chomapu さん プロフィール

  •  
chomapuさん: ちょまぷの資格に挑戦① 環境計量士
ハンドル名chomapu さん
ブログタイトルちょまぷの資格に挑戦① 環境計量士
ブログURLhttp://chomapu-shikaku01.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文環境計量士 資格
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 73日(平均4.2回/週) - 参加 2017/08/08 23:39

chomapu さんのブログ記事

  • 講習二日目 実習その1 ICPと原子吸光による金属の定量
  • 講習二日目から4日目の三日間は、分析の実習です。受講者26名が3班に分かれて、一日一つづつ機器分析の課題を実習し、三日間で三つの機器分析を習得することになります。私はC班で、初日は、ICPと原子吸光による金属の定量でした。カドミウム、銅、ニッケル、亜鉛を、ICPとAASで定量します。機器は、それぞれ、昨年・今年になって更新された最新の機器でした。(すごい)長いこと、実験をしていないので、ピペットワークとか心 [続きを読む]
  • 願書受付中
  • 願書受付中ですよ〜平成29年10月6日(金曜日)〜平成29年10月31日(火曜日)までhttp://www.meti.go.jp/information/license/data/c170901aj.html願書願書作成ページhttps://keiryoshi.info/index.html試験日は、平成30年3月4日(日曜日)ですね。まだまだ、時間がありますので、少しずつでも頑張りましょう にほんブログ村資格・スキルアップランキングはじめて学ぶ 環境計量士試験 濃度関係 (国家・資格シリーズ 228)作者 [続きを読む]
  • 登録の窓口
  • 計量講習後は、登録手続きとなるのですが、登録事務を取り扱ってくれる窓口が、都道府県によって、異なるようですね。ちなみに、埼玉県は、計量検定所のようですが、埼玉県のHomepageを見ると、3枚複写の別紙を取り寄せる必要があり、そちらもやはり、事前に電話連絡してから来てくださいということらしいです。東京都は、下記のようになっているようです。情報提供は、講習会でご一緒したSさんです。Sさん、貴重な情報、シェアさ [続きを読む]
  • 宿泊場所の産総研「さくら館」
  • 講習を行う計量研修センターから5分くらい歩いたところに宿泊所があります。フロント前のロビーは結構、良い雰囲気です。これで、素泊まり1700円なので、使わない手はありません。(机に、固定資産ラベルが貼ってあるのは、ご愛敬ですがwww)お部屋の机もしっかりしていますので、お勉強にも使えますが今回の研修では幸いにも宿題が出ることもなく、使わずに済みましたwww講義室と、宿泊棟がつながっているのですが、C棟の [続きを読む]
  • 講習初日の懇親会
  • 初日は先生主催の懇親会があり、交流を深めることが出来ました。会費二千円で、産総研の厚生施設の喫茶室「カフェピクニック」だそうです。ピザとか、ソーセージとか、豪華というほどではありませんが、まずまず美味しかったです。一人一人、受講の動機とか、趣味とかを自己紹介しましたが、大学の先輩の行った製薬会社の人に会って、ビックリ。さらにその方が、大学の後輩の岡山大学での教え子ということを聞いて二度ビックリしま [続きを読む]
  • 初日の講義 (2017/10/3)
  • 二階の講義室で、初日は座学です。初日の講義は、1時間くらいの長さで、「不確かさ」のおさらいと、明日からの実習で行う機器分析の機器の基本とかを次々と聞くことになります。機器分析は、経験があるので、内容的にはちょっと退屈ではありますが、それぞれの先生方の想いや経験談があるので、それなりに楽しんで聞くことが出来ました。昼食は、宿泊棟のさくら館に移動して摂ります。初日は一日座学なので、一時間あるお昼休みの [続きを読む]
  • 計量講習 初日の移動(2017/10/3)
  • 講習の開始は9時からですが、つくば市から産総研までのバスが混雑しそうなので、つくば駅には8時前につくよう、5時半起きで、大江戸線から新御徒町乗り換えを選択しました。新御徒町からの下りの区間快速は空いていて、45分ほど掛かるので座ることができよかったです。つくば駅のバス停は、予想以上の長蛇の列で、なんとか乗れましたが、大きな荷物ということも有り、つり革に捕まって立っているのがやっとでした。バスの時刻 [続きを読む]
  • 管理 SI単位系
