Masao さん プロフィール

  •  
Masaoさん: ドイツ語と特許翻訳
ハンドル名Masao さん
ブログタイトルドイツ語と特許翻訳
ブログURLhttps://depattrans.blogspot.jp/
サイト紹介文株式会社MK翻訳事務所のドイツ語部門のブログです。ドイツ語と特許翻訳とに関する書き込みをします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 58日(平均2.1回/週) - 参加 2017/08/13 09:32

Masao さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 日独に関する本「和文独訳のサスペンス―翻訳の考え方」
  • 書物のタイトルにずばり「翻訳」と書かれている本!日独に関する書物です。日本では、この手の書物は希少と言えると思います。和文独訳のサスペンス―翻訳の考え方田中 敏 (著), ヴォルフガング・E. シュレヒト (著)出版社: 白水社 (1991/4/1)言語: 日本語ISBN-10: 4560004471ISBN-13: 978-4560004470日本人がまず日独翻訳をしてみて、それをドイツ語のネイティブが修正案を提案するという形式で進められます。随分前に購入しまし [続きを読む]
  • 基礎の独日翻訳に関する本「ドイツ語おもしろ翻訳教室」
  • ドイツ語の翻訳に関する書物は、少ないですが、これも翻訳に関する本です。こちらは、独日です。ドイツ語おもしろ翻訳教室太田 達也 (著)NHKの語学放送のテキストの巻末に掲載されていた記事をまとめた本のようです。翻訳の基礎が学べます。逆に英語の翻訳に関して、これほど簡単に説明している本はないのではないかと思ってしまいます。出版社: 日本放送出版協会 (2007/03)言語: 日本語ISBN-10: 4140350741ISBN-13: 978-41403 [続きを読む]
  • 独日/日独の機械翻訳
  • 名古屋で開催されていた機械翻訳サミットに参加しました。そこで聞いて来た話です。独日/日独の特許機械翻訳に関しては、コーパスを所有している人(組織)はないだろうとのことです。自分達で作るしかないようです。機械翻訳エンジンの会社の社長さんとお話しいたしましたが、一般的な分野のコーパスと、自社で蓄積したTMのデータとを組合せて、それをベースとして、その後、自社でコツコツとコーパスを増やしていくという方法 [続きを読む]
  • Präsentation beim 27. Übersetzungsfestival der JTF in Tokio
  • Unser Mitarbeiter (Hr. Ueno) wurde für die ?Mini-Vortragsreihe“ beim diesjährigen Übersetzungsfestival ausgewählt! Die Mini-Vortragsreihe wurde dieses Jahr als neues Konzept eingeführt. Dabei werden 10-minütige Vorträge zum Thema Übersetzen gehalten.Bei seinem Vortrag will unser Kollege Ueno über seine Spezialdisziplin, Deutsch-Japanisch-Übersetzungen, sprechen. Sobald Einzelheiten zum [続きを読む]
  • 第27回JTF翻訳祭のミニ講演会で話します
  • 第27回JTF翻訳祭が、2017年11月29日(水)に、アルカディア市ヶ谷(東京都千代田区)で開催されます。日本翻訳連盟のお知らせは こちら。今年は特別企画として、10分間のミニ講演会が行われることになりました。当社からは私(上野)が、「ドイツ語特許翻訳に参入しよう」と題して発表します。ミニ講演会のプログラムは こちら。 [続きを読む]
  • Deutsche Fachbegriffe: 1) ?mit Masse verbinden“
  • Als Anbieter deutsch-japanischer/japanisch-deutscher Patentübersetzungen haben wir beschlossen, Fachbegriffe und für Patente spezifische Ausdrücke auf diesem Blog vorzustellen.Diesmal wollen wir das Wort ?Masse“ näher betrachten.Während das Wort ?Masse“ auch im Alltag häufig verwendet wird, ist die Verwendung dieses Begriffs in der Fachliteratur oft anders.Hier ein Beispielsatz aus einem [続きを読む]
  • ドイツ語部門のホームページを作ってみたところ
  • テストしてみましたが、お問い合わせからメールが送れません。メールアドレスが誤っているという警告メッセージが表示されます。原因を特定できません。【追記】2017年9月9日、修正出来ました。設定を誤っていました。50%できたら公開すればいいと最近読んだ本に書いてありましたので公開しました。公開しながら加筆していきます。そのうちドメインも取得しようと思います。これからゆっくりドイツ語チームのホームページ [続きを読む]
  • ドイツ語専門用語メモ:(1) Masse 「アース、接地」
  • 当社のドイツ語部門からの情報発信の1つとして、一般的な独和辞典には出ていない専門用語や表現をご紹介します。第1回は名詞 Masse です。(1) Masse 女性名詞、複数形 Massen[電気] アース、接地(英語) earth, (US) groundetwas mit Masse verbinden 〜をアースに接続する (= erden)例文:In der Schaltung sind ferner die Lichtschranken bzw. Schaltelemente 10, 11 und 12 dargestellt, welche einerseits mit einer Spannun [続きを読む]
  • 知財翻訳検定(ドイツ語)始まる!
  • 本日、知財翻訳協会さんのサイトをみたら、知財翻訳検定に新たにドイツ語と中国語とが加わったことを知りました。今回は、ドイツ語から日本語のようです。今後、日本語からドイツ語への試験が加わるのかは現在は不明です(数ヶ月前に問い合わせたらひとまず独日から始めますとの回答だった)。これまでは英語と日本語の試験しかなかったのでドイツ語や中国語が加わったのは大歓迎です。級は設けられないようなので一般的な知識を問 [続きを読む]
  • 毎週金曜日はドイツ語の基礎編を事務所で勉強している
  • 毎週金曜日、30分だけですが、ネイティブのドイツ語翻訳者が講師役を務めて、社内ドイツ語勉強会の基礎編を開催している。ドイツ語の基礎を知ってる人にとっては物足りない内容かもしれないが、ドイツ語を初めて学ぶスタッフには結構たいへんみたいです。なにせ数ヶ月で大学1年生で学ぶ内容の半分ぐらいまで進みましたので(NHKのラジオドイツ語講座は6ヶ月ですが、我々もそれぐらいのペースで進んでいるかもしれません)。 [続きを読む]
  • ドイツ語部門を設立する予定です。
  • 2017年9月1日からドイツ語部門を発足させる予定です。これまでは、ドイツ語から日本語への翻訳が主でした。これからは日本語からドイツ語へも翻訳を行う予定です。ドイツ語の特許翻訳市場がそれほど大きくないことは知っています。特許翻訳会社の中で、日独/独日の両方を社内で翻訳できる翻訳会社もそれほど多くはありません。ライバルが少ない市場で戦うなら互角に勝負できるかもしれません。少量ですがすでに独日のお仕事 [続きを読む]
  • 過去の記事 …