m-chiharu さん プロフィール

  •  
m-chiharuさん: フリーランス・発達支援
ハンドル名m-chiharu さん
ブログタイトルフリーランス・発達支援
ブログURLhttps://freelance-psychologist.blogspot.jp/
サイト紹介文発達支援が専門のフリーランスです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供128回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2017/08/13 00:05

m-chiharu さんのブログ記事

  • noteへ
  • いつも読んでいただきありがとうございます。フリーランスについてのあれこれは、noteへ綴っていくことにしました。↓noteDIVERSE・ダイバースにほんブログ村 フリーランス生活ことばIROIROシリーズ [続きを読む]
  • 1つ1つの仕事が面白く楽しい
  • フリーランスになる前から、仕事は面白く楽しいものでしたが、フリーランスになってからの方が、それを強く感じます。色々と考えながら進めていかないと、継続的に仕事があることが当たり前ではないことで、1つ1つの仕事に出会えた嬉しさを感じることもも、その背景にあるのかもしれません。気持ちと体力が続く限りは、働くつもりですが、内容は変化させていく予定です。例えば、年齢を重ねることに伴う聞こえにくさや見えにくさ [続きを読む]
  • 1ヶ月のお仕事(2018年7月)
  • 7月、ことばと学習の支援室関係で、ご予約いただいた回数は48回でした。ご利用いただいている保護者の方からのご相談は、随時、メールでもお受けしています。(追加料金はかかりません・内容によっては直接お話することをご提案しています)7月も、ご新規のご依頼が2件ありました(幼児さんと小学生)。一方で、状態像が良い方向へ向かってご利用回数が減っていく子供たちもいます。子育て支援関係等で子供達に関わらせていただ [続きを読む]
  • 必要なことを学び続けるクセ
  • よく、何を学べば良いですか、何を読めば良いですか等と聞かれるのですが・・・発達支援に必要な領域のものも、他の領域のものと同じように、日々変化していきます。ですから、大切なことは、その時々や、数年後を見据えて、必要なことを学び続けるクセをつけることだと思います。今、自分自身が持っている知識や技術を信じて提供しながらも、まだまだより良いものがあるかもしれないと探求したり、これは正しいのだろうかときちん [続きを読む]
  • 働く力・働き方についての知識
  • 所属している学術団体には、国内のものと、国外のものがあるのですが「あなたの仕事はどうやって手にいれた?」「こうやって自分の魅力は宣伝しよう!」「その働き方であなたの実力は発揮できる?」「こんな仕事があるわよ!」のような特集や記事は、圧倒的に海外のものが多いと感じています。国が違えば、制度が大きく異なるので、自然といえば自然なのですが・・・働くための力、知識や技術は専門分野に限らないわけで、それぞれが [続きを読む]
  • ライターのお仕事をしていた時の単価
  • 以前、数社から、ライターのお仕事も受けていたことがありました。タイトルや文章の中に、どのような言葉をどのような順番で組み込むと、アクセスする人が多いのか、ということを、調べ方から、組み立て方から、1つずつ丁寧に教えていただきながら、仕事を進めていました。大多数の人がアクセスする文章の作成の方法を教わったことで、逆に、ほんの少しの人、人数はとても少ない、けれども、確実にアクセスする人がいる文章の作成 [続きを読む]
  • Google AdSense・グーグルアドセンス
  • このブログはbloggerで作成しています。数多くのブログと同様、Google AdSenseにもお世話になっています。広告収入があってもなくても、広報活動の一環として、複数のブログを公開していたと思いますが、仕事として時間を使い、形にしているものなので、それぞれに収入が発生するのは、有り難いことだと感じています。DIVERSE・ダイバースにほんブログ村 フリーランス生活ことばIROIROシリーズ [続きを読む]
  • 保護者の同室、遠隔カメラ、録画等オッケー
  • 運営している支援室は、特定の検査実施中以外は、保護者の同室、時間中の出入りは可能です。子育て支援関係で携わっているベビーシッター業も、保護者の方の同室や、遠隔カメラ等での確認等も大丈夫です。年齢や発達の偏り等により、見たことや聞いたこと含めて経験したことを、子供たちが正確に伝えることは、簡単ではありません。保護者の方の安心に繋がるのであれば、録画もオッケーにしています。DIVERSE・ダイバースにほんブ [続きを読む]
  • 保護者と子供が不安にならない知識と技術を
  • 大学や大学院で、支援関連のコースを履修していなくても、支援関連の職に就くことはできます。今は需要が高く、どこの機関も随時募集をかけている状態です。機関内での研修を実施しているところも珍しくはないようです。ただ、保護者とその子が求めているものは、その子にフィットする支援と良い変化であり、支援関連のスタンダードの提供ではありません。今は情報にアクセスしようと思えば、誰でもアクセス可能な時代です。専門家 [続きを読む]
  • こんなことをしても働き続けられる職業?
