滋賀協会 さん プロフィール

  •  
滋賀協会さん: 滋賀県社会保険指導協会ブログ
ハンドル名滋賀協会 さん
ブログタイトル滋賀県社会保険指導協会ブログ
ブログURLhttp://yaplog.jp/sigakyouk/
サイト紹介文労働保険、社会保険についての知識を掲載してまいります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 95日(平均1.1回/週) - 参加 2017/08/13 09:22

滋賀協会 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 一般教育訓練給付金について
  • こんにちは、滋賀県社会保険指導協会です。今回は、一般教育訓練給付金(中長期的なキャリア形成に資する教育とは異なる一般的な教育訓練に対する給付金、例えば日商簿記2級の講座など )について説明致します。通信教育や予備校など厚生労働大臣が指定した教育訓練を修了した場合には、教育訓練給付金として、原則として教育訓練の受講費の20%金額が教育訓練を受けた従業員に支給されます。この給付金を受給するには、次の要件 [続きを読む]
  • 70歳以上の在職者は、厚生年金保険料の負担はありません。
  • こんにちは、滋賀県社会保険指導協会です。今回は、70歳以上の在職者の保険料について説明致します。70歳以上になると在職していても厚生年金の被保険者資格を喪失し、健康保険のみの被保険者となります。その為、厚生年金保険料の負担はなく、健康保険の保険料だけを負担します。この場合、手続きが必要になります。該当する被保険者の「厚生年金保険被保険者資格喪失届」が事業主あてに70歳到達の前月に送付されます。事業主は、こ [続きを読む]
  • 賃金はどのように決めたらよいでしょうか?
  • こんにちは滋賀県社会保険指導協会です。今回は、最低賃金について説明致します。法律上、賃金額の上限はありません。下限については、最低賃金法により定められています。最低賃金には地域別最低賃金と特定最低賃金があります。地域別最低賃金とは、国が地域ごとに決定した最低賃金をいいます。特定最低賃金とは、一定の事業又は職業の使用者又は労働者の代表する者と国で決定した最低賃金をいいます。時給制で働く方の最低賃金は [続きを読む]
  • 70歳以上の在職者は、厚生年金保険料の負担はありません。
  • こんにちは、滋賀県社会保険指導協会です。今回は、70歳以上の在職者の保険料について説明致します。70歳以上になると在職していても厚生年金の被保険者資格を喪失し、健康保険のみの被保険者となります。その為、厚生年金保険料の負担はなく、健康保険の保険料だけを負担します。この場合、手続きが必要になります。該当する被保険者の「厚生年金保険被保険者資格喪失届」が事業主あてに70歳到達の前月に送付されます。事業主は、こ [続きを読む]
  • 育児休業終了時月額変更改定について
  • こんにちは、滋賀県社会保険指導協会です。今回は、育児休業終了時月額変更改定について説明致します。3歳未満の子を養育する被保険者が育児休業を終了して、職場に復帰した時の報酬に低下がみられるような場合には、申し出により、標準報酬月額を改定することとされております。これを育児休業終了時月額変更改定といいます。この要件としては、① 育児休業を終了した被保険者が、育児休業終了日において、当該育児休業に係る3歳 [続きを読む]
  • 産前産後休業中の保険料の免除について
  • こんにちは、滋賀県社会保険指導協会です。今回は、産前産後休業中の保険料の免除について説明致します。産前産後休業をしている一般の被保険者は、全国健康保険協会に申出をすると健康保険料・厚生年金保険料が徴収されません。この要件としては、当該被保険者を使用している事業主が、保険者(全国健康保険協会)に申出をしていることが必要です。免除される期間は、その産前産後休業を開始した日の属する月から、その産前産後休 [続きを読む]
  • 育児休業中の保険料の免除について
  • こんにちは、滋賀県社会保険指導協会です。今回は、育児休業中の保険料の免除について説明致します。育児休業をしている一般の被保険者は、全国健康保険協会に申出をすると健康保険料・厚生年金保険料が徴収されません。この要件としては、① 当該被保険者を使用している事業主が、保険者(全国健康保険協会)に申出をしていること。② 当該被保険者が当該休業期間中に産前産後休業期間中の保険料の免除の適用を受けていないこと。 [続きを読む]
  • 1か月単位の変形労働時間制について
  • こんにちは、滋賀県社会保険指導協会です。今回は、1か月単位の変形労働時間制について説明致します。1か月単位の変形労働時間制では、使用者が、労使協定又は就業規則(その他これに準じるもの)により、1カ月以内の一定期間を平均し1週間当たりの労働時間が法定労働時間を超えない定めをしたときは、その定めにより、特定された週は法定労働時間時間又は特定された日は8時間を超えて労働させることができます。この要件とは、以 [続きを読む]
  • 再就職手当について
  • こんにちは、滋賀県社会保険指導協会です。今回は、再就職手当について説明致します。再就職手当は、受給資格者が1年を超えて引き続き雇用される事が確実であると認められる安定した職業に就き、又は公共職業安定所長が当該受給資格者が自立すると認められる事業を開始した場合に支給されます。この要件としては、① 就職日の前日における基本手当の支給残日数が所定給付日数の1/3以上であること② 受給資格に係る離職について離職 [続きを読む]
  • 休憩時間について
  • こんにちは、滋賀県社会保険指導協会です。今回は、休憩時間について説明致します。休憩時間は労働時間の途中に一斉に与え、自由に利用させなければなりません。この要件としては、① 休憩時間は労働時間の途中に与えなければならないこと② 休憩時間は一斉に与えなければならないこと③ 使用者は、休憩時間を自由に利用させなければならないことの3つです。休憩時間には、賃金は発生しません。さらに、休憩時間は分けてとっても良 [続きを読む]
  • 「代休」と「休日の振替」について
  • こんにちは、滋賀県社会保険指導協会です今回は「代休」と「休日の振替」について説明します。代休は休日に出勤して事後に出勤日に取る休みのことをいいます。休日の振替は予め出勤日を休日として休み、休日を出勤日として出勤することをいいます。 どちらも同じに思われるかもしれませんが労働基準法では取り扱いが異なります。まず第一に取得の仕方が違います。代休は休日に出勤して、後に出勤日を休日にします。休日の振替は、 [続きを読む]
  • 残業時間の賃金は、通常の労働時間の賃金と同じでいいでしょうか?
  • こんにちは、滋賀県社会保険指導協会です。今回は、残業時間の賃金と通常の労働時間の賃金の取扱いについて説明致します。もし、残業時間が法定労働時間(休憩を除き8時間)以内であれば、通常の労働時間と同じ時給となります。しかし、残業時間が法定労働時間を超えるものであれば、通常の労働時間の時給の1.25倍以上となります。月給制の給与の方は、次のように時給を計算します。1月の所定の給与÷(1月の所定労働日数×1日の所 [続きを読む]
  • 過去の記事 …