chomapu さん プロフィール

  •  
chomapuさん: ちょまぷの資格に挑戦 環境計量士その後
ハンドル名chomapu さん
ブログタイトルちょまぷの資格に挑戦 環境計量士その後
ブログURLhttp://chomapu-shikaku01.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文環境計量士取得後、次の資格に挑戦中。今年度の目標は、建築物環境衛生管理技術者、通称「ビル管」
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供18回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2017/08/08 23:39

chomapu さんのブログ記事

  • 合格通知
  • facebookにアップしましたがこちらにも2018/10/30に試験結果の通知が郵便で届きました収入印紙2300円、返信封筒に貼る310円+140円切手(合計450円)を準備して本日、登録免許を申請しました。他の資格に比べて、免許の手数料は格安ですね(^^)V (笑)完全突破!ビル管理技術者受験テキスト[第2版]作者: 松浦 房次郎出版社/メーカー: 森北出版発売日: 2010/03/19メディア: 単行本(ソフトカバー)最後まで読んで頂きありがとうござ [続きを読む]
  • 試験結果発表(10/29)
  • 10/29に公式ページにて結果発表がありました。http://www.jahmec.or.jp/kokka/2018_bilgoukaku/bilgoukaku30.html自分の受験番号を見つけてホッとしています。今年の合格率は21.1%でした。過去の履歴を見ると、平均的な難易度だったようです。http://park22.wakwak.com/~a.aban/index.html 建築物環境衛生管理技術者(ビル管)合格率 推移年 度受験者数合格者数合格率H3011,0692,33921.1%H2910,2091,38713.6%H289,8272,9 [続きを読む]
  • 解答速報(2)
  • 解答速報(2)オーム社のHPにも解答速報が公開されていたようです。https://www.ohmsha.co.jp/answer/中身は、先に公開された日本教育訓練センターさんの結果と同じようでした。https://www.jetc.co.jp/来週10/29が合格発表ですね。http://jahmec.or.jp/kokka/index.html「試験の合格者の発表は、平成30年10月29日(月)午前10時に厚生労働省(東京)及び公益財団法人日本建築衛生管理教育センター国家試験課において、その受験番 [続きを読む]
  • 解答速報
  • ビル管 解答速報がでました。https://www.jetc.co.jp/自己採点で、8割出来ていました(^^)/火曜日からは、毎朝通勤中の過去問アプリから解放されていたのですが、解答速報を見て、ほっとしています。「掃除」と「害虫」は、勉強中はかなり苦しんだのですが、何とか試験で足を引っ張ることなく、クリアできました。 2ちゃんねるとか見ていると「今年は易しかった」という意見が多いのですが、過去問から素直に回答できる問題が多 [続きを読む]
  • 試験本番(午後の部)
  • 試験当日のお昼休み。気分転換と、酸素補給のために、少しお散歩に。すぐ隣に八幡宮がありましたので、お参りしてきましたが憂鬱そうな受験生でいっぱい(笑)急な階段を上るとそこにも人が数名居ましたが、下ほどは混んでいませんでした。10月だというのに、30度近くまで気温が上がっていたようで、日差しがクラクラしました。12時半に会場に戻って、コンビニおにぎりで食事を軽く済ませます。午前中座りっぱなしで腰が固まっ [続きを読む]
  • 昨日は本番の試験でした
  • いよいよ本番の試験です。市ヶ谷のTKPカンファレンスセンターに向かいます。市ヶ谷駅周辺のコンビニでお昼のおにぎりを調達し、橋を渡ってすぐのTKセンターへ。信号は、同じ目的の人たちですでにいっぱいです。ビルに吸い込まれていく人の波に乗りますが、エレベーターホールもいっぱい。脇の階段から会場まで上ります。8階までのビルの半分以上が試験会場の様でした。座席は、後ろの端の方で、出入り口には近いところでした。空 [続きを読む]
  • 過去問 修行中(続き)
  • 試験まで、2ヶ月を切りました。受験票は、9月にならないと届かないので、受験会場がわからないのは若干不安ですね。毎朝の通勤で、過去問アプリ使って学習していますが、4ラウンド目に入ってくると正答率が8割前後で頭打ちです(^^;但し、回答に掛かる時間は、体感半減で、一科目35問を、片道45分程度で回答出来るようになってきました。おそらく、わかっている内容が確実に増えているので、5択から2択に絞り込む時間 [続きを読む]
