離婚太郎 さん プロフィール

  •  
離婚太郎さん: 男性目線 私の離婚バトル
ハンドル名離婚太郎 さん
ブログタイトル男性目線 私の離婚バトル
ブログURLhttps://rikonbatlleman.blogspot.jp/
サイト紹介文離婚を体験した私が離婚までの経緯やその後、世間の離婚関連話題についてふれていきます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供46回 / 267日(平均1.2回/週) - 参加 2017/08/11 13:20

離婚太郎 さんのブログ記事

  • 私が離婚した理由⑦ 「あなたとは別れる!」逆上した鬼嫁の暴走
  • 前回、暴力妻へと変貌した鬼嫁ですが、事態は思いもよらぬ方向へと進んでいくのです。当然、暴力を受けた私の反応としては家に足が向かなくなりますが、そうも言ってられずA子を恐れつつも帰宅。びくびくとしているのが子供に伝わっているのか励まそうと純粋無垢な笑顔を見せてくれるわけですがA子は違います。ある日、床につこうとしていたところA子からこんなことを言われるのです。「私は家のために頑張っているのに分かってく [続きを読む]
  • 私が離婚した理由⑥ DVの概念を払拭せよ!暴力鬼嫁降臨!
  • 前回出産を行ったA子。お陰で可愛い男の子も家族に加わりました。さて、子育てでストレスが溜まっているA子…四六時中家にいることからはけ口が無くさらにイライラが続きます。イライラが続いた末に大声をあげたりドアをバタンと締めるなどの物にあたったり…時には過換気になったりなどが見られたためA子へ心療内科の受診を勧めるも「病人扱いしないで!普通だし!」と言われ拒否。そしてA子がこんなことをポロッと言うのでした。 [続きを読む]
  • 私が離婚した理由⑤ 鬼嫁の出産〜鬼は子供という金棒を持った〜
  • 前回のように入籍&結婚式を終えたら次のイベントは「出産」です。A子は「食べつわり」ということで、何か口にしないと駄目なようでした。こればかりは男の私に理解できるものではないのでなんともいえませんが、つわり期を脱出。その頃のA子は結婚式を区切りに仕事も辞職。いわゆる専業主婦状態でありました。日中は家でごろごろ。私が帰宅しても特に変わらず・・・家の事でいうと掃除洗濯はしてくれていました。が、専業主婦となっ [続きを読む]
  • 私が離婚した理由④ 鬼嫁への階段をかけ上がるA子!ブライダル編
  • 前回から生活は変わらないもののお互いの両親に結婚の意を告げると式をあげようということになりました。結婚式に関して私は興味はなくA子も関心があるようには見えませんでした。こんな状況だったことから友人のアドバイスから某ブライダルカウンターへ出かけ見学の予約などをしようと足を運ぶとA子が言いました。「私、前からここでしたかったんです!今日行けるなら今日見学に行きます!他は見なくていいです!」!?隣にいた私 [続きを読む]
  • 私が離婚した理由③ 妊娠発覚後の生活編
  • 前回、交際期間が短いものの妊娠が発覚しこれからどうするのか…考えると言っても選択肢は2つに1つでありそれは私が決めることでもなくA子にどうしたいか聞いてみました。A子の希望は…「子供は産む!別れても実家に帰って両親と育てる!」でした。正直なところ私も最初は驚いたものの子供が出きるということについては嬉しかったですしある程度生活も安定していたことから「A子は産みたいと言っているし私も誰かと今まで付き合っ [続きを読む]
  • 私が離婚した理由② できちゃった編
  • 前回から続きますが、飲み会後のA子によるアプローチから気づけば付き合うことに…そしてここからは色々と批判等がくるかもしれないので最初に断っておきますが、私目線のブログであるためノークレームでお願いします。以上、ご了承の方は読み進めていってください。そんなこんなで飲み進めてくれた皆様、ありがとうございます。さて、私のA子との付き合いですが、職場内恋愛とありあからさまに外で遊ぶわけでなく私もA子も一人暮 [続きを読む]
  • 私が離婚した理由 妻との出会い編
  • 私は23歳でとある会社へ就職しました。会社自体の業種はサービス業で、会社規模も大きく色々な部門がありました。私の配属先は他部門との連携が必要だったため交流といいますか…お誘いあればお酒も好きだったし飲み会などにも積極的に参加していました。そしてそんな飲み会に来ていたのが後の「鬼嫁」となる3つ歳上の女性…A子でした。A子は地方出身で高校卒業後、某ビジネス専門学校に通うため街へ出て20歳で就職。3つめの職場だ [続きを読む]
  • 自宅で食べるシマアジ&真アジの刺身
