Sanday さん プロフィール

  •  
Sandayさん: 裏通り文化研究会
ハンドル名Sanday さん
ブログタイトル裏通り文化研究会
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/wonderlands/
サイト紹介文「体は大人、頭脳は子ども」の人たちの研究事例
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 265日(平均0.7回/週) - 参加 2017/08/13 16:54

Sanday さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 異なる愛情表現
  • 「休みが多いから」という理由で、小遣いが今月から下げられた、と彼は嘆いていました。彼の給料振り込みの銀行通帳とカードは奥さんが持っています。彼は毎月月末に奥さんから翌月のお小遣いをもらっています。そのお小遣いが下げられてしまったそうです。彼の... [続きを読む]
  • 新年明けましておめでとうございます
  • 今年も宜しくお願いします。「裏通り文化人」という言葉。今まで、このような言葉はありませんでした。ですので、身の回りで奇妙な言動をする人を見かけても、奇人とか変人とかの言葉でしか表現できませんでしたし、さらに、その時だけの、一過性の言動であると思っていまし... [続きを読む]
  • あったことを無かったことにする性癖
  • 「あったことを無かったことにする」とタイプしている時に私が幼い時の出来事が思い出されました。自宅の庭にある家庭菜園の畑に、飼っていた猫がやって来た。猫は前足で畑の柔らかい土を掘り始めました。そして、その穴にババ(ウンチ)をして、匂いを嗅いで、そして丁寧に... [続きを読む]
  • 注文をまとめられない大人
  • ある販売店の営業所で、毎年起きていることだそうだ。その販売店の得意先にお茶屋さんがあります。毎年、新茶の季節になると、その得意先から、新茶の注文用紙が送られてきます。四つ五つの銘柄が書いてあり、それぞれ一袋で「100グラムでいくら」と特価が書いてあります... [続きを読む]
  • 「体は大人、頭脳は子ども」の国
  • 我が家で読んでいる読売新聞(平成29年8月16日朝刊)の社説に関心したのでご紹介します。記録を残すために以下に全文を載せます。(小子が強調したい部分は色を変えます。読み易くするために改行も入れます)↓↓↓「文大統領演説 「慰安婦」蒸し返しは許されぬ」  ... [続きを読む]
  • ショウキャク違い
  • 静かな夜に、グラスを傾けながら、ある友人から聞いた話です。友人が以前知り合った会社での話だそうです。そこは戦後の昭和20年代に起業した鉄鋼関係で、昭和40年代には全国に支店を置く大きな会社だったのですが、時代の流れに乗れず、平成を迎えた時には、地方の支店は... [続きを読む]
  • 会社は学校ではないのよ
  • 会社での会社員としての行動を学校での生徒の行動と同じことだと思っている人がいます。この時点で、この会社員は裏通り文化人だと言うことです。例えて言うと、自動車運転免許の教習所を考えるとわかりやすいと思います。学校=学科(社会人についての基本を教室で学ぶ)会... [続きを読む]
  • 世界中にいる裏通り文化人
  • 先日、アメリカを舞台にエンターテイメント分野で活躍している日本人の密着取材の番組を見ることが出来ました。米国内でお呼びが掛かれば、どこへでも行くそうです。出演時間の前に入念に舞台スタッフと打ち合わせをして、いざ本番になってみると、あれだけ、はっきりと入念... [続きを読む]
  • 隣国の裏通り文化人
  • 間違った教育が国民を裏通り文化人化することが出来る実例を見つけました。過去の事実と違う、ねつ造した歴史を国民の教育に取り入れると、どんな国民が出来るかを実施してしまった国。 本来、過去の出来事は、残された資料などから事実を推測、また確証するものですが、残... [続きを読む]
  • ヒトがいい人
  • 「あの人、人がいいよね」って、言われたら、一般的には、「面倒見がいい、優しい、気遣い気配りが良い、自分のこと以上に他人に親切」とかプラスのイメージがあったと思います。ところが、そうではない使い方をしている人がいました。「彼は人がいいから」と言われる中年男... [続きを読む]
  • V.S.O.P.な反応
  • Very Special One Pattern をするサラリーマンある企業からの奇人変人紹介がありました。40代の男性サラリーマンで、入社4年目。営業外回りをしている人だそうです。お客様から電話で苦情が来るそうです。「人は良いのだけれど、・・・」と言いながら、不満を電話先で話され... [続きを読む]
  • 過去の記事 …