はねもね さん プロフィール

  •  
はねもねさん: 新・はねもねの独り言
ハンドル名はねもね さん
ブログタイトル新・はねもねの独り言
ブログURLhttps://hanemone.blogspot.jp/
サイト紹介文人生に必要ではないけど、知っておいても良い情報の発信。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供316回 / 365日(平均6.1回/週) - 参加 2017/08/12 12:46

はねもね さんのブログ記事

  • 劇場版名探偵コナンを振り返ってみた
  • 中2の娘と名探偵コナンの劇場版の中で、最高傑作は何かという話になりました。全22作とルパンとのコラボ1作を加えた23作の中で、あれこれ議論したのですが、最高傑作はどれか1本には絞れませんでした。そんなことがあったので、印象的だった劇場版を紹介していきたいと思います。全部は書ききれないので、印象深いものだけを抜粋して書いてみました。名探偵コナン 時計じかけの摩天楼97年の劇場版第1作で、放火と爆弾による連続事 [続きを読む]
  • 世界的名品となったDW-5600 /絶賛されるG-SHOCK
  • 私は「安くて良いもの」という言葉が嫌いです。そう言われて買ったものの99%は「安くてそれなりのもの」でしかなく、広告のための宣伝文句として幻想を作り出しているに過ぎない場合がほとんどだからです。そもそと「良いもの」の定義は、その人が置かれた環境によって異なるので、万人に向けて「良いもの」と言えるものはほとんどありません。しかし残る1%には多くの人に勧められるものがあるのも事実で、今回のDW-5600もその一つ [続きを読む]
  • 映画の中のダッフルコート
  • 私が大好きなダッフルコートですが、トレンチコートやピーコートに比べて映画で見かけることが少ないように思います。それでもいくつか集めてみましたので、着こなしの参考になればと思います。第三の男(49年 イギリス)ミリタリー スタイルのダッフルコートの着方の基本中の基本は、第三の男のトレバー・ハワードです。アメリカの劇作家が親友から仕事を依頼されてウィーンに着きますが、親友は前日の交通事故で死んだと告げら [続きを読む]
  • 映画の中のピーコート /どんな役の人が着ているのか
  • 少し前にピーコートに関して書きましたが、その続きとして映画に使われたピーコートを書いてみたいと思います。さまざまな映画に登場していて、正統派な軍服としての使い方から、囚人服や街着として多くの映画に登場しています。関連記事:ピーコートはどれを選ぶ? /ブランド比較をしてみるエクスペンダブルズ2 (12年 アメリカ)シルベスター・スタローンがアクション俳優を集めて作ったオールスターキャストのアクション映画の第2 [続きを読む]
  • 子供のための歴史講座:ミュンヘン五輪事件
  • いや〜乱世乱世。時は1972年9月。パパはまだ幼稚園にも通ってない頃だ。ドイツのミュンヘンで行われていたオリンピックの選手村に「黒い九月」というテロ組織が侵入してイスラエル選手達を人質にとった。※犯人グループの1人娘「なんでイスラエルなの?」黒い九月はパレスチナのテロ組織で、イスラエルと対立していたんだ。そして犯人グルーブは、イスラエルに逮捕された仲間の釈放を要求してきた。ドイツ政府はイスラエルと交渉し [続きを読む]
  • ピーコートはどれを選ぶ? /ブランド比較をしてみる
  • ピーコートは人気にアウターで、ブームに関係なく一定数の人が毎年のように着ています。そんなピーコートの歴史とブランドごとの違いを見ていきたいと思います。ピーコートの歴史いろいろなことが書かれている本がありますが、フランスのブルターニュ地方の漁師の服が起源というのは間違いなさそうです。それを元にオランダ軍が19世紀に採用し、軍服としてのピーコートが誕生します。ピーはオランダ語で粗い生地の意味があるらしく [続きを読む]
  • 工藤公康 /福岡県民が感謝しても仕切れない男
  • ソフトバンク・ホークス監督の工藤公康に、頭が上がりません。どん底にあったホークスを常勝チームにした立役者でありながら、酷い扱いでチームを追われました。しかし2015年から監督としてホークスに戻り、2回のリーグ優勝と3回の日本一をもたらしました。二度と福岡の地を踏まないと誓ってもおかしくないことがあったにも関わらず、工藤は福岡に舞い戻り優勝請負人と呼ばれるに相応しい戦いを演じています。新聞広告の衝撃1999年 [続きを読む]
  • 中年太りにラガーシャツ /バーバリアンを勧めてみた
  • 友人と食事している時に、中年太りで全体的にふっくらしてきて、以前着ていたTシャツやポロシャツがみっともない体型を強調するだけになってきたという話になりました。それならばラガーシャツでも着たらどうだと勧めてみたら、さっそく購入して気に入っているようです。そんなわけで今回はラガーシャツの話です。ラガーシャツとはラグビーのユニフォームです。近年のラグビーの試合では相手にジャージを掴まれないようにピタピタ [続きを読む]
  • 日本のドラマがつまらなくなったと思いませんか?
  • 先日、妻が職場の同僚から勧められて日本のドラマを2つほど見て言いました。「つまらない。いつも見ている海外ドラマに比べると、かったるい。。。」何がそんなにダメなのかと聞くと、先が見える安易な展開や、プロの仕事を見せる場面で手際が悪かったり、役者のセリフが棒読みだったりと、あれこれ出てきました。日本のドラマにも面白いものはありますし、アメリカやイギリスのドラマにもつまらないものはあります。しかしここ10 [続きを読む]
