健次郎 さん プロフィール

  •  
健次郎さん: 癌治療情報
ハンドル名健次郎 さん
ブログタイトル癌治療情報
ブログURLhttp://kyotomura4592.hatenablog.com/
サイト紹介文癌を克服する為の癌治療情報
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供141回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2017/08/08 17:11

健次郎 さんのブログ記事

  • なかなか取れないお腹の脂肪
  • 長年、肥満になるのは脂肪だとされて、カロリー制限を指導されてきましたが、本当の原因は糖質で、多くの生活習慣病を生み出していることも明らかになって来ています。中年男性の多くが悩むポッコリお腹の脂肪は、油っぽいものを食べた脂肪でなく糖質を過剰摂取したことで余ったブドウ糖が中性脂肪に姿を変えたものです。一度溜め込みますと、お腹の脂肪はなかなか減らない仕組みになっています。やせるには運動するだけでなく、食 [続きを読む]
  • 筋力低下はビタミンD不足
  • 筋肉の低下は、筋肉量か減ったのも影響しますが、そのほかにビタミンD不足してることもあります。ビタミンDが足りなくなりますと、速く動く力、転びそうになってぐっと踏ん張るときに働く速筋が萎縮して細くなって、ちょとした段差でも転んでしまったりします。ビタミンDの補給にサプリメントもありますが、最も有効なのは日光浴です。ビタミンD欠乏の自覚症状は、大人になって発症する花粉症です。女性のビタミンD不足は、風 [続きを読む]
  • うつ病は生活習慣病でメタボの人に発症
  • うつ病の患者が、この10年間で倍増して100万人を超え、潜在患者を含めると、20人に1人はいるといわれています。これだけうつ病がふえたのは、ストレスの多い社会環境のせいだけでなく栄養の不足が指摘されています。それは、ビタミンB1、B2、B6、B 12、葉酸、必須アミノ酸のトリプトファン、メチオニン、チロシン。また、魚油に含まれるEPA(エイコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)、さらに鉄分、亜鉛など [続きを読む]
  • 日本人の9割の方が栄養不足に
  • カロリー過剰と言われ、十分に食べているつもりでも、日本人の9割の方が必要な栄養素が足りなく、老化を早めさまざまな病気になっています。今、食べているものから体はできています。これから食事を変えることで、未来の自分を変えることができま。足りないよう栄養を補うのに、近頃、コンビニでもサプリメントわ取り扱うようになってきていますが、しつかりしたサプリメントであれば、それなりのコストがかかり高価なものになり [続きを読む]
  • 髪の毛が抜け始めていませんか
  • 髪の毛や爪に目立った変化現れている方は、亜鉛不足になっているシグナルです。亜鉛は、生命にとって必須ノミネラルと言われ、精巣や卵巣など、生殖にかかわる臓器に大量に含まれ、代謝回転、細胞分裂が活発に行われています。亜鉛は免疫機能に関わりのある細胞の働きに影響があります。不足すると免疫力が低下し、肺炎などの感染症にかかりやすくなります。 感染症だけではなく自己免疫疾患も亜鉛の低下に関わっています。亜 [続きを読む]
  • 認知症にならないための栄養素
  • 「同じことを何回も話す・尋ねる」「物の置き忘れが増え、よく捜し物をする」に当てはまる場合は、記憶障害が疑われます。 「以前はできた料理や買い物に手間取る」「お金の管理ができない」場合は、物事を順序立てて考えたり実行したりすることができない実行機能障害が疑われます。 「ニュースなど周りの出来事に関心がない」「意欲がなく、趣味・活動をやめた」といった意欲低下は、認知症の初期にみられる特徴的な症状です。 [続きを読む]
  • 花粉症を撃退するビタミンD
  • ビタミンDは、脳や心臓、腸、血管、筋肉など全身のいたるところの細胞に直接働きかけるホルモンのような働きがあり、生命機能に欠かせない栄養素で、免疫機能に深く関わっていて、アレルギー症状を鎮静する特効薬のような働きがあります。ビタミンDのサプリから始めるだけでも、花粉症が軽減して行くのを1週間くらいで体感できます。私の家内、花粉の季節になると、くしゃみがでて、マスクが必要でしたが、ビタミンDのサプリ [続きを読む]
  • おいしい刺身
