はねもね さん プロフィール

  •  
はねもねさん: 新・はねもねの独り言
ハンドル名はねもね さん
ブログタイトル新・はねもねの独り言
ブログURLhttps://hanemone.blogspot.jp/
サイト紹介文人生に必要ではないけど、知っておいても良い情報の発信。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供321回 / 365日(平均6.2回/週) - 参加 2017/08/12 12:46

はねもね さんのブログ記事

  • 大荒れのミドル級戦線 /村田諒太は誰を目指すのか
  • ボクシングのミドル級は、この1年で混乱を極めています。あまりに多くのことが起こり、勝利と失格と剥奪と批判が巻き起こって何が何だか分からなくてなってしまいました。村田諒太が最強のミドル級の座を目指して進む先には誰がいるのか?本人はゴロフキンの名前を出していましたが、今後どうなるのか?それを考えるために、ミドル級で起こっていることをまとめてみました。関連記事 :村田諒太の再戦が決定 混戦のミドル級を解説し [続きを読む]
  • 暖かさ満点のコート /私物のグレートコートの紹介
  • コートは何点か持っていますが、その中で最も暖かいコートはグレートコートと呼ばれるコートです。あまりの暖かさに、東京では年に10日程度しか着る機会がありません。電車の中や建物の中では暑すぎるのです。しかし気温が0度前後になる日などは、これを着ておけば体が冷えることなく快適に過ごせます。ビンテージ品のため、残念ながら同じ物を入手するのは不可能なので、大事に使っているコートです。関連記事:冬に備えてコート [続きを読む]
  • ニュースを見るための銃の基礎知識
  • ニュースを見るのに、銃の知識はなくても構いません。しかし少しだけ銃の知識があると、ニュースをより深く知ることができることがあります。例えば2013年に起きた餃子の王将の社長射殺事件で、「凶器は25口径の自動拳銃」と聞いた時に、あれ?っと思えるのです。そういったわけで、少しだけ銃の知識に関して書いてみたいと思います。関連記事:映画やマンガのおかしな銃の描写銃のサイズ表記拳銃にはさまざまなサイズがあります。 [続きを読む]
  • マンションのタイルの歴史と剥落事故
  • 現在ではマンションの外壁は、タイル張りが主流になっています。各地でタイルの剥落事故が起こって社会問題化しているのに不思議な気がしますね。しかしマンションの分譲が始まった頃は吹付が主流で、タイルが使われる物件は多くありませんでした。今回はマンションでタイル貼りが主流になった経緯を見てみます。外装材の役目タイルも吹付もコンクリーを守る役目を果たしています。鉄筋コンクリートは酸化(サビ)に弱い鉄筋をアル [続きを読む]
  • 世界一になるはずだった加藤大治郎 /二輪レース最大の損失
  • その時、鈴鹿サーキットのシケインでは、悲鳴のようなファンの声が響き渡っていたそうです。「大ちゃん、大ちゃん!」目に涙を浮かべたファン達は、サーキットに横たわり、ピクリともしない加藤大治郎に呼びかけ続けました。「大ちゃん、起きてよ。大ちゃん!」目の肥えた鈴鹿のファンは気づいていました。これは単なる事故ではなく、取り返しのつかない事態が起こってしまったのだと。だから藁にもすがる想いで、加藤の名前を呼び [続きを読む]
  • 井上尚弥が参戦するWBSSとはなにか
  • 世界的にも注目されているプロボクサー、井上尚弥がWBSSという大会に参加しています。WBA世界バンタム級王者として参戦した井上は、1回戦で元バンタム級世界王者のファン・カルロス・パヤノをわずか70秒でKOし、衝撃的な初戦を終えました。このWBSSとは何なのかを解説します。世界王者認定団体の分裂ファイティング原田がボクシングのバンタム級王座に就いた1965年当時、ボクシングの世界王者はフライ級からヘビー級までの8人しか [続きを読む]
  • 間違いだらけのスーツの着方 /セミナーで聞いた不思議な着方
  • スーツの着方、選び方は多くの本が出ていますし、様々なところで語られています。しかし奇妙なルールが作られていたり、摩訶不思議なマナーが生まれていたりしているのが現状です。今回は私がスーツのマナー講座やセミナーに出た際に、講師の方が言っていた変な内容を列記してみます。講師の方は、それぞれ服飾マナーや元大手服飾店の方でした。関連記事:どんなスーツを着たら良いのか /スーツを着ない時代のスーツ考察      [続きを読む]
  • ローテクスニーカーの代表格 /VANS(バンズ)の魅力を紹介
  • スケートボーダー御用達のスニーカーブランドVANS(バンズ)は、スケートボードをしない人にも気楽に履けるスニーカーとして長い間人気を保っています。なんの変哲もないスニーカーで、ハイテクスニーカーと比べると見劣りしてしまいますが、シンプルでどんな服にも合わせやすく、リーズナブルな価格も魅力です。そんなVANSを紹介したいと思います。関連記事:パトリック /将軍が愛用したスニーカーVANSとは1966年、アメリカのカリフ [続きを読む]
  • 女らしさを求めたF美の勘違い
  • 以前書いた、ガチムチのF美の話です。スポーツジムで知り合った男性と付き合い、1年でフラれた原因を考えたF美は、自分には女としての魅力が足りないからだと考えました。確かに全身が引き絞ったワイヤーのような筋肉をまとったF美に、女らしさを感じるのは難しい面があります。そしてF美は女らしさをセクシーさだと思い込みます。前回記事:アピールポイントが胸だと言うF美の勘違いセクシーな服装地味な性格のF美は、私と会うと [続きを読む]
  • 日本テニスが最も輝いた日 /伊達公子VSグラフの死闘