  • ニュースや事実として見聞きする、子供が倒れるまで走らせる、子供が吐くまで食べさせる、心が傷ついていたり、体も傷ついていたりすることから目を背けている、等々というエピソード結果として、子供たちが大変な状態になってから、大人の側が、何かしらの処分を受けたとしても、そういう人が働き続けている、という事実は、見方を変えると、そういう人でも働き続けることができる職業ですよ、と公に伝えているようなもの真摯に働 [続きを読む]
  • 子育ての楽しみの1つに
  • 最初のアルバイト(みたいなもの)は、父から頼まれた、父の仕事関連の記事の翻訳でした。2時間から3時間くらいかけて訳して、3000円もらった時、「成果には、それなりの報酬を」と添えてあった言葉は、私から我が子達へも伝えている言葉の1つです。私は、業者さんへ頼むような家事の類いを思春期に入っている我が子達へ頼むときには、業者さんへお支払する額の4分の1程度を提示します。できるかできないかを見極めて決める [続きを読む]
  • 日々のメンテナンス兼情報収集
  • ホットヨガは、インストラクターさんが、体の動かし方を分かりやすく言語化してくれるので、とても学びがあります。同時に、凝りをほぐすことができるので、こちらの都合で予約をキャンセルすることは殆どなく、元気に働き続けることにも繋がっています。ネイルサロンへは爪を丸く整えてもらう為に通っていますが、日中は、小さなお子さんを育てながら働いているネイリストさんも多く、敢えて、この時間帯に予約して、毎日の生活の [続きを読む]
  • 着物・着付け
  • 気付けの先生に、着物の世界も拡げてもらったことで、資格をいただいて、お稽古を終えた後でも、着物は大好きです。ゆくゆくはお手伝いを、と声をかけていただいていたのですが、仕事で提供できる技術なのかと見つめると、いいえ、です。今朝も、帯揚げの隅まで丁寧に整え、帯締めを帯の中で飾り結びにしている、お洒落な方をお見かけしました。きっと、ご本人、あるいは着付けを担当された方が、とても丁寧なのだろうと感じました [続きを読む]
  • 家事代行サービスの利用を始めました
  • 家事代行サービスの利用を始めました。その時々でお願いしたい家事を変化させることができるプランにしました。昨日はいつもの家事をお願いし、私はその間、仕事を進めていました。仕事がはかどっている間に、家事がどんどん進んでいき、その結果、いつもはなかなか取りかかれない家事や仕事にも取り組むことができました。1日に終えられる家事や仕事の量、そして、子供達との時間を増やしたかったので、満足です♪事業で使用する [続きを読む]
  • 月収・年収
  • 同じような仕事に就くことを考えている学生さんや、フリーランスへ転向しようと考えている方には、具体的な月収や年収をお伝えするようにしています。具体的に知ることで、不必要な不安から離れられたり、刺激になったり、聞いた方々の反応は色々です。好きなことを続けていても、赤字になる心配とは程遠い状態でいられるのか、ギリギリで続けるのかでは、気持ちの余裕が異なってくるからです。私は事業の中で大半を占めている支援 [続きを読む]
  • 情報提供の料金
  • メールやドキュメント等、形態に関わらず、何かを考えて文書にする時、少なからず、時間も労力も必要です。料金を請求することなく、受けて返すかどうかは、こちらが決めればよく、契約の形態やそれまでの関係によります。そして、料金を含めた依頼の形態によって、依頼する側の考え方や価値観が分かるな、と感じています。DIVERSE・ダイバースにほんブログ村 フリーランス生活ことばIROIROシリーズ [続きを読む]
  • 成長に繋がるストレスは歓迎・それ以外は少ない方がいい
  • 成長に繋がる良いストレスは歓迎です。けれど、心身の不調に繋がる程のストレスは少ない方がよく、自分なりに向き合って処理したり、場合によっては避けたり、近づかないようにしたり、そんな工夫も大切だと思います。いろんなお母さん、お父さん達に出会う過程で、子供に関わることそのものがストレスになっていても、それが自分自身で分かっていても、親だからという理由で、なかなかそこから離れられない方々にも携わらせていた [続きを読む]
  • フリーランスへの準備として、何を学びましたか?