  • 刺身は鮮度が勝負常温で1時間もすると、角が丸くなりペッシャンなり、食べても美味しくありません。刺身を作り前と盛り付けた後に、500倍に薄めたカルマックス(水溶性イオン化カルシュウ)水をスプレーしますと、ミネラルが補給されて、刺身の表面に膜ができ、蒸発を防いでくれます。刺身のツマにも500ばい薄めたカルマックス(水溶性イオン化カルシュウ)水にミネラル塩を加えて水に10分ほど浸けてますと、甘味を引出し、 [続きを読む]
  • 細くなった髪が、太く健康な髪に蘇る
  • 最近、髪の毛が急に細くなって来た人は要注意です!それは抜け毛や薄毛の一歩手前の症状だからで、その原因は、ストレスや髪の毛の栄養不足、ホルモンのバランスの壊れ、リンスやシャンプなどが考えられます。近頃、リンスやシャンプの種類が増えて、選ぶのが大変で、植物性や天然原料から作られるのも増えてきましたが、依然として石油系を原料にしたものも多く出回っています。髪の毛は、カルシュウムが主体で、常にカルシュウ [続きを読む]
  • 心筋梗塞などの死の4重奏から救うFK−23菌
  • 狭心症・心筋梗塞症は日本人の3大死因の1つで、心筋梗塞だけでも、その発症数は年間約15万人で、そのうち30%の方が死亡しています。人間の体は心筋梗塞が起こる前にサインを発し、前兆のサインがどのようなものなのかを知っているだけで、心筋梗塞の予防だけでなく、いざ起こってしまった時に備えておくことができるのです。次の症状に心当たりのある人は、病院を受診することをお勧めします。1.疲労感 買い物に行った [続きを読む]
  • 「心」は、体の細胞や免疫、治癒力を支配
  • 病気が治るか治らないか、その決め手となるのは、医者でも医療でもありません。治るのを決めるのは、年齢でも遺伝子でも環境でもありません。治るのを決めるのは、自分の「気持ちの強さ」です。病気が治るか治らないか、健康か病気を決めているのは、「心の回復力」です。「心の回復力」回復力の在る方は、病気になっても早く治りますが、「心の回復力」の低い人は、治療してもなかなかよくなりません。昔から「病気は気」からと言 [続きを読む]
  • 病気を治すのに、体が求めるミネラル
  • ミネラルとは「宝物」という意味で、ビタミン同様、ごく少量でも生体にとって欠かせない元素で、宝物と呼ばれ、私たちの精神・肉体・脳・全ての健康のために微量でもとても大切な役割をしています。ミネラル(無機質ともいいます)には、カルシウム、鉄、ナトリウムなどがあります。必要な量は少ないのですが、人の体の中では作ることができないので、食べ物からとる必要があります。ミネラルは、骨などの体の組織を構成したり、体 [続きを読む]
  • 癌を治すには、栄養バランスが・・・
  • ガンは、正常な細胞内にあるDNAが、何らかの原因によって損傷を受け細胞が異常増殖してしまう病気で、約3秒から30秒に1個、ガン細胞が私たちのからだの何処かでできているといわれています。つまり、いつ誰がガンになっても不思議ではないのです。 通常は、体内の免疫機能により、ガン細胞は退治されるのですが、発ガンの要因が強すぎたり、免疫機能が弱まったりすると、退治しきれず、ガン細胞が増殖します。 ガン細胞は、周 [続きを読む]
  • 老化によって起きる難聴・物忘れ
  • 老人性難聴「最近物忘れが激しくて…」「最近、新聞の字が読みにくくて…」など、年齢を重ねるとともに身体の節々に年齢による変化は現れます。それは耳も同様で、年齢とともに聞こえは誰しも悪くなっていきます。このような老化が原因で起こる難聴を、「老人性難聴(加齢性難聴)」といいます。歳をとると、身体の節々にさまざまな変化が起こる。耳も同様に老化が進むことで、聞こえが悪くなってしまいます。老人性難聴は、聴力の [続きを読む]
  • 癌は自分でも治す心が・・
  • 癌治療で、いま注目されている治療は、自分の免疫力高める免疫治療で、癌を攻撃するのはT細胞・NK細胞・マクロファージです。癌になっている人の体内は、これらの細胞が弱まっていいるから、その活性を高めてやれば、癌治療に結びつきます。この方法は、化学治療剤と違い、まったく副作用の心配がなく、自分自身の自然治癒力を高めるので、最も安全で自然な方法です。最高の治療は、最先端の治療剤でなく、自分自身に存在してい [続きを読む]
  • 腸内で生成されるホルモン
  • 腸内細菌は人間の体にとって欠かせない、さまざまな物質を産出しています。なかでも体を正常に働かすためのホルモンがあります。腸内フローラが正常であれば、ホルモンもスムーズに作り出されます。腸内フローラは、心と密接につながっていて、ストレスを感じると、腎臓のそばにある副腎からストレスに反応するホルモンが分泌されます。このホルモンは危険や脅威が迫っているときに、解決するためのエネルギーを作る作用で、これが [続きを読む]
