保守派の読書ノート 林雄毅 さん プロフィール

  •  
保守派の読書ノート 林雄毅さん: 保守派の読書ノート
ハンドル名保守派の読書ノート 林雄毅 さん
ブログタイトル保守派の読書ノート
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/hayashidaitoua
サイト紹介文読んだ本の内容紹介から感想まで記載。 政治経済から歴史、思想、宗教など保守の観点から考察。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供70回 / 76日(平均6.4回/週) - 参加 2017/08/08 06:50

保守派の読書ノート 林雄毅 さんのブログ記事

  • 安倍対池上 不完全な対論
  • 池上:毎回選挙のたびに危機を煽っているのでは安倍:24年は景気悪化と日米関係の危機であった。今回は北朝鮮の脅威、少子化がある池上:少子化は前からある問題だ安倍:消費税を含めた財源を示している。池上:憲法改正は安倍:議論を深めていく途中で中継が途切れ、期待外れの感あり。インタビュー後、峰竜太は森友加計を聞きたかったと述べ、宮崎淑子は総理の表情は厳しかった旨述べた。 [続きを読む]
  • 二階幹事長「余り良い質問ではない」(池上氏へ)
  • 今日も″池上無双″は健在、強気の質問。二階幹事長へ。池上:安倍首相は二階さんを政治技術のある方、と評した。何故貴方にこんなに権力が集まるのか。二階:私が努力してそのようになっている訳ではない。これは余り良い質問ではない。池上:いくつかの選挙区で調整がつかず自民党員が無所属として競い、勝った方を公認する。これは無責任ではないか。二階:無責任ではない。一番良い判断だ。何も困るようなことはない。池上:か [続きを読む]
  • 今日はつまらない?サンデーモーニング
  • 総選挙当日を迎え、さすがのサンデーモーニングも慎重な発言が目立った。寺島実郎:今回は二つの件に注目する。一つ目は投票率、二つ目は比例区における得票率だ。前回は投票率52パーセント、自民党の得票率は33パーセントしかなかった。田中優子:二つの道の何れかを選ぶ選挙だ。一つは将来的に軍事化へ向かう道、もう一つはパリ平和条約や核軍縮へ向かう道だ。それを念頭において欲しい。大崎麻子:今回も女性の立候補は17パーセ [続きを読む]
  • 故野村秋介逝去24年群青忌参列
  • 神奈川県伊勢原市浄発願寺にて法要に参列。後、横浜中華街にて直会に参加。蜷川会長以下、野
    村氏の遺訓に学び更なる民族運動の発展を期し一献した。民族革新会議犬塚議長と一葉。[[img(https
    ://politics.blogmura.com/conservative/img/conservative88_31.gif)]][https://politics.blogmura.com/conservative/ranking.html にほ
    んブログ村 政治ブログ 保守へ(文字を )] [続きを読む]
  • 安倍首相名言集
  • 「美しい国へ」から首相の真髄を伺える特筆すべく卓言をまとめてみた。○小さいころから祖父が「保守反動の権化」だとか「政界の黒幕」とか呼ばれていたのを知っていたし「お前のじいさんはA級戦犯の容疑者でないか」と言われることもあったので、その反動から「保守」という言葉に逆に親近感をおぼえたのかもしれない。○確たる信念を持ちたじろがず、批判を覚悟で臨む、あらたな決意だった。○個人の自由と国家との関係は、自由 [続きを読む]
  • 小野寺五典防相応援演説 山本ともひろ決起集会
  • 今夜は神奈川4区山本ともひろ候補の決起集会に参加。応援演説は小野寺防相。大臣が来ているので、山本氏は防衛副大臣である関係上、市ヶ谷防衛省にて勤務。本人不在の稀に見る集会であった。小野寺大臣演説の内容は○我が防衛省は24時間365日万全の態勢で任務に当たっているので、山本不在もご理解いただきたい。○山本は海外の安保専門のシンクタンクにいた経験があり、政策に精通している。今回の副大臣人事は私(小野寺)が山本 [続きを読む]
  • サンデーモーニング みんなあきらめの表情
