むぎ丸 さん プロフィール

  •  
むぎ丸さん: 現実逃避を好きなものだけで
ハンドル名むぎ丸 さん
ブログタイトル現実逃避を好きなものだけで
ブログURLhttp://moviet05d.blog.fc2.com/
サイト紹介文映画レビューや評価、ドラマの感想ネタバレを書いてます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供195回 / 264日(平均5.2回/週) - 参加 2017/08/14 17:37

むぎ丸 さんのブログ記事

  • ドラマ 賭ケグルイ 7話 感想 ネタバレ-木渡がポチになる-
  • ■あらすじ■借金免除を賭けて始まった「二枚インディアンポーカー」。このゲームは、額にかざし対戦相手に開示する「公開カード」と、自分だけが確認できる「非公開カード」の組み合わせで“賭ける”か“降りる”かを決める心理戦。借金の額に応じてチップのレートが決まる。夢子(浜辺美波)と芽亜里(森川葵)の対戦相手、木渡(矢本悠馬)は友人にわざと借金をして参加しているという。本当の目的は家畜生徒をいたぶるためだと [続きを読む]
  • ドラマ アンナチュラル 6話 感想 ネタバレ
  • ■あらすじ■「 不自然な死は許さない! 」亡くなった人だけでなく、今を生きる人々を救い、未来への希望を見出すために…彼らは死因を究明し、未来の誰かを救命する!ミコトの職業は、死因究明のスペシャリストである解剖医。彼女が許せないことは、「不自然な死(アンナチュラル・デス)」を放置すること。不自然な死の裏側には、必ず突き止めるべき真実がある。偽装殺人・医療ミス・未知の症例…。しかし日本においては、不自然死のほとん [続きを読む]
  • ドラマ トドメの接吻(キス) 5話 感想 ネタバレ 
  • ■あらすじ■宰子(門脇麦)からのキスで想定外のタイムリープをした旺太郎(山崎賢人)を待っていたのは、社長の座を狙う尊氏(新田真剣佑)があえて病床の父を助けず、それにより美尊(新木優子)を奪うという不都合な状況だった。それを逆転しようという作戦の途中、母・光代(奥貫薫)が転倒して意識不明の状態だという連絡が。直前に母に冷たい言葉をかけてしまった旺太郎の心は揺れるが、運命を変えるチャンスを前に彼が選ぶ [続きを読む]
  • ドラマ アンナチュラル 4話 感想 ネタバレ
  • ■あらすじ■ある日、ミコト(石原さとみ)の母:夏代(薬師丸ひろ子)が、バイクで交通事故死した佐野(坪倉由幸)の解剖をUDIに依頼する。不可解な死を遂げた佐野は妻と子供二人がいたが、バイクの任意保険が切れていたうえに生命保険にも入っていなかった。夏代は死因を究明し、子供たちのために賠償責任を問うことを妻の可奈子(戸田菜穂)に提案する。一方、佐野を解剖したミコトたちは、佐野の意外な死因を発見することに・・・。多分 [続きを読む]
  • ドラマ 海月姫 3話 簡単な感想とネタバレ
  • ■あらすじ■倉下月海(芳根京子)は、クラゲのドレスを作ろうと言い出した鯉淵蔵之介(瀬戸康史)を信じられずにいた。しかし、蔵之介は本気。蔵之介は早速ドレスのデザインをスケッチし始める。月海は「全然違う」と、自分が描いたハナガサクラゲのデッサンを見せると、蔵之介は思わず「こんなドレスがあったら欲しい」と言う。そこに、ばんばさん(松井玲奈)が、風呂が空いたと月海を呼びに。男の格好だった蔵之介は姿を消す。 蔵之 [続きを読む]
  • ドラマ トドメの接吻(キス) 4話 感想 ネタバレ
  • ■あらすじ■養子であるために並樹グループの後継を任されない尊氏(新田真剣佑)の前に、副社長の座を狙う尊氏の叔父・郡次(小市慢太郎)は12年前の沈没事故のある証拠をちらつかせ、養子を解消して妹の美尊(新木優子)と結婚し後継者となるようプレッシャーをかける。一方、尊氏と美尊の婚約話を知った旺太郎(山崎賢人)は時間を戻してやり直すため、自分を避ける宰子(門脇麦)にキスされようと命がけの作戦を決行する!志 [続きを読む]
  • ドラマ アンナチュラル 3話 感想 ネタバレ
  • ■あらすじ■ミコト(石原さとみ)は“主婦ブロガー殺人事件”の裁判に代理証人として出廷することになる。被告は被害者の夫の要一(温水洋一)。殺害の動機は妻からの精神的DVによるものだと罪を認めていた。しかし裁判で証拠として提出された包丁が、本当の凶器ではないことに気づいたミコトは凶器の矛盾を指摘。さらに被告の要一も無実を訴え、裁判は大混乱に…!有罪率99.9%の検事の烏田(吹越満)とミコトの法廷バトルが始まる!政次 [続きを読む]
  • ドラマ アンナチュラル 2話 感想 ネタバレ
