うおこ さん プロフィール

  •  
うおこさん: おとといのソラノイロ
ハンドル名うおこ さん
ブログタイトルおとといのソラノイロ
ブログURLhttp://uokonosora.blog.fc2.com/
サイト紹介文「うおこのてづくり生活inどいちゅ」の続きブログ。ドイツで育児、ときどき趣味のものづくりを紹介。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供141回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2017/08/08 20:46

うおこ さんのブログ記事

  • 今年1年頑張った自分たちへのご褒美
  • 第三アドベントも迎え、間もなくクリスマス、そして年越し。1年頑張った自分たちへのご褒美的な意味合いも込め、デュッセルドルフに行ってきました。目的は日本人美容師さんがいる美容室へいくこと!在独歴10年になりますが、これまでただの一度もドイツ人美容師さんにお願いしたことはありません。そんなことをしたら、剛毛くせ毛の私は取り返しのつかないことになるのが目に見えていますもの。かと言ってデュッセルドルフに頻繁 [続きを読む]
  • WinningenのLichterglanz(Weihnachtsmarkt)へ
  • 今年は一風変わったクリスマスマーケット、Winningen in Lichterglanzに行ってきました!!モーゼル川沿いにあるこの小さな街でたった3日間だけの催し。新聞で偶然この記事を見つけて訪れてみたら…なんとなんと、とっても素敵なマーケットでした。地元コブレンツのマーケットよりも良かったのではないでしょうか。大きな広場1カ所に集うスタイルではありません。目抜き通りも小さな路地も、街のいたるところを電飾で装飾し、街中 [続きを読む]
  • お菓子の家と小人の家を作りました
  • 保育園のクリスマスバザーにて、私の手編み小物のお店を出店した件。当日の販売状況は芳しくなく、残念な結果に終わったと以前の記事で報告いたしました。が、その後園の先生や友人が追加購入してくれて、気が付けば目標金額に達し、結果的には満足できるものになりました!嬉しい〜〜〜!ありがとうございます!!自分がいいな、かわいいなと思って作ったものなのでそれが認められたというのが嬉しいですね。さて、本日はそれらの [続きを読む]
  • 今年は焼かない!と決めていたが、やはり避けられないお菓子作り
  • はいはーい、クリスマス関連の行事が続いてバタバタしておりますよー。ドイツでは学校や園、習い事の行事があるごとに、保護者がケーキなどを持ち寄ることが多いです。自宅で焼いたケーキやクッキー、コーヒーを皆で持ち寄って行事の間のお茶を楽しむという。保護者も参加する行事と持ち寄りのお茶会は切っても切れない関係なのです。去年はこれでけっこう大変だったので、今年は出来るだけ焼かない!と決めていました。しかし…皆 [続きを読む]
  • 子供にも大人にもおススメしたい玩具「キュボロ」
  • 我が子へのクリスマスプレゼントはもう決まっている、という方が大半かとは思いますが、本日は是非おすすめしたい木製玩具をご紹介します。スイスのキュボロ(Cuboro)社により開発された積み木玩具、その名も「キュボロ」。積み重ねるだけの単なるおもちゃではない。その立方体に溝が彫られており、自分で自由に設計した道筋通りにビー玉を転がして遊ぶことができる。日本でも販売されているのでご存知の方もいるでしょう。将棋で [続きを読む]
  • 今年のクリスマス飾り2018
  • 第一アドベントを迎えまして、我が家もようやくクリスマスの飾り付けがほぼ完了しました。あ、でもツリーは第二アドベントくらいから。まずは玄関リース。コジロウのお手製折り紙にて。前回記事で書いた靴箱の上。アパートの廊下は昼間でも薄暗いので、ボタン電池で光る蝋燭型ランプ(?)をコタロウが帰宅する時間につけておきます。玄関ドアの覗き穴からこっそり様子を窺うと、「わぁ〜」と、ニコニコしながら飾りを見て立体カード [続きを読む]
  • ようやく手に入れた靴箱!
