shriver さん プロフィール

  •  
shriverさん: ArmTon Fishing
ハンドル名shriver さん
ブログタイトルArmTon Fishing
ブログURLhttp://armton.site
サイト紹介文富山・新潟・長野の海・山・川への釣行記。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2017/08/12 11:05

shriver さんのブログ記事

  • 今シーズン2回目のエギング釣果は・・・
  • 9月14日。 先週に続き、2回目のエギングへ。予報は一晩中の雨 → 明け方から曇り。 行くか、行かないか、かなり迷う所だったが、予報を信じて雨降る中、暗い内に自宅を出発。 そして5時過ぎ、薄くらい中ファーストエリアへ到着。外は依然、雨。。。 先週に続き、カッパを車内で着込んでから、いざポイントへ!歩いている内に、段々と雨は小ぶりとなり、キャストする前にはあがってしまったようだ。 海中は、先週より濁りは回復し [続きを読む]
  • 自作エギを持って、2018初エギング!
  • ハンドメイド・エギ 作ってみた普段、渓流用ミノーばかりを作っていたので、エギ作りに挑戦してみたくなって作ってみた。 と言いつつ、本音は、エギのロストが多いので、自作して安く済ませよう!と言う魂胆である。実際、渓流はウェーディングしているので、根がかりしても回収しに行けてしまう事が多い反面、エギのロストは年間10本以上はあるだろうか・・・あまり、考えたくない事実である。 渓流において、木製ルアーが時に凄 [続きを読む]
  • 8月の渓流
  • 天気予報では、日々の最高温度が連日35℃前後を伝える中、8月も毎週末には渓流へ朝練通い。まとまった雨も無く、どこの川も渇水気味なので、少なくとも自らのプレッシャーを分散すべく、毎回違う川へ入った。 7月から続く、暑い、暑い、猛暑の中、早朝山中の渓流とは言え、気温は20℃を超えている。当然、水温も高く、渓流後の活性は低い。ウェットスタイルでの入渓が、心地よい。 5~6回の釣行で、ノーチェイス・ノーバイト・ノー [続きを読む]
  • 尺イワナ
  • 7月14日。梅雨開け後の台風+大雨の影響により、2週ぶりの朝練。 インターネットの水位情報によると、ホーム河川ではまだ水位が高く、遡行するには大変そうであった事から、少し離れた河川へ向かう。天気は快晴で、朝5時の気温は19℃と過ごしやすいものの、連日の真夏日を記録している事から、日が出てきたら暑くなる予感。 そして、今年から始めたウェットスタイルで入渓。水は12℃と冷たく、日が出ていないうちだと、若干寒いく [続きを読む]
  • 2日続けて朝練
  • 6月23日、24日。 まずは、23日土曜日。 梅雨真っただ中であるが、今年の降雨は少ないようで川は渇水気味。例年だと、やや増水した地元リバーではヤマメが足元までルアーを追って来て、両型の数釣りができるこの時期。いいイメージしか持てない中、気温13℃のひんやりした空気の中、釣り場へ向かう。今年はクマの目撃情報が多く、4年毎の大量出没の時期にあたるようで警戒して、より響きの良い鈴も準備した。 目的のポイントは、 [続きを読む]
  • 朝一の連続ヒット
  • 6月15日。久しぶりのホームリバーでの朝練。ポイントへ着いたのは5時前で、ここから1時間半の短期決戦。梅雨入りしているハズだが、まとまった降雨は少なく渇水模様の中、入渓。 前回来た時より水位が半分近くになっており、それまで見えなかった岩が至る所に露出して、ポイントはまるで変わってしまっているようだった。 入渓後、すぐのポイントで早速ヒット。バラすこともなく、抜き上げたのは放流されたニジマス。60Sミノー(フ [続きを読む]
  • 雨の中でも釣り
  • 5月30日この日は平日ど真ん中にも関わらず、前週に休日出勤した代休となり、都合良く?休みとなっていた友人と、初めてとなる渓流へプチ遠征した。ただし、天気予報はあまり良くなく、昼過ぎには雨の予報。雨雲レーダーでは、前夜も付近を雷雲が通っていたが、時間的制約がない釣行なので、のんびりと朝6時に家を出発した。 自宅から30~40kmの道中、市街地を抜け、山間部の林道を抜け、コンビニで1日券を購入し、意外にも1時間半を [続きを読む]
  • 出勤前釣行②
