健次郎 さん プロフィール

  •  
健次郎さん: 癌治療情報
ハンドル名健次郎 さん
ブログタイトル癌治療情報
ブログURLhttp://kyotomura4592.hatenablog.com/
サイト紹介文癌を克服する為の癌治療情報
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供149回 / 261日(平均4.0回/週) - 参加 2017/08/08 17:11

健次郎 さんのブログ記事

  • アルコールが魔法の1滴でおいしく・2日酔いしないお酒に
  •            アルコールの分解スピートは、個人さがあり、分解の遅い人、必要以上に飲んでしまうと「2日酔い」になります。お酒にカルマックスを数滴入れるだけで、分解作業を早めてるだけでなく、お酒がおいしくなります。コップに注いだビールに、カルマックスの500倍希釈液をスプレーしますと、極上の生ビールの味に変えてくれます。水割りや洋酒にもカルマックスを数滴入れれば、口当たりわなめらかに、コクのある [続きを読む]
  • 免疫低下は、自ら引き寄せている
  • 免疫力は、私たちが日々とる食事によっても支えられています。 免疫細胞や筋肉の材料となるのがタンパク質ですが、このタンパク質の摂取量は、1950年代と同じ水準まで減少しています。また、活性酸素を無毒化する抗酸化物質や免疫機能を司る腸内環境を整えるために欠かせない食物繊維を含む野菜の摂取量も、昭和40年と比べて1人1年当たりで17.3kgも減少しています。年代別の野菜摂取量は、全年代で1日当たりの摂取目標量で [続きを読む]
  • 癌の転移や再発・抗がん剤の副作用を抑える濃縮乳酸菌
  • 「抗ガン剤」と聞いてすぐ頭に浮かぶのは「副作用ばかりが強くて効果がない」ということかもしれません。例にあげた風邪薬は、大半の人でよく効いて薬物有害反応がほとんどありませんので、効果と薬物有害反応のバランスがとれていますが、抗がん剤の場合は、普通の薬と違って副作用があり、非常に使いにくい薬で、治療を受ける側にとっては困った薬であるといえます。抗ガン剤の副作用が他の薬に比べて非常に強く、悪心、嘔吐、脱 [続きを読む]
  • 加齢に伴う骨代謝のバランスの崩れが現代病を呼び寄せる
  • 骨密度とは、骨の中のカルシウムやマグネシウムなどのミネラルがどの程度含まれているかを表すもので、骨の強さ(硬さ)を示す尺度のひとつです。骨は1度形成されたらそのまま固定してしまうわけではありません。ほかの細胞と同じように、古くなった骨が破骨細胞によって壊される「骨吸収(骨破壊)」と、新しい骨が骨芽細胞によってつくられる「骨形成」を、常に繰り返しています。これが骨の新陳代謝(骨代謝)です。骨代謝に [続きを読む]
  • この冬、大注目のFK−23菌
  • 最近、乳酸菌のさまざまな効果が注目を浴び、乳酸菌ブームになっていますが、乳酸菌と言ってもその種類は数多く、どういった乳酸菌にどのような効果があるのか、わからない人も多いはずです。        今、もっとも注目されている乳酸菌は、「FK−23菌」です。なぜ、注目されていのかは、11件の医療用途特許を取得しているからです。インフルエンザに注目されているのは、独自の特殊熱処理により、通常の乳酸菌よりも [続きを読む]
  • 癌を治すには、血液を造る腸から
  • 癌になった方と健康な方の赤血球の形態が違い、癌の方の赤血球の形態は、歪んでいて丸くなく、ギザギザしたり、細かったり、歯車状になっています。癌の方は、正常な形態の赤血球が、とても少なくなっています。「食べ物は血となり肉になる」という大昔からの言葉がありますが、血液は、腸でつくられてます。赤血球の形態は、食事の質、意識の良し悪しが、赤血球の形態に大きく関わっています。腸から吸収された栄養その他ミネラル [続きを読む]
  • 骨は、若さを司る臓器
  • 骨の密度が低下しますと、骨粗しょう症になるだけでなく、老化を早めていることが明らかになりました。骨の密度の低下によって、記憶力の低下・免疫力の低下・精力の低下・筋力の低下などの症状が現れてきます。                     カネシュウムは、日本の食卓で唯一足らない栄養素です。骨粗しょう症予防に、さまざまなメディアを通して、カルシュウムの必要性が言われています。カルシュウムは、「ミネラ [続きを読む]