  • 食品添加物はとにかく危ない
  • 市販の加工品は、保存料、着色剤、甘味料、香料、安定剤、酸化防止剤など多くの添加物が使用されています。これは、厚生労働省が安全性を確認されたものですが、しかし、多くの食品を食べていますから、体にダメージを与えて、アトピーや花粉症、癌などの病気が増えています。食の欧米化が進み、ハムやソーセージなどの加工品を食べるようになり、食品を腐らないようにする防腐剤が使用されていて、その防腐剤によって、腸内の細 [続きを読む]
  • 腸が弱まってくると確実に病気になる
  • 免疫細胞の60〜80%が腸管周辺に集まっています。健康な腸壁の内側は粘液で保護され、この粘液を通して栄養を取り込みますが、腸の健康が損なわれますと保護機能が働かず、病原菌が腸壁から体内に侵入してしまいます。細菌・ウイルス・がん細胞などを攻撃する抗体も腸のすぐ近くで作られています。さまざまな病気を予防するには、腸の健康を維持することが大切で、腸の不調は万病の元、と言っても過言でないでしょう。人間の持つ [続きを読む]
  • 善玉菌を増やせば痩せれる
  • 腸内細菌の性質はさまざで、人体にとって良い影響を与えるのが「善玉菌」、悪い影響を与えるのが「悪玉菌」そのどちらでもない「日和見菌」が棲んでいます。健康のためには、「善玉菌」と「悪玉菌」、「日和見菌」の腸内フローラのバランスが重要になります。太りやすい人痩せやすい人の違いは、腸内細菌のバランスによって決まっています。腸内細菌には、痩せる人に多い「ヤセ菌」と太る人に多い「デブ菌」いて、どちらもの日和見 [続きを読む]
  • 腸が健康になれば、こんな病気の症状が改善されます
  • ?ADHD(注意欠陥・多動性障害)?喘息?アレルギー過剰反応?慢性疲労?気分障害(うつ病・不安障害)?糖尿病?肥満?記憶障害?慢性下痢、便秘?風邪や感染症?不眠症?関節症?高血圧?動脈硬化症?腸疾患(過敏性腸症候群・クローン病・セリアック病)?皮膚のトラブル?歯のトラブル(口臭・歯周病)?トゥーレット症候群?更年期障害?頭痛・集中力低下・プロテサンFK−23菌は、善玉菌を増やし、腸内環境を整え、万病を遠退けて [続きを読む]
  • 癌や老化細胞を抑える方法
  • 知らず知らずのうちに体内に毒素を溜め込み、その毒素が体をサビつかせて、老化や病気のもととなる活性酸素を発生させます。活性酸素は、腸内細菌のバランスを崩し、免疫力を低下させ、癌など様々病気を発症させます。腸を守り、若々しく健康で生きて行く為には、抗酸化力の強い食品を摂ることが大切になります。7色の野菜が腸内を守り、命を守ります。ニンジンのカロテンやぶどうのポリフェノール、緑茶のカテキンです。食材の色 [続きを読む]
  • 心不全とは、
  • 心不全とは、心臓が悪いために、息切れやむくみが起こり、だんだん悪くなり、生命を縮める病気で、心不全と言っても、原因や自覚症状は人によって様々です。心不全になると、心臓から十分な血液を送り出せなくなり、体に必要な酸素や栄養が足りなくなるので、坂道や階段で息切れがしたり、疲れやすくなります。腎臓に流れる血液が少なくなって尿の量が減り、水分が体内に貯留してくると、足の甲やすねのあたりがむくんだり、体 [続きを読む]
  • 添加物や化学物質漬の日本人
  • 現在使用許可されている食品添加物・合成保存食・防腐剤の種類・日本   1529種類・米国    200種類・英国    14種類・北欧     0種類日本は世界と比較してダントツのトップです。こんなに多い添加物や化学物質漬けだから病気やアレルギーになるのも当たり前です。体に悪いものを出せば、免疫力が上がり自然治癒力があがります。 プロテサンFK−23菌は、善玉菌を増やし、腸内環境を整えることによって、き [続きを読む]
  • 血管性認知症のリスクが高い糖尿病とは、
  • 認知症にはいくつかのタイプがあり、よく知られているアルツハイマー病以外に、脳の血流障害によって起こる「血管性認知症」があります。糖尿病の人が血糖コントロールの不良の状態が続くと、血管性認知症の発症リスクが上昇します。血管性認知症とは、脳の血流障害により起こる認知症で、脳の血管が詰まる脳梗塞や、脳の血管が破れる脳出血などで、脳の一部の神経細胞が死滅するために起こる。脳小血管病は、脳の細い血管に起 [続きを読む]