luventoshop さん プロフィール

  •  
luventoshopさん: アジア雑貨 LUVENTO
ハンドル名luventoshop さん
ブログタイトルアジア雑貨 LUVENTO
ブログURLhttp://luventoshop.blog.fc2.com/
サイト紹介文アジアのハンドメイドの服や雑貨の販売。鎌倉の工房で藍染もしております。
自由文ハンドメイドの商品をアジア各国と日本で製作。オンリーワンのものばかりで、一期一会の出会いをおお楽しみください。主に百貨店を中心に販売しております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供36回 / 249日(平均1.0回/週) - 参加 2017/08/16 10:43

luventoshop さんのブログ記事

  • タイ仕入れ旅
  • タイの仕入れ旅から戻りました。タイは若者たちが活気があって、沢山のエネルギーをいただいた。こちらも負けじと、深夜便で戻り翌日搬入して催事。日本はどうも元気がないですね。あの頃が懐かしいなんて昔ばかりを思い出す。もう世代交代で譲る立場だからのんびりでいいが、若者たちよ頑張っておくれ。爆発的に暑い熱い国から戻ると、随分日本は冷え込んでいますね。気軽に声をかけてもなかなか受け入れてくれない。こちらのアプ [続きを読む]
  • 吉祥寺催事
  • 吉祥寺の催事が終わりました。なかなか厳しい結果でしたが、収穫は十分。というのも、この催事はハンドメイドの作家さんたちが集まったもので、いろいろと勉強になりましたよ。情報交換もバッチリ、素人同然の私などは技術の指導まで受けました。今後は少しずつ手作り展などにも参加できそうな感じですね。それとともに生活ペースも少しずつゆっくりへと。次回まで時間がありますので、孫たちと3日間遊びまくってからタイへ。たっ [続きを読む]
  • 溝の口催事
  • 今年の催事は早くも6回目。仕事に恵まれて光栄です。3月1日から始まった溝の口での催事は好調。苦労が実りだしたというところでしょうか。忙しいのは何より嬉しいですね。体の疲れも感じないほどなのは不思議、20時までの営業時間もへっちゃらです。ここの売り場は柱で2分されていて、サービス品と手作り品の展開が功を奏しているようですね。お安いものに付き合っていただきながら手作り品の説明をするうちに、リピーターな [続きを読む]
  • レンタルスペースでの販売会
  • 鎌倉の松竹撮影所跡付近でレンタルスペースをお借りして、販売会を2日間行いました。結果としては、時期がまだ早かったのかな?という感じでしたが、新しいお客様との出会いなど刺激もいただけました。刺激を受けたり失敗したりは次への創作意欲につながりますね。今これを書いているのも決意表明といえば大げさですが、できる限りの時間を仕事に没頭したいと思っています。ところでここのスペースは、以前も話したかもしれません [続きを読む]
  • ラオスのコート
  • ラオスより追加コートが上がってきました。浮き織り部分は裏地がついていますが、そのほか手紡ぎ・手織り綿の一枚生地です。二枚め・三枚めの写真は色があまりよくありませんが、手織り綿の風合いは感じていただけると思います。綿ですから、何度も洗いこむうちにさらに柔らかい肌触りになります。色も落ち着いてきますので、どんどんカジュアルなコートに変わってくる楽しみもあるようです。ポケット周りも裏地付きの浮き織り生地 [続きを読む]
  • IY催事
  • 今年はおかげさまで3月までの催事予定が入っています。私自身は売り場を選ばずに、どこでも同じように展開をするように考えています。藍染と出会って特に思うことは、とにかく商品が高くて普及品としての価値が認められづらい感がしています。手作業は確かに大変で、費用と時間もかかりますが、それをなんとか簡易の部分を見つけて普及させたいとの考えです。ここでのお客さんの反応も最初ははなから拒否気味。けれども時間ととも [続きを読む]
  • 通販サイトを始めました。
  • 通販サイトを立ち上げました!https://luvento.handcrafted.jp/上の写真のようにスマホからも楽々アクセスでき、管理も簡単。一期一会商品は管理が大変で、写真の入れ替えやコメントの編集など手間が壁となっていましたが、ここの管理は簡単。おかげで催事開催中でも写真を撮って手軽にアップ出来ます。今日時点では4点のリサイクル商品のみですが、今後どんどんアップしていきますよ。構成もリサイクル品のみではなく新商品も続 [続きを読む]
  • 立川での催事が終了しました。