  • 同じアパートの住人さんから、不要になった戸棚をいただきました。扉付きで中には棚板。やっほ〜〜〜い、ずっとこんな収納をさがしていたのよ。何に使用するかというと、靴箱に。基本、土足文化のドイツでは家具屋さんに日本人がイメージするような“靴箱”があまり売っていません。あるとすれば、靴乗せ台。靴1足分の奥行、靴を何足か並べられるよう横に長い構造、それが2段といったかんじ。一軒家ならばいざ知らず、典型的な古い [続きを読む]
  • 今年で作り納めか、「もみじの手」
  • これも毎年毎年ブログで書いている事ですが、今年も子供の手と紅葉を絡めて作品にする「もみじの手」を制作しました。本来なら黄葉美しい10月か、制作後にしばらく飾っておけるよう少なくとも11月上旬頃までには仕上げているところですが、今年はいろいろ忙しくてこんな時期になってしまいました。せっかく制作したので少し飾っておきますが、すでに部屋にはクリスマスの飾りもお目見えしており、賑やかなそれらと激しく合わない。 [続きを読む]
  • 残念…今年のクリスマスバザー
  • コジロウの保育園でのクリスマスバザーが終了しました。保育園として商品を提供するものの他に、本やアクセサリー、衣類や果物屋さんなど個人のお店もいくつか出店しています。その中で今年も私の毛糸による手作り品のお店を出しました。昨年の様子はコチラ昨年の反省を踏まえ、今年は約1年をかけてせっせと作品作りに励んできました。時間も労力もかけて商品数を増やし、ディスプレイの仕方も工夫し…と気合を入れていたのに、結 [続きを読む]
  • フランス旅行2018・サン・マロで食べた美味しい物
  • お待たせいたしました!(?) 食べ物情報でございます。サン・マロのグルメといえば何と言っても新鮮な海の幸。カンカル産の牡蠣が有名で店頭で売られているのもよく目にしました。普段魚介類に飢えているので「海の幸の皿」を試してみたかったんですが、牡蠣ってやっぱり生、ですよね…。あたることはないだろうとは思いつつも、万が一そうなった場合、始まったばかりのバカンス旅行が全て台無し。もしも子供があたったら?そんな [続きを読む]
  • フランス旅行2018・サン・マロの海岸
  • 本日はサン・マロの海岸の様子を少しお届けしたいと思います。サン・ヴァンサン門付近ではこのようにたくさんの船が停泊している様子を眺めることができます。そこから少し行くと砂浜が表れ、海水浴もできます。潮が引いて一面砂浜になった状態。プチ・ベ島まで地続きになりました。私たちは潮の満ち引きが1日の何時頃に訪れるのかを事前にチェックしておいたので、この日は朝のうちに島まで渡り、午後は海岸で海水浴や日向ぼっこ [続きを読む]
  • どうしたこの天気!11月だよね?!
  • ドイツの11月といえば、暗〜く、どんより、毎日雨、日に日に寒く…のお天気が定番。あまりの日照不足に鬱っぽくなる人も増えることでお馴染み。ところが!どうしたんでしょ、今年は。さほど寒くもなく、雨も少なく、なんと言っても青空が広がって日差しが眩しいなんて日も多いじゃないですか!やっほ〜い。なんていい気持ち。週末もいいお天気だったので気持ちよく過ごしました。夫とコタロウは近くの森へヴァンダルングへ。彼らの [続きを読む]
  • 敵の名前が判明、いざ駆除へ
  • 数年前から家の中に虫が出るようになった。日本に居た時には見たこともない容姿の物体で、これまた気持ち悪い。ムカデのように足がたくさんあり、ゴキブリのように触覚らしきものがひょーーーんと伸びている。大きさはさまざまで、1?くらいの極小のものから4?はあろうかというものまで。奴らは集団では行動しない。単独で暗闇の中こっそり表れて突然部屋の電気をつけられ明るみに出た時に「しまった!」って感じになっている。な [続きを読む]
  • フランス旅行2018・サン・マロ観光
  • ジヴェルニーのモネの家を後にして次の目的地、サン・マロへ向かいます。高速道路をずっと走ってもよかったのですが、時間もあったので海岸にほど近い田舎道を通りました。するとのどかな田園風景の彼方にモンサンミッシェルが!おおおお〜〜〜〜っ こんな風景に出会えるのも車旅行の醍醐味ですね。サン・マロはイギリス海峡に面したブルターニュ地方にある港町。到着して車を降りた途端、磯の香りが漂っていました。こちらは観光 [続きを読む]
  • ころころ巾着編みました
  • 保育園で行われるクリスマスバザーに向けて、編み物し続けています。ころころ巾着。ドイツ人に受けいられるかどうかわかりませんが、少し和の雰囲気を持ったもの、あまり周囲では見かけないものを作りたいと思い、こんなものを編みました。写真を撮影した後にそうだと思い立って、紐の先にガラス玉のような飾りをつけてより和の雰囲気を出すことにしました。ちょうどぴったり掌に収まる、手乗り巾着。コットンの毛糸を2本取りにし [続きを読む]
  • 今年は家族で地域のランタン行列に参加
  • 今年もSt.Martinの行事、無事終了しました。今年は諸事情につきコジロウの保育園のランタン行列には参加できないので、地域で行われているものに家族で参加してきました。それぞれ保育園や学校で作ったランタンを持参して。集合場所に近づくにつれ鼓笛隊によるSt.Martinの演奏が聞こえてきて気分も盛り上がります。ただ音楽を流しているだけじゃなくて生演奏なのがいいんですよね。時々曲に合わせて歌いながら歩きます。到着すると [続きを読む]
  • フランス旅行2018・モネの庭で出会った花々
  • そろそろモネの家から離れて次の地の記事を書きたいところですが、モネの家の庭園で出会った花たちが本当に素敵だったので、もう一つだけ。名前がわからないものが多いのですが、ざっとご紹介したいと思います。ここを訪れたのは7月下旬。季節感も花の種類から感じられると思います。もしも花の名前をご存知の方がいらっしゃれば是非教えてください。(間違っていたらご指摘もお願いします!)ラベンダーグラジオラスルリタマアザ [続きを読む]
  • ドイツにコーンスープは無い?!
