健次郎 さん プロフィール

  •  
健次郎さん: 癌治療情報
ハンドル名健次郎 さん
ブログタイトル癌治療情報
ブログURLhttp://kyotomura4592.hatenablog.com/
サイト紹介文癌を克服する為の癌治療情報
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供173回 / 343日(平均3.5回/週) - 参加 2017/08/08 17:11

健次郎 さんのブログ記事

  • 心不全とは、
  • 心不全とは、心臓が悪いために、息切れやむくみが起こり、だんだん悪くなり、生命を縮める病気で、心不全と言っても、原因や自覚症状は人によって様々です。心不全になると、心臓から十分な血液を送り出せなくなり、体に必要な酸素や栄養が足りなくなるので、坂道や階段で息切れがしたり、疲れやすくなります。腎臓に流れる血液が少なくなって尿の量が減り、水分が体内に貯留してくると、足の甲やすねのあたりがむくんだり、体 [続きを読む]
  • 添加物や化学物質漬の日本人
  • 現在使用許可されている食品添加物・合成保存食・防腐剤の種類・日本   1529種類・米国    200種類・英国    14種類・北欧     0種類日本は世界と比較してダントツのトップです。こんなに多い添加物や化学物質漬けだから病気やアレルギーになるのも当たり前です。体に悪いものを出せば、免疫力が上がり自然治癒力があがります。 プロテサンFK−23菌は、善玉菌を増やし、腸内環境を整えることによって、き [続きを読む]
  • 血管性認知症のリスクが高い糖尿病とは、
  • 認知症にはいくつかのタイプがあり、よく知られているアルツハイマー病以外に、脳の血流障害によって起こる「血管性認知症」があります。糖尿病の人が血糖コントロールの不良の状態が続くと、血管性認知症の発症リスクが上昇します。血管性認知症とは、脳の血流障害により起こる認知症で、脳の血管が詰まる脳梗塞や、脳の血管が破れる脳出血などで、脳の一部の神経細胞が死滅するために起こる。脳小血管病は、脳の細い血管に起 [続きを読む]
  • 医療が進歩しても病人が増える日本
  • 病人が増えるのは、クスリや農薬、添加物、毛染め液などの化学物質の体内蓄積・・・1歳から6歳までの子供さんの農薬や添加物などの化学物質の摂取量、1日12630mg、年間では4599gつまり約4.6Kgもの化学物質を食べています。1歳の子供さんの平均体重約10Kg程度で、自分の体重の半分の食品添加物、化学物質を食べていることになります。コンビ二やスーパーの加工食品、クスリ、外食産業の食品を食べている人は、摂取量は2倍3倍 [続きを読む]
  • 今春の花粉症対策は、LFK菌で・・・・・
  • これから花粉症の季節を迎えますが、花粉症になる方は、悪玉菌が多くて、腸内環境が悪い方です花粉症は、免疫異常が原因で発症する病気で、根本が安治すには免疫システムを正常に戻すことが重要です。しかし一度狂ってしまったものを元に戻すことは非常に困難です。「乳酸菌FK-23」は、免疫システムを刺激し、攻撃力と寛容力のバランスを保つ作用があり、アレルギー体質を改善できる高い可能性をもっています。又、「乳酸菌FK-23」 [続きを読む]
  • 肺炎に感染しました
  • 2月6日月曜日の夕方から寒気がして、体がだるくなり、インフルエンザかと思い、市販の薬とドリンクを購入して飲み、体温は、36.0度翌日の2月7日火曜日  食欲が無くなり、起き上がるのもつらい状態となりました。体温36.5度、風邪薬とドリンクを飲み、午後にクリニック病院に体温37.0度  血圧・血液検査・胸部のレントゲン検査診察の結果は、白血球が減り、杯の一部が白くなり、肺炎になっている診察結果で、即、入院施設のあ [続きを読む]
  • FK−23菌は、死菌
  • 便は、腸内を写す鏡ですから、色・形・臭いによって健康状態が分かり、便やおならが臭い人は危険信号で、悪玉菌による腐敗産物が溜まっている証拠です。近頃、乳酸菌が注目されていますが、乳酸菌を摂ってもほとんどか胃酸で死んでしまいます。運良く届いても、腸内に長く棲みつくことはできなく、元々棲んでいる菌に追い出されてしまいます。「FK−23菌」は、長寿の家系の人しか棲んでない人間に棲んでる菌で、特殊熱処理され [続きを読む]