  • 最近自宅でヒレ酒を飲んでいまして…ちょっと飲もうかと魚を調達!今回伺ったのは青島のスーパー「ボンデリス」さん!こちらのボンデリスさんは色々な魚が置いてあります。そしてなによりもコチラは高い確率で「シマアジ」の策が売ってあるんですよね〜!9:00開店直後に行ったのでまだ策や刺身は少なかったですが、丸々1匹はこのクオリティー!右上にシマアジちゃんがいます!今日のお目当ては「シマアジ」ですが、1匹は大きいので [続きを読む]
  • 善助
  • またしても夜の部では酒が入っているせいか写真を撮る前に料理にハシをつけてしまっていますが…今回はおいしい魚料理が食べれる「善助」さんをご紹介!刺身がうまい!お店の外観を見れば魚推しなのが一目瞭然!魚が泳いでますね〜!こちちらの善介さんは人気店で予約マストです!今回伺った日は開店と同時に予約しなんとかカウンターへもぐりこみました。席について今日の刺身を物色!こちらのお店はカワハギの薄造りが有名ですが [続きを読む]
  • 揚げたて天ぷら家 武蔵野 (田吉店)
  • 今回伺ったのは赤江のスターバックス横にある「揚げたて天ぷら家 武蔵野」さんです。前々から気になってはいたのですが勇気が出ず・・・今回行ってみました。店に入ると意外にも綺麗で洒落たファミレスのよう。正面に食券を購入する券売機が設置してあり壁にはメニューの写真が「ズデーン!」と張ってあります。今回は天ぷら屋さんという印象だったので天ぷら系を頼もうとしていたところ…ちらっと配膳されていた天丼が目に入った [続きを読む]
  • 牛ちゃん本店(鹿児島)
  • 今回は鹿児島県の隠れたB級グルメ「炊き肉」のお店「牛ちゃん」をご紹介!こちらのお店は宮崎市内の代行屋さんから教えてもらい今回は2回目の利用です。ちなみに鹿児島にはこちらの本店と銀座店の2店舗が天文館エリアに存在し基本的に少人数予約は受け付けてないようですので空き状況を確認し私は突撃しました。すんなり入れたところで炊き肉のご紹介!炊き肉はA5ランクの黒毛和牛と野菜などを特製ダシで炊きこれまた特製ダレにつ [続きを読む]
  • 風凛’(ふわり)
  • 今回は清武町に呼子のイカを使った姿造りが食べれるということで「風凛(ふわり)」へ伺いました。車用の駐車場が一応あるのですが超絶駐車しにくいです!運転苦手な方は運転の上手な方と来るかスタッフに相談ですね!店内は明るく活気のある雰囲気で飲み放題や食べ物メニューも豊富なことから若干若年層向けのお店な気がします。とりあえずイカの姿造りを注文!半分以上食べてしまった写真で申し訳ありませんが・・・甘くておいし [続きを読む]
  • 大福うどん 博多駅地下街店
  • 今回ご紹介するのは「福岡の独特なうどん」を展開する大福うどんです。伺ったのは博多駅地下街店ですが、この他にも博多を中心に数店舗あります。朝も早くからやっていますし駅へのアクセスも抜群なことからふらっと道中に寄るにはgoodだと思います!おなじみのメニューはコチラそして注文したのが「よくばり丼セット」!このよくばり丼はカツ丼と海老天閉じ丼が同時に味わえる「よくばり」な丼にうどんがついたもの。やってきたよ [続きを読む]
  • いごこち屋 あんばい
  • 今回は2軒目でうかがった「いごこちや あんばい」さん。最近橘通り沿いに移転したということですが店内は明るく1階〜3階まであり1階はU字のカウンター席で大将や女将さんと話をしながら楽しめます。私はカウンターでスタート!とちあえずビールですが、生ビールもしっかりとしたサーバーがあり酒欲がそそります!メニューを見てみると…な!な!なんと!「オコゼの刺身」があるじゃないですか!特大1匹約5,000円!迷わず注文しまし [続きを読む]
  • 仄仄(ほのぼの)
  • 今回ご紹介するのが困った時の最終地点「仄仄(ほのぼの)」さん。こちらは七輪を使って自分の席で海鮮や肉を焼きながら食事が楽しめるお店です。少人数では堀りごたつ個室がありゆったりと過ごせるのがGOOD!一番街すぐでデートにも最適だと思います!モダンで薄暗い店内はどこか大人の雰囲気・・・ホットペッパーなどで予約をすると「海鮮焼き」や「ドリンク1杯無料」などのクーポンがあるので予約時は是非利用してください!生 [続きを読む]
  • Rain forest Cafe(レインフォレストカフェ)
  • 今回はディズニーランド旅行の帰りによった舞浜にある「イクスピアリ」という店舗集合型モール内「レインフォレストカフェ」に伺いました。こちらに伺った理由はお店の外観といいますか雰囲気は「ここでしか味わうことができない!」と思ったからです!どんな状況かといいますと・・・サファリ?(笑)席の奥にゴリラがいて(ウホウホ鳴きながら動きます!)こちらを凝視!店の中央に位置するオープン席には不思議な水槽・・・左側 [続きを読む]
  • 日本国憲法第24条から学ぶ夫婦に必要な大事なこと