  • ■あらすじ■ミコト(石原さとみ)らUDIメンバーは警察の依頼により、集団練炭自殺の現場に出向く。そこには4人の遺体があり、刑事の毛利(大倉孝二)は事件性がないと主張するが、ミコトは解剖することを決める。解剖の結果、3人は一酸化炭素中毒で自殺と断定された。ところが、ひとりの少女の死因は“凍死”であることが判明。さらにその少女の胃の中から、解読不可能なダイイングメッセージが発見される。間違いなく事件である [続きを読む]
  • ドラマ 女子的生活 第3話 感想 ネタバレ
  • ■あらすじ■仕事のトラブルで故郷・香住に戻ることになった、みき(志尊淳)。トラブルは解消するも、その相手の家族関係に、かつての自分を重ね合わせ、ブルーなる。一方、みきが家族にカミングアウトしていないことをかおり(玉井詩織)から聞かされた後藤(町田啓太)は、みきのことを心配し、香住へ。みきと再会した後藤だったが、降雪で電車が不通になり立ち往生。そんな時、みきは父・富生(本田博太郎)と偶然、出会ってし [続きを読む]
  • ドラマ 海月姫 2話 簡単な感想とネタバレ
  • ■あらすじ■『天水館』の朝。大慌ての倉下月海(芳根京子)が広間に駆け込み、ジジ様(木南晴夏)たちに目白先生が〆切日を間違えていたことを報告。目白先生はBL漫画家で、収入の乏しい“尼〜ず”たちは時にアシスタントをしていた。ともあれ、明日に迫った〆切に間に合わすべく、月海たちは原稿の仕上げを始める。そんな時、男同士が抱き合うカットを見た月海の動きが止まった。月海は鯉淵修(工藤阿須加)に水族館で抱きしめら [続きを読む]
  • ドラマ トドメの接吻(キス) 3話 感想 ネタバレ 
  • キス女・宰子(門脇麦)から旺太郎(山?賢人)を守るふりをしていつも側にいた和馬(志尊淳)は、旺太郎への愛が報われなかった嫉妬と逆恨みから旺太郎と心中しようとする。間一髪のところでなんとか一命を取り留めるが、負傷を負った旺太郎。病院で今までの出来事を思い起こし、宰子のキスに7日前にタイムリープする能力があることに気づき、宰子を利用しない手はないと思い立つ…。初乗り会の後に美尊(新木優子)が旺太郎を訪 [続きを読む]
  • ドラマ 賭ケグルイ 2話 簡単な感想 ネタバレ --
  • 夢子(浜辺美波)の転校初日におこなわれた芽亜里(森川葵)との「投票ジャンケン」対決は予想外の結末を迎え、その幕を閉じた。夢子の真の顔を垣間見た鈴井(高杉真宙)は、恐れながらも彼女の存在に魅かれていく。そして、鈴井から夢子に百花王学園の秘密が語られる。この学園が今のように狂ってしまったのは、2年前、現生徒会長が就任し、会長を頂点とした生徒会がギャンブルで学園を支配するようになってからだという。芽亜里が負け [続きを読む]
  • ドラマ 賭ケグルイ 1話 簡単な感想 ネタバレ -之の字が不良生徒に-
  • ■あらすじ■創立122年を迎える私立百花王学園。政財界の有力者の子女が多数通う、伝統と格式ある名門校だ。この学園で生徒の階級を決めるのは“ギャンブルの強さ”のみ。勝者には地位と名誉が与えられ、敗者は財産も尊厳も奪われ、男は「ポチ」、女は「ミケ」として家畜同然に扱われる。この学園の二年華組に一人の少女が転校してくる。蛇喰夢子(浜辺美波)という名のお淑やかな美少女だ。色めき立つ男子生徒を横目に、華組一の [続きを読む]
  • ドラマ アンナチュラル 1話 感想 ネタバレ
  • ■あらすじ■解剖医の三澄ミコト(石原さとみ)が働く不自然死究明研究所(UDIラボ)は、異状死体や犯罪死体を引き受け解剖している。ある日、「心不全」で突然死した息子の死因に疑問をもった老夫婦がUDIを訪ねてくる。さっそくミコトたちが解剖に取り掛かると、薬毒物死の可能性が浮上。しかし、死因となった毒物が何かがどうしても特定できない。そんな折、突然死した男性の同僚も原因不明の突然死を遂げていたことが判明する・・・ [続きを読む]
  • 大河ドラマ 西郷どん 2話 『立派なお侍』 感想 ネタバレ
  • ■あらすじ■青年となった西郷は、吉之助(鈴木亮平)と名乗り年貢を司る役人の補佐役をつとめていた。年貢が払えず困窮する百姓たちを助けようと奮闘する吉之助は、斉彬(渡辺謙)が藩主になれば悪しき農政の仕組みを変えてくれると願うが、斉彬の父・斉興(鹿賀丈史)とその側室・由羅(小柳ルミ子)が実権を握っていた。藩の悪政に怒った吉之助は家老・調所広郷(竜雷太)に直訴しに行く。(Yahoo!JAPANテレビより引用)10人の [続きを読む]
  • ドラマ 女子的生活 第2話 感想 ネタバレ
  • ■あらすじ■みき(志尊淳)と後藤(町田啓太)は奇妙な同居生活を続けていた。ある日、後藤はみきに会わせたい人がいると言う。それはかつての同級生でミニーさん(中島広稀)と呼ばれていた男。「ニート状態で鬱っぽい彼を助けたい」のだと。その思いに負け、みきはまたまたしぶしぶ了承する。ミニーさんと会うみきたちだが、彼はみきのことをディスりはじめる。みきは「ただ自分たちを見下げたいだけなのだ」と見抜き、反撃にで [続きを読む]