nordic さん プロフィール

  •  
nordicさん: Nordic-cafe
ハンドル名nordic さん
ブログタイトルNordic-cafe
ブログURLhttp://nordic-cafe.com/
サイト紹介文ノルディクウォーキングを中心とした健康、講習会、ノルディクウォーキングクラブ情報を紹介しています。
自由文小江戸と呼ばれる埼玉県川越市でノルディクウォーキングクラブを設立しています。普段はボディコンディショニング、マッサージをしていますので皆様に役立つ健康情報やフィットネスのご紹介もしていきますのでよろしくお願いいたします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 59日(平均3.0回/週) - 参加 2017/08/09 21:07

nordic さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • おすすめのインソール
  • インソールを使ってみようと思って、靴屋さんに行ったら種類が沢山あってどれにしようか迷ってしまうのではないかと思います。 そこで、今回は私がお勧めするインソールをご紹介していきます。 SIDAS(シダス) http://s … "おすすめのインソール" の続きを読む [続きを読む]
  • インソールを入れてみませんか?
  • クライアントさんからウォーキングを始めたのだけれど、歩いていると足の親指が痛くなるというご相談を受けました。 よくよく観察してみると、歩行中に足首(距骨下関節)が内側に倒れる、過回内という状態になっていたので、インソール … "インソールを入れてみませんか?" の続きを読む [続きを読む]
  • 前足接地が良いのか、踵接地が良いのか?
  • 先日、近所の健康ショップの店長さんに踵から着いた歩き方は良くない!!と熱く語られました。 そこで、私の意見を少々こちらで発表させて頂こうと思います。 とりあえず前足接地ってなんだ? 前足接地とはフォアフット走法とも言われ … "前足接地が良いのか、踵接地が良いのか?" の続きを読む [続きを読む]
  • koedo-nordic-cafe開催決定!!
  • おかげさまでkoedo-nordic-cafe(小江戸ノルディックカフェ)の開催が決まりました!! 詳細はこちら 日時 9/30(土) 9:30〜12:00 場所 川越市北公民館 アクセス http://www.city … "koedo-nordic-cafe開催決定!!" の続きを読む [続きを読む]
  • 運動と疲労回復2
  • 適度な時間と回数を考えよう 1適切な運動量は人によって異なる 体力・性別・年齢・運動経験・健康状態など、運動する人の身体条件によって、適切な運動強度は変わります。 運動量とは「強度」、「時間」、「頻度」の3つの要素で成り … "運動と疲労回復2" の続きを読む [続きを読む]
  • 運動と疲労回復
  • 運動することによりストレスレベルが下がるということは、多くの研究により結論付けられています。 では、「なぜ運動がストレスレベルを軽減させるのか」を紹介していきましょう。 1身体疲労の回復 「スイスの医療ジャーナルによると … "運動と疲労回復" の続きを読む [続きを読む]
  • 運動によるストレス解消
  • 運動することによりストレスレベルが下がることは多くの研究により結論ついています。 では、なんで下がるのか紹介していきましょう。 1身体疲労の回復 「スイスの医療ジャーナルによると、 中強度の運動(テンポの速い徒歩レベル) … "運動によるストレス解消" の続きを読む [続きを読む]
  • ノルディクウォーキングクラブ koedo-nordic-cafe
  • さて、以前からクラブを作ろうと言っていましたが、やっと場所が決まりました。 その前にクラブの名前を決めなくちゃいけませんな。。。。 色々考えた結果 「koedo-nordic-cafe] に決定しました!! 場所は川越の … "ノルディクウォーキングクラブ koedo-nordic-cafe" の続きを読む [続きを読む]
  • 膝の痛みのお話②
  • 前回で運動すると軟骨に良いことはわかりました。 では、何故いいのか?を中心にお話させて頂きます。 1・スポンジ効果が大事 軟骨に栄養を供給しているのは血管と関節内の関節液です。 しかし軟骨には外側1/3程度しか血管があり … "膝の痛みのお話②" の続きを読む [続きを読む]
  • 膝の痛みのお話①
  • ノルディクウォーキングを始められるきっかけとして膝痛の予防又はリハビリとして始められる方が多いと思います。そこで今回よりシリーズとして膝痛とノルディクウォーキングについて少しお話させて頂きます。 軟骨のお話 1・軟骨が減 … "膝の痛みのお話①" の続きを読む [続きを読む]
  • 早朝ノルディック
