utako さん プロフィール

  •  
utakoさん: Living like Singing ♪
ハンドル名utako さん
ブログタイトルLiving like Singing ♪
ブログURLhttp://livinglikesinging.com
サイト紹介文〜シンプルに、しなやかに。歌を口ずさむように暮らそう〜毎日が楽しくなるモノやコト、暮らしのヒント。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供74回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2017/08/11 16:32

utako さんのブログ記事

  • 「食べる楽しさ」を大切にする
  • ご無沙汰しております。バタバタしていて、意識していないとすぐにブログから遠ざかる日々を送っています。そろそろ愛想尽かされてしまいそうですが、またブログを書いていく予定でいますので、どうぞよろしくお願いします。先日、〜家事も自分時間も楽しく。やる気のスイッチをONに!〜をコンセプトにするウェブメディア、「みんなの暮らし日記onlone」でコラムを書かせていただきました。→「食」で一番大切にしたい「食べる楽し [続きを読む]
  • 栗のポタージュとバーミックス
  • 先日買ってきた栗が、茹でてみたら甘くなかったのでポタージュにしてしまいました。わが家では、こんなときや野菜がたくさんあるときなどに、よくポタージュにして消費してしまいます。多めの玉ねぎをじっくり炒めて甘みを引き出し、そこにメインの材料を入れてさらに炒め、そのときの気分でローリエを入れたりブイヨンを入れたり、出汁をいれたりして煮込みます。柔らかくなったら攪拌して、牛乳や豆乳を足して温めて、塩コショウ [続きを読む]
  • 特別な日の食卓を彩るブーケサラダ
  • このブログのトップのスライドショーにもあるブーケのようなサラダ。作ったことはありますか?今日は、以前ウェブマガジン「ハレタル」に寄稿した記事をリライトしてみます。・ ・ ・ ・心に残る食卓風景子どもの頃の家族との記憶をたどってみると、食卓を囲む風景が浮かんできます。家族の笑顔と、にぎやかなおしゃべり。そして、いつもそこにはおいしいごはんがありました。誕生日などの特別な日には、母が作ってくれたスペシ [続きを読む]
  • パフェの日
  • 久しぶりに、家でパフェを作りました。わが家のパフェの日は、色々な具材を用意して、それぞれが好きなものを盛り付けて作るセルフパフェスタイル。今回は、妹が作って来てくれたワインゼリー、スフレチーズケーキ、その他に巨峰、サンゴールドキウイ、グレープフルーツ、生クリーム、アイスクリーム、クッキー、ナッツ、ドライクランベリー、カカオニブを用意しました。パフェは好きなものを盛り付けるだけでおいしくなるのですが [続きを読む]
  • 液だれしない醤油さしを購入しました
  • 先日ずっと使っていた醤油さしが割れてしまって、その後はボトルからそのまま注ぐ日々でしたが、ようやくわが家に新しい醤油さしがやってきました。好きなブランド「THE」の、「液だれしない硝子製醤油差」。こんな高級感のある桐の箱に入って届きました。液だれしないと謳っているモノでも、醤油さしはやっぱり多少は液だれするよね、、、と思ってしまうほど、今まで使ってきた醤油さしは軒並み口の周りが汚れたりして何かしらの [続きを読む]
  • 秋のおでかけコーデ
  • たまには、ファッションのことについて。この頃は、涼しくなってきたけれど日中は蒸し暑いこともあって、着る服に迷いますよね。長く着たいと思う服を選ぶ…と言いつつも、わたしは迷うほどの服を持っていません。それでもこの夏はおでかけ服を買い足さなかったし、秋も買わずに過ぎていく気がしています。基本的にシンプルで、素材や形にこだわって気に入った服を選び、飽きることなく何年も服を着続けるタイプ。なので、おでかけ [続きを読む]
  • 秘かに人気、東京の小さなお花屋さん3軒
  • もうだいぶ前に娘からもらったお花。表参道ヒルズのDILIGENCE PARLOURとう小さなお花屋さんで買ってきてくれたものでした。こちらのお店も含めて、以前立ち寄った素敵なお花屋さんをほんの少しご紹介します。おいしいお店巡りもいいけれど、おしゃれなお花屋さんを巡るのも素敵DILIGENCE PARLOUR表参道ヒルズの一角にある、カウンター一つだけの小さなお花屋さん、DILIGENCE PARLOUR。ブーケは1000円からオーダーできて、しかもこ [続きを読む]
  • 中華鍋の魅力について語ってみる
