健次郎 さん プロフィール

  •  
健次郎さん: 癌治療情報
ハンドル名健次郎 さん
ブログタイトル癌治療情報
ブログURLhttp://kyotomura4592.hatenablog.com/
サイト紹介文癌を克服する為の癌治療情報
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供57回 / 69日(平均5.8回/週) - 参加 2017/08/08 17:11

健次郎 さんのブログ記事

  • ミネラル水が癌を治す免疫力や治癒力を高める
  • ミネラルを補充したくらいでがんを消滅させたりできるわけがないと多くの人は考えるかもしれません。たしかに、ミネラルにはがんを直接殺す作用はありません。しかし、体の免疫力や抗酸化力や再生能力などは、必須ミネラルが不足していると満足に行なうことができないのです。免疫力と密接に関連するミネラルに亜鉛があります。亜鉛は300種類もの酵素の働きに必要で、細胞の成長と分裂に重要なカギをにぎっているため、亜鉛が不足 [続きを読む]
  • 癌細胞を死滅させる飲物と食物
  • 1.クエサン水体内に、乳酸がたまると、ミトコンドリアは弱って、その中の「クエン酸ワイクル」が停滞、停止します。ガンの周囲を囲うように、その大量の乳酸がだまり、そのあたり一帯が酸性になると、ミトコンドリアは弱って、その中のクエン酸ワイクルが停滞、停止します。 しかし逆に、そうした逆境下でも、がん細胞内でミトコンドリアが正常に働くようにしてあけると、増殖や転移といった性質が抑制されます。 ガンが作ったくさ [続きを読む]
  • ガンを治すには
  • ガンを治すには、身体をアルカリ性に保ち、自己治癒力(アルカリPhレベル→7.5以上に)を高める必要がありますガンを治すには、身体の解毒が必要です。次に、身体をアルカリ性に保つことです。そして、緑色の葉や野菜に含まれるクロロフィルの効果で酸素を多く体内に取り入れることです。身体をアルカリ性に保つにはカルシウムや他の微量元素ミネラルのサプリメントなどを飲むのが効果的です。これでガンは消えて行きます。http: [続きを読む]
  • 膵臓がん危機から脱出
  • 平成26 ・27 ・28年の健診では、膵臓ガンの腫瘍マーカーであるcAI9・9はそれぞれ47 ・46 ・52と正常値(37)より少し高かったのですが、個人差もあるだろうとのことで、要経過観察となっておりましたところが、今年2月の健診で、何と52正常値の約15 倍にあがっていました。膵臓ガンの可能性が高い。精密栓査を受けてください」とのこと。これが3月17日のことです。「膵臓ガンは一番治り難いガンだな、そういえば父親も同じ年齢の時 [続きを読む]
  • アメリカの西洋医学に代わる代替医療
  • アメリカでは、西洋医学に代わる代替医療は、日本よりも10年進んでいると言われています。免疫を上げる食品は、腸内環境の改善、活性酸素の消去、血流の改善、これらにより、結局は自己免疫を向上して、自分自身のナチュラル・キラー細胞を活性化させ、この細胞がガンを攻撃し、ガンを消滅させる事は、自宅においても出来る事です。免疫さえ上げる事が出来れば、ガンは治ります。アメリカは2001年頃に、ガンの原因は肉食にある事を [続きを読む]
  • クエン酸サイクルを正常すれば、「癌」の再発や転移を防いでくれます
  • クエン酸は細胞の活性化を助けるので疲労回復も期待できます。乳酸がたまると、ミトコンドリアは弱って、その中の「クエン酸ワイクル」が停滞、停止します。ガンの周囲を囲うように、その大量の乳酸がだまり、そのあだり一帯が酸性になると、ミトコンドリアは弱って、その中のクエン酸ワイクルが停滞、停止します。 しかし逆に、そうした逆境下でも、がん細胞内でミトコンドリアが正常に働くようにしてあけると、増殖や転移といっ [続きを読む]
  • 悪性ガンは腸から治せば再発しなくなる
  • 抗ガン剤治療を受けた後の血液の状態は、ボロボロで、毒性で全身の血液細胞がやられてしまいます。これがさらに新たなガン細胞を作る血液となるから、いくらガン組織を破壊しも、小さくしても、全く意味がなく、再発や転移を繰り返すだけです。 断食か酵素断食のような少食で宿便を出して腸内を一掃する事から始めないと、本当にガンは治りません。ガンはガンから生まれるのでなく、腸と血の汚染からです。根本的な原因を絶つ事は [続きを読む]
  • ミネラル補給で、乾燥肌解消