  • 骨粗しょう症
  • コラーゲンは、骨の「鉄筋」の役割をしています。    カルシュウムは、骨にとって大切なものと誰もが思っていますが、コラーゲンも重要な成分です。骨を鉄筋コンクリとのビルに例えますと、鉄筋がコラーゲン、コンクリトがカルシュウムになります。カルシュウムは骨の硬さ、コラーゲンは、骨の柔軟性に関係しています。古くなったビルにコンクリトだけで補強しても強くなりません。コラーゲンは、骨粗しょう症の予防に [続きを読む]
  • 膵臓がん
  • 膵臓がんは診断時に、腹痛や腰背部痛といった痛みが現れていることが多い。膵臓がんと新たに診断されるのは、男性に多く、年齢別では、60歳ごろから増え、高齢になるほど多くなる。早期発見が困難膵臓は、胃の後ろ側に位置し、長さ20cmほどの細長い臓器。体の深部に位置すること自体が、がんの発生が発見しにくい。さらに、膵臓がんの早期では、ほとんど症状が無く、進行がんになると「胃が重い」「食欲不振」「腰背部痛」「体重 [続きを読む]
  • カルマックスを数滴入れるだけで、コクのある牛乳に
  •                  最近の牛乳は水っぽくてコクがなく、美味しくありません。その原因は、エサや飼育時の飲み水の間題や、高湿殺菌や乳脂肪分の調整などさまざまな事が考えられます。一番問題になるのは、人的作業のために貴重なカルシウム源である牛乳の栄養バランスが崩れてしることです。高湿殺菌した牛乳のカルシウムは、不溶性のカルシウムに変貌しやく、吸収しづらいカルシウムがさらに吸収しにくなっている [続きを読む]
  • 水溶性イオン化カルシュウムを取り入れると
  • 水溶性イオン化カルシュウムを使うようになれば、水をはじめとしてすべての大分が変わり、食べもが本物の味に、臭みがあって当然だと思ってきた鶏肉や魚が「こんなにおいしいものだったのか」と感じられます。野菜にしても、ご飯にしても「家で食べるものはおいしいね」と、毎日の食卓が楽しくなることと思います。そして、知らず知らずのうち、体内のミネラルバランスが整い、頭のてっぺんから足の先まで細胞が活性化してきま [続きを読む]
  • カルマックスで、髪の細毛や抜け毛の悩みが減る
  •            髪は骨や歯、爪などと同じでカルシュウムわ主体としていますから、髪も常に、カルシュウムやミネラルを補給してあげることが大切です。現実には、それが出来てないために、抜け毛が増えたり、髪の毛が細くなつたり、ボリウムがなくなったりしています。カルマックスを市販のシャンプやリンスに数滴入れるだけ、髪の悩みが解消できます。カルマックスは、天然材料でつくられた水溶性イオン化カルシュウ [続きを読む]
  • 和・中・洋調味料
  •             天ぷらの下ごしえに水溶性イオン化カルシュウム液を使用しますと,天ぷらがふっくらに仕上がります。油切れがよくカラットと揚がり、素材の美味しさをいつまでも保ってくれます。油も酸化しなく、長く使えて経済的で、酸化のない健康に良い天ぷらが上がります。素材の味を引き出すカルマックスは、植物の種子などを麹等で発酵させミネラル分をイオン化する製法(製法特許取得済)により、従来吸収しにく [続きを読む]
  • 体温が1度下がると、免疫力が30%以上低下
  • 冷えは「万病のもと」といわれます。体が冷えると血流が悪くなって血液もドロドロになり、酸素や栄養素が体の隅々まで運ばれなくなってしまいます。また、老廃物も排出されず、体内に蓄積されてしまいます。 冷えによって免疫力も低下してしまいます。免疫力を決定するのは腸です。体温が1度下がると、免疫力が30%以上低下するともいわれています。特に夏の冷えは体幹部に起こることが多いため、冷え対策は健康維持に必要なのです [続きを読む]
  • 花粉症の原因も腸だった
  • 毎年花粉症シーズンになると、今まで大丈夫であった方が、花粉症になったりしていますが・・。 花粉症になるのは、花粉が増えたからでなく、私たち人間が変わってしまったのです。変わってしまったのは、毎日の食べ物です。昭和30年代の食生活 肉・卵・牛乳・乳製品・米・じゃがいもい・さつまいもの量を1に置き換えた場合今の食生活では昭和 [続きを読む]
  • 骨粗鬆症は、高齢化の進んだ日本では、もはや身近な病気!