  • 低温体質になっていませんか
  • 低体温の原因の9割は筋肉量の低下と考えられます。50年前と今では日本人の体温の平均は0.7度近く下がっています。その理由の1つとして、現在のライフスタイルが、明らかな運動不足になっていることが挙げられます。家事ひとつをとっても、50年前はすべて手作業で掃除、洗濯、料理などを行い、その上で畑仕事をするなど、日常的な運動量が大変多かったのです。それに比べ、現代の生活では、乗り物や家電の充実によって日常生活に [続きを読む]
  • 老化を遅らせるには
  • 私たちの体は、骨も血液も内臓も、細胞が日々少しずつ入れ替わっています。 見方を変えれば、何年かの周期で、新しい自分に生まれ変わると考えることもできるでしょう。ただし、細胞が入れ替わるスピードには個人差があり、それが見た目の違いに表れます。同窓会に行くと、若々しく見える人とそうでない人がいると感じる方も多いのではないでしょうか。新陳代謝が低下し老化が速まっているサイン・傷が治るのが遅くなった・熟睡感 [続きを読む]
  • 感染症予防
  • がん治療中の方の多くは、がんではない方と比べると、免疫機能が低下する傾向があります。免疫機能が低下した状態で感染症にかかった場合、通常より重症化する危険性があります。そのため、がんではない方以上に、がんの治療中の方には、インフルエンザや肺炎などの感染症予防が大切です。肺炎は、日本人の死因の第3位を占めています。その原因菌として最も多いのが肺炎球菌です。免疫力の低下など何かをきっかけとして、肺炎、敗 [続きを読む]
  • 花粉症の改善は、腸から
  • これから花粉症の季節を迎えますが、花粉症になる方は、悪玉菌が多くて、腸内環境が悪い方です。悪玉菌が増えることは、免疫バランスが崩れている証拠で、症状の軽減または治すためには、食生活を変えることです。昔ながら和食に切り替えるだけで、改善でき方は多く居られます。腸内環境を整えるのに濃縮乳酸菌を摂取することは、花粉症改善に、とても有効的な方法です。悪玉菌は、動物性脂肪・動物性たんぱく質を大好物としていま [続きを読む]
  • 白血球を元気にするエンテロコッカス フェカリスFK-23菌
  • 白血球が元気だとガン細胞を退治してくれることができますが、加齢、ストレス、生活習慣の乱れなどによって、白血球が元気を失います。現代社会は、ガンが急増する環境といえるのです。白血球の力のことを「免疫力」といいます。この「免疫力」を高めるのが、乳酸菌エンテロコッカス フェカリスFK-23菌です。この乳酸菌は、健康な乳児の腸から発見された乳酸球菌で、整腸作用だけでなく白血球の力を高め数を増やします。 一 [続きを読む]
  • 体調を映し出す肌
  • 体調は皮ふの状態に現れやすく、内科や皮膚科は皮ふの状態をみて、診断の材料にしています。健康を保つことは、美しい肌をつくる基本といえるでしょう。内臓の働きが悪かったり、便秘などで体内の老廃物の排出がスムーズでなくなると肌にも影響が出てきます。「美肌は腸から」とも言われるほど肌と腸の関係は深い関係です。また、腸の状態は肌のみだけではなく、健康にも重要な役目を担っているとも言われています。腸内環境が悪 [続きを読む]
  • 酸性体質は、癌の再発や転移しやすい体内環境
  • 体の調子の良い人は、アルカリ体質性体質状態ですが、がんを発症している方は、酸性状態になっています。酸性状態は、癌細胞が増殖しやすくエネルギーも作りやすい、がん細胞の敵の少ない環境になっているのです。血液は、正常なpHの値は、6.8から7.8の範囲で調整されていて、一般にpH7.35から7.45の間が基準値とされており、血液は弱アルカリ性が一番良い状態とされています。しかし、この状態が本の少しでもずれると体の機能は悪 [続きを読む]
  • 腸内環境を整えれば、免疫機能はグートとアップ
  • 腸内細菌は、人間の体にとっては異物で、腸内細菌の表面にある糖鎖と呼ばれる部分のが抗原となって小腸を刺激し、人間の体の免疫を調整すると考えられています。小腸は、免疫全体をコントロールする前線基地になります。日本では、アトピーや花粉症で病む方がふえていますが、その原因は、食生活の乱れ、生活習慣の急激な変化によって、腸内環境も悪化によるものです。癌の再発や転移も免疫機能の低下によるもので、病気を克服する [続きを読む]
