健次郎 さん プロフィール

  •  
健次郎さん: 癌治療情報
ハンドル名健次郎 さん
ブログタイトル癌治療情報
ブログURLhttp://kyotomura4592.hatenablog.com/
サイト紹介文癌を克服する為の癌治療情報
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供148回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2017/08/08 17:11

健次郎 さんのブログ記事

  • 冷え対策を間違っていませんか
  • カイロを使って部分的にに温めますと、脳は「体が熱い!冷やさなくては!」と勘違いして血管を収縮します。結果的に血流が滞って体は冷え、老廃物も滞ってしまいます。首や手首、足首には、大きな血管が通っていますので、ここを温めると全身を効率よく温められます。冷え性の原因である血行不良を改善するためには、毎日、1日に1回膝より下にシャワーで約1分程度冷水を掛けて冷やすことです。水の冷たさを感じなくなっ [続きを読む]
  • 心臓の左上に溜まる疲労物質.
  • 心臓の左上のゴミ箱体の中で発生する、疲労、外部から侵入するウイルスや細菌、脂肪、タンパク質、毒素、つかわれなくなった栄養素なとを回収してくれるのがリンパ液です。リンパ液は全身にはりめぐらされたリンパ管を通って心臓に向かって流れています。全身に800個存在するリンパ節は、ゴミ箱になり、ここに汚れを捨てて、きれいに保ってくれています。処理しれなかったゴミは、心臓に流れ込む前に、心臓の左上のゴミ箱 [続きを読む]
  • 癌と診断される15 〜39歳2万人を超す
  • 国立がん研究センターは、癌と診断される人の数は年間2万1400人を上まわる推測結果を発表癌の種類別では血液や生殖器の癌が多く、30歳を過ぎますと乳がんや子宮頸がんの方が増えています。乳がんになる原因日本では今、「乳がん」が急増しており、年間約4万人が乳がんに罹っています。乳がん増加の背景には、日本人の食生活の欧米化による肥満や、女性の社会的進出にともなって増加している高齢出産や独身の増加などがありま [続きを読む]
  • 癌が克服できないのは
  • 血液が汚れる汚染源を止めないでいると、癌は毒素をどんどん集め大きくなり続けます。体内に溜まった薬品・化学毒は、いち早く排出する努力が必要です。毒素の排出には解毒器官である肝臓の働きを活性化することが大事です。私たちは生活のなかで数えきれないほどの毒素を体内に入れていますが、肝臓の働きが低下すると、血液が浄化出来ず癌細胞が増殖する環境が出来てしまいます。血液が汚れると免疫力も低下し、さらに癌になりや [続きを読む]
  • 血管を修復する珪素
  • 血管は、全身の細胞に栄養等必要なものを運ぶ道、生命維持に欠かせないもので、全身に張り巡らされた血管網は、60兆個といわれる細胞1つ1つに栄養、酸素、ホルモン、抗体などを運び二酸化炭素や老廃物など不要なものを運び出します。血管は大動脈から毛細血管まで合わせると、総延長はおよそ10万キロメートルになり、その内の99%は細い毛細血管が占めています。血管の重要な材料であるケイ素は、年を取るとだんだん減少 [続きを読む]
  • 糖尿病の改善に必須の珪素
  • 糖尿病の合併症は、失明の危険性がある網膜症、細胞が壊死してしまう神経障害、人工透析が必要になる腎症です。三大合併症の共通点はドロドロ血液と血管障害です。 血液中のブドウ糖の濃度が高い状態が続くために、毛細血管が詰まり破れると失明し、腎機能も低下します。また毛細血管が詰まると細胞に酸素や栄養素が届かず細胞が壊死すると切断しなければならなくなります。珪素には血液をサラサラにする効果と血管を強くす [続きを読む]
  • 癌術後に強い味方になるプロテサン
  • 悪性ガンは、腸から治せば再発しにくくなります。抗ガン剤治療を受けた後の血液の状態は、ボロボロで、毒性で全身の血液細胞がやられてしまいます。これがさらに新たなガン細胞を作る血液となり、いくらガン組織を破壊しも、小さくしても、全く意味がなく、再発や転移を繰り返すだけになります。断食のような少食で宿便を出して腸内を一掃する事から始めないと、本当にガンは治りません。ガンはガンから生まれるのでなく、 [続きを読む]
  • 病気を根本から治す食生活
  • 病気を治すのは、自然治癒力が95%、残りの5%が薬で、自然治癒力は、食生活によって作り出されています。人間の体は、食べ物によって変わり、体の機能を正常に動かす為には、どうしても欠かせない栄養素があります。それは、8種類の必須アミノ酸、16種類のミネラル、15種類のビタミン、これらはどうしても食事から摂取しなければなりませんが、その食物の質の低下によって摂り辛くなっています。今、栄養補給による治 [続きを読む]