  • 5月28日晴れ予報であったが、朝は雲が厚く山にかかっている。土日は朝から予定が入っていて朝練が出来ず、本日はPM出勤で時間的ゆとりがあったので、釣りの準備と仕事の準備をして出発。 目指すは、今シーズン初のイワナ川。ここは夏まで雪代が入る川なので、まだ水量も多く時期的に早いかと思ったが、行ってみてから考えようと朝の通勤時間の中、40分ほどのドライブ。現地に着いて川を覗くと、意外と水量が落ち着いている様子なの [続きを読む]
  • 出勤前釣行
  • 5月18日本日は時差出勤の為に、午前中がフリーとなり、久しぶりの昼間の釣行へ出かけた。毎度、短時間の朝練ばかりであったのに対し、比較的時間に余裕のある平日釣行と言う事もあり、釣るのは楽勝・どれだけ数を伸ばせるかと、心躍らせて入渓点を目指した。昨日からの真夏を思わせる暑さは今日も続き、釣り場に到着した9時の段階で26℃となり、強い日に肌を差されて日焼け止めクリームを塗り忘れ、携行する水分を持ち合わせていな [続きを読む]
  • GW Day3
  • 5月4日ゴールデンウィーク3回目の釣行は、山岳渓流へ。前日は夜中から雨が降り続いていたが、降水量は少なかったようで、川を見た印象では影響はあまりないよう。水質はクリアで、水量もこの時期並み。 いつもの駐車エリアに停めて数百m下ったところから入渓。かなり久しぶりの場所であった為、入渓点のやや下流に広めの淵が出来ていて驚いたが、ミノーを投げて見る。 遠目からキャストしたので、払出し付近よりもプールの真ん [続きを読む]
  • GW Day2
  • 4月30日。ゴールデンウィーク2回目の釣行は天気も良く、里川中流域よりスタート。雪解け水が流入している為、水量はまだ若干多いが雰囲気は良い。オフシーズンに制作していたルアーが大量にある中、フックを付けて持ってきた分を試しながら、釣り上がる。 2ヶ所目の実績のあるプールに差し掛かり、アップストリームで流芯の脇をトレースしていると、立ち位置よりルアーが下流へ流されかけて軌道が変わった瞬間に、ぎらっと光る魚体 [続きを読む]
  • ゴールデンウィーク突入!
  • 4月28日。黄金週間の前半戦がスタートし、短期集中の朝練ウィークの始まりとなる。ただし、この日は前日より朝の気温が低く、出掛ける前の車のフロントガラスが結露しているほど。前回と同じ河川を目指しての釣行だが、ポイントの新規開拓も兼ねて川沿いを観察しながら遡る。この時期だと、草木の緑が少なく、道から川をよく見渡すことが出来て都合が良い。ある程度走って川幅が狭くなってきた所で、Uターンをし、目星を付けて [続きを読む]
  • 朝練開始(渓流)
  • 4月22日。いよいよ、今年も朝練を開始した。例年よりもずっと遅いスタート。初回釣行なので良い結果を得るべく、ファーストポイントをしっかり見極めようと、下流域から中流域まで車を走らせてポイント観察を入念に行う。下流ではソメイヨシノはすでに散っていて、それに替わる若葉が太陽に眩しく輝いているが、中流ではやっと満開になったようで、昨年見つけたタラの芽ポイントも来週あたりには収穫が楽しめそうな感じであった。 [続きを読む]
  • 新月の夜アジング
  • 4/13(金)天気と予定とが噛み合わず、今年の渓流釣行が遅れている中、春の海へ出かけた。全国的にも例年より早く咲いた桜も散り始め、年明けからの積算気温は高く推移しているようだが、海の中はいったいどうだろう。。。日本海側では、ゲリラ豪雨ならぬゲリラ豪雪とでも言うべき、記録ラッシュの降り方をした雪の影響か、春の魚の良い釣果が聞こえて来ない。それではと、淡い期待を込めて自分の目で確かめるべく、新月の夜に海へ [続きを読む]
  • 2018 渓流解禁前に
  • いつの間にか、今年も渓流の解禁直前となった。まわりの渓流はまだまだ雪深く、魚はルアーを追うほどの元気はないのは承知のことなので、もうしばらく冬ごもりが続く。 その間はここ数年の楽しみとなっているルアー作り。昨年10月に切り出した47?ミノーの原型今回は、より丁寧に!と、心がけて時間を掛けて制作してきた。 同タイプでは物足りないので、6個だけは3タイプのフローティングバージョンも設計してみた。 途中までは順 [続きを読む]
  • 平日夜釣行
  • 11月1日。前回出撃してからすでに3週間が経ってしまった。アオリイカシーズンも終盤になって来ているが、富山湾内ではまだまだサイズを狙える時期。10月後半は2度の台風襲来で、7mを超す波が打ち付けて大荒れになり、河川からは大量の濁流が入り込み、海はまだその影響を受けている(と、予想)。それでも、だいぶ回復してきているだろうということと、釣り人が押し寄せる3連休前、かつ大潮満月前であることから、目標は20cmUP [続きを読む]
