鯉くん さん プロフィール

  •  
鯉くんさん: 酔って鯉
ハンドル名鯉くん さん
ブログタイトル酔って鯉
ブログURLhttp://drunkcarp.jp
サイト紹介文生息地 広島市流川 僕と師匠の酒場放浪記。 酒処、鯉処の広島から日本酒ライフの提案です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供33回 / 95日(平均2.4回/週) - 参加 2017/08/15 17:40

鯉くん さんのブログ記事

  • 84.捕虜
  • 中区 三川町 「並木通り しろがね」 辺りでは鳥の穏やかな鳴き声が聞こえていた。 木漏れ日は柔らかで、時間は静かに流れていた。しかし、優鬼の耳の奥には明鬼の断末魔の悲鳴が、繰り返された。 首を何度も横に振って、その悲鳴を... [続きを読む]
  • 82.逃げる
  • 一瞬のことだった。 明鬼は自分の身体に何が起きたか分からなかった。 しかし、目の前にドスンと音を立てて落ちたのは間違いなく自分の右腕だ。 そして、血しぶきをあげる自分の二の腕を認めると、明鬼は死ぬほど悲しい顔をした。 「... [続きを読む]
  • 80.空飛ぶ右腕
  • 中区堀川町「白雪」 「どうやら、この川を遡っていけば、あの煙の出てる場所にたどり着けそうですね。あと2時間ぐらいでしょうか?」 優鬼はそう言いながら、ワクワク感が抑えられなかった。 「どんな友達が住んでるのでしょうかねえ... [続きを読む]
  • 78.友達を求めて
  • 中区鉄砲町 「福本屋総本店」 「明日の昼頃には、新しい友達に会えるぞ」 そう思うと、優鬼は嬉しくて嬉しくて眠れなかった。 ちなみに、鬼族の村には総勢150名の者が生活している。 村長の名は勢鬼。 優鬼はこの勢鬼の五番目の... [続きを読む]
  • 74.危険な煙
  • 中区富士見町「馳走 ぬくゐ」 古墳時代の鍛治部はあくまでも豪族に仕える立場だった。 しかし、長い年月に中で、ごく一部の渡来系の鍛治部は武器を自らが使用し、大きな集団を形成していった。 鎌倉時代末期、すでに貨幣はあったが、... [続きを読む]
  • 64.鬼の棲む谷
  • 帝釈峡は、広島県北東部の庄原市東城町と神石高原町にまたがる全長18キロメートルの峡谷である。その切り立った峡谷の間を流れる帝釈川沿いには、その昔、この地に鬼が住んでいたことを示す跡がある。 それが、鬼の岩屋、鬼の唐門、鬼... [続きを読む]