takenaps さん プロフィール

  •  
takenapsさん: 感情とつきあう
ハンドル名takenaps さん
ブログタイトル感情とつきあう
ブログURLhttp://takenaps.jp/
サイト紹介文不安傷害を経験しているわたしが傷害との付き合いを語るブログです。
自由文パニックが癖になっている人。
何だか、社会生活で居心地の悪さを感じていたり、つらい日々を送っている人。
ぜひ、わたしのブログに訪問してみてください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供6回 / 17日(平均2.5回/週) - 参加 2017/08/11 19:22

takenaps さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 自分が精神障害を起こしている?
  • わたしの場合は、初回の震えは2008年の3月に起きて、1ヶ月後の4月4日に昼礼の当番がまわってきたときにまた、突然の震えに見舞われて、どうにか当番は最後までつとめたものの、様子をみていたまわりの人達に、病院にいって検査を受けた方がいいといわれました。その当時の日記では、どうやら、前回の朝礼での失敗がトラウマとなって、同じ場所、同じ状況に直面すると突然恐怖に襲われたのではないかと。当時は、子供も小さくて、夜 [続きを読む]
  • SAD(社会不安傷害)はうつ(鬱)ではない?
  • 広告リンク:発症した頃のわたしは、都内の総合病院の内科で診察をうけたところ、簡易的な健康診断では脳にも異常はみられず、神経科の受診を薦められました。そういった意味では、同じような症状で悩んでおられる方は、まずは総合病院の内科を受診されることを強くおすすめします。この障害は、放っておいても震えとか、理由のない不安、動悸や息切れ。また同じようなシチュエーションで同じ症状を起こすのではないかという予期不 [続きを読む]
  • SADという障害を起こした人間として会社に居づらいことの体験の1つ
  • 広告リンクわたしの場合のSADの発症に関しては前回書きました。リンク→ Social Anxiety Disorder(SAD)わたしは自らの経験が、何であったのかとても言葉では表せない状態に突然置かれたことに大きな衝撃を受けました。実際に、一度の震えを感じて、2回目に単純に文章を人前で読むということが最初のうちは普通にできるのですが、文の中半から突然の震がじわじわと身体の中から現れてきて、強い力によって、腰のあたりからがたが [続きを読む]
  • SADの発症
  • Social Anxiety Disorder(SAD)それが不安傷害の英語名ですが、わたしが不安傷害という症状の本質を知ったのは、2008年4月のこと。わたしの不安傷害の症状が出たのは、2008年3月。職場が変わったわけではなく、ただ、派遣元の会社が変わって、さて、頑張ろうと思い始めた時期でした。給与も以前の派遣会社よりも幾分上がって、家族からも喜ばれて、同じ職場に通い続けることができるという喜びをかみしめながら、ただ、 [続きを読む]
  • ライフイベントについて
  • 皆様はライフイベントという言葉をご存知でしょうか。わたし自身のおはなしとなりますが。2008年2月当初、わたしは比較的、大手の企業で誰でも知っている会社に、中規模の会社から出向という形で通信関係の仕事で働きにでていました。出向元の会社では契約社員という雇用形態をとっていて、もともと正規の社員として採用するという口約束でとりあえず契約社員として働くという雇用形態でスタートすることになりました。(結局 [続きを読む]
  • このブログを書き始めた理由
  • 人気ブログランキングご挨拶。わたしは、メンタルヘルスの専門医ではないため、専門家としてのとらえ方というよりかは、むしろ、わたし自身が不安傷害という障害をもった時にどのように不安とつきあったか、当時(2008年の3月)の手記を元に、患者としての視点で、現在、社会不安傷害(SAD)の症状になやまされている人の一助となればと思い、このブログをはじめることにしました。前述した通り、わたしは医者ではありません。ただ [続きを読む]
  • 過去の記事 …