健次郎 さん プロフィール

  •  
健次郎さん: 癌治療情報
ハンドル名健次郎 さん
ブログタイトル癌治療情報
ブログURLhttp://kyotomura4592.hatenablog.com/
サイト紹介文癌を克服する為の癌治療情報
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供145回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2017/08/08 17:11

健次郎 さんのブログ記事

  • 病気と先祖の関わり
  • 病気になる原因の30%は、血液の汚れで、その血液を汚すのは、冷え、栄養、睡眠、排泄、運動、薬物などが関係し、残りの70%は「心」と言われています。その「心」は、顔が一人一人違うように、各々が違った「心」を持っていて、その「心」は、その方の個性であり、ご先祖から引き継がれた「心」でもあります。「心」は、因縁や運命、細胞、免疫も動かし、病気を呼び寄せて来ます。全ての人が健康で仕合せになりたいと願 [続きを読む]
  • 癌に勝ために・・・・
  • 癌は、血液が汚れる汚染源を止めないでいると、癌は毒素をどんどん集め大きくなり続けます。体内に溜まった薬品・化学毒は、いち早く排出する努力が必要です。毒素の排出には解毒器官である肝臓の働きを活性化することが大事です。私たちは生活のなかで数えきれないほどの毒素を体内に入れていますが、肝臓の働きが低下すると、血液が浄化出来ず癌細胞が増殖する環境が出来てしまいます。血液が汚れると免疫力も低下し、さらに [続きを読む]
  • 癌に負けない免疫力の高める方
  • 発酵食品と食物繊維は、腸の環境を整えるのに不可欠なもので、腸内環境を整えることは、便秘の解消に結びつき、肌荒れといったトラブルを減らし、大腸がんなどのリスクを減らしてくれます。たんぱく質やビタミン、ミネラル類は、免疫細胞を産生し、活動を活性化するのに必要で、健康的な生活に直結しています。免疫力を落とさないために毎日の生活で心がけたいのは、自分の平熱を知ることです。「体温が1度下がると免疫力は [続きを読む]
  • うつ病になるのは、脳の栄養不足から
  • うつの病気は、うつ病になりやすい性質である遺伝的要因、几帳面で責任感が強い方、他人からの依頼を断れないない方、ストレスを溜めやすい方に多く、環境の変化、睡眠不足、運動不足、食生活の乱ね、身体の病気、薬の影響 といった環境的要因など、複数の要因が重なりあって発症しています。うつ病には、ミネラルなどの栄養不足による神経伝達物質のセロトニン、ノアドレナリン脳の物質不足で・・・・・。朝・昼・夜の3度 [続きを読む]
  • 老廃物やストレスを溜めこまない生活
  • 腎臓は、血液の浄化工場の役割をしていて、老廃物を濾過して、不要な物をおしっこと一緒に外に出す働きをしています。加齢と共に老廃物が排泄しにくくなって行くのは、喫煙の習慣、乱れた食生活、過度の飲酒、仕事、家事、育児、ストレスなどの身体の負担が増えているからです。自分の生活スタイルを見直して、老廃物やストレスを溜めこまないようい生活を送れるように心がけたいものです。身体に溜めこまれますと、あっと [続きを読む]
  • 体に最もよい自然水の作り方
  • よい水は、食べ物をおいしくするのはもちろん、健康によい効果があります。市販されていますミネラルウォーターは、カルシユウムが浮遊しているだけで、体内に吸収されにくい状態になっています。よい水は、ミネラルがバランスよく溶け込んでいる水です。よい水は、美味しく飲めて、体内へのミネラル吸収率が高く、その吸収過程で有害な物質も発生しないで、体をよい状態へと導いていきます。よい水は、浄水器で作った水に [続きを読む]
  • 自然治癒力や治癒力を高めれば、がんは自然退縮
  • 私たちはこの自然治癒力のおかげで生命がそのものが保たれ、末期癌と言われたにも関わらず、大きな塊がいつの間にか消えていたという人もいます。これが癌の自然治癒や自然退縮といわれるものです。自然治癒力や治癒力を高めれば、がんは自然退縮することも有り得るのです。癌を克服した人の着眼点は、がんそのものではなく自然治癒力です。自然治癒力や免疫力を高めるのに期待できるのが乳酸菌エンテロコッカス フェカリス [続きを読む]
  • 抗癌剤治療に耐える為には