  • 熱中症対策や健康維持に、家庭で作れる体に良い健康水
  • 熱中症が疑われるときの対処法として、こまめな水分補給が挙げられます。水分補給は大切なことですが、かえって症状を悪化させることもあるので注意が必要です。高温多湿の屋内外で30分を超える長時間の労働やスポーツなどにより汗を大量にかくと、体内の水分とともに塩分やミネラルも奪われてしまいます。そこに水分補給だけを行うと、血液中の塩分・ミネラル濃度(体内における塩分やミネラルの割合)が低くなり、様々な熱中症 [続きを読む]
  • あなたの健康法、病気になるための努力かもしれません
  • 自分は、健康のためによいことをしていると思っていませんか・好きなお酒やビールを控えている・筋肉を付ける為に、プロティンを摂っている・カロリーを摂り過ぎないように、脂肪を控えている・毎日、野菜ジュースを飲んでいる・毎朝、シリアルを食べている・栄養ドリンクで気合を入れている。・時間が在れば、ジョギングをする搾りたてで健康に良いはずのジュース、毎朝食べているシリアル、どれほどの糖が含まれているかを、ご [続きを読む]
  • 痩せられるシンプルな玉ネキ酢
  • せる菌を増やすためには、ヤセ菌が好む食事をすることです。無理なくデブ菌からヤセ菌に変えるには、酢玉ネギがおおすめです。酢で玉ネギを漬け込んだシンプルな一品でです。玉ネギには、腸内細菌が好むオリゴ糖や水溶性繊維がバランスよく含まれていて、病気を呼び寄せる活性酸素をやっつけてくれる抗酸化物質がたくさん含まれています。1週間位は、冷蔵庫で保存可能で、、そのまま食べたり、サラダに加えたり、スープにいれたり [続きを読む]
  • 活性酸素を減らせば癌も老化も防げます。
  • 活性酸素対策は、禁煙することが基本で、活性酸素に強いのは植物を摂る事です。植物は、太陽光線を浴び、強い陽射した中で育つ植物は、紫外線を避けることもできませんので、紫外線によってつくられる活性酸素に対応するために、ビタミンC、βカロテンなどさまざまな抗酸化物質を蓄えて消去しています。植物から作り出されるミネラルは、人の抗酸化酵素の材料となり、抗酸力を高めてくれますから、癌や老化をふせぐために、今 [続きを読む]
  • 完熟バナナでリンパ球が5倍に増加!
  • リンパ球を作り出し、強化する器官として重要な器官が胸腺といわれています。この胸腺は20歳をピークにどんどん萎縮が始まり、40代には半分程度の大きさに、70歳代では10%程度になってしまうといわれています。この胸腺を作っているのが珪素という成分です。この珪素を含む食品は海藻(わかめ、昆布、ひじきなど)や野菜(根菜類)などに多く含まれています。胸腺の機能強化をすることで、リンパ球の数を増やすとともに [続きを読む]
  • アメリカで、生活習慣病や癌が減ったのは
  • 1960年代後半〜170年代のアメリカでは、糖尿病、心臓病、肥満症などの生活習慣病が急増し、医療費が膨れ上がり「このままでは、国が病気で自滅する」危機感を感じた当時のフォード大統領によって、国家規模の調査や研究がはじまり、それが有名なマクガバンシポートです。明らかになったことが・・・・病気と食生活の間には、明確な相互関係があることです。病気は、ビタミン、ミネラルが欠乏し、高カロリー,高脂肪 [続きを読む]
  • 日本人に足らない栄養素
  • カルシュウムカルシウムは骨を健康にするだけではなく、イライラした気持ちを抑え、肩こりや腰痛なども和らげる効果があるといわれています。豆腐、乳製品、青菜などを意識して摂るようにしましょう。鉄分貧血やめまい、動悸などの症状は、鉄分不足のサインかもしれません。鉄分を多く含むほうれんそう、レバー、ひじき、納豆などを積極的に摂りましょう。食物繊維便秘などの腸内環境改善に良いとされる食物繊維は、大腸がんや高血 [続きを読む]
  • 肉は、食べても太らない
  • 肉は、脂肪カロリーが高い食べ物ですが太りません。肥満になるのは、血糖値をあげる糖質です。肉を食べたから、そのまま脂肪になるわけではありません。食べたものは、消化、吸収過程で分解、合成され新しい物質に変わります。脂肪は、食べすぎると便になって排出され、体内にはあまり残りません。糖質は、脂肪に変わります。糖質は、100%と体内に吸収されます。生活習慣病などあらゆる病気の根源は、ミネラル不足と言われてい [続きを読む]
  • 自家製ミネラルウオーター
