左手に重傷を負っていますが、その直前まで心になんの恐れもなく、ハイハイしていたのでは、と想像します。「囲炉裏に落ちて火傷を負うイメージ」をもっていたとは想像しにくいのです。「ワクワク気分が寄り集まると、強いHAPPYを呼ぶ」という [続きを読む]
  • 運の良い人の特徴
  • 笑顔、感謝、掃除が開運の秘訣という話を書きましたが加えてもっと大事なことは常に機嫌のいいひとは間違いなく幸運体質です。周囲の運のいい人を観察して気づいたのですがいつも快活で、相手に不機嫌オーラをまき散らさない点が共通していました。内面のネガティブ、ポジティブは関係ありません。自分で自分の機嫌を取れ、周囲にやわらかい態度を常時取れる人は、とにかくここぞというときに、ツキの神様が味方をします。逆に「い [続きを読む]
  • 高幡不動尊参拝(笑顔、感謝、掃除)
  • 乳がん検診で異常がなかったことのお礼参りに高幡不動尊に参詣しました。ここの不動尊とは非常にご縁が深く、参詣するようになってから、天気・交通・諸難消除のおかげをいただいております。京王新宿駅の特急は始発でありながら既にかなり混んでいて「到着まで30分、立ちっぱなしで揺られるのかな」と思っていたらなぜかひとつだけ空席があり、座っていくことができました。高幡不動尊参詣のときは、いつもこういう現象が起きます [続きを読む]
  • 乳がん検診(針生検)
  • 6月に違和感をおぼえ、いつも通っている婦人科に相談したところ「乳腺外科を受診してください」と言われました。そのまま放置していたら婦人科の医師から「きちんと受けてください」と指導されたので7月に乳腺外科を標榜するクリニックを訪れました。まず、触診で異常なし。ただ、エコーで「歪んだ小さいしこりがあるんだよね…」と言われまるっと知識のない私は「歪んだしこりは、良くないのですか」と聞き「良くないこともあり [続きを読む]
  • 浮き輪を投げても気づかない人
  • 自分の機嫌は自分で取るのが、当たり前だと思っている。だが、世の中には、他人が傅いて自分の機嫌を取ってくれるものだと信じ込んでいる輩もいる。そういう人は往々にして周囲が助けようと浮き輪を投げても「私は溺れかけて苦しいのよ! 安全なところから見ているだけで、私の苦しみはわからないでしょ! 早く飛び込んで私を助けなさいよ!」という反応を取る。つまり周囲の好意にまったく気づかず、感謝もせず自己主張ばかりは [続きを読む]
  • 電子書籍より、紙の書籍を愛している
  • 電子書籍のメリットは、場所を取らない、ページが日焼けしない文字を拡大できるなど、さまざまあるのだろうが、私はやはり紙の本が好きだ。昨日「夜廻り猫」をWebで読んでいたのだがいつもの5〜10倍時間がかかるので、かなりしんどかった。開くまでに時間がかかるのとスクロールに時間がかかるのと、ページ遷移に時間がかかるのと…やや苛立ちが募る。紙の感触や匂いを味わいながら、思いついたときにパラパラとめくれる電気が [続きを読む]
  • 夜廻り猫
  • 『夜廻り猫』の漫画を電車内で見かけて、先ほどネットで読みました。手塚治虫文化賞短編賞を受賞した作品とのことです。詳細はこちら。やはり深谷かほるさん、最高です!(深谷さんの『カンナさーん!』は未読ですが、ドラマもヒットしているらしいですね。)私が深谷さんを知ったのは、東北の旅館の図書室にあった『エデンの東北』からです。1970年代の東北を舞台にした家族ドラマ?なのですが、主人公の八重子ママ(表紙の美人さ [続きを読む]
  • しし座新月で皆既日食、パワーの強い日
  • 8月22日の午前3時30分に、しし座新月を迎えました。今回は同時に皆既日食も起きています。皆既日食は「天岩戸開き」と言われる現象でもあり暗闇が一気に明るくなるパワーがあり、これが新月と重なる今日は、非常に力の強い日になるとか。先ほど新月の願い事を書きました。今日から新しいことを始めると良いそうなので新しい財布を使いだします。前の財布は小さすぎて、新札が折れ曲がってしまうので少し縦幅に余裕のある長財布に変 [続きを読む]
  • 感謝の気持ちを率直に伝える
  • ある小説サイトの大ファンなのですが、最近作者様が新作を発表してくださいまして嬉しさのあまり、ファンメールを綴ったところ、感謝にあふれる返信をいただき、しみじみ幸せを味わっています。プロ作家が及びもつかないほどの構成力と、文筆力をそなえた作品を時間をかけて練り上げ、しかも無料で披瀝してくださる。やはり、このことにも感動や感謝をおぼえているわけです。そういう気持ちは、速やかに伝えたいタイプです。黙って [続きを読む]
  • 物事に良し悪しはない
  • 「雪やこんこん」の歌詞に♪犬は喜び庭駆け回り猫はこたつで丸くなる♪というのがある。「雪」を犬は喜ぶが、猫はその寒さを疎む。人間でも、幼い子どもは燥ぐが大人は電車の遅延や雪掻きなどの心配をし、ため息をつく。雪そのものに善悪はない。善悪を決めるのは、その人のこころ次第だ。たまには短文のつぶやきを [続きを読む]
  • 小網神社ー強運厄除の神さま
  • 小網神社に参拝しました。都内で、一番足しげく通っている大好きな神社です。第二次世界大戦時に、小網神社のお守りを持って戦地に赴いた兵士が全員無事に帰還したり、東京大空襲の時に境内社殿が戦禍を免れたりととにかく強運厄除の磐余に事欠きません。私は優しい神様も好きですが、相性がいいのはどちらかといえば厳しい神様なので、ここのピンとした空気にいつも背中を押される気がします。神社参拝の際、参拝者の傾向も見てい [続きを読む]
  • 三峯神社の氣守り
  • 「氣守り 三峯神社」で検索すると、朔日限定の白い氣守りの話がたくさん出てきます。ついたちのみ授与されるレア守りであるため、この日の参拝はおそろしいほど混雑するとか。浅田真央選手が入手したことで、かなり話題になったそうです。私が何が何でも避けたいもの、苦手なものは「人混み」です。よくその心情をあらわすために「明治神宮に弐年参りに行けば100万円与える」と言われても断固拒否するというたとえをします。自由 [続きを読む]
  • 三峯神社の不思議(2)
  • えんむすびの木遠宮(御仮宮)では、不思議な写真を撮影。こちらの記事でも紹介しています。ここは、大口真神(眷属の山犬さん)のお宮なので、ときどき不思議なことが起きるそうです。フル充電したスマホがいきなり電池切れした、とブログに書いていた方もいました。ピンボケした写真はかなりたくさんあるのですが、この一枚は少し妙ですね。山犬さんが来ていたのだな、と思いました。拝殿左のご神木。触れてパワーをいただこうと [続きを読む]
  • 三峯神社の不思議(1)
  • 以前から参拝したかった三峯神社。電車とバスを乗り継いで、到着まで4時間ほどかかりました!激混みバスに50分立ちっぱなしで参拝前から足が棒になった上標高が高いので、わずかの傾斜にもふらつき、息が切れます。幸い暑さもやわらぎ、静かな霧雨が降っていたので新緑の香りを心の支えに、てくてくと山道を歩きます。ほどなくして、到着!三つ鳥居(大神神社も三つ鳥居があります)。両脇の山犬さんたちにも挨拶して、鳥居前で一 [続きを読む]