Yuri さん プロフィール

  •  
Yuriさん: 40代からのマルチリンガル子育てin アメリカ!
ハンドル名Yuri さん
ブログタイトル40代からのマルチリンガル子育てin アメリカ!
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/yurimom/
サイト紹介文米国人の夫との間に出来た赤ちゃんとの生活について綴っています。家庭保育園も始めました!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供32回 / 188日(平均1.2回/週) - 参加 2017/08/08 13:21

Yuri さんのブログ記事

  • 生後13ヶ月の娘と英語で会話が成り立つようになって来た?
  • 新年明けましておめでとうございます!娘が産まれてからあっという間に2017年が過ぎ、2018年になってしまった気がします。家族みんなが仲良く健康に過ごせますように、そして娘もすくすく、元気に育ってくれますように、それが今年の抱負です。娘の成長は著しく、13ヶ月を過ぎた所から一気に言葉も出て来るようになり、最近では何でもかんでも、すぐに真似するようになって来ました。最近は、家庭保育園の絵カードの鳥シリーズを [続きを読む]
  • 13ヶ月になってできるようになったこと!
  • 毎日、あっという間に過ぎて行き、気付くと13ヶ月を無事迎えました!毎日、語彙がどんどん増えて行って、この時期の成長って本当に早いんだなぁとビックリすることばかりです。忘れないように、13ヶ月になって出来るようになったことを書いておきたいと思います。 ↓13ヶ月になってできるようになったこと!*音楽に合わせてノリノリで踊るようになった!*語彙がどんどん増えて行ってます。 ママ、パパ、夫のファーストネ [続きを読む]
  • 毎日の働きかけの内容
  • 忙しくて、なかなかブログを更新できませんでした〜!クリスマスは、朝、家族でプレゼントを開けましが、娘も一緒でとっても楽しくお祝い出来ました。娘が無事にすくすく育ってくれてくれていることに本当に感謝、感謝です。。。さて、備忘録として、今毎日娘に対して行ってる働きかけについて記録しておこうと思います↓毎日の働きかけの内容*毎日、絵本の読み聞かせ15冊ほど。*ドッツカード1日3回(家庭保育園)。*絵カード [続きを読む]
  • 1歳になってできるようになったこと!
  • ついこの間、産まれたかと思っていましたが、あっという間に1年が過ぎ、無事に娘もこのたび1歳の誕生日を迎えました当日は家族3人でお祝い そして週末にはお友達家族や夫のお母さんもはるばるやって来てくれてささやかな誕生日パーティーを行いました風船を膨らませるためのタンクまで購入して(笑)、1歳の誕生日の飾り付けをしたり、ケーキデザイナーと相談してオリジナルの誕生日ケーキを作ってもらったり、それは楽しい思 [続きを読む]
  • うんてい(ブレキエーション)が子供の育脳にいい!
  • 家庭保育園でも必読とされているアメリカ人のグレンドーマン博士の本がいくつかありますが、その中の1つ「赤ちゃんの運動能力をどう優秀にするか」と言う本で推奨されているのが、ブレキエーション!p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 14.0px 'PT Sans Caption'}span.s1 {letter-spacing: 0.0px}ドーマン博士の本はこれです↓赤ちゃんの運動能力をどう優秀にするか (gentle revolution)posted with ヨメレバグレン ド [続きを読む]
  • クリスマスツリーを買いに行きました!
  • バタバタ何かと忙しくて、ブログを更新するのが久しぶりになってしまいましたアメリカでは大きな家族のホリデー、サンクスギビングも無事に終わり、世間はす〜っかりクリスマスモード どこに行っても奇麗に装飾されたクリスマスツリーが目立つ季節になりました。と、言うことで、我が家でもクリスマスツリーを買いにこの週末、出かけて来ましたランチを食べた後、立ち寄ったのがこのクリスマスツリーのお店↓色々、物色した結果、 [続きを読む]
  • 銃乱射事件が多発するアメリカと地震が多い日本
  • 「痛い、痛い、痛い〜〜っつ!」「出血が多すぎる!!」知らない人からいきなり銃で何発も撃たれ、大出血。赤ちゃんも一緒にいて、赤ちゃんも銃撃を受けたみたい。近くにいた友人が911に電話をして助けを求めたところ「分かりました。でも大人だけでも助けて下さい」とやりとりしているのがかすかに聞こえる。それってどういうこと?赤ちゃんはもう助からないってこと?とにかく、血が後から後から出て来て痛くて仕方ない。どう [続きを読む]
  • どこまで日本語の習得を子供に求めるか?