  • 癌と戦うためには栄養状態と十分な筋肉がとても大切で、筋肉が減ると、合併症になったり、抗癌剤の副作用が強くなります。その事を裏付けするように、肥満の方の術後の回復も良好で生存率が高いそうです。術後の回復エネルギーを生み出すために筋肉が分解されて体重が減りやすので、筋肉が十分であれば、手術に耐え、速やかに回復する余力が出てきます。筋肉は休めるとすぐに衰える半面、鍛えれば維持がてきますから、散歩や [続きを読む]
  • ポッコリお腹のダイエット
  • なかなかとれないお腹の脂肪、長年、肥満になるのは原因は、脂肪だと言われていて、カロリー制限を指導されてきましたが、本当の原因は糖質です。アメリカ人の場合、食品に添加された糖を年間なんとおよそ60kgも取っているそうで、1日に小さじ約22杯になります。糖質は、内臓脂肪が増え、多くの生活習慣病を生み出していることも明らかになって来ています。中年男性の多くが悩むポッコリお腹油っぽいものを食べた脂肪でなく糖 [続きを読む]
  • 癌を克服するには
  • 癌は、血液が汚れる汚染源を止めないでいると、癌は毒素をどんどん集め大きくなり続けます。 体内に溜まった薬品・化学毒は、いち早く排出する努力が必要です。毒素の排出には解毒器官である肝臓の働きを活性化することも大事です。私たちは生活のなかで数えきれないほどの毒素を体内に入れていますが、肝臓の働きが低下すると、血液が浄化出来ず癌細胞が増殖する環境が出来てしまいます。血液が汚れると免疫力も低下し、さら [続きを読む]
  • 夏バテの原因は、肝臓の疲労から
  • 夏バテの原因は「肝臓の疲労」と関係があると言われています。夏バテの主な原因は、「冷たいものや生ものの食べ過ぎ」、「冷房による体の冷え」、「暑さによる睡眠不足」の3つが代表的なものです。肝臓は「お酒のアルコールを解毒・分解するところ」というイメージが強いですが、様々な機能により人間が活動するための大量のエネルギーを生み出し、蓄えるというのが肝臓の重要な役割です。肝臓で生み出されたエネルギーは全 [続きを読む]
  • 気になる体臭は、肝臓の疲労から
  • 体臭が気になると感じたら、もしかしたら肝臓の疲労が原因かもしれません。「疲労臭」とも呼ばれ、アンモニアのような臭いがします。体臭は自分ではなかなか気づきにくいものなので、寝た後の枕や布団の臭い、洋服の臭いなどでチェックしてみましょう。肝臓が疲れてくると、体内の毒素を十分に解毒できなくなり、解毒できなかった毒素が血液を通して体内を巡ることで、体臭の原因となるのです。不規則な食事、水分不足、ダイエット [続きを読む]
  • 夏バテ対策
  • 夏バテは、夏の暑さが原因だけでなく、慢性的な脱水状態、寝不足、身体の冷え、栄養不足など様々な要因から夏バテを引き起こしています。夏バテは、腸内環境を整えるだけで解消出来ます。夏は、外は暑く室内はクーラーなどで寒かったり、暑いので冷たい飲み物を飲んだりしますから、これが原因で内蔵が冷やされて働きが悪くなり、便秘や下痢の原因になり、それが続くと腸の機能が落ちてしまい、悪玉菌が優位の腸内環境になってしま [続きを読む]
  • 健康を維持するには、毎日、1兆個の乳酸菌を摂る必要
  • 人間の腸管の中には、約100兆個の腸内細菌が存在し、日和見菌・善玉菌・悪玉菌の3種類の腸内細菌がバランスを取ることで、良好な腸内環境を構築しています。このバランスを維持するには、毎日1兆個の乳酸菌を摂り続けることがたいせつです。なぜなら、100兆個の腸内細菌がバランスを崩しているのに、数千個程度の善玉菌を増やしたところで、バランスは改善されないためです。では、1兆個の乳酸菌を摂ろうとすると、どれくらい [続きを読む]
  • 水虫は、治せます
  • 日本人の五人に一人が水虫患者と言われ、近年では若い女性患者が急激に増加する傾向にあり、まさに国民病と言っても良い状態です。水虫は、カビの一種の白癬菌が原因と言われ、市販の水虫の薬に頼っても、治すことができない方が多いのでないでしょうか。何十年も治せなかった水虫、総合栄養食品と肝臓サプリを飲み始めた処、すっかり治り、きれいな足になりました。水虫は、肝臓と関わっていることが分かりました。水虫 [続きを読む]
  • 医療技術は発達しているのに、病気が増え続ける日本
  • 日本人の平成27年度の死因1位 ガン・・・・・・・・約36.8万人2位 心疾患・・・・・・・約19.7万人3位 肺炎・・・・・・・・約12.0万人4位 脳血管疾患・・・・・約11.4万人     3位の肺炎は、抗癌剤の副作用により免疫力が低下し、それによつて肺炎になる方が増えているからです。現代人の疾患糖尿病患者・・・・・・・・約316万人    予備軍1620万人高脂血症・・・・・・・・・約2 [続きを読む]