  • よい水は、食べ物をおいしくするのはもちろん、直接体にもよい効果があります。近年、ミネラルウオーターなどを購入する人が増えて、水に対する意識も高くなっています。これは、大変よいことですが、本当にミネラルウオーターは、よい水といえるのでしょうか?カルシウムは、現在もっとも人間に不足しているミネラルだといわれます。市販のミネラルウオーターにカルシウムが水に溶けているわけではなく、非常に細かい粒子となって [続きを読む]
  • 清涼飲料は、無駄にする
  • 糖質ダイエット3アメリカでは、清涼飲料が肥満の原因のひとに挙げられています。清涼飲料を飲みますと、減らした糖質が無駄になります。コーラ      56.5g  これは、ご飯1膳分の糖質量になります。 炭酸オレンジ   57.5gスポーツドリンク 31g緑茶       0g食事の時の飲み物は、お茶か水にしましょう。健康志向で販売されている野菜ジュースビタミンや植物繊維はよいのですが、糖質の高い商品 [続きを読む]
  • 海藻やキノコは、ほぼ糖質ゼロ
  • お腹のポッコリを減らすダイエット海藻やキノコは、ダイエットを成功させるために強い味方になってくれます。海藻やキノコには、健康にかかせないビタミンやミネラルが豊富で、糖質がふくまれていません。メカブ、モズク、マイタケ、マッシュルーム、ワカメ、コンブ、シイタケ、ナメコなどは、かぎりなく糖質ゼロヒジキを食べると髪の毛が豊かになると、昔から言われたように、海藻は毛髪や肌によい効果があります。キノ [続きを読む]
  • なかなか取れないお腹の脂肪
  • 長年、肥満になるのは脂肪だとされて、カロリー制限を指導されてきましたが、本当の原因は糖質で、多くの生活習慣病を生み出していることも明らかになって来ています。中年男性の多くが悩むポッコリお腹の脂肪は、油っぽいものを食べた脂肪でなく糖質を過剰摂取したことで余ったブドウ糖が中性脂肪に姿を変えたものです。一度溜め込みますと、お腹の脂肪はなかなか減らない仕組みになっています。やせるには運動するだけでなく、食 [続きを読む]
  • 筋力低下はビタミンD不足
  • 筋肉の低下は、筋肉量か減ったのも影響しますが、そのほかにビタミンD不足してることもあります。ビタミンDが足りなくなりますと、速く動く力、転びそうになってぐっと踏ん張るときに働く速筋が萎縮して細くなって、ちょとした段差でも転んでしまったりします。ビタミンDの補給にサプリメントもありますが、最も有効なのは日光浴です。ビタミンD欠乏の自覚症状は、大人になって発症する花粉症です。女性のビタミンD不足は、風 [続きを読む]
  • うつ病は生活習慣病でメタボの人に発症
  • うつ病の患者が、この10年間で倍増して100万人を超え、潜在患者を含めると、20人に1人はいるといわれています。これだけうつ病がふえたのは、ストレスの多い社会環境のせいだけでなく栄養の不足が指摘されています。それは、ビタミンB1、B2、B6、B 12、葉酸、必須アミノ酸のトリプトファン、メチオニン、チロシン。また、魚油に含まれるEPA(エイコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)、さらに鉄分、亜鉛など [続きを読む]
  • 日本人の9割の方が栄養不足に
  • カロリー過剰と言われ、十分に食べているつもりでも、日本人の9割の方が必要な栄養素が足りなく、老化を早めさまざまな病気になっています。今、食べているものから体はできています。これから食事を変えることで、未来の自分を変えることができま。足りないよう栄養を補うのに、近頃、コンビニでもサプリメントわ取り扱うようになってきていますが、しつかりしたサプリメントであれば、それなりのコストがかかり高価なものになり [続きを読む]
  • 髪の毛が抜け始めていませんか
  • 髪の毛や爪に目立った変化現れている方は、亜鉛不足になっているシグナルです。亜鉛は、生命にとって必須ノミネラルと言われ、精巣や卵巣など、生殖にかかわる臓器に大量に含まれ、代謝回転、細胞分裂が活発に行われています。亜鉛は免疫機能に関わりのある細胞の働きに影響があります。不足すると免疫力が低下し、肺炎などの感染症にかかりやすくなります。 感染症だけではなく自己免疫疾患も亜鉛の低下に関わっています。亜 [続きを読む]
  • 認知症にならないための栄養素
  • 「同じことを何回も話す・尋ねる」「物の置き忘れが増え、よく捜し物をする」に当てはまる場合は、記憶障害が疑われます。 「以前はできた料理や買い物に手間取る」「お金の管理ができない」場合は、物事を順序立てて考えたり実行したりすることができない実行機能障害が疑われます。 「ニュースなど周りの出来事に関心がない」「意欲がなく、趣味・活動をやめた」といった意欲低下は、認知症の初期にみられる特徴的な症状です。 [続きを読む]