  • 大学院で学ぶ方々へ、今の仕事を含めて話をする機会をいただきました。働き方へも関心を向けていただき、質問もいろいろと、いただきました。その中の1つに、フリーランスへの準備として、何か学んだことや身に付けたこと等がありましたかか、という質問がありました。即答で、「簿記です」と答えました。今は、ソフトやアプリで、会計処理そのものは、容易になっていますが、自分の事業の中で、何が経費になっていくのか考えて処 [続きを読む]
  • 結果を出せる仕事を選ぶ
  • お水1滴、お米1粒、ただではないですから、社会の中へ、何かしら提供し、対価をいただくことは、大切です。フリーランスは、仕事の結果、一つ一つが、信用と次の仕事へ繋がります。ですから、結果を出せる仕事を選ぶこと、それを積み上げていくことは、仕事を選択する際の、大切な視点の1つだと考えています。DIVERSE・ダイバースにほんブログ村 フリーランス生活ことばIROIROシリーズ [続きを読む]
  • 特別支援は技術
  • 特別支援含めて、支援関係の仕事に対して、ハートが大切、という部分が根強い時代があったことは、否めないと思います。ここ100年くらいの、福祉関係、特別支援関係の歴史を振り返ると、奉仕の精神、ある個人の強い思いや願い、そこからスタートした事業も少なくないのが事実です。私が大学生になったばかりの頃、当時、いろんな教授がいたのですが、その中のお一人が、講義の中の雑談で、何気なく呟いた言葉、その後、受け継が [続きを読む]
  • 自宅兼支援室&徒歩圏内のブランチ(分室)
  • 自宅の1室は、今でも仕事用の部屋です。棚の中には事務的な書類や研究関連の書籍がギュッと並んでいます。もともとは、ご利用いただく方々に、そこへ通ってきていただいていたのですが、人数が増えたことと、対象年齢の幅を拡げたことで、設備上、より適したところへと考え、分室を設けました。3歳さんでも駅から歩ける距離、大きな声を出しても気にしなくてよい程度の防音仕様、中学生が通いやすいような支援室ぽくない外観や内 [続きを読む]
  • 1ヶ月のお仕事(2018年6月)
  • ことばと学習の支援室関係で、ご予約いただいた回数は54回でした。そのうち4件、体調不良等でキャンセルがありました。蒸し暑かったり、とても気温が高かったり・・・日々気を付けていても、良い体調を保つのは難しい時期だと感じています。新規のご依頼が2件あり(幼児さんと小学生)、これからも、楽しみです。子育て支援関係等で子供達に関わらせていただいた回数は21回でした。ご家庭内に入らせていただいての、生活の中 [続きを読む]
  • 生活保護世帯・塾・費用
  • 生活保護世帯の子供たちが塾に通いたいと願った場合、自治体によっては、基準に基づいて、その子が塾に通うための費用が、そのご家庭に渡されます。私が運営している支援室でも、その制度を使って通われた方がいます。多方面からの支援が必要な状態の中、継続的に学んで、進学し、学び続けている姿を嬉しく思います。ただ、その制度を知らなかったり、知っていても申請の方法を知らなかったり、ご家庭によって、ご利用されるまでの [続きを読む]
  • 学生さんへの講義
  • 学生さんへの講義をする機会をいただいているのですが、そのうちの1つでは、これまでの仕事と今の仕事とについて、話をすることになっています。資料を作成していく過程で、学生さん(今回は大学院生とのことで人数も少ないとのこと)がどんなことを知りたいだろう、とあれこれ思いを巡らせています。ことばの発達支援は、どのような場所でどのような立場で携わっても、奥が深いと思います。極めようとして二十年以上、いつも、ま [続きを読む]