  • 過去問 修行中
  • 過去問 下記年代を3ラウンド完了しました。3回目になると、正答率が70%を超えてきましたが、ど忘れ、凡ミスもあるので、油断禁物ですね。試験まで、残り11週、頑張ります。  H23H24H25H26H27H28建築物衛生行政概論85.0%75.0%80.0%85.0%85.0%84.2%建築物の環境衛生72.0%84.0%76.0%92.0%88.0%92.0%空気環境の調整97.8%68.9%66.7%91.1%84.4%71.1%建築物の構造概論86.7%73.3%73.3%100.0%86.7%93.3%給水及び排水の管理74.3%80 [続きを読む]
  • 未然防止のセミナー
  • 先日のセミナーにて、著者割引で購入しました。品質トラブルの「未然防止」が講演のテーマなのですが、労災やコンプライアンス違反の未然防止にもつながるお話でした。結局、ヒヤリハットとか5Sとかリスクマネジメントの各種手法は、基本ツールなんだなと再認識。講演は、経験事例を沢山話されるので、リアリティがありました。コンプライアンスの時事問題(日大アメフトとか)の話に脱線するので、眠くはならないのですが薄っぺ [続きを読む]
  • ビル管の空気環境測定の測定機器について
  • 事務所則のほうでは、いろいろと空気環境を測定しますが、CO2、CO、温度、小型で簡易な測定器がありますね。うちでは、下記の測定器を使っています。①CO計 CO-IIIA②CO2濃度計&温湿度計 おんどとり TR-76Ui③風量計 testo425ホルムアルデヒドは、定電位電解方式の測定器を使っています。ポータブル型ホルムアルデヒド簡易測定器 XP-308B " target="_blank">https://www.new-cosmos.co.jp/product/977/>中央方式ではなく、個別空 [続きを読む]
  • 願書提出
  • 願書提出しました5/7から願書のダウンロードが出来るようになりましたので、早速、写真と実務証明書を準備して、願書を作成、郵送しました。願書を郵送で取り寄せなくても良いのは便利ですが、受験料が郵便振替なので、振替用紙を自署する必要があること、また、受験料を郵便振替して、その領収書を台紙に貼って送付するため、郵便局で、糊付けしてゴソゴソ封筒に入れる作業がありちょっと、面倒ですね。収入印紙も面倒だし、イン [続きを読む]
  • 過去問の成績(2018/5/12)
  • 隙間時間で過去問をやっていますが、開始して、1ヶ月くらいで、2年分流し終わりました。本日時点での成績を記録しておこうと思います。科目別に下表の通り建築物衛生行政概論 17/2085%建築物の環境衛生16/2564%空気環境の調整27/4560%建築物の構造概論11/1573%給水及び排水の管理19/3554%清掃 12/2548%ねずみ・昆虫等の防除6/1540% まぐれで正解している問題もあるので、まだまだって感じですね。間違ったときに、 [続きを読む]
  • 隙間時間で学習
  • 廃掃法も身近な問題なのですが、勘違いして、ポカミスの無いよう、コツコツ復習中マニュフェストあ、誰が誰に送って、誰が保管するのかが大切ですよねマニフェスト保管義務目的発行者→保管A(○)排出元 控え(引き渡し確認)−B1−運搬者の運搬終了確認−B2排出元保管排出元 運搬終了確認運搬者→排出元C1処分先保管処分先 処分受入→完了確認C2運搬者保管運搬者 処分終了確認処分先→運搬者D排出元保管排出元 処分終了確 [続きを読む]
  • ボチボチ始めています
  • まずは、空調環境から研究所の総務で設備管理のグループのマネージャーだったのでそこそこ、記憶にある言葉が多いです。今の職場でも、労働安全の衛生管理者として、自主測定はしていることもあり引っかけ問題の傾向と対策を過去問で行っていこうとおもいます。建築物環境衛生管理基準不適合率温度17-285%〜10%近年省エネで夏28度超湿度40%-70%30-40%冬の低湿(22℃40%設定→25℃)気流0.5m/s以下ー冷風CO10ppm以下−排気ガスC [続きを読む]
  • 次の資格に向かって
  • 環境計量士に登録後、会社実務が多忙であったことも有り、資格取得についてゆっくりがんが得られていなかったのですが、ようやく落ち着いて、次の3つくらいに絞っています。1)エネ管2)ビル管3)ISO45001 審査員 → OHSAS18001からの移行?エネ管は、内容が濃い勉強になりそうなので、2019年 夏の受験を目指します。ビル管は、出題範囲は広いのですが、暗記物で済みそうなことと衛生管理者や、実務経験でカバーできる部分 [続きを読む]
  • 登録証 届きました。