  • 私自身、1度「結婚」したことがありますが、結婚するとは何なのか?そもそも結婚って何なのかを紹介していきます。「結婚」という言葉結婚というのは血縁関係のない男女が社会的に生活を共にすることを一般的に言いますが、私の手持ち辞書では「婚」とは夫婦の縁組をすること。それに「結ぶ」という字を加え縁組を結ぶこととなるようです。「婚姻」という言葉婚姻といえばなんともお堅い言葉ですよね。それは「結婚」にあたり必要 [続きを読む]
  • 自宅で食べる天然ひらめの刺身
  • 宮崎のおいしい魚といえば群を抜いて「ひらめ」だと思います!ひらめは高級魚とされていますが、宮崎なら500g程度で1500円と格安で手にはいります!今回の調達先も御用達店舗「ハピネス」であります。両面のウロコをきれいに取り除いて・・・いざ5枚おろしへとりあえず3枚・・・腹側は薄いピンク色で美しいですね。背中側もおろして5枚おろしの完成です。やはり背中側は若干皮の色素もあり黒ずんだ身となっています。おろした策を [続きを読む]
  • カフェ ラ・ベルファム
  • 今回はスイーツ編ということで、ケーキバイキングのある延岡のカフェ ラ・ベルファムに伺いました。システムは1380円でケーキとキッシュが食べ放題。ソフトドリンクも飲み放題となっています。ケーキやキッシュは1回に3つまで選ぶことができ、キッシュは選んだあとに温めて席まで持ってきてくれます。ショーケースの中から食べたいケーキを3つチョイスして…自分の席へ…飲み物はコーヒー・紅茶・フルーツジュースなどが飲み放題 [続きを読む]
  • いむら酒店
  • オススメ酒屋シリーズ第1段は延岡にある「いむら酒店」。こちらのいむらさんは県内の酒屋で手に入らないお酒を結構置いています。また、限定酒などの先行予約などもあり雰囲気のいい店長さんに色々とお話を聞きながらお酒を選べます。私は日本酒が好きなので日本酒ゾーンを撮影しましたが、焼酎や果実酒なども色々と置いてありました。目に入ったのは、秋田県の銘酒「新政」!typeXは日本酒通なら誰もが知るプレミアものですが…こんな [続きを読む]
  • とりかじ 清武店
  • 今回は清武クロスモール近くにオープンした「とりかじ」へ伺いました。最近清武は、以前紹介した天下鳥といいこんかいの「とりかじ」といい持ち帰り唐揚げ専門店が立て続けにオープンしています。お店の中はこんな感じ…メニューは下のようになっていますが、ももとむねが一緒になつまた「骨なしミックス」を200グラムと手羽先を2本注文しました。揚げたてを自宅に持ち帰りお皿へ!醤油かおる素敵な臭いがフワリ!どれも美味しかったので [続きを読む]
  • 串 ダイニング 陽菜(ひな)
  • 今回は一番街から国道10号線方面へ少し外れたところにある「串ダイニング 陽菜」へ伺いました。二件目ということもあり焼鳥を少し…。とても若い年齢層のスタッフですがしっぽり雰囲気。ネギマとつくね月見を注文。表示価格は全て2本で1セットのようでそう考えるとリーズナブルなお値段です。このあとハツとチーズ巻きを注文しましたが、どれもおいしく頂きました。住所:宮崎県宮崎市中央通3‐22 高野ビル1F電話番号 : 050-559 [続きを読む]
  • 活魚・地鶏 英 hide
  • 今回ご紹介するのは一番街を抜けて通り沿いにある「活魚・地鶏 英」です。予約をせずに20時過ぎにふらっと来店。外観は落ち着いた雰囲気の店のように思いましたが、中に入ると団体様が3組もいて和気あいあいと楽しそうでした。まずはビールで乾杯。お通しは馬肉、なすのダシ寄せ、白身のディップということで見た目も味も「大人」。次の料理が期待出来ます。次にきたのが大根とじゃこのサラダ。確か800円ほどだったと思いますが [続きを読む]
  • からあげ専門店 天下鳥
  • 宮崎市は清武町のからあげ専門店 天下鳥に伺いました。まだオープン間もない雰囲気が漂うなか、入店しメニューを凝視。唐揚げの単品は200gから注文可となっているようで今回は「もも」と「むね」を200gづつと手羽先を2本にしました。車の中を唐揚げの香りでいっぱいにしながら帰宅し大皿へ・・・手掴みで申し訳ありませんが、半分に割ってみると外側のさくさく感とは全く違う中のジューシーさを感じ思わずパクリ。モモはジューシーでし [続きを読む]
  • 木城温泉館 湯らら亭
  • 今回は児湯郡木城町の温泉館 湯ららに併設してあるレストラン 湯らら亭に伺いました。もちろんメインの目的は温泉だったわけですが、せっかくなので食事もこちらで。。。ということでまずはメニューのご紹介!沢山のメニューがありこのグランドメニューの他に季節限定や数量限定のメニューあります。『限定』という言葉に弱い私はお昼の数量限定メニュー レタス巻きセットを注文しました。レタス巻きは海老ではなくカニカマがメイ [続きを読む]