  • あぁ寒いっ 11月に入って本当に寒いです。もう冬到来と言っていいのかしら。10月末までは秋のコートで粘っていましたが、ついに真冬のコートを着るようになりました。帽子ももうニット帽よ。こんな寒い日の朝はカップスープでも飲んで身体をあたためたいところ。うちの子供たちはコーンスープが大好きです。他の味の選択肢があっても、選ぶのはやっぱりコーンスープ。日本から送ってもらった貴重なスープの素を兄弟で半分こしなが [続きを読む]
  • フランス旅行2018・モネの水の庭園
  • 少しお休みしていた旅行記、再開します。モネの庭園、続きましては水の庭園です。いきなり眼前に広がったのは小川の流れと鬱蒼とした竹林!わが目を疑いましたよ。ここがフランスだなんて思えないっ。柳しなだれる睡蓮の池。美しすぎます...。黄色い睡蓮が咲いていました。モネが大好きな日本の太鼓橋を模して作った橋。この時は葉で覆われていましたが、藤の花咲く頃はそれはそれは素敵なんでしょうね。香る紫の簾の影から見える [続きを読む]
  • カボチャのランタンと秋の工作
  • 本日は秋の工作のお話です。何か行事があったり季節が変わると、それに因んだ工作をしている我が家です。そうやって半強制的に行わないと、うちの坊ちゃんたちは工作をやらないのでね…。もはや上手に出来る技術を身につさせたり、興味関心を持たせることは諦めました。子供ならではの感性で描いた絵や作品で私を楽しませてほしいという夢も捨てました。だって、やらないんですもの、うちの子たち。私はものづくりが好きなので、お [続きを読む]
  • ちょっと息抜き
  • 本日は、ちょっと息抜き記事を。記事と言う程の物でもなく、ただのつぶやきを。自分的にはいろいろと駆け抜けてガガーーーッ!とやっていることがあり、そんな折に思いがけず花束をいただきました。もう晩秋に近いけれど、元気なヒマワリの花束。これをテーブルに飾って、今日は1日これを眺めながら仕事しよう。最近は子供と一緒にやる工作しかブログに載せていないけれど、自分の趣味のものづくりもやっています。実は今が佳境。 [続きを読む]
  • 小学校1、2年生のサッカークラブ状況
  • コタロウは地元のスポーツ協会に所属しサッカーをしています。チームはきっちりと年齢(出生年度)で分けられており、3学年以上の子が同じチームに所属するのは年少チームのみ(例外アリ)。Bambinis F-Jugend E-JugendD-JugendC-JugendB-JugendA-Jugendここまでがジュニアのチーム(おそらく18歳以下)。※年齢によるチーム分けと言ってもちょっと複雑なので詳細は割愛します。コタロウは幼稚園児と小学校1年生が所属するBambini [続きを読む]
  • Legoキャンプに参加
  • ドイツでは春・夏・秋休みなど、学校が長期の休みになる際、子供を対象にしたいろいろな講習会が開催されています。コタロウが夏休みに参加したサッカーキャンプも然り。スポーツだったり、毎日自然と触れあって何かを体験するコースだったり、アートやテクニカルなものまでジャンルも様々。一般的には月曜から金曜日まで1週間通います。学校が休みでも仕事のある両親にとっては費用はかかりますがほぼ終日預かってもらえるので助 [続きを読む]
  • フランス旅行2018・モネの庭園
  • 本日は「クロ・ノルマン」(ノルマンディーの囲い庭)をご紹介します。ここは睡蓮の池がある「水の庭」に対して、「花の庭」とも呼ばれています。モネはここにカラフルな夢の庭を実現すべく、四季の花々を植えて丹精込めてお手入れをしたそうです。モネの家の公式ホームページには、『絵画においても先駆的であったように庭でもその能力を発揮した「花大好き」なモネは日の当たる庭を作り、現代的な庭仕事の才能のおかげで毎年その [続きを読む]