  • 50歳以上の女性の3人に1人が骨粗鬆症にかかっています。更年期以降の多くの女性にとって、骨粗鬆症はとても身近な病気なのです。骨の強度が低下して、骨折するリスクが大きくなる病気を骨粗鬆症といい、骨の中がスカスカになってもろくなり、ちょっとしたことで骨折しやすくなります。厚生労働省の調査によると、女性が要介護となる原因の第5位は「骨折・転倒」によるものとされています。 この「骨折・転倒」は、ちょっとした [続きを読む]
  • 病気を治す、よい血液をつくる食べ物と水
  • 現在の医療は検査が主で、病気の原因が追究されない。病気になった時に、「薬を飲んだけれどもよくならない」「かえって悪くなった」などと聞く場合がありますが、薬が効かないのでなく、食べている物に原因があることを、本人も医者も気付けてないのです。食べ物は、病気と深い関係を持っていて、人の人生を変えてしまうほど重要な因子で、白砂糖や油脂などは、かなり深い病気の原因となっています。よい血をつくる食事1.主食   [続きを読む]
  • 抗がん剤治療の目的は
  • 抗がん剤治療は、癌の再発、進行、転移を食い止められるか、どこまで時間を引き延ばせるかが目的であって、完治をめざした治療ではないので、抗がん剤治療のやめ時も訪れます。多くの患者さんは、抗がん剤を受ければ、完治できると思い、つらい副作用も受け入れられていますが、抗がん剤治療について、患者の方と医療者に温度差があるのが現実です。抗がん剤治療を高めるのに、乳酸菌が注目されています。乳酸菌は、抗がん剤治療 [続きを読む]
  • 食卓の味が根本から変わる
  • パン・コーヒー派が増えていますが、やはり栄養面や腹もちがいい、などの理由から、「朝ごはん」が見直されています。そこで食卓の必需品となるのが、味噌と醤油です。どちらも大豆を主原料にする日本を代表する調味料です。米や大豆の殻類は、カルシウムやマグネシウム、カリウムなどミネラルを含んでいて、それが多く含んでいるほどおいしくなります。味噌・醤油に水溶性イオン化カルシウムを添加すれば、カルシウムやマグネシウ [続きを読む]
  • 抗がん剤
  • 食欲も落ち、体重も減ることは、抗がん剤に対する抵抗力も低下していることになります。癌になって痩せていく理由は1.癌細胞が正常細胞を破壊して、タンパク質を奪うため2.慢性の炎症によって体内の栄養分を消費するため3.抗がん剤の副作用による食欲低下タンパク質は身体が作る大切な栄養素。これが足りなくなると免疫細胞が弱り、体内の抗がん剤を解毒する力が低下しているからで、体重が治療開始時よりも15%落ちた場合は、 [続きを読む]
  • 玄米食
  • 玄米には、栄養素がまんべんなく含まれていて、食事時に野菜・味噌汁と一緒に食事をしますと、栄養素が玄米の中にティフューズ=瀰漫性なって含まれて、栄養素が一かたまりとなつて、吸収されます。その結果、赤血球が丸く、プリプリした赤血球になりまず。白米や他の食品は、栄養の吸収が早いものもあれば遅い栄養紫があり、バラバラに吸収されるので、赤血球の形成が円滑滑に行われなくなる結果、質の悪い、いびっな赤血球となっ [続きを読む]
  • 体にサビつかせない天ぷら
  • 酸化した油脂というのは、脂肪に余分に酸素がついたもで、不飽和脂肪酸に光が当たると脂質ラジカルという物質に変化し、これが酸素と反応して出現する物質です。この過酸化脂質は、「古くなった食用油の中に含まれる毒物」とも言うことができ、簡単に言い換えれば腐った油脂の事です。過酸化脂化質は、人体を酸化に導く最大の原因となります。「酸化」とは、一言で言えば"サビ"ということです。過酸化脂質が休の中に増えると、いわ [続きを読む]
  • 本当にこわい、砂糖の害
  • 白砂糖は、タバコほどでばないにしても、:健康に、 かなりの悪者です。1.体内のカルシウムやビタミン、ミネラルを奪ってしまいます。砂糖は強酸性の物質で、砂糖の過剰摂取は、体液や血液を酸化に傾けます。それを中和するため、人体は骨から大量のカルシウムを動員させることになり、骨粗しょう症が起こりたり、カルシウム不足から神経過敏、イライラ、ソイローゼ不安などの精神異常が起りやすくなります。2.胃腸・肝臓・心臓の障 [続きを読む]