  • わたしは鉄のフライパンが好きで、色々と使い分けています。→わが家の鉄のフライパンたち今回は、その中から「片付けの楽さ」という点で中華鍋をピックアップして、生活情報サイトkurassoに寄稿させていただきました。中華鍋を使うと片づけが楽になるフライパンで炒め物をしたりお肉を焼いたりすると、周りに油が跳ねてかなり汚れるんですよね。それってもしかしたら揚げ物以上かも…と思うことも。コンロの汚れはできるだけすぐ [続きを読む]
  • 秋野菜にシフトして、体の自然なリズムに寄り添う
  • 日中はまだ暑くても朝晩はひんやり。夜には虫の声も聞こえ、秋を感じるようになりましたね。この時期は、体が重い、だるいといった夏の暑さや冷房による疲れが出たり、紫外線を浴びた影響が肌に出たりする頃。また秋は空気が乾燥し、風邪もひきやすくなってきます。今回は野菜ソムリエとして、これからの季節の体に嬉しい、秋が旬の野菜や果物についてご紹介したいと思います。旬の野菜は栄養豊富近頃、スーパーの店頭には多くの野 [続きを読む]
  • 秘かに話題の東京オシャレカフェ3店
  • 今年の夏は、色々な用事のついでに長女とオシャレカフェに行く機会がありました。今どきの高校生はすごいんですね、インスタなどで素敵な情報を集めては話題にし、実際に行ってみる。私が高校生の頃を思い出してみると、学校行事に明け暮れてほぼ学校で過ごし、学校帰りの駅までの道々、和菓子屋さんでおだんごを買う程度で満足しきっていましたから、本当に時代の違いを感じます(笑)今やスマートフォン片手にオシャレなお店を簡 [続きを読む]
  • 子どもと同じお弁当、たまには食べよう
  • この頃は仕事で外でお昼になることも多く、わたしもよくお弁当を持って行っています。いつもお弁当にしよう、と決めてしまうとちょっと負担に感じるので、娘用のお弁当のおかずがわたしの分もあるときには、詰めていくことにしています。おかずがちょっと足りないな、というときは無理に持って行かずに買ってしまいます。子どもと同じお弁当を食べて気づくことがある最近よく感じるのは、ずっと子どものお弁当を作り続けてきたけれ [続きを読む]
  • わが家の特別な日のこと
  • 今年もまた、一つ歳を重ねました。一年が経つのが早く感じられるようになってくるのは、分母がどんどん大きくなるからだといいますが、本当にそう。でも、分母が大きくなっても一年の時間としての長さ、大切さは一緒なのだから、日々大事に過ごしてこれからも人として成長していけたらと思います。(実際人生経験の豊富さは相当なもので、ちっとやそっとじゃ動じなくなってはいます。が、ふてぶてしい人にだけはならないようにしな [続きを読む]
  • 煮洗いでタオルのにおい対策
  • 半単身赴任中の夫が持ち帰ったバスタオルを煮洗いしました。わが家ではバスタオルも含めてタオル類はリネンの平織りのものを使っていて乾きが早いのですが、夫は赴任先ではコットンのパイル地のタオルを使っているので、ニオイが付くのも早いよう。煮る…つまり100度までの加熱に耐えてもらわないといけないので、熱に強く丈夫な綿や麻のものに限るけれど(ボタンなども要注意)、煮洗いで洗濯物のニオイはすっきりします。煮洗い [続きを読む]
  • ふるさと納税で災害支援
  • 豪雨に台風に地震。ニュースで目にする信じられないような光景の連続に悲しくなります。地球が悲鳴を上げているような気がします。被害の大きかった場所の近くに友だちが住んでいたり、ブログやインスタなどで繋がりのある方々も近くだったり、○○さん大丈夫だったかな…と本当に他人事とは思えません。行方不明の方々が一刻も早く救助され、被害に遭われた方々に早く安心できる暮らしが戻りますよう、お祈りしています。こんな [続きを読む]
  • カルディの可愛いミル付き「スパイスアップ」
  • 家に置くものは何だって可愛いほうがいい。前から使っていたカルディのミル付きのブラックペッパーは、詰め替えずともミル付きのボトルでいつでも引きたてをピリッといただけるすぐれもの。ミルはちゃんとしたミルと違って使い捨てタイプだから、挽くときの細かさは調整できずもれなくかなりの粗挽きになるので、スパイス好きな人向きかもしれませんが。先日、コーヒーを飲みながらカルディのお店を覗いていたら、同じシリーズの色 [続きを読む]
  • マリウスファーブル社のマルセイユ石けんを使う
  • わが家には、6年ほど前からずっと使っている石けんがあります。フランスのマリウスファーブル社で、オリーブオイルをベースに作られている「マルセイユせっけん(サボンドマルセイユ)」です。オリーブオイルを原料とした石けんは、9世紀のフランス、地中海沿岸のマルセイユ地方ですでに製造が始まっていました。マリウスファーブル社では当時からの伝統を守り、防腐剤や着色料を一切使わず、職人の手仕事による釜炊き製法で作り続 [続きを読む]
  • 最近のお気に入り、CITY SHOP@青山
