脱力日記 さん プロフィール

  •  
脱力日記さん: 脱力日記
ハンドル名脱力日記 さん
ブログタイトル脱力日記
ブログURLhttps://takeiteasy.muragon.com/
サイト紹介文脱力おばさんのつまらない日常を綴るブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供76回 / 122日(平均4.4回/週) - 参加 2017/08/13 19:05

脱力日記 さんのブログ記事

  • 自由なフィリピンの笑撃
  • 「パトカーも通行人もスルー」の衝撃 私は、フィリピンには、ちょっと興味があるので、アキ爺さまのフィリピンブログは、興味深く拝見している。 とても参考になる。 今回は、えぐいものを見せていただいて、のけぞってしまったのだが、なんでもそうだけど、観光客やよそ者の勝手で、ご当地を美化するのは、よくないから、これくらいに現実を見せてくれたほうが、いいのかもしれない。 ただ、この画像が、運営に見つかって、消 [続きを読む]
  • 切り札と矜持
  • 切り札を使う人 衝撃の過去、とか、隠していた素性、とか、なんかそういうの。 そういうのを持っている人は、けっこういるかもしれないが、出さないままの人と、ずーっと黙っていて、おもむろに出す人がいる。 問題は、「出す人」で、その「出し方」が、けっこう気になったりする。 誰かを叩くための「保険」 最近びっくりしたのは、ある人が、誰か「みんなが気の毒に思っていて、なかなか叩けない相手」を、批判するために、 [続きを読む]
  • 定番の悪夢その2
  • 定番の悪夢その2 さて、中国からの帰還兵の件で、前にも書いたけれども、「自分の定番の悪夢」というのを、もっと思いだした。 残業 けっこうな残業をしてしまってから、残業の申請をしていなかったことに気がついて、タダ働きをしてしまったと思って、激しく後悔をしている夢。 これは、現実には、何度かはあったと思うけど、ここまでしつこく夢に見るほどとは、思えないので、どうしてなのか、わからない。 ヘルメット バ [続きを読む]
  • 昭恵の涙〜世紀のバ〇夫婦〜
  • 世紀のバ〇夫婦「暮れの風景」 【昭恵氏「つらい一年だった」】安倍昭恵首相夫人がベルギーから勲章を授与され、「つらい一年だった」などと涙を流しながら語った。昭恵氏はいわゆる森友学園問題が発覚して以降、公の場での会見などは行っていない。 https://t.co/sJ4DPtwY2w ― Yahoo!ニュース (@YahooNewsTopics) 2017年12月7日 まあアレだよね、「ふざけんな、こ [続きを読む]
  • 言い訳王
  • 言い訳のための言い訳 理屈が立たなくても、とにかく言い訳をする人というのは、いて、うちの母なんかは、その典型なのだが、まったく言い訳になっていなくても、とにかく、脊髄反射で、なんか言う。 そんなわけのわからないことを言うくらいなら、何も言わなければいいのにと、思うのだが、どうしても、そうなのである。 最近はもう、「こう言えば、ああいう言い訳をするだけだろうな」と、思うから、何も言わなくなった。 そ [続きを読む]
  • セクハラ大国日本3〜痴漢をする理由とは〜
  • 痴漢は、ストレス解消のため? 精神保健福祉士の斉藤さん、出田阿生記者が取材「痴漢の動機は、性欲でなく『ストレス対処』。加害者二百人中、過半数が『行為中に勃起しない』。セックスレスと関係ない。『決算期で忙しくなるとやってしまう」「上司に叱られた日は必ず痴漢」…。『仕事を頑張ったら痴漢していい』と話す加害者も」 pic.twitter.com/vHeRRmNhX4 ― 望月衣塑子 (@ISOKO_MO [続きを読む]
  • サッチー、できれば「アレ」も、あの世に持って行ってくれ
  • 敗戦日本の象徴的存在 そうかあ…。 お騒がせおばさんのひとりが、ついに、大往生。 私は、野村沙知代というと、どうしても、松本清張の「ゼロの焦点」とか、森村誠一の「人間の証明」とかを、連想してしまうのである。 サッチーほど、「ああいう感じ」がする女性というのも、いないというか、もしかすると、小説のモデルなんじゃないか、という気も、しなくもないんだよな。 映画「肉体の門」で、名取裕子が演じた役なんかも [続きを読む]
  • 芸能三連発〜松岡修造は、一人いればいい〜