  • SI単位系は、法規・管理の両方で出題されていますね管理で出題されるときは、基本単位と組み立て単位の代表例をいくつか覚えておくと検算できて良いですよ。wiki組み立て単位力ニュートン (newton)Nm?kg?s-2圧力・応力パスカル (pascal)PaN/m2m-1?kg?s-2エネルギー・仕事・熱量ジュール (joule)JN?mm2?kg?s-2仕事率・工率・放射束ワット (watt)WJ/sm2?kg?s-3電荷・電気量クーロン (coulomb)Cs?A電位差 (電圧)・起 [続きを読む]
  • 管理 計量管理とQC七つ道具
  • 計量管理  目的に沿った計画、実施、評価、活用 PDCAオンライン管理、オフライン管理(設計、開発、製造装置の管理)QC七つ道具用途使用する「QC七つ道具」問題を発見するツールとして使用します。・グラフ(棒グラフ)・管理図管理図問題の原因を把握したいときのツールとして使用します。・パレート図・ヒストグラム・特性要因図対策後、問題が解消したことを確認するツールとして使用します。・グラフ・散布図・管理図各水 [続きを読む]
  • 環濃 ダイオキシン分析の前処理
  • ダイオキシンの前処理 精製操作の概要操作名主な効果硫酸処理―シリカゲルカラム-クロマトグラフ操作大部分のマトリックスの分解除去着色物質,多環芳香族炭化水素,強極性物質の除去多層シリカゲルカラム-クロマトグラフ操作フェノール類,酸性物質,脂質,タンパク質,含硫黄化合物,脂肪族炭化水素類,強極性物質,着色物質,多環芳香族炭化水素の除去アルミナカラム-クロマトグラフ操作低極性物質,有機塩素化合物の除去高速液 [続きを読む]
  • 環濃 大防法関係 よく出る5択
  • 大防法 環境基準 (5択)SO2溶液導電率、紫外線蛍光法CO非分散赤外SPM濾過捕集による重量濃度測定 *光散乱、圧電天びん測定、ベータ線吸収NO2ザルツマン試薬による吸光光度オゾンを用いる化学発光オキシダント Ox中性KIを用いる吸光光度または電量法紫外線吸収法、エチレンを用いる化学発光尚、あくまで、個人学習用のmemoとして紹介しておりますので、 誤字脱字・誤りなど、については、ご容赦いただきますよう、お願い致し [続きを読む]
  • 環化 電気化学
  • 電気化学アノードとカソードダイオードは、A(アノード)からK(カソード)方向に電流を流す    A→C中を電流流れる  Aから電子が出る、Cへ電子が入るカソード 電子が外部から入るアノード 電子が外部に出るダイオード電子電池電気分解覚え方Anode電流IN出る負極陽極陽極酸化   M→M+ 外に電子出るChathode電流OUT入る正極陰極冷陰極管=カソードランプ   外から電子流れ込む正極は、電子を受け取る場であり還元反応 [続きを読む]
  • 環化 電気化学
  • 電気化学アノードとカソードダイオードは、A(アノード)からK(カソード)方向に電流を流す    A→C中を電流流れる  Aから電子が出る、Cへ電子が入るカソード 電子が外部から入るアノード 電子が外部に出るダイオード電子電池電気分解覚え方Anode電流IN出る負極陽極陽極酸化   M→M+ 外に電子出るChathode電流OUT入る正極陰極冷陰極管=カソードランプ   外から電子流れ込む正極は、電子を受け取る場であり還元反応 [続きを読む]
  • 環化 核化学
  • 核化学も時々出題されますね。 昔習ったことを、とりあえず復習しておく位で良さそうですが。 放射線を使った検出器(GC) 同位体比を用いた定量法(ICP-MS)とか、 分析化学屋さんには、それほど苦痛ではないかと思いますが。 半減期に関する問題とかもでたりしますね。α崩壊Heを出す226Ra→222Rnβ−崩壊中性子と電子と反電子ニュートリノβ+崩壊陽子が陽電子とニュートリノを出すγ崩壊粒子を出さない最後まで読んで頂きあ [続きを読む]
  • 環化 核化学
  • 核化学も時々出題されますね。昔習ったことを、とりあえず復習しておく位で良さそうですが。放射線を使った検出器(GC)同位体比を用いた定量法(ICP-MS)とか、分析化学屋さんには、それほど苦痛ではないかと思いますが。半減期に関する問題とかもでたりしますね。α崩壊Heを出す226Ra→222Rnβ−崩壊中性子と電子と反電子ニュートリノβ+崩壊陽子が陽電子とニュートリノを出すγ崩壊粒子を出さない 最後まで読んで頂き [続きを読む]
  • 計測の定義
  • 計量管理の設問には、時々、「不確かさ」の定義に関する問題が出題されるようです。混乱しないように覚えておく必要がありますね。http://kikakurui.com/z8/Z8103-2000-01.html精度   accuracy精密さ,精密度 precision ばらつきの小さい程度。正確さ trueness かたよりの小さい程度。不確かさ (ふたしかさ) uncertainty [続きを読む]
  • 計測の定義