  • 新年最初の催事が終了しました。毎度、事後報告ですみません。年初めのウォーミングアップとしては楽しい時間でした。新春セールの現場も見せていただきましたので、それはそれで今後の参考にさせてもらおうかとも。それにしても、私たちを含めて熟年層の服がないのには驚きですね。お年寄りが明るい単色の服を目指してセール店に飛び込む姿はびっくりです。よくよく見れば、老いも若きも同じような格好をして歩いています。店もほ [続きを読む]
  • 本年もよろしくお願いします。
  • あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。ご馳走をいただいて、美味しいお酒を飲んで、3日間はゆっくりお休み。幸せですね。今週末より、早速催事が始まりますので、お会いできる機会があることを望みます。1/7〜1/14 立川グランデュオ 3Fイベントスペースお待ちしております。戌年の今年、年男の私も1年間走り続けます。RSSリーダーで購読する年会費10800円(税込)で世界700カ所の空港ラウンジが使 [続きを読む]
  • 年末
  • 年末ですね。早いものです。今日は、Merry Christmas!年末までバタバタと仕事を気にしながら忙しく時間を過ごせることは、ある意味幸せなことです。水仕事はこの時期は辛いですが、これも勲章。薬を付けても次の日にはまたひび割れて。。いい感じで染まっていますかね?笑今までは夜にシャンプーをしてゴシゴシと洗っていれば、色は落ちましたが、割れ目は綺麗に残るようです。工房までの約1kmのランニングも続けていますよ。そん [続きを読む]
  • 身近な物を染める
  • 季節はしっかり冬になりまして、必勝時間もかなり少ないですが、日がさせばなんとか屋外作業も可能です。さりとて催事も少なくなりましたので、様子見も兼ねて身の回りの物でも染めてみましょう。来年の1〜2月は休みなく埋まっているのですが、今年はもうお休みですかね。まずは、靴下です。藍は体にいい、「蓼食う虫も」ですから、靴下こそその効力を発揮する?か、検証します。そして手袋。絞りのものを写しましたが、自分で使 [続きを読む]
  • ニット系も藍染で個性を。
  • 気がつけば寒くなりましたね。染めの作業には寒さは天敵です。染めというより水で濯ぐ作業が厳しいです。そんな中でもニット系は絞りきれないボリュームがあったりしますので、更に大変。ある人は、「濯ぎだけは洗濯機でやったらどう?」などと。どこが文化・伝統なのか?藍立てにうるさい人ほどけっこう気にしない。自分はそこで気持ちを入れますけどね。。。アクリルの混じり物も気にせず染めてみましょう。綿のニット部分との面 [続きを読む]
  • リサイクル商品を染める。
  • リサイクルの商品を染め直して再生させます。偉そうに言ってるわけではなく、まだまだ捨てるには早すぎる。勿体無い。それでも誰が着たのかわからないのは、そのままでは違和感がある。ヒントはインスタや前回出店した百貨店であったリサイクル品にありました。趣向が同一の商品をズラ〜っと並べると、売る方の気持ちは十分伝わるようです。意外と客層は同世代が多いのにも驚きました。こちらはフォーエバー21にデニムジャケット [続きを読む]
  • 転戦中
  • ラオスから戻りまして、各地を催事転戦しております。4日ほどの切り替え時間は全て「染め」と「孫」に時間を注ぎ、再び旅へと出ています。なかなか体のケアができなかったのが辛いところでした。しかし、仕事ができるのはありがたいこと。それはそれで充実しています。できればもう少し売れて欲しいかな?笑1日家に戻っての風呂が嬉しかったですね。空気が美味しくて自然満載の土地でしたが、雨にやられてしまいました。広い売り場 [続きを読む]
  • 仕入れ商品
  • ルアンパバーンに1週間ほど滞在し、色々なところで勉強をさせていただきました。あるところでは、ラオテキスタイルの作り手(織り手)として何度も賞を取った方の作業を眼の前で見せていただいたり、各工房ではその作業を直に見学させていただきました。だいたい海外での仕入れとは産直のように手作りだなどと言いますが、実際はどこの誰が作ったなどはわかりません。ところがここでは糸を染めるところから現場を確認し、誰が織っ [続きを読む]
  • ルアンパバーンへ
  • ビエンチャンでは日本人のサポートがあったり、現地の人々の優しさに触れて癒されながらの仕入れ旅は続きます。染めや織りの工房はどこでも歓迎してくれて、テクニックも隠す事なく教えてくれました。特に織りのテクニックは国を代表する様な方も気軽に接してくれて、本当に人の繋がりには感謝するばかり。日本政府の長年にわたる援助や友好関係のおかげもあって、私たち日本人に接する態度は別物です。さて旅は猛暑のルアンパバー [続きを読む]
  • アジアの布を求めて