  • プロテサンで、汚いお腹をきれいに
  • 腸管をきれいにすることが、健康になる近道最近の日本人の腸管は、大変汚れそうです。食生活の変化、生活習慣の変化が原因であると考えられています。肉類や油物を多く摂る食生活の結果、腸内の悪玉菌が増え腸内腐敗し、必要な栄養が摂れなく、汚れたまま入って、血液を汚しています。FK−23菌を常用すれば、腸管をきれいにし、お腹を元気に保つことができます。FK−23菌は、体内で吸収されて、免疫細胞に働きかけがてきま [続きを読む]
  • FK−23菌は、死菌だから免疫力が3倍高まる
  • 免疫力を高めることは、健康な身体を取り戻す「若返り」の効果がことになります。あらゆる乳酸菌の中でもFK−23菌は、免疫活性作用が強く、摂取しますと、「白髪が減った」・「黒髪が増え」・「抜け毛が減った」・「お酒がおいしくなった」と言う話もよく聞き、FK−23菌は、免疫機能をたかめ、肝機能を向上させてくるサプリメントです。免疫力を高めれば、ガンの再発や転移の可能性を低くしてくれ、病気を克服する為には [続きを読む]
  • カップラーメンがお店の味に
  • カープ麺を食べる時に、お湯100mlに水溶性イオン化カルシュウム2〜3滴入れますと、麺の量が増え、より早く出来上がります。ミネラルが麺をしっかりさせるので、のびにくく、10分たってもおいしく食べれます。スープも風味が増し、化学調味料のアクみやしつこさ、油臭さが消え、お店のあじのように美味しくなります。水溶性イオン化カルシュウムは、料理に無限の使い道がhttps://ww [続きを読む]
  • 体によい・美味しい塩の作り方
  • 最近、塩がなにかと話題になっています。本来の塩のよさが再認識されるようになり、さまざまな商品が開発され、まさに塩ブームといっても過言ではないでしょう。もともと海水から塩田法で作られていたころの塩には、少なからず塩仕ナトリウム以外のミネラルが含まれていました。海水には全ミネラル元素が含まれ、食塩は本来、ミネラルの宝庫である海水の濃縮物だつたはずなのですが、現在のイオン交換法や平釜塩では、塩化ナトリ [続きを読む]
  • なめらで健康な髪に
  • シャンプやリンスの種類は多く、選ぶのも大変ですが、髪は骨や歯、爪などと同じでカルシュウムが主体になっていますから、常にカルシュウムやミネラルを補給してあげることが大切です。カルシュウムやミネラルが不足しますと、髪の毛が細くなったり、抜け毛が増えてきます。市販のシャンプーやリンスに、水溶性イオン化カルシュウムを4〜5滴程度入れますと [続きを読む]
  • ふっくら美味しい朝ご飯
  •                       高い銘柄米で、美味しくたけないのは、水に原因があります。昔、ごはんがおいしいと言われたころは、ミネラル豊富な井戸水や湧水を使用し、カマドトで炊いていました。今は、いずれも失われました。家電の進化によって、美味しく炊けるようになりました。炊飯のたびにミネラルウォーターを惜しげもなく使うことは大変です。    ところが水溶性イオン化カルシュウムを米2合あ [続きを読む]
  • 取り立てのように美味しい刺身
  • お刺身は新鮮さが勝負。常温で1時間も放置しておくと角がまるくなってペシャンとしてきます。 刺身を切る前と盛り付けた後に、500倍薄めた水溶性イオン化カルシュウム水をスプレーすると、ミネラルが補強されるのとともに刺身の表面に膜ができ、水分の蒸発を防ぎ新鮮さを長く保ってくれます。もし、忘れていても大丈夫、食べる前にスプレーすれば [続きを読む]
  • アルコールが魔法の1滴でおいしく・2日酔いしないお酒に
  •            アルコールの分解スピートは、個人さがあり、分解の遅い人、必要以上に飲んでしまうと「2日酔い」になります。お酒にカルマックスを数滴入れるだけで、分解作業を早めてるだけでなく、お酒がおいしくなります。コップに注いだビールに、カルマックスの500倍希釈液をスプレーしますと、極上の生ビールの味に変えてくれます。水割りや洋酒にもカルマックスを数滴入れれば、口当たりわなめらかに、コクのある [続きを読む]