  • これを見ずしてテニスを見たことにはならないと、断言したくなる名勝負です。1996年4月29日、有明コロシアムで開催された女子の国別対抗戦、フェドカップは日本のテニス関係者、ファンにとって忘れられない1日になりました。3時間25分におよぶ文字通りの死闘が展開され、まるで大河ドラマを見ているかのような錯覚さえ覚えるました。ドイツと日本が1勝1敗で拮抗したなか、世界女王として君臨するシュテフィ・グラフと日本のエース [続きを読む]
  • アメリカを感じるワークブランド /カーハート
  • 100年以上続くアメリカのワークウェアブランドのカーハートは、一貫して労働着を作り続けているブランドです。アメリカのワークブランドのいくつかは、販路を拡大するためにおしゃれなデザインに傾倒していますが、カーハートはファッション向けに別ラインを持つことで本家は頑なに労働着を作り続けています。その質実剛健なつくりは、ファッション性を排除したために逆にファッショナブルに見えるという逆転も起こっています。ス [続きを読む]
  • 國松警察庁長官狙撃事件の犯人は誰だったのか2 /中村泰は犯人か
  • 中村泰が國松長官狙撃を自供し、刑事部は色めき立ちます。そして洗えば洗うほど中村が特異な人間であることがわかってきました。テレビ朝日やNHKは中村が犯人であるかのような特番を組み、中村こそが真犯人とする本も出版されました。しかし私は中村が犯人とは思えません。※中村泰前回記事:國松警察庁長官狙撃事件の犯人は誰だったのか中村泰の人生1930年、東京に生まれます。父親の仕事の関係で幼少期を中国で過ごし、開国して [続きを読む]
  • 「サラリーマンは靴にお金をかけろ」というのは本当か?
  • よく雑誌などで、サラリーマンは靴にお金を使いなさいみたいな記事を見かけます。時には「○万円以下の靴を履く人は出世しない」なんて過激なことが書いてある場合もあり、真に受けて高額な靴を買う人も少なからずいるようです。靴にお金と気を使うのは、決して間違いではないと思うのですが、最近はバランスを欠くケースが増えているように思います。今回はサラリーマンのドレスシューズを考えます。なぜ靴に気を使うのか人の足の [続きを読む]
  • 國松警察庁長官狙撃事件の犯人は誰だったのか
  • 1995年3月30日午前8時31分、荒川区南千住の自宅マンションで発砲事件が起こりました。撃たれたのは國松孝次警察庁長官で、3発の銃弾を受けて重傷でした。警察のトップが、自宅で撃たれるという衝撃的な事件で、日本の治安を揺るがす大事件でした。しかし犯人は捕まることなく事件は迷宮入りになっています。なぜこのような大事件が未解決になったのでしょうか。※国松元警察庁長官事件の概要警察庁長官の國松孝次は、出社のため秘 [続きを読む]
  • 堀口恭司の苦悩 /UFC世界王者に最も近づいた日本人
  • 2015年4月25日に行われたUFC186で行われたフライ級タイトルマッチは、日本のファンにとってハラハラしっぱなしでした。堀口恭司が王者デメトリアス・ジョンソンに挑んだ試合は、ラスト1秒にクライマックスが待っていました。スピード対決となったタイトルマッチ王者ジョンソンは圧倒的スピードで試合を支配し、上位ランカーを次々に蹴散らして王座を防衛していました。そのためデビューから4連勝の堀口は、ランキング7位ながらも王 [続きを読む]
  • 万双のシモーネ シングル天ファスナーを8年使ったレビュー
  • 上野の万双のカバンを最初に買ってから、約8年が過ぎました。ほぼ毎日のように使い続けているシモーネ シングル天ファスナーを紹介しつつ、使用感などをまとめてみたいと思います。関連記事:高いコストパフォーマンス /万双のカバン万双を知ったきっかけ某国産有名ブランドのナイロン製のカバンを使用していたのですが、ボロボロになってきたので、どこのカバンを買おうか飯野高広さんに相談したところ万双を勧めて頂きました。そ [続きを読む]
  • スーツに合うベルトを考える /靴と鞄とベルトの色は合わせるべきか?
  • スーツを着るときには、ほとんどの方がベルトを使うと思います。最近は就活生向けのスーツや靴のセットが売られていて、その中にベルトも含まれているようです。そしてスーツのマナーとして、靴とベルトの色を合わせるのが基本のように言われています。今回はベルトについて考えてみたいと思います。スーツとベルトスーツを着る際にベルトを使うようになったのは、割と近年のことです。1910年代のアメリカでジーンズなどの労働着に [続きを読む]
  • タキシードで大騒動 /友人Mのニューイヤー・パーティ
  • 友人Mは、いわゆる外資に勤めていたのですが、どういう経緯かは知りませんがニューヨークに移り住むことになりました。たまにメールでやりとりする程度の間柄だったのですが、Mからメールが来ました。「緊急事態なので、今すぐスカイプで話したい」2010年頃の12月の話です。Mの上司が発端だったニューヨークでの生活と仕事にも慣れ始め、年末に差し掛かる頃、上司がMに問いかけたそうです。「ニューイヤーの準備はできてる?」※ニ [続きを読む]
  • 雨の日にはビーン・ブーツ /100年変わらぬ頑固さ
  • LLビーンの顔とも言えるビーンブーツは、1912年に登場してから100年以上も変わらぬスタイルであり続けています。アウトドアシーンでの定番でありながら、昨今は街中でも多く見かけるようになったビーンブーツは、一足持っておくと心強いブーツです。今回は、そんなビーン・ブーツを紹介していきたいと思います。ビーン・ブーツの誕生子供の頃からハンティングや釣りが趣味だったレオン・レオンウッド・ビーンは、アウトドアで靴に [続きを読む]