  • ベトナム〜カンボジア〜ラオス、アジア3ヶ国を乗り継いでビエンチャンに来ております。バイクを借りて街中の布のお店や工房を回っております。空からのアジアの大地は水に恵まれ、人々の生命の源となっています。現地の文化・人・空気・景色、そして新しい布との出会いを期待しています。通信事情はあまり良くありませんが、可能な限り更新したいと思います。ちなみに昨日のビエンチャンは一日中雷雨、その中を怯まずバイクで走り [続きを読む]
  • シルクのニットを編む
  • 先日の「東京スピニングパーティ」で購入した大陸のタッサーシルクを染めてマフラーを編もうという企画です。大陸のタッサーシルクですから、「柞蚕」ですね。インドのタッサーに比べると肌触りはさらっとしているようです。そのぶんニットにはいいのかもしれません。編むのはもちろん相棒です。彼女の頭の中にはイメージは出来ているようですが、普通のマフラーではなくネックウォーマーのようなドーナツ型を編む模様。ちょうど催 [続きを読む]
  • グラデーションポンチョストール
  • 催事も無事終わりました。ご来場いただいた多くの方々に感謝です。安定して売れたのはストールと羽織りもの。季節の変わり目はこの手の動きがいいですね。写真は軒下の日陰で発色させている様子で、通称タコ。1点ずつ違う染めはもちろんで、お求めになる方の選択肢を多くしています。今回はグラデーションで数点染めておきました。こちらは創作品、コットンの大判ストールを2枚合わせたポンチョです。かなりルーズになると思いま [続きを読む]
  • 東急たまプラーザ店
  • 東急たまプラーザ店の催事がはじまりました。9/14〜20 4F 外商サロン横。写真のように、藍染とワイルドシルクのストールが中心となっています。今月からの催事場なので、先ずは認知から。いろいろとやる事がありますが、それはそれで楽しいものです。パイオニア精神で乗り切りましょう。これが終わるとラオス渡航です。乗り越えれば、また楽しみが待っているはず。。。よろしくお願いします。RSSリーダーで購読するrakuten_desig [続きを読む]
  • 東京スピニングパーティー
  • 週末、すみだ産業会館で行われた東京スピニングパーティーにいってきました。お天気も良くて、錦糸町丸井屋上から見えるスカイツリーもくっきり。とても清々しい1日を楽しみました。日頃の皆さんの活動や手仕事の道具・天然素材がここぞとばかりに集結します。上階ではワークショップや講演なども行われ、自分でものづくりをする一般の方や私のように出会いと素材を求める人々が集まる秋のイベントです。みなさん見ている限りでは [続きを読む]
  • 暖簾が出来ました。
  • 気が付いたら秋の陽気ですね。暖簾が出来上がりましたが、催事の時の旗印で使いましょうかね。大柄の板絞りの模様は、大きな生地にははっきりトーンが出て有効的。ぱっと見の印象もインパクトを与えて存在感バッチリですね。こちらは怪我で相棒が動けなかった時にコツコツ縫い絞ったもの。伝統的な柄ですが、染めによってイメージも変わってくるというもの。大事にしっかり染め過ぎの感がありますね。何が起きても繰り返し&繰り返 [続きを読む]
  • 「しまった〜!」からの甕覗き
  • 前日に縫い絞りをしておいたポロシャツを慎重に染めます。しかし生地によって、(このポロシャツは鹿の子で多少目が粗い)染め液の浸透度が上がり、絞りも通り越して滲み出てしまいました。「しまった〜っ!」動揺して早く発色させるために空気にさらし、洗い、なんとか食い止めたかに見えましたが、「あらら、襟元にも染め液がついてしまいました。ガードしていた袋の中で、その部分だけに滲みが入ってしまったようです。「困った [続きを読む]
  • インドのタッサーシルクのストール
  • インドのタッサーシルクのストールを藍染します。インドのタサール蚕はインドでは2番目に生産の多い野蚕(すなわち、飼われていない野に生息するワイルドシルク)のキングの位置付けです。家蚕と野蚕の違いはお分かりでしょうか?家で飼うカイコ・クワコなどが家蚕、天然に生息するのが野蚕です。口から糸を吐く生物はクモなども含めて世界には10万種ほどいます。その中でもインドのタサール蚕シルクは、その昔からインドの人々 [続きを読む]
  • 柄物ブラウスの絵柄を浮き立たす染め
  • 機械織のブラウスです。当社のオリジナルで、インドネシアでの縫製です。形自体がふんわりと可愛くて、コットンの白ブラウスとしても人気の商品です。生地屋さんは何度確認しても綿だと言いますが、おそらく綿ポリのようです。織で柄が出ていますが、素材の違いで染めの浸透も違います。まぁそれが面白いので、こういった柄が浮き出てくるのですね。このシリーズは白での展開を目的にして生地を購入しています。パーカーとブラウス [続きを読む]