  • 安定の暑苦しさ 期待を裏切らない、安定の暑苦しさ。 《いきなり初心者がテニスでいうグランドスラムに出場するようなものです。心から自分のしたいことへの挑戦。そして、50歳という節目を迎えた自分。このチャンスにチャレンジせずに今後の僕はないと決断しました》 その熱い気持ちを表すように、彼は今まで誰も聞いたことがないような役作りをしていた。 「松岡さんは撮影の2週間前から役作りをしていたそうですが、まず [続きを読む]
  • 夢とボケ〜罪悪感の正体を探る〜
  • ボケた帰還兵たちの奇行 ある人のブログで、かなりすさまじい話を読んだ。 戦争中に、中国に派遣されて、帰還した兵士が、普通のお父さんとして、無事に務めを終え、80や90になって、すっかりボケて、老人ホームに入る。 すると、いきなり廊下を走り出したり、土下座をして謝っている人が、よくいる、というのだ。 ボケているのだから、自分では、何をしているのかは、わかっていないのだろう。 お医者さんによれば、それ [続きを読む]
  • 理屈じゃない
  • 理屈じゃない世界 世の中には、理屈が通じない人のほうが、多いのだということには、なかなか気がつかなかった。 それは、どうしてかというと、たぶんだけど、私は、若いころから、「理屈で動いている世界」に、長く居て、「1+1は、2です」ということが、10人中の9人までは、通用するような、そういう環境で、ずっと、過ごしたから、だろう。 そういうほうが、特殊なのだということに、気がつかなかったのだ。 だから、 [続きを読む]
  • 新元号は、これしかないと思う件
  • 正しい新元号 もちろん、新元号は、 「怨信」 しかないであろう。 前にも書いたけど、今の日本を治めているのは、安倍普三でも、もちろん天皇でもなく、さらに、生きている人間のうちの誰でもなく、とっくに死んでいる岸信介、なのである。 その人の執念のために、その人の孫を含め、1億が、全部犠牲になれと、言われているのである。 だから、「怨霊の岸信介の治世」ということで、それにふさわしい元号は、これしかないで [続きを読む]
  • 日本の男は、なぜ嫌われる〜東大を出ても、この程度〜
  • 日本の男は、気絶するほどダメである 山本幸三・前地方創生担当相がアフリカと交流する同僚議員について「何であんな黒いのが好きなんだ」と発言した問題で、「日本アフリカ学会」の会長を務める太田至京都大教授や歴代会長ら有志は1日付で抗議声明を発表し、山本氏宛てに抗議文を送付した。  山本氏は先月、日本・アフリカ連合友好議員連盟会長代行の三原朝彦・自民党衆院議員を「アフリカ好きでありまして、何であんな黒いの [続きを読む]
  • 決定的瞬間を撮られた白鵬、品格は…
  • 撮られた白鵬 別に、それほど相撲に興味があるというわけではないのに、なぜか、相撲のことを続けて書いているので、相撲マガジンみたいになってきた…。 横綱・白鵬(宮城野部屋)は両国国技館での理事会に呼び出しを受け、師匠の宮城野親方(元幕内・竹葉山)とともに厳重注意を受けた。 九州場所千秋楽の優勝インタビューで「場所後に真実を話し、膿(うみ)を出し切って日馬富士関と貴ノ岩関を再びこの土俵に上げてあげたい [続きを読む]
  • 日馬富士は、親方にはならない
  • もうちょっと稼ぎたかった日馬富士 日馬富士は、親方にはなら(れ)ないらしい。 【大相撲】会見で礼節強調 日馬富士が師匠の“引退勧告”を拒否した夜 https://t.co/l4u4XuUTX6 #日刊ゲンダイDIGITAL ― 日刊ゲンダイ (@nikkan_gendai) 2017年11月30日 「ビール瓶で殴打という報道が出た2、3日後、伊勢ケ浜親方(57=元横綱旭富士)が日馬富士に引退を迫っ [続きを読む]
  • シュール日本四連発
  • ウォーミングアップ ひどいニュースを見すぎて、脱力なので、まず、脱力していてもイケるネタから行く。 どっかから流れてきた誰かのツイート。 冗談でも何でもなく、素直に「ウィンターセフレ」と読んでしまった。 pic.twitter.com/VUwfD1QnQx ― 下井草秀 (@shimoigusashu) 2017年11月27日 私も、そう思った。 というか、これって、もしかして、わざとなん? 偶然 [続きを読む]
  • 日馬富士引退で、今後は?