  • 疲れた時に、栄養ドリンクに頼りすぎていませんか
  • 疲れた時や体調が悪い時に、栄養ドリンク類に頼っていませんか。その安易な行動が、のちに大きなしっぺ返しとなってあなたの体に襲い掛かるかも知れません……。栄養になるはずの栄養ドリンクからしっぺ返しは・・・・。ドリンク剤によっては少量のアルコールを含むものが存在しています。アルコール入りのものは、飲んですぐ元気になりたいという短期的効果を狙うときにはいいかもしれませんが、実は、一種の興奮剤のような [続きを読む]
  • 病気は、細胞のバランスの崩れから始まる
  • カルシュウムはミネラルの一種で、マグネシュウムと一緒に摂取してこそ真価を発揮してくれます。私たち、人体の基礎である細胞は、細胞内液と細胞外液からできています。細胞外液にはナトリウムが、細胞内液カリュウムが満たされ、バランスをとています。これが、健康の状態で、このナトリウムとカリュウムのバランスが崩れると高血圧や癌などおそろしい現代病になります。カルシュウム補強食品や薬剤をいくら食べても、効果はなく [続きを読む]
  • 肝臓からのSOS
  • なんとなく疲れが取れない、足のむくみが気になる、いつもは美味しく感じるものが美味しくないなど、なんとなくモヤとした不調を感じることはありませんか。これらの症状には肝臓の機能が低下している可能性が考えられます。肝臓が疲れていると、どんなことが起きるでしょう?本来解毒されるはずの老廃物は、ろ過できなくなるためそのまま体内に残ります。エネルギーとして代謝しきれなかった栄養は中性脂肪となり蓄積されま [続きを読む]
  • 人類は癌に勝てるのか
  • 今、日本人の癌死亡者は40万人を超え、総死亡者の3分の1を占めています。新たに癌と診断される方が、年間50万人以上になります。癌細胞は、15〜20年かけて増殖期わ経て癌細胞へと変化します。毎日、体内では2000〜3000個生まれています。それなのに、全員が癌にならないのは、免疫機能が正常に働いているからです。完璧な防御体制があるのに、なぜ50万人の方が癌になるのか、その原因は、血液の汚れです。血液が汚 [続きを読む]
  • 頑固な首や肩のこり
  • バソコシやスマホは便利なものですが、小きな画面を前屈みになっでじっと見づづけているしと、首や肩に老廃物や疲労物質が蓄積して行きます。首や肩に老廃物がどんどん蓄積され、強い疲れを溜め込むことになり、疲れで老廃物がたまった首や肩への血流が悪くなりますから、強度「こり」になってしまいます。首や肩のこりをよくする方法として「湿布」ですが、湿布した時は、「スースー感」で一時的に痛みが和らぐだけて、老廃物 [続きを読む]
  • 冷え対策を間違っていませんか
  • カイロを使って部分的にに温めますと、脳は「体が熱い!冷やさなくては!」と勘違いして血管を収縮します。結果的に血流が滞って体は冷え、老廃物も滞ってしまいます。首や手首、足首には、大きな血管が通っていますので、ここを温めると全身を効率よく温められます。冷え性の原因である血行不良を改善するためには、毎日、1日に1回膝より下にシャワーで約1分程度冷水を掛けて冷やすことです。水の冷たさを感じなくなっ [続きを読む]
  • 心臓の左上に溜まる疲労物質.
  • 心臓の左上のゴミ箱体の中で発生する、疲労、外部から侵入するウイルスや細菌、脂肪、タンパク質、毒素、つかわれなくなった栄養素なとを回収してくれるのがリンパ液です。リンパ液は全身にはりめぐらされたリンパ管を通って心臓に向かって流れています。全身に800個存在するリンパ節は、ゴミ箱になり、ここに汚れを捨てて、きれいに保ってくれています。処理しれなかったゴミは、心臓に流れ込む前に、心臓の左上のゴミ箱 [続きを読む]
  • 癌と診断される15 〜39歳2万人を超す
  • 国立がん研究センターは、癌と診断される人の数は年間2万1400人を上まわる推測結果を発表癌の種類別では血液や生殖器の癌が多く、30歳を過ぎますと乳がんや子宮頸がんの方が増えています。乳がんになる原因日本では今、「乳がん」が急増しており、年間約4万人が乳がんに罹っています。乳がん増加の背景には、日本人の食生活の欧米化による肥満や、女性の社会的進出にともなって増加している高齢出産や独身の増加などがありま [続きを読む]