  • 今日の放送は、皆本当に元気がない。お察し申し上げる。姜尚中:今回選挙は大山鳴動してネズミ一匹だ。まだ、どこに投票するか決めていない人もいる。どうか投票には行って欲しい。そして次回何をやるか考えて欲しい。大宅映子:希望の党発足時は期待したが、そうはならなかった。尻つぼみだ。荻上チキ:報道は萎縮せず、もっと鋭く政治家を追及すべし。岸井成格:まだ、5割位決めていない人もいる。党幹部の発言でひっくり返るこ [続きを読む]
  • 今朝の報道2001 岸田、細野、小池(晃)等討論
  • 各党論客等が討論江上剛:希望の党は始めは反自民と言っていたではないか。大同団結で行くべきであった。排除は誤り。自民の票を減らして政権へ入り込もうとしているのか(怒りながら)細野:自民と希望は競い合う勢力。自民とは外交は同じくし、内政は違う。小池晃:森加計問題が解決していない岸田政調:安倍首相は直接関与していないが、それを判断するのは国民だ斉藤公明:総理の関与はない。行政の関与は説明責任を果たす福山 [続きを読む]
  • 安倍首相の東京裁判観は正しい
  • 歴代首相で安倍首相程、東京裁判やA級戦犯の方々に対し率直に正当に堂々と我国の立場から発言した人物はいない。以下「美しい国へ」より「A級戦犯とは、極東国際軍事裁判=東京裁判で平和に対する罪や人道に対する罪という、戦争の終わったあとにつくられた概念によって裁かれた人たちのことだ。国際法上、事後法によって裁いた裁判は無効だ(中略)ところで同じA級戦犯の判決を受けても、のちに赦免されて国会議員になった人たち [続きを読む]
  • 自民優勢。″失言″だけは避けるべき
  • 各選挙区情勢を読むと、自民候補者の優位が目立つ。ここで注目したのは、希望候補者への記者のコメントだ。「浸透を図る」「知名度アップに懸命」との表現が多い。逆に読めば彼らは殆ど「浸透」しておらず「知名度」もない訳である。余程の″風″が無い限りは、特に国政選挙において、海の者とも山の者とも分からないような新人には投票しないであろう。自民の強みは殆どが現職である。若手議員でも副大臣や政務官としての実績があ [続きを読む]
  • 山本ともひろ防衛副大臣事務所開きに参加す
  • 神奈川4区自民党山本ともひろ防衛副大臣の事務所開きに参加する。今回4区は、自民党入党したが公認を得られなかった浅尾慶一郎、立憲民主党から元神奈川県議早稲田由季、希望と共産から新人が出馬する乱戦模様。前回、前々回は浅尾が当選している尊き防衛の任に就き、知勇兼備、見識才学手腕ともに備えたる山本ともひろ候補の当選を衷心より祈る[image:[[img(https://politics.blogmura.com/conservative/img/conservative88_31.gi [続きを読む]
  • 安倍首相の日露戦争観 ″乃木大将、桂首相への敬意″
  • 拓殖大学日本文化研究所編「新日本学」平成23年冬号「桂太郎とその時代」という拓大の主催するシンポジウムに当時野党議員であった安倍首相も参加し、その歴史観について発言した。当今政治家で、これほど歴史に精通し明治国家への敬意を発露した方は少ない。以下安倍氏発言分引用「日露戦争は、日本がロシアの属国になるかどうかという瀬戸際まで追い詰められていた。そこで第一次桂内閣は小村寿太郎を外務大臣にします。そして山 [続きを読む]
  • 故中川昭一命日。『最後の手記』を読む「私は深く恥じています」
  • 「正論」平成21年5月号あの悪夢の会見から早8年、中川昭一氏の当時の手記を読む「財務・金融大臣を辞任してから一ヶ月が経ちます。…しかし私の心の中の時計は、しばらく止まったままでした。入院先のベッドの上で、あの忌まわしい会見のことばかり考えていました。何故あんなことになってしまったのか」「もう皆様に会わせる顔がないと思っていたのに、6歳の子供までが、また来てね、と言ってくれる。90歳のお年寄りが、そんなこ [続きを読む]
  • あせるサンデーモーニング
  • 各出演者は戸惑い、あせり、不満が漂っていた。寺島実郎:今や国民と政治の乖離がある。自民党の比例区得票は33パーセントに過ぎず、現政権国家主義の流れは少数派。希望の党はオリーブの木の変則版だろうが、国民の声がない。関口宏:彼らは選挙に勝ちたいだけ。見えてこない。安田美津紀:そもそも、何故解散したのか。森友加計等安倍政権の失政が忘れられていく危機感がある。太田昌克:民意は安保や共謀罪、カジノ法案等に反対 [続きを読む]
  • 小池百合子は選挙後、自民党切り崩しを狙う?