  • 日馬富士引退 昨日、引退するべきだと書いたが、今日になったら、もう引退会見をやっていた…。 この素早さ、とっとと幕引きをして、人の口にのぼらないようにしたいという、協会側の思惑が、透けて見える。 暴行は宴席で行われたとされる。日馬富士は酒癖について問われると、「お酒を飲んで人を傷つけたり暴れたり、酒癖悪いといわれたことは一度もない」と断言。酒との向き合い方を問われ「酒飲んだからこその事件じゃないの [続きを読む]
  • セクハラ大国日本2
  • 日本の男の評判は、どこまで下がるのか 【集団準強姦 慶大生6人不起訴】女子大学生を酒に酔わせ集団で乱暴したとして、集団準強姦容疑で書類送検されていた慶応大の男子学生6人について、横浜地検は28日、不起訴処分に。理由は明らかにしていない。 https://t.co/Sh72VEhAEw ― Yahoo!ニュース (@YahooNewsTopics) 2017年11月28日 伊藤詩織さんと対談の機会を [続きを読む]
  • 貴乃花部屋の力士は、今後は襲われないだろう
  • 取りあえず言えることは、貴乃花部屋の力士は、今後は襲われない、ということ 騒ぎになっている相撲の件。 店内に居た目撃者による、詳しい目撃情報が載っている↑ これを読めば、事情がわかる。 もともと酒癖が悪い なるほどね。 朝青龍も、そうだったけど、なんだろうな。 もしかするとだけど、モンゴル系の人は、アルコールに弱いとか、あるのかもしれないが、私にはわからない。 貴乃花が「暴走」? そして、「貴乃花 [続きを読む]
  • ウソのような本当の話
  • ウソのような本当の話 アメリカの犯罪ドラマ顔負けの大量殺人犯。 日本にも、本当にいたとは。 【話題の記事】神奈川県座間市のワンルームアパートで女性8人、男性1人の頭部や骨が発見された事件。犯人逮捕の裏には兄の執念の捜索と、協力した女性の勇気ある行動がありました。 https://t.co/ABuPZ6aR2K #日刊ゲンダイDIGITAL ― 日刊ゲンダイ (@nikkan_gendai) 201 [続きを読む]
  • 大阪毛染め問題
  • 大阪毛染め問題 2つくらい思うことがある。 ほかのことには、反応が鈍いのに ひとつは、この件が、どうしてこんなに騒がれるのか、どうしてこの件に「反応」している人が多いのか、という普通の疑問である。 この問題は、当事者にとっては、大問題であるに違いないが、そして、ことの成り行きが、ここで報道されているとおりなのだとしたら、人権侵害であるが、「この件」について、こんなに反応する人が多いならば、「ほかに [続きを読む]