  • 肌に保湿とミネラル補給を男女を問わず、毎目欠かせないのが洗顔。その日一日さわやかな笑顔ですごすため、そして外気にふれ、少々疲れぎみの肌に栄養と潤いを補うためにさまざまな洗顔用品が市販されています。最近の洗顔用品は保湿成分や栄養成分が配食されているものが多く、品質的にも非常に優れているといえるでしょう。でも、男性の中には,石鹸以外は使ったことがないという人もまだまだ多いですし、肌荒れに常に気を使って [続きを読む]
  • 化粧品のノリ゛抜群に
  • スキンケァ用品にカルマックス2〜3滴加えれば、化粧のノリが抜群に顔の肌の状態は、夏の強い日差しや冬の乾燥した風の影響など季節の変化でも大きく左右されますが、睡眠 時間や食べ物、ストレスなどその人の生酒状態によっても変化します。朝起きて、いざ化粧をしようとしても、ミネラルなどの栄養分や水分の不足で肌はカサカサ。化粧水・栄養クり1ムなどでスキンケアに気をつけていても、化粧ノリが悪くて一日、楽しめないこと [続きを読む]
  • 濃縮乳酸菌が免疫力を高める
  • 濃縮乳酸菌の効果人間の腸管の中には、約100兆個の腸内細菌が存在しています。善玉菌・悪玉菌・日和見菌の3種類の腸内細菌がバランスを取ることで、良好な腸内環境を構築しているのです。このバランスを維持するには、毎日1兆個の乳酸菌を摂り続けることが推奨(死菌なら)されています。なぜなら、100兆個の腸内細菌がバランスを崩しているのに、100個程度善玉菌を増やしたところで、バランスは改善されないためです。では、1兆個 [続きを読む]
  • ピカピカの歯で、健康で長生き
  • 歯や歯ぐきを強化「じょうぶな歯は長生きの秘訣」といわれるように、食べ物をよりよく消化 ・吸収し、体を快調に維持していくためには歯の健康が不可欠です。しかし、現代の食生活では全体に力ルシウムなどのミネラルが不足しているため、虫歯や歯槽膿漏などに悩んでいる人も少なくありません。市販の歯みがき粉にはつぶ塩や酵素が入っているものも多く出ていますが、弱くなっている歯や歯ぐきを元から改善していくには、不足し [続きを読む]
  • 高分子コラーゲンが癌細胞を退治
  • 美容目的のコラーゲン製品の多くは、低分子コラーゲンを配合したものになります。高分子コラーヴンは、低分子コラーヴンより吸収はゆっくりで、コラーヴンは、18種類のアミノ酸がつながってできており、繊維状の分子が3本、ロープのようにより含ねさった状態で存在しています。 アミノ酸配列がそのままの状態の高分子コラーヴンは、体内に入ると一部は消化されな [続きを読む]
  • 飲むリンゲル液のつくり方
  • 人体には20数種類のミネラルが必要で、その筆頭がカルシウムであることはすでにお話ししました。そして、そのミネラルのバランスが大事だということも申し上げました。ですから、どんなによいミネラルでも、それだけを単一に摂ることは偏りにすぎません。では、どのようなバランスで必要なミネラルを摂取したらよいのでしょうか。それはズバリ「人体体液組成」としてのバランスです。人間の体に取り込むミネラルは、体液組成と同 [続きを読む]
  • 果物や野菜・気になる農薬が、簡単に落とせるカルマックス
  • レモンやオレンジのように、市場に出回っているもののほとんどが、外国からの輸入品で、いちばん気になるのが「農薬」と「防カビ剤」です。いままでの農薬落としというと、台所用洗剤で洗ったり、水道の水を流しながらタワシでこすったりと、個人個人いろいろな方法でしてきたのではないでしょうか? しかし、これからは、この木溶性イオン化カルシウムを使って簡単に農薬を落としてください。力も洗剤も必要なく、容易に農薬を落 [続きを読む]
  • さくらぼ・ぶどうのうま味を逃がさないカルマックス
  • さくらんぼ、ぶどう、プラムのように外皮がピンと張っていて、中の果実の水分がたくさんあるほうがおいしい果物の場合は、保存する際に水溶性イオン化カルシウムを上手に使うと果物のうま味を逃がさずにすみまず,これらの果物を忘れて冷蔵庫に数日人れておいただけで・水分が逃げてしまい、果実の外皮がジワシワになってしぼんでいるのをよく見かけます。こうなってしまっていると、どんなに果物がおいしいといっても、もう食べる [続きを読む]
  • 抗ガン剤の苦しみから解放
  • 5年ほど前のことですが、腹部が苦しく、尿が出なくなってしまったので、泌尿器科の医師に相談、婦人科を紹介され、卵巣腫瘍と診断されました。子宮ガン検診を毎年受けていただけにショックでしだ,しかも、最初の手術では、 開腹したものの腫瘍の癒着が見られ、溜まった腹水を取り除くだけで。結局、胸の部分から管を通して腹部に抗がん剤を注入。その後の再手術で子宮と卵巣を全摘出しました。それでも治療は終わらず、手術し [続きを読む]