  • ニッポン放送、辛坊次郎「そこまで言うか」より以下辛坊氏の見立て○希望の党が第二民進党の要素を払拭する為に中山夫妻を入れた○志位氏曰く中山氏はウルトラ右翼。これで希望の党は自民党平均値より右に位置付けられる○維新を友党に出来るか。今日の小池松井会談が鍵。提携ならば、大阪から民進党出身を出馬させない○左派斬り、純化路線を目指す以上、小池氏は単独過半数は狙っていない○自公の過半数割れを目指す○ならば、希 [続きを読む]
  • 杉田水脈、自民党より出馬
  • これは吉報中山女史からの誘いを苦渋の思いで断り、自民党より出馬「自民党にお嫁に行きます
    」と中山女史に告げたとの由正に真性保守派、杉田水脈候補を応援します[[img(https://politics.blogmura.
    com/conservative/img/conservative88_31.gif)]][https://politics.blogmura.com/conservative/ranking.html にほんブログ村 政治
    ブログ 保守へ(文字を )] [続きを読む]
  • 民進党リベラル派の方々へ
  • 今回の騒動で大層心を痛めていることと存じます私は自民党支持者ですが、もし民進党の関係者もしくは支持者であったならば、憤慨も甚だしく怒髪天につく思いでございましょう。″安保反対″″憲法改悪阻止″の為に民進党を支持してきたのに、と。故に″良い気味だ″と思うよりも、一抹の寂寥感さえ感ずる複雑な心境でございます。果たして民進党(民主党)とは何であったのでしょうか。批判は大いにありましたが、鳩山菅体制から始 [続きを読む]
  • 「希望の党」中山成彬の安倍擁護は正しい
  • 中山成彬氏が安倍首相のことを弁護し、前原代表を批判、また希望の党への辻元氏らの合流を牽制した。当然だ。中山氏のような真固の保守派にとって、魑魅魍魎の選挙互助会なる希望を標榜する政党には耐えられないであろう。民進党の殆どを吸収し、会見時に国旗を掲揚しない時点で保守でも愛国でもない。小沢氏とも提携する。今に民進党″保守派″だけではなくノンポリ系や有田ら左翼をも吸収しかねない。別段の所見も無く、滔々とし [続きを読む]
  • 希望・民進の野合は自民党に勝てない〜そのデメリットを見る〜
  • 民進党が希望の党へ合流するらしい。実に権力の為に、他人の調子に連れて自ら持する所以を知らぬ雷同政治家の集まりである。只、今回の合流は利点よりも弱点のほうが大きいように思える。○小池氏が国政復帰となると、正に都民への背信行為である○国民は新奇で清潔、改革を求めて希望の党へ期待しているのであり旧套なる第2民進党となっては逆効果○果たして一ヶ月弱で、選挙区調整は万全に出来るのか。民進党内で小池氏に批判的 [続きを読む]
  • ヤクルト小川監督のマネジメント
  • ヤクルトの次期監督に小川元監督に内定した。元スター選手にはない実直な性格と組織の論理に精通する小川氏のマネジメントに共鳴するところは多い。以下、五年前に書かれた「奉仕するリーダーシップ」を参考にし述べたい。「選手はチームのためになんて考えず、自分のためにやって欲しい。責任は私がとる」これは刮目すべき逆説である。とかく、チームスポーツである野球の指導者は滅私奉公の考えを持ちすぎて、選手を萎縮させるケ [続きを読む]
  • ワイドナショー 「アメリカばかりに軍備を任せて良いのか?」ヒロミ
  • サンデーモーニングを見た後だから、こちらの議論は面白く見られた。三浦瑠璃:今回の解散の焦点は安保問題。改憲して自衛隊を銘記するか、今のまま事なかれ主義で行くか。改憲派が三分の二を獲得すれば公明党を説得できる。だから、あえて危険な民意をとる。寧ろ遅れれば遅れるほど状況が悪くなる。ヒロミ:やはり、今こういう状況だからね。戦争が起きる可能性もある。ならば、日本は全てをアメリカにばかり任せて良いのか?松本 [続きを読む]
  • ルペン党首の反EUと福祉政策
  • ルペンが最も強く訴えるのは「自由フランス」の復活である(文藝春秋29年5月号より)即ち「フランス国民を貧しくしたり、不平等を拡大したり、国の産業と富に損害を与えたり、社会保障制度に直接の脅威を与えたりするシステムから国民を守ること」であるその為にはEU離脱である「一国の運命が金融(投機)、多国籍企業、EUの欧州委員会、あるいはドイツの女性首相の利益によって決まるのではなくフランス国民の意思によって決定さ [続きを読む]
  • 辛坊次郎「朝日新聞はバッカじゃないの!」
  • ニッポン放送「辛坊次郎そこまで言うか」テレビよりも毒が鋭い辛坊氏だ。「解散に大義がないと朝日新聞などが言うけれど、バッカじゃないか。彼らは民主主義を分かっていない。一々大義だてする必要もないし、どの道来年には解散する。その時であっても大義がない、と言うのか」「所信表明なぞやる必要がない。表明を行なって解散するほうが、陛下に対し失礼だ。表明をやれ、と言う奴は頭が悪いか、バカをだまそうとしている」「仕 [続きを読む]