  • 朝マズメ勝負
  • 10月14日。本日は、朝マズメのみ釣行。今週末の気象、海象予報と、自分のスケジュールから、快適なエギングが出来るのは、ここしかない。 朝4時過ぎ。まだ暗い中、ポイント着。小規模な漁港を選び、車移動することなく、そこで心中する決意で挑む。 一時の新子フィーバーは終わったようで、スミ跡はかなり少ない。エギンガーもだいぶ少なくなった印象。 まずは、シャロー側のテトラ帯に入り、様子をみるが反応は得られない。 [続きを読む]
  • 時合い
  • 10月7日。3連休初日の夜中から、翌朝までの釣行。釣り人が多いのは承知の上、南風、凪の予報だが、前夜に降っていた雨の影響も気になっていた。 時間も限られている為、ファーストポイントの選択にはいつも気を使う。今シーズン未だ実績のなかったポイントであったが、先行者は3人程度と少なかった為、様子見で入ってみる。ここの沖にはブレイクがあり、潮遠しが良く、シャロー側には岩礁帯もある。心配していた水質はクリア [続きを読む]
  • 10月最初のエギング
  • 10月1日。朝一の一発勝負目指して暗い中ポイントを目指すが、場所によっては波がやや高く、水中にも濁りが見られる為、2か所パスして、最終的には先週反応の良かったエリアへ到着。テトラ帯目指して歩いて行くと、先週とは一変。 そのポイントには、エギンガーだらけ・・・ それでも、隅っこには入れるところがあったので入れさせてもらい、釣り開始。 波・風は弱く、潮も動いていて、適度に釣れるでしょ。と、様々なパターンの釣 [続きを読む]
  • 2017シーズン・ラスト
  • 9月30日。2017年最後の渓流釣行へ。シーズン中の尺ヤマメに出会えて無かったので、(自分の中で)温存しておいたポイントを目指す。ハイシーズンに比べると、すっかり日の出も遅くなり、朝の冷え込みも車載温度計で12℃と、寒い朝であった。 5時45分駐車スペースから、徒歩で15分ほど下流へ山道を歩き、入渓ポイントへ。天気も良く、あたりはすっかり明るくなっており、歩きながら木々の間から眼下に僅か見える川に急ぎ足となる [続きを読む]
  • 風を避けてエギング日和
  • 9月23日、残り1週間の期限が迫る渓流釣りも捨て難かったが、夕方からエギング釣行へ。前々日夜から海況は穏やかになってきており、早朝の降雨も大した影響はなさそうであったが、予報から風だけが気にかかっていた。いつもお世話になっている『GPV 気象予報』http://weather-gpv.info/ から引用。よく当たりますので、釣りの参考にどうぞ。 20時を過ぎたあたりから、西側から回復してくるが、それまでは西よりの風が強く吹き付け [続きを読む]
  • 台風前の荒喰い?!
  • 9月16日夜中からは海へ。最新の天気予報、波浪予報、風、そして台風の情報を収集して、3連休で唯一釣りができる可能性があった、このタイミングで出かけた。しかも、明け方には大きな河川に沿って南風が強く吹き付ける予報だが、海沿いで山がブロックしてくれるエリアなら風の影響は少なそう。釣りが可能なら、低気圧接近による荒喰いにハマれば爆釣か!?と、淡い期待を込めて、1ヶ所目のポイントに立つ。 予想通り、べた凪 [続きを読む]
  • 今日の朝練
  • 9月16日 5時30分。ホームリバーへ朝練に向かう。曇り空のもと、明るくなり始めた山の上は、朝焼けに染まっている。道路沿いの電光掲示板では、11℃を表示し、かなり冷え込んでいた。 入渓点に到着し、すぐに支度をして川へ入る。水は、キレイで水量も適量のコンディション。水温は12℃あり、この川の適水温か。 新しく作ったロール系ミノーで、すぐに反応がある。   47?RSミノー一発でフッキングしたのは、チビヤマメ。 その [続きを読む]
  • ニジマス1本
  • 9月3日の朝練。平日の朝活で出来上がった新作ロール系ミノーを持って、川へ出かけた。 が、到着してびっくりの濁り。一応、ウェーダーを履いて入渓し、5キャストくらいしてみたが、水面下のルアーさえ見えないので、移動することにした。 次の川は、いつもと違って逆にスーパークリア。やや、水量が多く、遡上し難いが、ルアーが良く見えるので一個一個ローテしながら釣り上がっていく。狙い通りのロール系で、アルミのフラッシ [続きを読む]