  • 10月末に、さいたま市の計量検定所に登録申請書持参しましたが、先日、会社に簡易書留で「登録証書」が届きました。地味にうれしいです^^平均85日お待ちください(年明けになるかな?)と思っていましたが意外に早く送付されました。来年の試験にむけ勉強されている方は、これからが頑張りどころですね。まだまだ時間がありますので、こつこつ、苦手科目も克服してください。 最後まで読んで頂きありがとうございます [続きを読む]
  • 光が丘 清掃工場改築工事
  • 光が丘URのゴミ焼却場の改修工事に伴って煙突が解体される様子を定点観測しました。最初の写真は2017/06/4最後の写真は2017/11/055ヶ月で屋根の上に出ていた部分が少しずつ低くなって、ついにこちらからは見えなくなりましたが、実は、反対側に回ると、まだ半分の高さが残っています。煙突とLIVINの間には、廃棄物の収集運搬する建屋と炉のビルがありましたが、解体時にいろいろ飛散しないように、大きなテントで覆われています。 [続きを読む]
  • 登録申請に、計量検定所へ
  • 一度くらいは、足を運んでどんな所かも見ておきたいこともあり(笑)、申請書類一式を持参します埼玉県の計量検定所は、大宮駅の北、鉄道博物館の西方向、大宮駅西口からバスで、大成三丁目か計量検定所前というバス停で下車。職場からは、さいたま市のコミュニティバスで、新幹線のガードをくぐって、反対側へ抜け、バス停から5分くらいです。アクセスマップはこちらお昼前に、立入検査・登録指導課さんに、念のため電話を入れて [続きを読む]
  • 登録申請の準備②
  • 別紙様式が届くまでに、申請に必要な添付書類の準備です。登録用の収入印紙が、3万円!!と、郵便局でドキドキしながら買いました。(笑)申請書は、なにかと、不備があっては心配なので、持参するとして、③の登録免許は、返信用封筒を準備して、簡易書留で送ってもらおうと思います。必要なモノ申請書登録免許税(収入印紙 3万円)別紙様式試験の合格証書のコピー申請区分に応じた添付書類=講習修了証のコピー日中連絡先のメ [続きを読む]
  • 登録申請の準備①
  • 計量講習後日常の業務に追われ、もたもたしていたのですが、登録しておこうと思い立ち、勤務先さいたま市の計量検定所を検索してみました。意外と会社から近かったのですが、歩くのは微妙に遠く、バスや公共交通機関も、面倒な位置関係でした。 申請書に添付する、別紙様式が、窓口でないと貰えないと言うことなので ①別紙様式を取りに行く、 ②申請書を持参する、 ③登録免許を頂に行く と、なんと、3回も足を運 [続きを読む]
  • 講習四日目 SOXの定量の実習
  • 講師の方は皆さん、個性的で押しが強いのですが、この日の佐々木先生は、一番、計量に関しての想いが強い方でした。茂木ツインリンクの環境のアセスメントの時のお話も、面白く聞かせて貰いました。実習は、ピペットの操作が、コンタミ源が違うために、金属やVOCとは気の遣うところが違って、水道水を一切近づけないところが印象的でした。また、試料を自由に選んで測定する課題も有り、人の肌から、汗の塩分だけでなく、有機酸が [続きを読む]
  • 講習三日目 講習後の懇親会
  • 三日目にもなると、メンバーも打ち解けてきて、楽しくなりますし、幹事の苦労もなくなります。計量研修センターの事務のおねーさんに教えて貰った焼き鳥屋さんで、宴会を開きました。近いので歩くことも出来るのですが、この季節、6時になると暗くなって、土地勘がないと迷子になりそうだし、帰りも酔っ払って歩くのが心配なので、お店に甘えて送迎バス利用させて頂きました。鳥吉宴会では、大いに盛り上がり、楽しいひとときを過 [続きを読む]
  • 講習三日目 実習その2 GC/MSによるVOC類の定量
  • 二日目の実習は、GC/MC。コンパクトなQ-MSが普及して、私が分析の担当だった20年前から比べて、一番簡易になった分析法かもしれませんスペクトルのデータベースも整備されて、同じ条件なら、MSスペクトルの分子イオン解列機構などを知らなくても、既知成分なら悩むことがなくなっています。機器の説明と、サンプル調製なども簡単で、三日間で一番楽チンかもしれません。測定も、ヘッドスペースで試料溶液を入れた容器の上の気体 [続きを読む]
  • 環境計量士の資格で有利になるよ〜
  • 環境計量講習で知り合った方々で、他の資格の話で盛り上がりましたが多かったのが、公害防止管理者で、水質か大気両方を持っていたりこれから受験予定だったり、受験中で「今年はあかんかった〜( ; ; )」という方も意外と環境計量士の登録があると、講習で実務経験の縛り無く資格が取れるって知らない方が多かったですよ正確に言うと、水質一種と、大気の一種は、実務経験+学歴では、講習での資格取得はダメですが環境計量士の [続きを読む]