  • 日本人として日本語が話せる、聞ける、と言う以外にも、娘には「読み」「書き」もきちんと出来るようになってほしいと願っているのですが、そう思っていない親がもしかして最近は増えているのかも?と思うような出来事が最近何度もありました。同じくアメリカ人男性と結婚していて同じ月齢の赤ちゃんがいる仲良しの日本人ママAちゃんと先日話していたのですが、彼女は子供には日本語の「読み」「書き」までは期待していない、と明 [続きを読む]
  • 小学校前のアメリカの学校事情とは?お受験が結構大変!
  • アメリカでの小学校に上がるまでの学校について調べ始めたものの、当初は「Preschool(プリスクール)」と「Pre-K(プリケー)」の違いがごっちゃになって良くわかっていなかったのですが、実際に見て回ってみて、ようやくきちんと理解できました。まとめるとこんな感じ↓ ▼Preschool(プリスクール)0歳から3歳までの子供対象の学校。生後何ヶ月から受け入れるかはその学校により様々。生後3ヶ月から、6ヶ月から、18ヶ月 [続きを読む]
  • 英語、スペイン語の強化のための奥の手!
  • 毎日、絵本を読んだり、家庭保育園の教材をやったり、しっかり日本語で働きかけをしているので今のところ日本語に関しては心配はしていませんが、子煩悩でよく面倒を見てくれるアメリカ人の夫でも、さすがに英語でこまめに絵本を読んであげることをするのは時間的に難しいようなので、英語での絵本の読み聞かせの時間をもう少し増やしたいな〜と思っていました。そして、週1回1時間のスペイン語のクラスだけではやっぱり焼け石に [続きを読む]
  • ママと赤ちゃん向けのスペイン語のクラス
  • 日本人の母親と、アメリカ人の父親を持つ娘にとって、母国語は日本語と英語の2つと言うことになります。だから母国語2つ以外にももう1カ国語、スペイン語を第一外国語として学ばせたいな〜と思っていてずっとそういうクラスを探していました。探したところ、至近距離にある学校で一番幼くても始められるクラスは1歳からで、お母さんと赤ちゃんが一緒に学ぶと言うクラス。それでも待ちきれなくて生後8ヶ月の時にとりあえず体験 [続きを読む]
  • 家庭保育園のいい点・悪い点。
  • 家庭保育園の教材が届いてから、まずはお母さんが読むべき本などを一気に読み、ドッツカードや絵カードも早速始めてみました。少し始めてみて気付いた点を少しまとめたいと思います。まずは、家庭保育園の教材に関して「え〜〜?」と思った点(悪い点):▼友人も言ってましたが、まず絵カードの絵がダサい!(笑)。そしてもう既に使われていないような「CDカセット」「電話ボックス」と言う絵カードまであって古くさい。そろそろ [続きを読む]
  • 家庭保育園の教材が届きました!
  • 家庭保育園の担当者とのスカイプでのミーティングも終わり、早速教材を購入し、アメリカまで転送する手はずを整えましたその時も、担当者の方が丁寧に1箱ずつ中身と重さなどを事前に丁寧に教えて下さったので、転送手続きもスムーズに行きましたただ、海外発送のために別途かかった運送料が馬鹿にならないほど高かった・・・それはともかくとして、思ったよりも早く、海外発送してから4〜5日くらいで無事に家に届きました。段ボ [続きを読む]
  • 早期幼児教育その③ 家庭保育園に決めた理由
  • 実家のある地区の家庭保育園の担当者からメールが来て、スカイプで話す日程を決め、いよいよお話を伺うことに。その方が本当にいい人で2時間以上、丁寧に色々説明をしてくれました。まず、家庭保育園とは才能、人格ともに優れた天才として偉大な人生を送ったカール・ヴィッテにその父親が授けた早期教育を元に開発した胎児から3歳までをベースに、6歳までの子供を対象とした教育システムで、子供の興味をかきたて、親子で楽しく [続きを読む]
  • 早期幼児教育その② 家庭保育園に出会ったきっかけ
  • すくすく育って行く娘を前に、何か体系だった早期教育をやってあげたいと思いつつ、何がいいのか分からなくて迷っていたそんな時、私の両親に娘を会わせるために日本に2週間程一時帰国する機会がありました!初めての飛行機にドキドキしながら乗り込んだものの、娘は意外と大丈夫で、13時間にも及ぶ飛行時間の間、ほとんど機内で寝てくれていてホッとしました。日本滞在の間は、両親と旅行したり、友人たちに会ったり、親戚周り [続きを読む]
  • 早期幼児教育その① 何がいいの?
  • 毎日子育てに全力投球しているうちに、あっという間に生後6ヶ月を迎えてしまいました♪ ここまで無事に育ってくれたことが本当に感無量です。最近は生後6ヶ月の時は「ハーフバースデイ♪」としてお祝いするものと言うことで、家族でこじんまりお祝いしました。以下はその時のケーキです。そんな中、すくすくと育って行く娘を目の前にして、どんな「早期教育」「働きかけ」を今後したらいいの?と妊娠中からずっといつもオンライ [続きを読む]
  • 生後100日目のお食い初め!