  • 寝技最強の男ハビブ・ヌルマゴメドフはどうなるのか?
  • UFCライト級王者のハビブ・ヌルマゴメドフは、コナー・マクレガーとのビックマッチに勝利し、今最も注目を集めているUFCファイターです。圧倒的な寝技の強さを武器に、全戦全勝を突き進むヌルマゴメドフは、トラブルの真っ只中にいます。※個性的なカツラ、帽子?がトレードマークです。来歴1988年にロシアのダゲスタン共和国に生まれました。レスリングや柔道が盛んな土地がらと、父親がサンボの選手だったこともあり、8歳からレ [続きを読む]
  • 万双のブライドルミニ財布をレビュー
  • 上野のカバン屋さん万双は、財布も人気です。その中で私はブライドルレザーで作られたミニ財布を使っているのレビューしたいと思います。この財布は約7年間使ったのですが、近々買い替える予定です。ぼろぼろになるまで使われた財布のレビューは、これから買おうとしている人に有益な情報かなと思い、書いてみることにしました。万双とは上野のアメ横にある小さなカバン屋さんです。以前にも万双のことを書いているので、社長の武 [続きを読む]
  • そんなんじゃ何も解決しないんだよ! /組織にありがちなトラブル
  • 知人の千春(仮名)さんから、職場のトラブルの相談を受けていましたが、組織にありがちなトラブル処理の失敗例だったのでご紹介したいと思います。人間間のトラブルはつきものですが、その対応を間違えるとさらにトラブルは大きくなってしまいます。職場が特定されないように、人名や役職名、部署名を変えて記載します。また私は千春さんからしか話を聞いていないので、事実とは違う誤解などが含まれるかもしれませんが、あくまで事 [続きを読む]
  • ブラックラグーン /娘が人生を変えたというアニメ
  • 私が英語の練習のため、外国人とチャットで頻繁に会話をしていた時期があります。日本のアニメが大好きなカナダ人が「ブラックラグーンってアニメ知ってる?続きが気になってるんだけど、日本では放送されてるの?」と聞いてきました。私はそのアニメを知らず、ネットで検索をかけてYouTubeにアップされている映像を眺めました。これが娘に言わせると、娘がオタク化する第一歩だったようです。ブラックラグーンとは原作は2002年か [続きを読む]
  • メイウェザーJr VS 那須川天心の迷走感 /猪木対アリと似た展開かも
  • 大晦日のRIZINで、ボクシング界のスーパースターだったフロイド・メイウェザーJr(以下メイ)とキックボクシング界のスター那須川天心(以下天心)が対戦することが発表されました。記者会見まで開かれますが、直後にメイがSNSで試合を拒否するかのようなコメントを出して騒ぎになりました。何があったのかを考えてみたいと思います。フロイド・メイウェザーJrとは1977年にアメリカのミシガン州に生まれます。父はボクシングの名ト [続きを読む]
  • 一足は欲しいサイドゴアブーツ /スーツからカジュアルまで
  • 現在のドレスシューズはブーツから始まり、利便性のために短くなって短靴になりました。それでも長らくブーツのままのスタイルが支持されている靴もあり、それらは根強い人気を保っています。今回はその一つ、サイドゴアブーツの話です。関連記事:「サラリーマンは靴にお金をかけろ」というのは本当か?サイドゴアブーツとはくるぶしまで丈のある靴をブーツと呼びますが、サイドゴアブーツは紐を使わずにゴムで靴を締め付けること [続きを読む]
  • スーツにリュックサックはありか?
  • たびたびネットでスーツにリュックサックはありか?マナー違反か?といったことが話題になります。満員電車の原因とも言われていますが、たしかに電車に乗るとリュックを背負っている人が多く、スーツを着ない人の間でも定番化しているようです。今回はスーツとリュックサックの組み合わせを考えてみます。いつ頃からスーツにリュックを背負うようになった?はっきりしたことはわかりませんが、80年代のアメリカ映画を見ていると、 [続きを読む]
  • ガーバー社のナイフの世界 /使い勝手と安さで人気
  • 後輩が旦那にプレゼントするのに、ガーバー社のナイフを買うので相談にのって欲しいと連絡してきました。旦那さんは釣りをする時に使うナイフが欲しいそうで、特にガーバーのナイフが気になっているようです。釣りに使うなら日本の名品G・サカイの方が個人的にはお勧めなのですが、ガーバーも決して悪くはありません。そこで今回はガーバーの話です。※ガーバー社のステーキナイフガーバーのイメージ近年の広告ではアウトドアのイ [続きを読む]
  • 年頃の娘を持つ父親として /子供とのコミュニケーションを考える
  • 友人から「お前のところは、どうして子供とそんなに仲がいいんだ?」と質問されました。友人の息子と娘は中学生になった頃から親を避けるようになり、子供がなにを考えているかわからないので、コミュニケーションのヒントを求めていました。しかし中学生になって親を避けるのは普通ですし、親に「BL本を買って」と言いに来る我が家の娘の方が変です。そんなことから、友人と話しつつ子供とのコミュニケーションを考えてみました。 [続きを読む]
  • 80年代洋楽遍歴 /MTV時代を振り返る
  • 80年代は洋楽の時代でした。81年にアメリカでMTVが始まり、音楽と映像の融合が行われるようになると、日本人にもわかりやすいキャッチーな曲が量産され、ビルボードヒットチャートは、良い曲を作る以上に良いPV(プロモーションビデオ)を作れるかで上位が決まるようになります。それはテレビから始まった81年に放送が開始したベスト・ヒットUSA(当初はプリヂストン・サウンド・ハイウェイ)は、小林克也をMCにし、土曜の深夜に洋楽の [続きを読む]