  • 最近青山方面に出かけることが多いのですが、その時に気に入って立ち寄っているお店があります。CITY SHOP都会で生活する人たちに向けて、ファッションやフード、カルチャーにおける新しいスタンダードを発信する、、、という何だか素敵なコンセプト。私は都会で生活はしていないけれど。(全然関係ないけど、素敵すぎる都会のまん中で暮らす友だちに「どうして都心に住まないの?」と聞かれたことがあります。考えてみたら都会に [続きを読む]
  • STACKSTOのバケツが使える
  • この夏は、子どもたちの習っているダンスの発表会があり、今年は長女が参加しました。発表会当日は夜の公演のあと片づけまで済ませて帰宅すると、毎年かなり遅い時間になります。母も何かと仕事があって一日がかりなので、夜帰宅するともうへとへと。とても嬉しくありがたいことに、たくさんのお花をプレゼントしていただくのだけれど、帰宅した時にすぐに花瓶に挿してあげるところまでどうしてもできません。でも心を込めて選んで [続きを読む]
  • NYチーズケーキとラカント
  • わが家の定番のニューヨークチーズケーキを焼きました。でも今回はちょっと実験。家にあったラカントを使ってみたのです…と言っても足りなかったので、砂糖のうち6割を置き換えて。ラカントは少し清涼感があるさっぱり系の甘みなのでどうかな?と思ったけれど、特に大きく変わることなく大丈夫でした。少し茶色っぽい仕上がりになったので、ニューヨークのイメージとはうらはらに若干素朴な仕上がりに。でもこれはこれでよし。ラ [続きを読む]
  • 気をつけている食事のルール * みんなの暮らし日記ONLINE
  • 秋が来たかな?と思ったら、また暑い夏が戻りましたね。そろそろ夏休みも終わりに近づいてきたいま、夏バテして食欲が落ちたり、忙しいなか子どもたちの三度の食事作りも大変になってきたり…そんな方も多い時期かなと思いますが、わが家も例外に漏れず。何を作ったらいいのか頭を悩ませる毎日です(笑)そんなときですが、外食で済ませるときや、適当に作って済ませるときでも、一応頭の片隅で意識している食べ方のルールのような [続きを読む]
  • 時短料理が叶う圧力鍋
  • マイナビウーマン子育ての生活情報メディア「kurasso」に「時短料理が叶う圧力鍋!専門家おススメの使い方」を掲載していただきました。私が気に入って日々使っているのはWMFの圧力鍋2.5リットルタイプ。普通のお鍋の延長で、肩肘張らずに使えるすぐれもの。今日は娘のリクエストで、もち黒米ともち麦をたっぷり入れた玄米ご飯を炊きました。ふっくらモチモチの炊き上がりで大満足。圧力鍋のある生活、おすすめです。【在庫限り】 [続きを読む]
  • 保温調理鍋で自家製甘酒を
  • 暑くて食欲のない時でも、あれば何だか安心するのが自家製の甘酒。甘酒は飲む点滴と呼ばれるほどに体によいのですよね。この夏もずいぶんお世話になりました・・・と言っても常備しておくことはできなかったけれど。甘酒を作るには時間がかかるのでほぼ家にいる日でないと作れないし、作ってもあっという間になくなるほど人気なのです。かつて私は甘酒が苦手だと思っていましたが、飲んだことのあった市販の甘酒は酒粕が入ったモノ [続きを読む]
  • 道具を使う愉しみ
  • 以前から、モノはわりとこだわって選ぶほうでした。必要で探していたモノでも、本当に気に入ったモノに出会うまでは不便でもなしで過ごしたり、いいなと思うモノを見つけても、一度帰ってよく考えたり。けれど、そうやってこだわって選んだつもりでも、時には飽きてしまったり、使いこなせなかったりして、手放してしまったモノもたくさんありました。苦い思いをしてこそわかること色々なモノを手にしては、結局使わなくて手放して [続きを読む]
  • 夏野菜の色が秘めるチカラ
  • 暑い、暑い夏。青果店の店先には、太陽をいっぱいに受けてみずみずしく育ったトマト、キュウリ、ナス、パプリカなどの色とりどりの夏野菜が並ぶ。見ているだけで元気がもらえそうなカラフルな夏野菜ですが、実は野菜や果物の色には意味があり、植物が生きるための力になっています。活性酸素と戦う野菜たち夏に気になる強い紫外線は、私たちにとって日焼けやシミの原因となり、体内で「活性酸素」を増やします。活性酸素が増えすぎ [続きを読む]
  • 居心地よく、使いやすい台所とは?
  • 以前コラムを連載させていただいていたウェブマガジン「ハレタル」は、昨年末でサイトがストップしていましたが、その後サイト自体も消えてしまっていました。色々なサイトがある中で、ハレタルは読み物として楽しくて好きだったので残念。掲載していただいていた私のコラムは、こちらのブログで少しずつリライトさせていただこうかなと思います。まずは一つ目。・ ・ ・ ・ ・一日のうち、私たちが特に長い時間を過ごす台所は [続きを読む]