  • おはようございます。 ノルディックウォーカーの宮倉です。 久しぶりに早朝ウォーキングしてきました。 朝の1人の時間って、大人になると貴重ですよね。 そして気持ちも良いです。 最近、ストレスも溜まっていたからなあ。。。 良 … "早朝ノルディック" の続きを読む [続きを読む]
  • 開業準備
  • 今まで、店舗を持たずにフリーランスで活動していましたがご縁があり店舗を持って開業する運びになりました。やることが沢山あり、めまいがしそうですが、、、、、楽しみながら少しずつ進めてていきます。ノルディッククラブも良いコースがみつかり候補地が絞られてきました。同時進行で頑張ります。あ、先日やっと協会から認定証が届きました。これで一応指導員です(*´▽`*)まあ、まだまだひよっこですが、川越で広められれば良 [続きを読む]
  • JNFA 資格取得
  • この度JNFA(日本ノルディックフィットネス協会)のアクティビティーリーダー(AL)という指導員資格を取得しました。 取得したきっかけは、川越にノルディックウォーキングのクラブを設立できればと思い、ならば指導員資格を持っ … "JNFA 資格取得" の続きを読む [続きを読む]
  • JNFA 資格取得
  • この度JNFA(日本ノルディックフィットネス協会)のアクティビティーリーダー(AL)という指導員資格を取得しました。取得したきっかけは、川越にノルディックウォーキングのクラブを設立できればと思い、ならば指導員資格を持っておいた方が良いと考えて取得した次第です。まだ、どの様にクラブを設立するか模索中ですが、形が決まりましたら告知させて頂きますのでよろしくお願いいたします。。。 [続きを読む]
  • さいたま市 見沼公園
  • 先月、さいたまノルディックウォーキングクラブの皆さんとさいたま市見沼区にある見沼公園を歩いてきました。県の自然公園にも指定されて、小川が流れ桜の季節のは10キロ以上も桜並木が続くそうですよ。クラブの皆さんもお元気で、最高齢は90歳のかたがいらっしゃり歩くことは健康に繋がるのだなあと再確認しました。これから始めようとされている方は是非、このようなクラブを利用して楽しく始められると良いですよー [続きを読む]
  • ポールはどれを選べば良いのか?
  • 最近ノルディクウォーキングが健康に良いよというTVの紹介もあり興味を持たれている方が多いのはとても喜ばしいことです。ですが講習会に出かけますと、ノルディックポールではなくトレッキングポールを持参していらっしゃる方をちらほら見かけます。たしかに代用にはなると思いますがノルディックポールとトレッキングポールとでは使用が違うので、できたらノルディクウォーキングをする時は専用のポールを使うことをお勧めします [続きを読む]
  • 20%増加は本当か?
  • ノルディックウォーキングを始められるきっかけとして「痩せる」「通常の歩行より20%運動量が上がる」などを聴いたり、言われてすすめられた、とかが多いのでは無いでしょうか?確かにいろんな文献を読んでいてもその様な事が多く書いています。たしかに通常の歩行よりポールを使って歩くわけですから運動量は上がります、しかし、誰でもこれが当てはまるとは限りません。文献には年齢、性別などは考慮されますが、肝心な経験年 [続きを読む]
  • ノルディクウォーキングの効果
  • http://ci.nii.ac.jp/naid/130004585622とても難しい事が書いていますが、簡単に言うとノルディクウォーキングは骨盤、体幹を安定させて機能的な歩行の訓練になります。。。という事かな?この研究だと変形性股関節症について調べていますが、体幹、骨盤の安定が得られれば変形性膝関節症や歩行時にぶれてしまう方の歩行学習にも役立つかもしれませんね。 [続きを読む]
  • ノルディクウォーキングとは?
  • 1・ノルディクウォーキングとはノルディクウォーキングは、ポールを使って歩くフィットネスウォーキングです。もともとはクロスカントリースキー選手が夏場に体力維持や強化の為に行っていた「スキーウォーク」というトレーニングのひとつでした。ノルディクウォーキングは、そのスキーウォークを元に一般の人を対象にしたフィットネスウォーキングとして新たにプログラミングされたエクササイズなのです。そのため、季節や年齢を [続きを読む]
  • 初めまして
  • 初めましてNordic‐cafe代表の宮倉 大(miyakura hajime)と申します。鍼灸・あん摩・マッサージ指圧師として普段は皆様への健康のアドバイスやお身体を施術させて頂いております。また、職種の壁を超えて理学療法士、柔道整復師、トレーナー、ドクターなどの方々と交流を深めより良いものをクライアントさんに提供できるように日々模索中です。その中で、施術や健康への介入も必要だが一番大切なのは日々の運動ではないか?と感じ [続きを読む]
  • 過去の記事 …