  • 牛乳のコクがよみがえる
  • 「どうも最近の牛乳は水つぼくておいしくない」「牛乳にコクがなくなってきたと思わない」どうも近頃の牛乳はあまり評判がよくないようです。その原因はエサや銅青時の飲み水の問題や、高温殺菌や乳脹肪分の調整などさまざまな事例があげられます。しかし、なによりも問題になるのは、これらの人的作業のために貴重なカルシウム源である牛乳の栄養バランスが崩れるという点でしょう。特に高温殺菌した牛乳のカルシウムは、不溶性の [続きを読む]
  • 古く硬くなったパンが焼きたてのパンに
  • かたくなったパンにスプレーおいしいと評判のパン屋さんで買ってきた食パン。しかし、2、3日袋に入れておいただけでもうカヂカチ"困りましたね。こんなときは、トーストする前に500・倍に薄めた水溶性イオン化カルシウムをバンにスプレーしてみてください。デンプン粒子がふくらみ、みちがえるほど、ふっくらおいしいトーストに焼き上がります,もちろん食パンだけでなく、マフィンやバターロールなど、ほかのパンにも応用してくだ [続きを読む]
  • 朝ご飯がグーントおいしくなる
  • 最近は若者瘤を中心としてパン・コーヒー派が多くなっていると聞きますが、やはり栄養而や腹もちがいい、などの那由から、「朝ごはん」も見直されています。そこで食卓の必需品となるのが、味増と醤油。同じ大豆をた原料にするこれらは、日本を代表する調f料です。もともと米・大店など殻類は、カルシウムやマグネシウム、カリウムなどミネラルを多く含んでいるほうがおいしくなりますから、水溶たイオンitカルシウムを添加すれば [続きを読む]
  • 元気が出る亜鉛酵母発酵ミネラルエキス
  • カルマックスθは、(ヒバマタ・亜鉛酵母発酵ミネラルエキス)は特許製法により、ヒバマタ(北欧海藻)と亜鉛酵母を発酵液化したもので、現代人に不足しがちな亜鉛をはじめとしたミネラルをイオン化し、より吸収しやすい液状にしたものです。          体に最もよい水が作れます。http://ckkm.main.jp/newpage7.htm亜鉛(あえん)はミネラルの中でも不足しやすい栄養素で、腸管での吸収率も約30%程度と低いため、食事 [続きを読む]
  • 二日酔いしない、おいしい酒になる
  • アルコールは百薬の長というものの、飲みすぎれば毒にもなることは皆さんご承知のとおり。つらいつらい2日酔、水溶性イオン化カルシウムを上手に利用して防ぎましょう。まず、2日酔のメカニズムから。原因は、はっきりしています。「飲みすぎ」です。体の中に取り入れられたアルコールは分解され、酸化し、アセトアルデヒドという物質が生成されます。アセトアルデヒドは、さらに酸化されて酢酸となり、最終的に炭酸ガスと水にな [続きを読む]
  • 本当によい塩が簡単につくれる
  • 最近、塩がなにかと話題になっています。本来の塩のよさが再認識されるようになり、さまざまな商品が開発され、まさに塩ブームといっても過言ではないでしょう。もともと海水から堀田法で作られていたころの塩には、少なからず塩化ナトリウム以外のミネラが含まれていました。海水には全ミネラル元素が含まれ、食塩は本来、ミネラルの宝庫である海水の濃縮物であったのが、現在のイオン交換法や平筆塩では、塩化ナトリウムの純度が [続きを読む]
  • 死の4重奏から救うFK−23菌
  • 私たちは年を重ねること一加齢一は止められませんが、医学の進歩に伴って身体の老化を遅らせること一抗老化一は可能になってきました。「いつまでも若々しく、元気に暮らしたい」という、私たち方人に共通した願いが叶なう日は、もうすぐそこまで来ているのです。私たちの身体のさまざまな臓器,器官は、必要とする酸素や栄養素を血液から供給されています。しかし、その血液の通り道である血管の内腔が狭小化したり、血管壁の弾力 [続きを読む]
  • 腸をきれいにすることは、健康になる近道
  • アラブ、エジプト一旅行した際に、同行していた他の3人がすぐに敵しい下痢に見舞われたのですが、私だけが、下痢をせずに旅行を楽しむことができました。日頃から食べていた乳酸菌FK-23菌の効果しか考えられませんでした。FK−23菌を愛用してから元気になってきたことを実感していました。人は1日30品目を食べることなどが奨励されていますが、これは健康食品も同様ですが、取り入れた栄養が腸内の善玉菌と悪玉菌によって、健 [続きを読む]