  • 計量管理の設問には、時々、「不確かさ」の定義に関する問題が出題されるようです。混乱しないように覚えておく必要がありますね。http://kikakurui.com/z8/Z8103-2000-01.html精度   accuracy精密さ,精密度 precision ばらつきの小さい程度。正確さ trueness かたよりの小さい程度。不確かさ (ふたしかさ) uncertainty [続きを読む]
  • 法規 計量法関連の各種マーク
  • 結構紛らわしいのですが、覚えてしまうと得点源になるので、隔年くらいで出題されているようですね。jCSS  指定校正機関  日本電気計器検定所、JCSS 登録校正機関修理等  修理済表示の大きさは、直径十八ミリメートル以上とする。修理した年を示す①点検のみ ②修理 計量管理事業所検定証印 基準適合証印 装置検査証印計量証明検査済み証印  ○に正のマーク及び検査年月基準器検査基準器の種類有効期 [続きを読む]
  • 環化 環境法令<頻出法令のmemo> 大気汚染防止法
  • 環化の得点源は、環境関連法ですね。過去、毎年、5問、環境基本法、大防法、水濁法から、合計5問出題されており、選択肢には、過去問からの繰り返しが用いられる場合も多いので、暗記するくらいに、音読するのがよいかもしれませんよ。私は、下記のように、テキストで入力、設問で、穴埋めになった箇所を赤字にして、学習しました。ご参考まで。尚、あくまで、個人学習用のmemoとして紹介しておりますので、 誤字脱字・誤りな [続きを読む]
  • 環化 環境法令<頻出法令のmemo> 大気汚染防止法
  • 環化の得点源は、環境関連法ですね。過去、毎年、5問、環境基本法、大防法、水濁法から、合計5問出題されており、選択肢には、過去問からの繰り返しが用いられる場合も多いので、暗記するくらいに、音読するのがよいかもしれませんよ。私は、下記のように、テキストで入力、設問で、穴埋めになった箇所を赤字にして、学習しました。ご参考まで。尚、あくまで、個人学習用のmemoとして紹介しておりますので、 誤字脱字・誤りな [続きを読む]
  • 環濃 排ガス中の金属の定量 発色反応を用いた定量法 
  • 環濃の勉強範囲は広いので、得意分野に絞って勉強する必要がありそうです。 表を作って、並べて覚えると、効率が良いかな。排ガス中の金属定量法 K0083測定方法成分フレーム原子吸光電子加熱原子吸光ICP発光IMS-MS吸光光度法補修方法Cd○○○○吸収瓶 水or 硝酸(1+13)or 塩酸(1+13)Pb○○○○Ni○○○○ジメチルグリオキシムMn○○○○過ヨウ素酸V○○○○N-ベンゾイル-N-フェニルヒドロキシルアミンCr○○○○ジフェニルカルバジドCr [続きを読む]
  • 環濃 排ガス中の金属の定量 発色反応を用いた定量法 
  • 環濃の勉強範囲は広いので、得意分野に絞って勉強する必要がありそうです。 表を作って、並べて覚えると、効率が良いかな。排ガス中の金属定量法 K0083測定方法成分フレーム原子吸光電子加熱原子吸光ICP発光IMS-MS吸光光度法補修方法Cd○○○○吸収瓶 水or 硝酸(1+13)or 塩酸(1+13)Pb○○○○Ni○○○○ジメチルグリオキシムMn○○○○過ヨウ素酸V○○○○N-ベンゾイル-N-フェニルヒドロキシルアミンCr○○○○ジフェニルカルバジドCr [続きを読む]
  • 環化 環境法令<頻出法令のmemo> 水質汚濁防止法
  • 環化の得点源は、環境関連法ですね。過去、毎年、5問、環境基本法、大防法、水濁法から、合計5問出題されており、選択肢には、過去問からの繰り返しが用いられる場合も多いので、暗記するくらいに、音読するのがよいかもしれませんよ。私は、下記のように、テキストで入力、設問で、穴埋めになった箇所を赤字にして、学習しました。ご参考まで。尚、あくまで、個人学習用のmemoとして紹介しておりますので、 誤字脱字・誤りな [続きを読む]
  • 環化 環境法令<頻出法令のmemo> 水質汚濁防止法
  • 環化の得点源は、環境関連法ですね。過去、毎年、5問、環境基本法、大防法、水濁法から、合計5問出題されており、選択肢には、過去問からの繰り返しが用いられる場合も多いので、暗記するくらいに、音読するのがよいかもしれませんよ。私は、下記のように、テキストで入力、設問で、穴埋めになった箇所を赤字にして、学習しました。ご参考まで。尚、あくまで、個人学習用のmemoとして紹介しておりますので、誤字脱字・誤りなど [続きを読む]
  • 環濃 排ガス中の有機物の定量 発色反応を用いた定量法 
  • 環濃の勉強範囲は広いので、得意分野に絞って勉強する必要がありそうです。私は、有機化学出身なので、JISの測定法などは、色素の構造があった方が記憶に残りやすいので、標を作ったり、構造式を並べたりして、勉強しました。排ガス中の有機物の発色反応尚、あくまで、個人学習用のmemoとして紹介しておりますので、誤字脱字・誤りなど、については、ご容赦いただきますよう、お願い致します。また、リンク先が切れている場合など [続きを読む]