  • 一生懸命育児に没頭しているうちに、あっという間に生後100日目が近づいて来ました。日本にいるママ友たちが「お食い初めをやるわ」と言うのを聞いて、「アメリカだけどせっかくの記念だからやってみよう!」と言う気になり、頑張って準備してみました。まず、お頭付きのタイなど日本料理などが手軽にぱっと買えるような環境ではないのでどうしようかと考えた結果、以前、ある仕事でご一緒したことがある地元では唯一ミシュラン [続きを読む]
  • 出産直後〜新生児のお世話!
  • 無事に出産し、2泊3日で退院してから自宅に到着。家ではわざわざ遠くから初孫に会いに来た夫の両親がまだかまだかと待ち構えていて大歓迎してくれました。帰宅して一息つく暇もないまま、初ママとして、娘のお世話が開始!生まれたての娘は本当に目を離したらいなくなってしまいそうな、はかない存在過ぎて、寝ている間でもちゃんと息しているかどうか確認していないと怖くて怖くて・・・・。自分が睡眠を取るどころではありませ [続きを読む]
  • バイリンガル・マルチリンガル子育て② 英語以外の外国語
  • 夫が日本語が話せないアメリカ人なので、家庭での会話は英語。そして私が母国語の日本語で話しかけ、夫が英語で話しかけ、家の外に出れば英語の環境、と言うことでこのまま行けば日本語と英語のバイリンガルにはなってくれるだろうと期待しています。ただ、これから娘が生きて行く時代にはよりグローバル化が進み、1つの国にとらわれず国境を越えてどこでも生きて行ける能力が今よりも一層必要になるのではないかと考えています。 [続きを読む]
  • バイリンガル・マルチリンガルの子育て① 基本編
  • 夫が日本語は話せないアメリカ人なので、娘には最低でも日本語も英語も両方出来るようになって欲しい、と思い妊娠中からバイリンガル、マルチリンガルの子育てに関する本を和書、洋書含め色々読みあさりました。感想としては読む前から想定はしていた内容だったものの、結果として再確認したのは以下のことです ↓▼産まれたばかりの赤ちゃんにとってはどの言語も「外国語」であり、「6〜7歳くらい」まで、特に「3歳まで」であ [続きを読む]
  • 出産後ついに退院、赤ちゃんと帰宅♪
  • 35時間かかった出産は大変だった気もしますが、済んでしまうとあっという間だった感じです。ちなみに出産した病院は全室個室のスイートルームで、入院後に入った部屋のベッドの上で出産した後、別の少し小さめの個室に部屋を移動になりましたが、ここも居心地がいい空間でした。そして何より嬉しかったのは、病院にデリバリーサービスがあったこと!病院食と言う感じでは全くなくて、本当に普通の食事のメニューがあって、そこか [続きを読む]
  • 40代の高齢出産について
  • 45歳で子供を産んだと年齢をブログ上で出すことについては当初かなり抵抗がありました。特に日本人から高齢出産についてこれまで差別的な発言をされることが実際に何度もあったからです。まず、妊娠したことを知った同級生の友人の第一声は、「おめでとう!」ではなく、「(その年で産むなんて)ずいぶん勇気があるのねぇ」と、あり得ないことをやってのける図太い神経の人、と言うニュアンスで、正直言ってショックを受けました [続きを読む]
  • 無痛分娩について
  • 無痛分娩とは、ご存知の通り背骨の脊髄に近い場所にチューブを入れて麻酔薬を注入し、陣痛の痛みをやわらげながら出産する方法です。(ちなみに背中に針を刺すときは、結構な痛みを伴います(苦笑)。)日本ではまだ無痛分娩を行える病院自体が限られてることもあり、無痛分娩をした人もかなり少ないそうですが、(※2008年の厚生労働省によるアンケート調査の結果、日本で推計される無痛分娩を受けた割合は、2.6%だそう。)、アメ [続きを読む]
  • ついに出産!その③ 感無量・・・。
  • 入院してからかれこれ35時間。無痛分娩で臨んだのに、痛みに苦しみながら死にものぐるいで頑張った結果、ようやく娘が無事に産まれました!産まれた瞬間、絶対に嬉しくて泣くと思っていたのですが、あまりに茫然自失過ぎて、産まれた瞬間は何がなんだか分からず・・・(苦笑)。でも、産まれたばかりの娘を私の胸の上に置いてくれて、ようやく実感が湧いて来ましたか、可愛いっっっ〜〜〜!!!生まれたてはよく「猿みたいで可愛 [続きを読む]